クライアント センター(MCC)アカウントを使用してクロスアカウントの掲載結果を確認する

Google 広告 の MCC アカウントを使用すると、すべての子アカウントの掲載結果を簡単に確認することができます。

この記事では、MCC アカウントのページごとに異なる、アカウントの掲載結果の確認方法を紹介します。MCC アカウントのレポートの詳細については、クライアント センター(MCC)アカウントを使用した掲載結果レポートの作成とスケジュール設定をご覧ください。

[掲載結果] ページでデータを表示する

MCC アカウントの [掲載結果] ページでは、すべての子アカウントの掲載結果データをアカウント単位で表示できます。たとえば、選択した期間にアカウントで獲得したクリック数を表示し、それを他のアカウントのクリック数と比較することができます。
平均クリック単価や平均費用など、アカウントの費用関連の情報も確認できます。表の最下部には、子アカウントの合計費用も表示されます。なお、子アカウントの費用データの通貨が MCC アカウントと異なる場合は、[換算後の通貨] レイヤを表に適用しない限り合計費用は表示されません。

[キャンペーン] ページでデータを表示する

[キャンペーン] ページでは、子アカウントのキャンペーンのすべての掲載結果データを、期間を選択して表示できます。必要に応じてビューに変更を加え、関心のあるアカウントのデータだけを表示することもできます。

特に規模の大きいアカウントについては、すべてのアカウントを表示するデフォルトのビューでは、データを表示できない場合があります。アカウントにフィルタを適用したとしても、それでもまだ規模がかなり大きければデータは表示されません。その場合は、表示するアカウントをさらに絞り込んでください。

[掲載結果] ページと [キャンペーン] ページの便利な機能

[掲載結果] ページと [キャンペーン] ページの次の機能を使用すると、クロスアカウントの掲載結果データをより簡単に表示できます。

  • [アカウント] 列: 表示中のデータに関連付けられている子アカウントの名前が表示されます。
  • [直接リンクされている MCC] 列: 特定のアカウントを直接管理している MCC アカウントが表示されます。
  • フィルタとセグメント: フィルタやセグメントを使用すると、表示するデータを絞り込むことや、データの表示方法を変えることができます。
  • 期間選択ツール: 期間選択ツールを使用すると、期間を指定してデータを表示できます。
  • アカウントのラベル: [アカウントのラベル] 列を使用すると、作成したカスタム アカウント ラベル別にアカウントを表示し、並べ替えることができます。
  • [換算後の通貨] レイヤ: 子アカウントの費用データの通貨が MCC アカウントと異なる場合は、[換算後の通貨] レイヤを適用できます。このレイヤを適用すると、費用データが表示されるすべての列で、現地通貨の値の下に通貨換算後の値が表示されます。また、換算後の値に基づいて並べ替えや絞り込みを行うことや、MCC アカウントの通貨の列の合計値を表示することもできます。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。