教育者向けのビデオ会議を開始する

この記事は教師用です。生徒の方はこちらをご覧ください。


Google Meet を使用すると、パソコンまたはモバイル デバイスの Classroom、Meet、Google カレンダー、Gmail でクラスのビデオ会議を開始できます。

始める前に: ビデオ会議のヒント

すべて開く  |  すべて閉じる

要件とおすすめの方法
  • Meet の要件を満たしていることを確認します。詳細
  • Google for Education の Teacher Center で遠隔学習に関するおすすめの方法をご覧ください。詳細
  • Google Meet の使用を開始する手順を印刷します。詳細
権限と参加に関するヒント
  • ビデオ会議の参加人数には上限があります。詳細
  • Classroom 内で Meet を使用する場合は、ビデオ会議に最初に参加したユーザーではなく、ビデオ会議のページを最初に開いた生徒または教師が会議の主催者になります。ただし、Meet が無効になっているユーザーは主催者になれません。
  • Google カレンダーで作成されたビデオ会議の場合は、その作成者が会議の主催者になります。誰が最初に会議に参加したかは関係ありません。
  • Meet が生徒に対して無効になっていても、生徒が会議を録画できる場合があります。この状況を解決するには、管理者に連絡し、録画の設定を生徒に対して無効にしてもらってください。詳細
  • 匿名ユーザーおよび Google アカウントにログインしていないユーザーは、Google Workspace for Education ユーザーが主催する会議には参加できません。ただし、電話を使用してダイヤルインすることは可能です。匿名ユーザーが各自のドメインで会議に参加できるようにするには、Google Workspace for Education ドメインの管理者の方から Google Workspace サポートにご連絡いただき、例外をリクエストしていただく必要があります。
  • ビデオ会議中、ドメイン外からの参加リクエストを承認できるのは会議の作成者だけです。
ユーザー補助機能と技術面に関するヒント
  • 聴覚に障がいのある生徒をサポートするには、Meet で自動字幕起こしを有効にします。詳細
  • インターネットの速度が遅い場合は、カメラをオフにするとビデオ会議の通信品質を上げることができます。音声の品質が低い場合は、電話音声を使用してください。詳細
  • モバイル デバイスを使用している場合は、Google Meet アプリをインストールします。詳細
  • 会議の開始前にデバイスを充電しておきます。ファンレス設計のデバイス(タブレットやノートパソコンなど)の場合、会議中に充電すると映像品質が低下することがあります。

Classroom でビデオ会議を作成する

Classroom でクラスのビデオ会議を設定して開始できます。Classroom で Meet の機能を使用するには、G Suite 管理者が学校での Meet の利用を有効にする必要があります。

Classroom でビデオ会議を設定する
会議に固有のニックネームを付けて会議リンクを作成します。生徒はこのリンクを使用してクラスのビデオ会議に参加できます。教師と生徒は、クラスのすべての会議で同じリンクを使用できます。
Classroom でクラスの会議リンクを作成、表示、非表示、リセットしたり、クラスのビデオ会議を開始したりできるのは、そのクラスの主担任と副担任だけです。このような権限は、管理者が学校向けに行った Meet の設定に応じて異なります。

クラスの Meet リンクを作成する

  1. classroom.google.com にアクセスして [ログイン] をクリックします。

    Google アカウント(例: [あなたの名前]@[学校名].edu[あなたの名前]@gmail.com)でログインします。詳細

  2. 該当するクラス 次に 設定アイコン "" をクリックします。
    設定アイコンをクリック
  3. [全般] の [Meet のリンクを生成] をクリックします。
    Meet のリンクを生成
    クラスの Meet リンクが表示されます。
  4. 上部の [保存] をクリックします。

Meet リンクの表示と非表示を切り替える

主担任と同じドメインの生徒は、[ストリーム] ページと [授業] ページでクラスの Meet リンクを確認できます。教師はリンクの共有が必要になるまで、生徒に対してリンクを非表示にすることができます。

  1. classroom.google.com にアクセスして [ログイン] をクリックします。

    Google アカウント(例: [あなたの名前]@[学校名].edu[あなたの名前]@gmail.com)でログインします。詳細

  2. 該当するクラス 次に 設定アイコン "" をクリックします。
  3. [生徒に表示] の横で、次のいずれかを行います。
    • 生徒に対して Meet リンクを非表示にするには、スイッチをオフ "" にします。
    • 生徒に対して Meet リンクを表示するには、スイッチをオン "" にします。
      Meet のリンクを表示
  4. 上部の [保存] をクリックします。

Meet リンクをコピーする

Meet リンクをコピーして、課題、質問、メッセージに貼り付けることができます。

  1. classroom.google.com にアクセスして [ログイン] をクリックします。

    Google アカウント(例: [あなたの名前]@[学校名].edu[あなたの名前]@gmail.com)でログインします。詳細

  2. 該当するクラス 次に 設定アイコン "" をクリックします。
  3. Meet リンクの横にある下矢印 "" 次に [コピー] をクリックします。
    Meet のリンクをコピー

Meet リンクをリセットする

リンクが機能しない場合は、リンクをリセットして新しく生成することができます。リンクをリセットすると、以前のリンクは無効になります。

  1. classroom.google.com にアクセスして [ログイン] をクリックします。

    Google アカウント(例: [あなたの名前]@[学校名].edu[あなたの名前]@gmail.com)でログインします。詳細

  2. 該当するクラス 次に 設定アイコン "" をクリックします。
  3. Meet リンクの横にある下矢印 "" 次に [リセット] をクリックします。
    Meet のリンクをコピー

Meet リンクをお知らせに追加する

  1. Meet リンクをコピーします(上記の手順を参照)。
  2. [ストリーム] ページで [クラスに知らせたいことを入力] をクリックします。
  3. お知らせを入力し、下部にある [追加] 次に [リンク] "" をクリックします。
  4. Meet リンクを貼り付け 次に [リンクを追加] をクリックします。
  5. [投稿] をクリックします。

    : 投稿予定日時を設定して後で投稿したり、下書きとして保存したりすることもできます。詳しくは、お知らせを投稿する、予定を設定する、下書きを保存するをご覧ください。

Meet リンクを課題または質問に追加する

  1. Meet リンクをコピーします(上記の手順を参照)。
  2. [授業] ページで [作成] 次に [課題] または [質問] をクリックします。
  3. 課題または質問の詳細欄の下で、[追加] 次に [リンク] "" をクリックします。
  4. Meet リンクを貼り付け 次に [リンクを追加] をクリックします。
  5. [課題を作成] または [質問を作成] をクリックします。

    : 投稿予定日時を設定して後で投稿したり、下書きとして保存したりすることもできます。詳しくは、課題を投稿する、予定を設定する、下書きを保存するをご覧ください。

Classroom でビデオ会議を開始する

: 教師が Meet リンクをクリックすると会議が開始します。教師が参加する前でも生徒が会議に参加できる場合があります。

  1. classroom.google.com にアクセスして [ログイン] をクリックします。

    Google アカウント(例: [あなたの名前]@[学校名].edu[あなたの名前]@gmail.com)でログインします。詳細

  2. 該当するクラスをクリックします。
  3. 次のいずれかを行います。
    • [ストリーム] ページ上部のクラスコードの下にある Meet リンクをクリックします。
      Click Meet link
    • [授業] ページの上部で [Meet] をクリックします。

      [Meet] が表示されない場合は、生徒に対してリンクを表示する設定になっているかどうかを確認します(手順は上記を参照)。

    • 質問または課題で、クラスのビデオ会議のリンクをクリックします。
      Click Meet link
  4. Meet で会議に参加する前に、Classroom アカウントでログインしていることをページの上部で確認します。ログインしていない場合は、[アカウントを切り替え] をクリック 次に Classroom アカウントを選択するか、ログインします。
  5. [今すぐ参加] をクリックします。
  6. 会議に最初に参加すると、他のユーザーを招待するためのウィンドウが表示されます。他のユーザーを招待したり、会議リンクを共有したりする必要がない場合は、このウィンドウを閉じます。

他のアプリでビデオ会議を開始する

Google Meet、Google カレンダー、Gmail でクラスのビデオ会議を作成、開始したり、会議に参加したりできます。

Meet でビデオ会議を開始する

教師は Meet で臨時の会議を開始することも、あらかじめ設定しておいた会議を開始することもできます。会議を開始してから、会議の参加情報を Classroom の投稿やメッセージで生徒と共有できます。

ヒント: 詳細に管理するには、会議にニックネームを付けてください。教師がニックネーム付きの会議から最後に退出した後は、生徒が再び会議に参加することはできません。

会議をすぐに開始する

  1. meet.google.com にアクセスし、Classroom アカウントでログインします。
    別のアカウントでログインしている場合は、画面の上部でプロフィール アイコン 次に [アカウントを切り替え] をクリック 次に Classroom アカウントを選択するか、ログインします。
  2. [会議に参加または開始] をクリック 次に 次のいずれかを行います。
    • ニックネーム付きの会議を作成するには、ニックネームを入力 次に [続行] をクリックします。
    • ニックネームのない会議を作成するには、[続行] をクリックします。
  3. [今すぐ参加] をクリックします。
  4. (省略可)会議のニックネームを共有するには、メッセージや Classroom のお知らせ、課題、質問に投稿します。
  5. (省略可)その他の参加情報を共有するには、次のいずれかを行います。
    • [参加に必要な情報をコピー] をクリック 次に メッセージまたは Classroom の投稿に情報を貼り付けます。
      [参加に必要な情報をコピー] が表示されない場合は、左下の上矢印 "" をクリックします。
    • ユーザー追加アイコン "" をクリック 次に 名前またはメールアドレスを入力 次に [メールを送信] をクリックします。
      ユーザー追加アイコン "" が表示されない場合は、上部の参加者アイコン "" 次に ユーザー追加アイコン "" をクリックします。

あらかじめ設定しておいた会議を開始する

  1. meet.google.com にアクセスします。
  2. Classroom アカウントでログインします。
  3. 次のいずれかを行います。
    • ニックネーム付きの会議の場合は、[会議に参加または開始] をクリック 次に ニックネームを入力します。
    • 会議のリストで、目的の会議をクリックします。
  4. [今すぐ参加] をクリックします。

    : 会議のリンクを含むメッセージをゲストに送信すると、ゲストはメッセージ内のリンクをクリックしてビデオ会議に参加できます。

会議から退出する

  • 会議ウィンドウ 次に 通話から退出アイコン "" をクリックします。
Google カレンダーでビデオ会議を開始する

Google カレンダーでクラスのビデオ会議を作成し、生徒を会議に招待することができます。また、視聴専用のライブ ストリーミングを予定に追加することもできます(最大 10 万人の視聴者に対応)。

: 他のユーザーのカレンダーで予定を作成したり、他のユーザーのカレンダーに予定を転送したりする場合は、ビデオ会議のポリシーに関するページの内容をよく把握しておいてください。

関連トピック

Gmail でビデオ会議を開始する

パソコンまたはモバイル デバイスの Gmail でビデオ会議を開始したり、ビデオ会議に参加したりできます。また、会議中に他のユーザーを招待することもできます。

ヒント: Google Workspace for Education ユーザーが Gmail で Meet を使用するには、Google Workspace 管理者がビデオ会議の作成権限と参加権限を有効にする必要があります。

関連トピック

ビデオ会議の参加者を管理する

会議の主催者は、ユーザーのビデオ会議への参加を管理できます。

ビデオ会議へのアクセスを管理する

ビデオ会議へのアクセスを管理する

ビデオ会議の主催者は、クイック アクセスを使用して、参加者が参加をリクエストすることを必須にするかどうかを指定できます。

クイック アクセスがオンの場合:

クイック アクセスがオフの場合:

  • ドメイン内の参加者は、パソコンやモバイル デバイスを使用して自動的に会議に参加できます。
  • スマートフォンから会議にダイヤルインする参加者は自動的に参加できます。
  • 参加者なら誰でも会議からダイヤルアウトできます。
  • 組織内外のすべての参加者が、会議への参加をリクエストする必要があります。これには、スマートフォンから会議にダイヤルインするユーザーも含まれます。
  • 会議中に主催者以外のユーザーから招待されたユーザーは参加をリクエストする必要があります。
  • 主催者のみ会議からダイヤルアウトできます。

クイック アクセスはデフォルトでオンになっています。パソコンで Meet を使用している主催者は、ビデオ会議を開始した後に、必要に応じてこの設定を変更できます。

ヒント: 定期的に繰り返すように設定されている会議、または同じ会議コードを使用する会議でクイック アクセスをオンまたはオフにすると、その設定は次回以降の会議にも適用されます。1 回限りの会議やニックネーム付きの会議、即席の会議でクイック アクセスをオンまたはオフにした場合は、会議終了後に設定がオンに戻ります。

[クイック アクセス] のオンとオフを切り替えるには:

会議中

  1. 画面下部にある主催者用ボタン をクリックします。
  2. [クイック アクセス] の横のスイッチをオン "" またはオフ "" にします。 

Google カレンダー上

calendar.google.com にアクセスし、次のどちらかの手順を行います。

  • 新しい予定を作成する
  1. 新しい予定を作成 次に [Google Meet のビデオ会議を追加] をクリックします。
  2. ページ右側で、この会議の設定を変更 設定 をクリックします。
  3. [クイック アクセス] の横のチェックボックスをオンにし 次に [保存] をクリックします。  
  4. 予定を設定します。
  • 既存の予定を更新する
  1. 目的の会議 次に 編集アイコン 編集 をクリックします。 
  2. 予定の詳細で、この会議の設定を変更 設定 をクリックします。
  3. [クイック アクセス] の横のチェックボックスをオンにし 次に [保存] をクリックします。

会議を終了して全員を退出させる

会議の主催者と管理者は、パソコンで会議を終了して、ビデオ通話の参加者全員を退出させることができます。会議を終了して全員を退出させると、その会議から参加者全員(モバイル ユーザーも含む)が自動的に削除されるため、参加者を手動で削除する必要はありません。

ヒント:

  • 会議を終了して全員を退出させると、クイック アクセスが自動的に無効になります。同じ会議リンクを使用して会議を再開する場合、主催者は、必要に応じてクイック アクセスを有効にすることができます。
  • 終了した会議の会議リンクには参加者もアクセスできますが、主催者が会議を再開するまで参加することはできません。管理者が再度参加すると、会議が自動的に始まります。
  • 会議を開始、終了する機能を生徒が使用できないようにするには、管理者の方が生徒に対して [ビデオ通話] をオフにしてください。
  • 会議を行うグループごとに新しい会議を作成してください。一旦終了した会議を再開した場合、終了前にその会議に参加していたメンバー全員が参加できます。

会議を終了して全員を退出させるには:

  1. 画面下部で、通話から退出するアイコン "" をクリックします。
  2. ウィンドウが表示されたら、[会議を終了して全員を退出させる] をクリックします。

省略可: 会議を終了して全員を退出させるのではなく、自分だけ会議から退出するには、[会議から退出] をクリックします。

ヒント: 会議を終了して全員を退出させると、開いているブレイクアウト セッションもすべて終了します。開いているブレイクアウト セッションが多数ある場合は、メイン セッションを終了しても、すべてのブレイクアウト セッションが終了するまでに数分かかることがあります。

参加者をミュートする、または退出させる
参加者をミュートしたり退出させたりできるのは、会議の作成者、または会議が作成されたカレンダーのオーナーに限られます。
教師によって強制退出させられた参加者は、ビデオ会議への再参加をリクエストできません。
Meet でのビデオ会議中に、次の操作を行います。
  1. 上部の参加者アイコン "" をクリックします。
  2. 生徒の名前の横にある下矢印 "" をクリック 次に 次のいずれかを行います。
    • 生徒をミュートするには、ミュート アイコン "" 次に [ミュート] をクリックします。
    • 生徒を退出させるには、退出アイコン "" 次に [削除] をクリックします。
退出させた参加者を再度招待する
ビデオ会議から退出させた参加者を再度招待することができます。
Meet でのビデオ会議中に、次の操作を行います。
  1. 上部の参加者アイコン "" をクリックします。
  2. ユーザー追加アイコン "" をクリック 次に 参加者のメールアドレスを入力します。
  3. [メールを送信] をクリックします。

    メールの送信後、参加者は招待状または元のリンクから会議に参加できます。

会議への参加リクエストを承認または拒否する
ドメイン外からの会議への参加リクエストを確認、承認できるのは、会議の作成者のみです。会議の作成者は、会議に参加した状態で外部からの参加リクエストを承認する必要があります。
学校のドメイン内かドメイン外かにかかわらず、ユーザーはビデオ会議への参加を 2 回拒否されると、参加をリクエストできなくなります。
Meet でのビデオ会議中に、次の操作を行います。
  1. 会議のウィンドウに参加リクエストが表示されたら、[承諾] または [拒否] をクリックします。
生徒が会議に再参加できないようにする

会議の主催者と管理者は、パソコンで会議を終了して、ビデオ通話の参加者全員を退出させることができます。会議を終了して全員を退出させると、その会議から参加者全員(モバイル ユーザーも含む)が自動的に削除されるため、参加者を手動で削除する必要はありません。

詳しくは、会議を終了して全員を退出させる方法をご覧ください。

生徒が画面を共有できないようにする
この設定はパソコンでのみ変更できます。
会議の主催者は参加者による画面共有を禁止できます。定期的に繰り返すように設定されている会議、または同じ会議コードを使用する会議で画面共有をオフにすると、その設定は次回の会議にも適用されます。1 回限りの会議やニックネーム付きの会議、即席の会議で画面共有をオフにした場合は、会議終了後に設定がオンに戻ります。

画面共有のオンとオフを切り替えるには:

  1. Meet のビデオ通話に参加します。
  2. 画面下部にある [主催者用ボタン] をクリックします。
  3. [参加者の画面を共有] をオンまたはオフにします。

ヒント: 設定のオンとオフを切り替えられない場合は、Meet 向け Chrome 拡張機能を無効にすることで解決できる可能性があります。手順については、拡張機能をインストールして管理するをご覧ください。

会議中に生徒がチャット メッセージを送信できないようにする
この設定はパソコンでのみ変更できます。

会議の主催者は、参加者によるチャット メッセージの送信を禁止できます。参加者は、メッセージの送信を禁止されても、メッセージを読むことは引き続き可能です。

定期的に繰り返すように設定されている会議、または同じ会議コードを使用する会議でチャット メッセージをオフにすると、その設定は次回の会議にも適用されます。1 回限りの会議やニックネーム付きの会議、即席の会議でチャット メッセージをオフにした場合は、会議終了後にチャット メッセージの設定がオンに戻ります。

チャット メッセージのオンとオフを切り替えるには:

  1. Meet のビデオ通話に参加します。
  2. 画面下部にある [主催者用ボタン] をクリックします。
  3. [チャット メッセージを送信] をオンまたはオフにします。

ヒント: 設定のオンとオフを切り替えられない場合は、Meet 向け Chrome 拡張機能を無効にすることで解決できる可能性があります。手順については、拡張機能をインストールして管理するをご覧ください。

Meet のその他の機能を使用する

会議の出席レポートを確認する
5 人以上が参加していたビデオ会議が終了すると、出席レポートが添付されたメールが会議の主催者に届きます。
重要: 現時点では、Google Meet の出席レポートを受信できるのは、Google Workspace for Education Plus をご利用の会議の管理者のみに限られます。会議をスケジュール設定または開始したユーザーがその会議の管理者になります。1 つの会議で管理者になれるのは 1 人のみです。他のユーザーのカレンダーに会議を転送したり作成したりした場合は、そのユーザーが会議の管理者になる可能性があります。

出席レポートを確認する

  1. Classroom で使用しているメール アカウントを開きます。
  2. 出席レポートのメールで、レポートの添付ファイルをクリックします。

レポートの記載事項

レポートは CSV ファイルの形式で、以下の情報が記載されます。

  1. 参加者の名前
    • ダイヤルインの参加者は、名前の代わりに電話番号の一部が記載されます。
  2. 参加者のメールアドレス
  3. 参加者が会議に参加していた時間の長さ(最初に会議に参加した日時と退出した日時のタイムスタンプを含む)
    • ユーザーが会議から退出させられた場合も、会議から退出した日時としてタイムスタンプが記録されます。
    • 同じ会議で参加と退出を繰り返したユーザーの場合、複数のタイムスタンプが記録されるのではなく、会議に参加していた時間の合計が記録されます。

: 会議の主催者は、Classroom と meet.google.com のどちらから会議を開始しても、すべての会議の出席レポートを受け取ります。

Meet で Q&A を実施する

この機能は、Google Workspace for Education Plus ライセンスをお持ちの教師と生徒がウェブ版の Meet を使用している場合にご利用いただけます。

会議の参加者は誰でも質問を投稿できます。質問は、削除されるか非表示にされるまで表示されます。会議が終了すると、すべての質問の詳細レポートが会議の管理者に届きます。

詳しくは、Meet で Q&A を実施する方法をご覧ください。

Meet でアンケートを実施する
: この機能は、Google Workspace for Education Plus ライセンスをお持ちの教師と生徒にご利用いただけます。アンケートの開始または回答を行うには、ウェブ版の Meet を使用してください。
会議の主催者は、アンケートを作成して参加者に回答してもらうことができます。
会議をスケジュール設定または開始したユーザーがその会議の管理者になります。1 つの会議で管理者になれるのは 1 人のみです。他のユーザーのカレンダーに会議を転送したり作成したりした場合は、そのユーザーが会議の管理者になる可能性があります。
会議が終了すると、アンケート結果のレポートが会議の管理者に自動でメール送信されます。このレポートには、回答者の名前と回答が記載されます。

アンケートを作成する

  1. 会議の画面右上にある [アクティビティ] 次に [アンケート] 次に [アンケートを開始] をクリックします。
  2. 質問を入力し、回答の選択肢を追加します。
  3. 次のいずれかを行います。
    • アンケートを投稿するには [公開] をクリックします。
    • アンケートを保存して後で公開するには [保存] をクリックします。
      ヒント: 保存したアンケートには [アンケート] からアクセスできます。

アンケートを管理する

  1. 会議の画面右上にある [アクティビティ] 次に [アンケート] をクリックします。
  2. (省略可)参加者がアンケート結果を確認できるようにするには、[全員に結果を表示する] の横にあるスイッチをオン "" にします。
  3. (省略可)アンケートと回答の受付を終了するには、[アンケートを締め切る] をクリックします。
    : 参加者は引き続きアンケートを表示できます。
  4. アンケートのリストからアンケートを完全に削除するには、削除アイコン "" をクリックします。
    : 削除したアンケートは誰にも表示されなくなります。

アンケートのレポートを確認する

会議中にアンケートを実施した場合、会議が終了すると、アンケートのレポートが会議の管理者にメールで届きます。このレポートには、回答者の名前と回答が記載されます。

  1. アンケートのレポートメールを開きます。
  2. レポートの添付ファイルをクリックします。

関連トピック

Google Meet の挙手機能

Google Meet の挙手機能を使って、発言したいことを主催者に知らせることができます。
詳しくは、Google Meet の挙手機能をご覧ください。

関連トピック

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。