Chromebook を学力テストに使用する

Chromebook を適切に設定すると、保育園や幼稚園から高校までのテスト規格に対応する、学力テストに適した安全なプラットフォームとして利用できます。テスト中に生徒がウェブを閲覧できないようにしたり、外部ストレージ、スクリーンショット、印刷機能の利用を無効にしたりできます。

Chromebook は、Partnership for Assessment of Readiness for College and Careers(PARCC)と Smarter Balanced Assessment Consortium において、オンライン学力テストを実施するためのハードウェアとオペレーティング システムの要件を満たしていることが確認されています。

始める前に

学力テスト用に Chromebook を設定する

オプション 1: (学校が設定)テスト用アプリを実行するシングルアプリ キオスクとして Chromebook を設定する

要件: Chrome キオスクアプリとしてテストを受けられるようにする必要があります。詳しくは、Chrome キオスクアプリを作成してデプロイするをご覧ください。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページで、[デバイス] 次に [Chrome 管理] に移動します。
  3. [アプリと拡張機能] をクリックします。
  4. [キオスク] を選択します。
  5. 全ユーザーに設定を適用する場合は、最上位の組織部門を選択したままにします。それ以外の場合は、子組織部門を選択します。
  6. 使用するアプリを見つけてクリックし、設定を行います。詳しくは、アプリや拡張機能を表示、設定するをご覧ください。

  7. [自動起動するアプリ] の横で、Chrome デバイスで自動的に起動するアプリを選択します。

  8. [保存] をクリックします。

キオスクアプリの自動起動設定

  • [キオスクアプリを自動起動] が設定されていない場合は、生徒のログイン画面のシステムトレイにキオスクアプリのメニューが表示されます。生徒は、適切なキオスクアプリを選択、起動して、テストを受けます。テストが完了したら、生徒はキオスクアプリを終了して、再びユーザー セッションにログインできるようになります。
  • [キオスクアプリを自動起動] が設定されている場合は、設定後にデバイスを起動すると、すぐキオスクアプリが読み込まれます。

キオスクの設定方法については、管理対象ゲスト セッションの設定をご覧ください。

オプション 2: (テストの提供元が設定)学力テスト用のドメインと生徒のアカウントを設定する

提供元が行う手順:

  1. 提供元が所有する独立したドメインを作成します。
  2. 生徒のアカウントを作成します。

学校の IT 管理者が行う手順:

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページで、[デバイス] 次に [Chrome 管理] に移動します。
  3. [デバイスの設定] をクリックして、生徒のデバイスがある組織部門を選択します。
  4. [ユーザーデータ] の下にある [すべてのローカル ユーザー データを消去] を選択して、生徒がログアウトしたらデバイスから生徒のデータを消去するようにします。テスト専用のアカウントにはこのように設定することをおすすめします。
  5. (省略可)デバイスにログインできるユーザーを、学力テストのドメインに所属しているユーザーのみに制限するには、[ログインの制限] で [ログインをリスト内のユーザーのみに制限する] を選択して「*@[学力テストのドメイン].com」と入力します。
  6. 許可したものを除くすべてのアプリをブロックします。

    1. 管理コンソールのホームページで、[デバイス] 次に [Chrome 管理] に移動します。
    2. [アプリと拡張機能] をクリックします。
    3. 全ユーザーに設定を適用する場合は、最上位の組織部門を選択したままにします。それ以外の場合は、子組織部門を選択します。
    4. 上部の [ユーザーとブラウザ] をクリックします。
    5. [ユーザーに他のアプリや拡張機能のインストールを許可する] メニューから [他のすべてのアプリや拡張機能をブロックする] を選択します。
    6. [保存] をクリックします。
  7. ユーザーとブラウザにセキュリティ対策を適用します。
    1. 管理コンソールのホームページで、[デバイス] 次に [Chrome 管理] に移動します。
    2. [ユーザーとブラウザの設定] をクリックします。
    3. 全ユーザーに設定を適用する場合は、最上位の組織部門を選択したままにします。それ以外の場合は、子組織部門を選択します。
    4. シークレット モード - [シークレット モードを無効にする] を選択します。
    5. スクリーンショット - [ユーザーにスクリーンショットの撮影を禁止する] を選択します。
    6. URL のブロック - [URL ブラックリスト] にワイルドカード(*)を記入して、すべての URL をブロックするように設定します。そして、[URL ブラックリストの例外] で、学力テストの URL と生徒にアクセスを許可するその他のツールを設定します。詳細
    7. 印刷 - [印刷を無効にする] を選択します。
    8. 外部ストレージ デバイス - [外部ストレージ デバイスを許可しない] を選択します。
      各設定の詳細については、ユーザーまたはブラウザに Chrome のポリシーを設定するをご覧ください。

生徒が行う手順:

  1. 提供元から与えられたユーザー名とパスワードを使用して Chromebook にログインします。
  2. テストを受けます。
  3. テストが完了したら、Chromebook からログアウトします。

生徒がログアウトすると、デバイスのデータはワイプされます。

セキュリティに関するその他の情報:

Chrome に元々備わっている上述の管理機能に加え、学力テストの提供元によっては独自の Chrome 拡張機能で追加の管理機能(デバイスにログインしたユーザーを確認するツールや、追加のレポート機能など)をデプロイしていることもあります。詳しくは、アプリや拡張機能を追加するをご覧ください。

オプション 3: (学校が設定)学力テスト用の管理対象ゲスト セッションをデバイスに設定する

Chrome バージョン 73 以降

始める前に

管理対象の Chromebook とその他の Chrome OS 搭載デバイスが対象です。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページで、[デバイス] 次に [Chrome 管理] に移動します。
  3. [管理対象ゲスト セッションの設定] をクリックします。
  4. 全ユーザーに設定を適用する場合は、最上位の組織部門を選択したままにします。それ以外の場合は、子組織部門を選択します。
  5. [管理対象ゲスト セッション] の横にある [管理対象ゲスト セッションを許可する] を選択します。
  6. セッションでユーザーに表示する名前を入力します。
  7. 管理対象ゲスト セッションの設定を行います。
    1. (省略可)試験時間を設定するには、[ユーザー セッションの最大の長さ] を選択して時間を入力します。
    2. アイドル設定 - アイドル時間を分単位で 15 分以上に設定します。
    3. シークレット モード - [シークレット モードを無効にする] を選択します。
    4. スクリーンショット - [スクリーンショットを無効にする] を選択します。
    5. URL のブロック - [URL ブラックリスト] に「https://*」と入力してすべての URL をブロックします。[URL ブラックリストの例外] には、学力テストの URL と、テスト中に生徒にアクセスを許可するその他の URL を入力します。
    6. 印刷 - [印刷を無効にする] を選択します。
    7. 外部ストレージ デバイス - [外部ストレージ デバイスを許可しない] を選択します。
  8. [保存] をクリックします。
  9. インストールするアプリと拡張機能を選択します。詳しくは、アプリと拡張機能を自動インストールするをご覧ください。
  10. 生徒が管理対象ゲスト セッションの外部から学力テストの URL にアクセスできないようにします。
    1. 管理コンソールのホームページで、[デバイス] 次に [Chrome 管理] に移動します。
    2. [ユーザーとブラウザの設定] をクリックします。
    3. 全ユーザーに設定を適用する場合は、最上位の組織部門を選択したままにします。それ以外の場合は、子組織部門を選択します。
    4. [URL のブロック] までスクロールします。
    5. [URL ブラックリスト] に、学力テストの URL を入力します。
    6. [保存] をクリックします。

生徒が Google アカウントにはログインせずに、必ず管理対象ゲスト セッションを使って学力テストを受けるようにしてください。生徒が学力テストを終えて管理対象ゲスト セッションを終了すると、そのセッションはデバイスからワイプされます。

関連トピック

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。