パソコン版ドライブに関する問題を解決する

パソコンとマイドライブ間で一部またはすべてのファイルが同期されない場合は、以下のトラブルシューティングの手順に沿って問題を解決してください。

基本的なトラブルシューティング

パソコン版ドライブでは、以下のような一般的な問題が発生することがあります。

  • パソコンとマイドライブ間でファイルが同期されない
  • パソコン版ドライブが突然停止または終了する

次の基本手順に沿って、問題の解決を試みてください。

  • パソコンのインターネット接続を確認する
  • パソコン版ドライブを再起動する
  • パソコンを再起動する
  • アカウントの接続を解除して再接続する
  • パソコン版ドライブを再インストールする

システム クリーナー アプリ

システム クリーナー アプリはパソコン版ドライブの設定データを編集することがあります。これによりさまざまなエラーが発生し、データが失われる可能性があります。このディレクトリを編集する可能性のあるアプリとして以下が挙げられます。
  • CCleaner
  • Advanced SystemCare
インターネット接続を確認する
インターネット接続が安定していることを確認します。特定のファイアウォール、プロキシ、その他のネットワーク設定により、パソコン版ドライブの動作が妨げられることがあります。詳しくは、ドライブのファイアウォールとプロキシの設定をご覧ください。
パソコン版ドライブを再起動する
  1. パソコンでパソコン版ドライブを開きます。
    1. Mac: 上部のメニューバーにある設定アイコン 設定 次に [終了] をクリックします。
    2. Windows: 右下のタスクバーにある設定アイコン 設定 次に [終了] をクリックします。
  2. パソコン版ドライブをもう一度開きます。
アカウントの接続を解除して再接続する
重要: 以前に同期できなかったファイルは、一時保管用フォルダに移動されている可能性があります。このフォルダは、アカウントの接続が解除されると削除されます。アカウントの接続を解除する前に、それらのファイルを安全な場所にコピーしてください。
  1. パソコンでパソコン版ドライブを開きます。
  2. 設定アイコン 設定 次に [設定] 次に 詳細設定アイコン 設定 をクリックします。
  3. 接続を解除するアカウントを見つけます。
  4. [アカウントの接続を解除] をクリックします。
    • ファイルの同期に失敗した場合、データ損失を防ぐために、同期されていないファイルをパソコンに移動するよう求めるメッセージが表示されます。
  5. 再度ログインしてください。
  6. Google ドライブ フォルダ用の新しい場所を選択します。
ドライブをパソコンに再インストールする
  1. パソコンでドライブのダウンロード ページを開きます。
  2. パソコン版ドライブの最新バージョンをダウンロードします。
  3. アプリケーションをインストールします。

パソコン版ドライブのオンボーディング

デスクトップ版ドライブをダウンロード

重要: 始める前に、お使いのオペレーティング システムがパソコン版ドライブに対応していることをご確認ください。

  1. パソコン版ドライブをダウンロードします。

    Windows 版をダウンロード Mac 版をダウンロード

    1. お使いのパソコンで、次のファイルを開きます。
      1. Windows の場合: GoogleDriveSetup.exe
      2. Mac の場合: GoogleDrive.dmg
    2. 画面に表示される手順でインストールを実行します。

パソコン版ドライブをインストールして開く

パソコン版ドライブをインストールする

お使いのパソコンで、次のファイルを開きます。

  • Windows の場合: GoogleDriveSetup.exe
  • Mac の場合: GoogleDrive.dmg

画面上の手順に沿ってパソコン版ドライブをインストールします。

  1. パソコンにアプリケーションをインストールします。
  2. パソコン上に「Google ドライブ」というフォルダが表示されます。

パソコン版ドライブを開きます。

パソコンにパソコン版ドライブをインストールすると、[マイ コンピュータ] にドライブ、または Finder に [Google ドライブ] という場所が作成されます。パソコン版ドライブのファイルが表示される場所は、お使いのパソコンによって異なります。

  • Windows: 画面の右下に表示されます。
  • Mac: 画面の右上に表示されます。

ドライブまたはパソコン版ドライブで作成した新しいファイルやフォルダが同期されて、すべてのデバイスに表示されます。

  1. パソコン版ドライブをクリック > 自分の名前をタップ > Google ドライブを開きます。
  2. [マイドライブ] または [共有ドライブ] で、開くファイルをダブルクリックします。

パソコン版ドライブにログインする

パソコン版ドライブを初めて開いてログインする場合:

  1. パソコンでパソコン版ドライブを開きます。
  2. [ブラウザでログイン] をクリックします。
  3. パソコン版ドライブで使用する Google アカウントにログインします。

エラーを修正する

共有ドライブにファイルを追加できない
共有ドライブの制限について詳しくは、Google ドライブにおける共有ドライブの制限の記事をご覧ください。
ディスク容量が少ないか、空き容量が残り少なくなっている
パソコン版ドライブ経由でファイルを同期するには、ローカル ストレージに十分な空き容量が必要です。ローカル ストレージには、使用しているハードドライブや取り外し可能なデバイス(USB、外付けハードドライブなど)が含まれます。
ディスク容量が少ないというエラーが表示された場合は、ハードドライブの空き容量を増やします。
  1. メッセージに表示されているドライブ(Windows の C: ドライブなど)上のファイルを削除します。
  2. パソコン版ドライブを終了します。
  3. パソコン版ドライブを再起動します。
パソコン版ドライブで管理されているファイルの固定を解除して、オフライン ファイルを使用することもできます。
Google Workspace ストレージに空き容量がありません
Google アカウントの保存容量が不足している場合は、空き容量を増やすか、Google One に登録して保存容量を追加してください。
このエラーは、自分がオーナーではないファイルに対する変更を同期するときや、オーナーに十分な保存容量がない場合にも発生することがあります。変更を同期するには、ファイルのオーナーにオーナー権限の委譲について連絡するか、保存容量の管理を依頼してください。
ファイルを同期するための権限がない
変更したファイルを同期するために必要な Google ドライブの権限がありません。
これらのファイルに加えられた変更を同期するには、変更するファイルまたはフォルダのオーナーに連絡して、編集権限をリクエストしてください。ファイルまたはフォルダが共有ドライブにある場合は、共有ドライブの管理者またはマネージャーに連絡して権限をリクエストしてください。
パソコンでファイルの同期が許可されない
パソコン版ドライブでは、ファイルを同期するためにパソコンの権限が必要です。
これらのファイルを同期するには、ファイルまたはフォルダの読み取りおよび書き込みの権限が必要です。
  • Windows の場合:
    1. ファイルまたはフォルダを右クリックします
    2. [プロパティ] をクリックします。
    3. [セキュリティ] タブを確認します。
  • macOS の場合:
    1. ファイルまたはフォルダを右クリックします
    2. [情報を見る] をクリックします。
    3. [共有と権限] セクションを確認します。
macOS では、[システム環境設定] の [セキュリティとプライバシー] の設定を変更して、特定のフォルダや Apple の写真コレクションへのアクセス権の付与することが必要になる場合があります。詳しくは、macOS の要件をご覧ください。
ファイルが大きすぎる、または小さすぎる

次のアイテムは Google フォトにバックアップできません

  • サイズが 200 MB または 150 MP を超える写真
  • サイズが 10 GB を超える動画
  • 256x256 ピクセルよりも小さいファイル

ファイルサイズが大きすぎる場合は、次の操作をお試しください。

  • 写真や動画のサイズを小さくする
  • 写真や動画を削除する
  • 同期していないフォルダに写真や動画を移動する

ファイルのサイズが小さすぎる場合は、次の操作をお試しください。

  • 写真や動画を削除
  • 同期していないフォルダに写真や動画を移動する
ヒント: 一部のアプリケーションでは、写真のサムネイルなどのファイルがサイズ上限を下回ると自動的に作成されます。
フォルダが見つからない

Google ドライブ フォルダをパソコン上の別の場所に移動した場合

  1. パソコンでパソコン版ドライブを開きます。
  2. 通知で [検索] をクリックします。
  3. 名前を変更したフォルダを選択 次に [開く] をクリックします。
  4. Google ドライブが再接続されます。

Google ドライブ フォルダの名前を変更した場合

  1. パソコンでパソコン版ドライブを開きます。
  2. 通知で [検索] をクリックします。
  3. 名前を変更したフォルダを選択 次に [開く] をクリックします。
  4. Google ドライブが再接続されます。

マイドライブのミラーリング先のフォルダを削除した場合

  1. パソコンでパソコン版ドライブを開きます。
  2. 通知で [このディレクトリの同期を停止] をクリックします。

見つからないフォルダの同期を停止する場合

  1. パソコンでパソコン版ドライブを開きます。
  2. [設定] に移動 次に フォルダを選択して、ドライブやフォトのチェックボックスをオフにします。

探していたフォルダが見つかった後、パソコン版ドライブの処理が完了するまでしばらく時間がかかります。

クラウド上のファイルが見つからない
ファイルが削除されたか、ドライブでの共有が解除されているため、変更を同期できません。
  • 変更を同期するには、アイテムを再共有してもらうようオーナーに依頼してください。
  • アイテムがすでに削除されている場合は、同期中のフォルダから削除して、もう一度追加します。
  • 変更を同期せずにエラーを解決したい場合は、パソコンからファイルを削除してください。
パソコン上のファイルが見つからない

パソコン上でファイルが削除されたか、ゴミ箱に移動されたため、変更を同期できません。

変更を同期するには、パソコンのゴミ箱からファイルを復元してください。

ファイルが帯域幅、アップロード、またはダウンロードの上限を超えている
ファイルによっては、1 日に所定の回数しかダウンロードできないものがあります。また、ドライブに 1 日にアップロードできるサイズには上限があります
このような場合、パソコン版ドライブによって後で自動的に再試行が行われ、ファイルが同期されます。再試行されない場合は、1 日待ってからパソコン版ドライブを再起動してください。
Google ファイルをアップロードできない

同期しようとしている Google ファイルが破損しています。Google ドキュメント(.gdocs)などの Google ファイルのコンテンツはパソコンに保存されないため、サードパーティ製のエディタを使用してこれらのファイルに変更を加えると破損する場合があります。この問題を解決するには、ウェブ版ドライブに元の Google ファイルのコピーを作成し、パソコン上の無効な Google ファイルを削除します。場合によっては、共同編集者とファイルを再共有する必要があります。

Mac でディレクトリの破損を修正する

重要: 以下の手順を完了するには、パソコンの管理者の権限とパソコンのパスワードの入力が必要です。

Mac OS Mojave または High Sierra でパソコン版ドライブを使用している場合、ドライブ ファイルの同期に必要な権限が破損していることがあります。

この問題を解決するには:

  1. パソコンで [Finder] 次に [アプリケーション] をクリックします。
  2. [ユーティリティ] フォルダを開きます。
  3. [ターミナル] をクリックします。
  4. sudo kextcache -clear」と入力します。
  5. Return キーを押します。
  6. sudo mv /private/var/db/KernelExtensionManagement /private/var/db/KernelExtensionManagementBackup」と入力します。
  7. Return キーを押します。
  8. sudo kextutil -l /Library/Google/DriveFS/dfsfuse.kext」と入力します。
  9. Return キーを押します。
  10. パソコン版ドライブを起動します。
アカウントを読み込めない

アカウントを読み込めない場合は、以下のような原因が考えられます。

  • インターネットに接続していない。
  • 利用できるドライブ文字がない(Windows のみ)。
  • プロキシ設定でパソコン版ドライブの実行が許可されていない。
  • 管理者の方が、あなたの組織またはデバイスに対してパソコン版ドライブの使用を許可していない。

アカウントを読み込むには:

  • インターネットに接続していることを確認します。
  • ドライブ文字を解放し、アプリケーションを再起動します(Windows のみ)。
  • アカウントの接続を解除して再接続します。
  • 管理者の方にお問い合わせください。
ストリーミングの場所に問題があった
選択したストリーミングの場所がすでに使用されているか、見つかりません。
選択したストリーミングの場所がドライブレターの場合、別のデバイスで使用中の可能性があります。パソコン版ドライブでは、次に使用できるドライブレターが選択されます。自分で選択したドライブレターを使用するには、そのドライブレターを使用しているデバイスの接続を解除します。
選択したストリーミングの場所がフォルダの場合は、フォルダが空であり、パソコン版ドライブにその場所へのアクセス権限があることを確認します。
ファイルを同期できない、または元のファイルに変更を保存できない
元のファイルにはアクセスできませんが、編集を加えたファイルのコピーが元の親フォルダにあります。元の親フォルダにアクセスできない場合、ファイルはマイドライブのルートに移動されます。場合によっては、ファイルが一時保管用フォルダに移動されることがあります
このエラーは、次の場合に発生します。
  • ローカルでの変更がクラウドでの変更に適合していない。
  • 元のファイルが削除または移動されている。
  • そのファイルの編集権限がなくなった。
  • 削除済みのフォルダまたは編集権限のないフォルダにファイルを移動した。
変更を同期するには、元のファイルにアクセスできることを確認してください。自分がファイルのオーナーでない場合は、ファイルまたはフォルダのオーナーにアクセス権をリクエストしてください。ファイルまたはフォルダが共有ドライブにある場合は、共有ドライブの管理者またはマネージャーに連絡して権限をリクエストしてください。
ファイル / フォルダを同期できない - 一時保管用フォルダに移動された
まれに、権限やネットワーク エラーなどの理由により、パソコン版ドライブでファイルをアップロードできないことがあります。同期されていないファイルは、ハードドライブの「一時保管用」フォルダにコピーされます。その際、「一時保管用」フォルダを開くためのリンクが記載された通知が表示されます。このフォルダは、デフォルトでは以下の場所にあります。
  • macOS: /Users/<ユーザー名>/Library/Application Support/Google/DriveFS/<アカウント トークン>/lost_and_found
  • Windows: C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Local\Google\DriveFS\<アカウント トークン>\lost_and_found
重要:
  • macOS の場合: macOS では、「ライブラリ」フォルダはデフォルトで非表示になっています。このフォルダが表示されていない場合は、Finder を開き、左上の [移動] 次に [ライブラリ] をクリックしてください。
  • Windows の場合: AppData フォルダを見つけるには、アドレスバーに直接「%AppData%」と入力します。
    • <アクセス トークン> フォルダは、Google ドライブにログインしている各アカウントに対応しています。フォルダ名は長い数字列です。
      • 例: フォルダ名: 1245555729303
変更を同期するには、「一時保管用」フォルダ内のファイルを確認してください。これらのファイルをマイドライブに戻して同期を再試行するか、パソコン上の別の場所に移動してください。

重要: アカウントの接続を解除すると、「一時保管用」フォルダに保存されているファイルはすべて失われます。

パソコン版ドライブで問題が発生し、停止した

一部のウイルス検出ソフトウェアおよびセキュリティ ソフトウェアにより、パソコン版ドライブの動作が妨げられることがあります。

ウイルス スキャン ソフトウェアが動作しているパソコンにおいて「問題が発生したためパソコン版ドライブが停止されました」というエラーが繰り返し発生する場合は、ウイルス スキャンからパソコン版ドライブを除外してください。

  • Windows の場合: デフォルトのストリーミングの場所は G: ですが、別の場所に設定している可能性があります。
  • macOS の場合: デフォルトのストリーミングの場所は /Volumes/GoogleDrive ですが、別の場所に設定している可能性があります。

高度なトラブルシューティング

Google ドライブでフォルダのバックアップや同期ができない
ドライブでフォルダを同期するには、選択したフォルダに読み取りと書き込みの権限を付与する必要があります。
  • macOS の場合:
  1. Finder でフォルダを選択します。
  2. 左上で、右クリックするか [ファイル] を選択します。
  3. [情報を見る] をクリックします。
  4. [共有と権限] の表で、自分のユーザー名に [読み取りと書き込み] 権限があることを確認します。
  • Windows の場合:
  1. ファイル エクスプローラーでフォルダを選択します。
  2. 右クリックします。
  3. [プロパティ] をクリックします。
  4. [セキュリティ] タブをクリックします。
  5. グループまたはユーザー名でユーザー名をクリックし、すべての権限が[許可]になっていて、[拒否] にチェックマークが表示されていないことを確認します。
  6. 権限を編集するには、[編集] をクリックします。
  7. [OK] をクリックします。
設定フォルダのエラーが原因で Google ドライブを起動できない
ドライブでは、構成フォルダを使用して重要なアプリケーションの設定とデータが保存されます。Google ドライブを起動するには、このフォルダに完全な権限とオーナー権限を付与する必要があります。
  • macOS の場合:
これらのフォルダに権限を付与します。フォルダに権限を付与するには、Google ドライブでフォルダのバックアップや同期ができないの手順を行います。
重要: macOS の「ライブラリ」フォルダは、デフォルトでは非表示になっています。表示されていない場合は、Finder を開き、左上の [移動] 次に [ライブラリ] をクリックしてください。
  • /Users/<ユーザー名>/Library/Application Support/Google
    • このフォルダに対する権限がない場合は、DriveFS フォルダは作成されません。このフォルダに権限を付与すると、アプリを起動して DriveFS フォルダを作成できるようになります。
  • /Users/<ユーザー名>/Library/Application Support/Google/DriveFS
  • Windows の場合:
これらのフォルダに権限を付与します。フォルダに権限を付与するには、Google ドライブでフォルダのバックアップや同期ができないの手順を行います。
  • C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Local\Google\
    • このフォルダに対する権限がない場合、下の DriveFS フォルダは作成されません。このフォルダに権限を付与すると、アプリを起動して DriveFS フォルダを作成できるようになります。
  • C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Local\Google\DriveFS
備考:
ローカルにキャッシュされたファイルのディレクトリにアクセスできない
  1. 通知で指定されたローカルにキャッシュされたファイルのディレクトリ、またはローカルにキャッシュされたファイルのディレクトリの設定の下に表示されるパスに移動します。
  2. ローカルにキャッシュされたファイルのディレクトリに移動し、これらの各フォルダに読み取りと書き込みの権限があることを確認します。
    • 長い数字列の名前のフォルダが見つかります。
      • 例: フォルダ名: 1245555729303
    • これらのフォルダはそれぞれ、Google ドライブにログインしているアカウントごとにあります。
  3. アカウントのフォルダに移動し、「content_cache」という名前のフォルダを探します。
    • アカウントのフォルダ内の各「content_cache」フォルダに、読み取りと書き込みの権限があることを確認します。
File Provider での起動の失敗のトラブルシューティング

ファイル プロバイダを初期化する際にエラーが発生すると、Google ドライブを起動できません。このエラーは macOS によるエラーです。このエラーが発生した場合、以下の操作を行います。

  1. macOS オペレーティング システムを最新バージョンに更新する
  2. パソコンを再起動します。

フィードバックの送信

  1. パソコンでパソコン版ドライブを開きます。
  2. 設定アイコン 設定 次に [フィードバックを送信] をクリックします。
  3. フィードバックを入力します。
  4. 問題の分析に役立つ情報も送信する場合は、[診断ログを含める] をクリックします。
  5. [送信] をクリックします。

Google にエラーレポートを送信する

詳しくは、サポート用にパソコン版 Google ドライブのログをキャプチャするをご覧ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー