授業用のビデオ会議を開始する

この記事は教師用です。生徒の方はこちらをご覧ください。

Google Meet を使用すると、パソコンまたはモバイル デバイスの Classroom、Meet、Google カレンダー、Gmail 内でクラスのビデオ会議を開始できます。

Meet の高度な機能の無料提供に関する更新情報 - 大規模会議とライブ ストリーミングの機能を無料でご利用いただけるプロモーションは、2020 年 9 月 30 日をもって終了します。これらの機能をそれ以降もご利用になるには、G Suite Enterprise for Education へのアップグレードが必要になります。会議の録画機能を無料でご利用いただけるプロモーションは、今年後半に新しい一時録画機能がリリースされるまで延長されます。一時録画は、会議の主催者が会議を録画し、30 日間ドメイン内で共有できる機能です。

始める前に: ビデオ会議のヒント

すべて開く  |  すべて閉じる

要件とおすすめの方法
  • Meet の要件を満たしていることを確認します。詳細
  • Google for Education の Teacher Center で遠隔学習に関するおすすめの方法をご覧ください。詳細
  • Google Meet の使用を開始する手順を印刷します。詳細
権限と参加に関するヒント
  • ビデオ会議に参加できる人数には制限があります。詳細
  • 学校側の設定でビデオ会議を誰でも作成できるようになっている場合は、最初にビデオ会議に参加したユーザーが会議の主催者になります。この状況を解決するには、G Suite 管理者に連絡して、生徒がビデオ会議を作成できないようにしてもらってください。詳細
  • 匿名ユーザーおよび Google アカウントにログインしていないユーザーは、G Suite for Education ユーザーが主催する会議には参加できません。ただし、電話を使用してダイヤルインすることは可能です。匿名ユーザーが各自のドメインで会議に参加できるようにするには、G Suite for Education ドメインの管理者の方から G Suite サポートにご連絡いただき、例外をリクエストしていただく必要があります。この例外により、Pexip などの相互運用サービスを使用している参加者も会議に参加できるようになります。Google Meet に関する既知の問題をご参照ください。
  • ビデオ会議中に、ドメイン外からの参加リクエストを承認できるのは会議の作成者だけです。
ユーザー補助機能と技術面に関するヒント
  • 聴覚に障がいのある生徒をサポートするには、Meet で自動字幕起こしを有効にします。詳細
  • インターネットの速度が遅い場合は、カメラをオフにするとビデオ会議の通信品質を上げることができます。音声の品質が低い場合は、電話音声を使用してください。詳細
  • モバイル デバイスを使用している場合は、Google Meet アプリをインストールします。詳細
  • 会議の開始前にデバイスを充電しておきます。ファンレス設計のデバイス(タブレットやノートパソコンなど)の場合、会議中に充電すると映像品質が低下することがあります。

Classroom でビデオ会議を作成する

Classroom でクラスのビデオ会議を設定して開始できます。Classroom で Meet の機能を使用するには、G Suite 管理者が学校での Meet の利用を有効にする必要があります。

Classroom でビデオ会議を設定する
会議に固有のニックネームを付けて会議リンクを作成します。生徒はこのリンクを使用してクラスのビデオ会議に参加できます。教師と生徒は、すべてのクラスの会議で同じリンクを使用できます。  
Classroom でクラスの会議リンクを作成、表示、非表示、リセットしたり、クラスのビデオ会議を開始したりできるのは、そのクラスの主担任と副担任だけです。このような権限は、管理者が学校向けに行った Meet の設定に応じて異なります。

クラスの Meet リンクを作成する

  1. classroom.google.com にアクセスして [ログイン] をクリックします。

    Google アカウント(例: [あなたの名前]@[学校名].edu[あなたの名前]@gmail.com)でログインします。詳細

  2. 該当するクラス 次に 設定アイコン "" をクリックします。
    設定アイコンをクリック
  3. [全般] の [Meet のリンクを生成] をクリックします。
    Meet のリンクを生成
    クラスの Meet リンクが表示されます。
  4. 上部の [保存] をクリックします。

Meet リンクの表示と非表示を切り替える

主担任と同じドメインの生徒は、[ストリーム] ページと [授業] ページでクラスの Meet リンクを確認できます。教師はリンクの共有が必要になるまで、生徒に対してリンクを非表示にすることができます。

  1. classroom.google.com にアクセスして [ログイン] をクリックします。

    Google アカウント(例: [あなたの名前]@[学校名].edu[あなたの名前]@gmail.com)でログインします。詳細

  2. 該当するクラス 次に 設定アイコン "" をクリックします。
  3. [生徒に表示] の横で、次のいずれかを行います。
    • 生徒に対して Meet リンクを非表示にするには、スイッチをオフ "" にします。
    • 生徒に対して Meet リンクを表示するには、スイッチをオン "" にします。
      Meet のリンクを表示
  4. 上部の [保存] をクリックします。

Meet リンクをコピーする

Meet リンクをコピーして、課題、質問、メッセージに貼り付けることができます。

  1. classroom.google.com にアクセスして [ログイン] をクリックします。

    Google アカウント(例: [あなたの名前]@[学校名].edu[あなたの名前]@gmail.com)でログインします。詳細

  2. 該当するクラス 次に 設定アイコン "" をクリックします。
  3. Meet リンクの横にある下矢印 "" 次に [コピー] をクリックします。
    Meet のリンクをコピー

Meet リンクをリセットする

リンクが機能しない場合は、リンクをリセットして新しく生成することができます。リンクをリセットすると、以前のリンクは無効になります。

  1. classroom.google.com にアクセスして [ログイン] をクリックします。

    Google アカウント(例: [あなたの名前]@[学校名].edu[あなたの名前]@gmail.com)でログインします。詳細

  2. 該当するクラス 次に 設定アイコン "" をクリックします。
  3. Meet リンクの横にある下矢印 "" 次に [リセット] をクリックします。
    Meet のリンクをコピー

Meet リンクをお知らせに追加する

  1. Meet リンクをコピーします(上記の手順を参照)。
  2. [ストリーム] ページで [クラスで共有] をクリックします。
  3. お知らせを入力し、下部にある [追加] 次に リンクアイコン "" をクリックします。
  4. Meet リンクを貼り付け 次に [リンクを追加] をクリックします。
  5. [投稿] をクリックします。

    : 投稿予定日時を設定して後で投稿したり、下書きとして保存したりすることもできます。詳しくは、お知らせを投稿する、予定を設定する、下書きを保存するをご覧ください。

Meet リンクを課題または質問に追加する

  1. Meet リンクをコピーします(上記の手順を参照)。
  2. [授業] ページで [作成] 次に [課題] または [質問] をクリックします。
  3. 課題または質問の詳細欄の下で、[追加] 次に リンクアイコン "" をクリックします。
  4. Meet リンクを貼り付け 次に [リンクを追加] をクリックします。
  5. [課題を作成] または [質問を作成] をクリックします。

    : 投稿予定日時を設定して後で投稿したり、下書きとして保存したりすることもできます。詳しくは、課題を投稿する、予定を設定する、下書きを保存するをご覧ください。

Classroom でビデオ会議を開始する
  1. classroom.google.com にアクセスして [ログイン] をクリックします。

    Google アカウント(例: [あなたの名前]@[学校名].edu[あなたの名前]@gmail.com)でログインします。詳細

  2. 該当するクラスをクリックします。
  3. 次のいずれかを行います。

    : 教師が Meet リンクをクリックすると、会議が開始されます。教師が会議に参加する前でも生徒は参加できます。

    • [ストリーム] ページ上部のクラスコードの下にある、Meet リンクをクリックします。
      Click Meet link
    • [授業] ページの上部で [Meet] をクリックします。

      [Meet] が表示されない場合は、生徒に対してリンクを表示する設定になっていることを確認します(手順は上記を参照)。

    • 質問または課題で、クラスのビデオ会議のリンクをクリックします。
      Click Meet link
  4. Meet で会議に参加する前に、Classroom アカウントでログインしていることをページの上部で確認します。ログインしていない場合は、[アカウントを切り替え] をクリック 次に Classroom アカウントを選択するか、ログインします。
  5. [今すぐ参加] をクリックします。
  6. 会議に最初に参加すると、他のユーザーを招待するためのウィンドウが表示されます。他のユーザーを招待したり、会議リンクを共有したりする必要がない場合は、このウィンドウを閉じます。

他のアプリでビデオ会議を開始する

Google Meet、Google カレンダー、Gmail でクラスのビデオ会議を作成、開始したり、会議に参加したりできます。

Meet でビデオ会議を開始する

教師は Meet で臨時の会議を開始することも、あらかじめ設定しておいた会議を開始することもできます。会議を開始してから、会議の参加情報を Classroom の投稿やメッセージで生徒と共有できます。

ヒント: 詳細に管理するには、ニックネーム付きの会議を使用してください。教師がニックネーム付きの会議から最後に退出した後に、生徒が会議に再び参加することはできません。

会議をすぐに開始する

  1. meet.google.com にアクセスし、Classroom アカウントでログインします。
    別のアカウントでログインしている場合は、画面の上部でプロフィール 次に [アカウントを切り替え] をクリック 次に Classroom アカウントを選択するか、ログインします。  
  2. [会議に参加または開始] をクリック 次に 次のいずれかを行います。
    • ニックネーム付きの会議を作成するには、ニックネームを入力 次に [続行] をクリックします。
    • ニックネームのない会議を作成するには、[続行] をクリックします。
  3. [今すぐ参加] をクリックします。
  4. (省略可)会議のニックネームを共有するには、メッセージや Classroom のお知らせ、課題、質問に投稿します。
  5. (省略可)その他の参加情報を共有するには、次のいずれかを行います。
    • [参加に必要な情報をコピー] をクリック 次に メッセージまたは Classroom の投稿に詳細を貼り付けます。
      [参加に必要な情報をコピー] が表示されない場合は、左下の上矢印 "" をクリックします。
    • ユーザー追加アイコン "" をクリック 次に 名前またはメールアドレスを入力 次に [メールを送信] をクリックします。
      ユーザー追加アイコン "" が表示されない場合は、上部の参加者アイコン "" 次に ユーザー追加アイコン "" をクリックします。

あらかじめ設定しておいた会議を開始する

  1. meet.google.com にアクセスします。
  2. Classroom アカウントでログインします。
  3. 次のいずれかを行います。
    • ニックネーム付きの会議の場合は、[会議に参加または開始] をクリック 次に ニックネームを入力します。
    • 会議のリストで、目的の会議をクリックします。
  4. [今すぐ参加] をクリックします。

    : 会議のリンクを含むメッセージをゲストに送信すると、ゲストはメッセージ内のリンクをクリックしてビデオ会議に参加できます。

会議から退出する

  • 会議ウィンドウ 次に 通話から退出アイコン "" をクリックします。
カレンダーでビデオ会議を開始する

Google カレンダーでクラスのビデオ会議を作成し、生徒を会議に招待することができます。また、視聴専用のライブ ストリーミングを予定に追加することもできます(最大 10 万人の視聴者に対応)。

: 他のユーザーのカレンダーで予定を作成したり、他のユーザーのカレンダーに予定を転送したりする場合は、ビデオ会議のポリシーに関するページの内容をよく把握しておいてください。

関連トピック

Gmail でビデオ会議を開始する

You can start or join video meetings in Gmail on your computer or mobile device. When you’re in the meeting, you can invite people to join you.

Note: If you’re a G Suite for Education user, to use Meet in Gmail, your G Suite administrator must turn on permissions to create and join video meetings.

関連トピック

ビデオ会議の参加者を管理する

会議の主催者は、ユーザーのビデオ会議への参加を管理できます。

ビデオ会議へのアクセスを管理する
会議の主催者(教師)は、ビデオ会議への参加リクエストを必須にするかどうかを決めることができます。
クイック アクセスがオンの場合: クイック アクセスがオフの場合:
  • ドメイン内の参加者は、パソコンやモバイル デバイスを使用して自動的に会議に参加できます。
  • 電話を使用して会議にダイヤルインする参加者は、自動的に会議に参加できます。
  • 参加者は誰でもダイヤルアウトできます。
  • ドメイン内かドメイン外かにかかわらず、参加者は全員、会議への参加をリクエストする必要があります。これには、電話で会議にダイヤルインするユーザーも含まれます。
  • 会議中に教師以外の参加者から招待されたユーザーは、会議への参加をリクエストする必要があります。
  • ダイヤルアウトできるのは教師のみです。

デフォルトでは、[クイック アクセス] が有効になっています。パソコンで Meet を使用していれば、教師はビデオ会議を開始した後に、必要に応じてこの設定を変更できます。この設定は、教師が参加しているビデオ会議にのみ適用されます。ビデオ会議がカレンダーの定期的な予定で設定されたものである場合、この設定を変更しても、それ以降の一連の定期的な予定には適用されません。

[クイック アクセス] のオンとオフを切り替えるには:

  1. 会議の画面下部にあるその他アイコン "" 次に [設定] 次に [主催者用ボタン] をクリックします。
  2. [クイック アクセス] の横にあるスイッチをオン "" またはオフ "" にします。
参加者をミュートする、または退出させる
参加者をミュートしたり退出させたりできるのは、会議の作成者、または会議が作成されたカレンダーのオーナーに限られます。
教師によって強制退出させられた参加者は、ビデオ会議への再参加をリクエストすることができません。
Meet でのビデオ会議中に、次の操作を行います。
  1. 上部の参加者アイコン "" をクリックします。
  2. 生徒の名前の横にある下矢印 "" をクリック 次に 次のいずれかを行います。
    • 生徒をミュートするには、ミュート アイコン "" 次に [ミュート] をクリックします。
    • 生徒を退出させるには、退出アイコン "" 次に [削除] をクリックします。
退出させた参加者を再度招待する
ビデオ会議から退出させた参加者を再度招待することができます。
Meet でのビデオ会議中に、次の操作を行います。
  1. 上部の参加者アイコン "" をクリックします。
  2. ユーザー追加アイコン "" をクリック 次に 参加者のメールアドレスを入力します。
  3. [メールを送信] をクリックします。

    メールの送信後、参加者は招待状または元のリンクから会議に参加できます。

会議への参加リクエストを承認または拒否する
ドメイン外からの会議への参加リクエストを確認、承認できるのは、会議の作成者のみです。会議の作成者は、会議に参加した状態で外部からの参加リクエストを承認する必要があります。
学校のドメイン内かドメイン外かにかかわらず、ユーザーはビデオ会議への参加を 2 回拒否されると、参加をリクエストできなくなります。
Meet でのビデオ会議中に、次の操作を行います。
  1. 会議のウィンドウに参加リクエストが表示されたら、[承諾] または [拒否] をクリックします。
生徒が会議に再参加できないようにする

会議の終了後に生徒が会議に再参加できないようにするには、ニックネーム付きの会議を作成します。教師がニックネーム付きの会議から最後に退出した後、生徒は会議に再び参加することはできません。

教師は会議から退出する前に、参加中のすべての生徒を退出させることができます。

生徒が画面を共有できないようにする
この設定はパソコンでのみ変更できます。
画面を共有できるユーザーを会議の主催者だけに限定することができます。このように設定すると、他の参加者はパソコンやモバイル デバイスの画面を共有できなくなります。選択した設定は開催中の会議にのみ適用され、定期的な予定や今後の予定には反映されません。
  1. 会議の画面下部にある [主催者用ボタン] をクリックします。
  2. [参加者の画面を共有] の横にあるスイッチをオフ "" にします。

: この設定のオンとオフを切り替えられない場合は、Meet 向け Chrome 拡張機能を無効にすることで解決できる可能性があります。手順については、拡張機能をインストールして管理するをご覧ください。

会議中に生徒がチャット メッセージを送信できないようにする
この設定はパソコンでのみ変更できます。
チャット メッセージを送信できるユーザーを会議の主催者だけに限定することができます。このように設定すると、他の参加者はパソコンやモバイル デバイスでチャット メッセージを送信できなくなります(閲覧は引き続き可能です)。選択した設定は開催中の会議にのみ適用され、定期的な予定や今後の予定には反映されません。
  1. 会議の画面下部にある [主催者用ボタン] をクリックします。
  2. [チャット メッセージを送信] の横にあるスイッチをオフ "" にします。

: この設定のオンとオフを切り替えられない場合は、Meet 向け Chrome 拡張機能を無効にすることで解決できる可能性があります。手順については、拡張機能をインストールして管理するをご覧ください。

関連トピック

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。