Chrome デバイスの登録

企業や学校で使う Chrome デバイスの管理者向けの内容です。

Google 管理コンソールで設定したデバイス ポリシーを適用するには、Chrome OS 搭載デバイスの登録を行う必要があります。Chrome Enterprise または Chrome Education をお使いの場合は、ユーザーにデバイス登録の権限を付与できます。登録された各デバイスは、ワイプやデプロビジョニングが行われない限り、管理者が設定したポリシーに準拠します。

始める前に

  • 組織でいずれかの Chrome サービス(Chrome Enterprise、Chrome Education、Chrome Kiosk など)に申し込み、管理対象の Chrome デバイスごとにサブスクリプション ライセンスを購入する必要があります。
  • デバイスの登録は、そのデバイスに誰もログインしていないうちに行ってください。登録前にログインが行われた場合、デバイスをワイプして登録をやり直す必要があります。詳しくは、Chrome デバイスのデータをワイプするをご覧ください。
  • ドメインへのデバイス登録が許可されるユーザーの管理方法については、ユーザー ポリシーの登録の権限をご覧ください。
  • デフォルトでは、デバイスは最上位の組織に自動的に登録されます。ユーザーが属する組織に自動的に登録する方法については、ユーザー ポリシーの端末の登録をご覧ください。
  • デバイスの識別情報を入力すると(場合によってはユーザーに入力を依頼)、デバイスを管理しやすくなります。詳しくは、ユーザー ポリシーの登録時のアセット ID をご覧ください。

Chrome デバイスの手動登録

  1. Chrome デバイスの電源をオンにして、画面の手順に沿ってログイン画面まで進みます。この時点では、まだログインしないでください。ログイン画面ではなく登録画面が表示された場合は、手順 4 に進みます。

  2. Chromebook タブレットを登録する場合は、[メールアドレスまたは電話番号] をタップし、その他アイコン その他 次に [完全配列に切り替え] の順にタップして画面キーボードを開きます。

  3. 次のいずれかの方法で登録画面を表示します。

    • Ctrl+Alt+E キーを押します。

    • [その他のオプション] 次に [企業の登録](Chromebook タブレットではご利用いただけません)の順にクリックします。

  4. Google 管理者のウェルカム レターに記載されたユーザー名とパスワード、または登録権限のある Google アカウントのユーザー名とパスワードを入力します。

  5. 必要に応じてアセット ID と場所を入力し、[次へ] をクリックします。

  6. デバイスが正常に登録されたことを示す確認メッセージが表示されたら、[完了] をクリックします。

これで、ユーザーはデバイスにログインして使用できるようになりました。

登録されているデバイスのリストは管理コンソールで確認できます。詳しくは、Chrome 端末の情報を確認するをご覧ください。

登録に関するエラー メッセージのトラブルシューティング

「このデバイスを登録するソフトウェア ライセンスを持っていません」

組織で使用可能なすべてのライセンスを他のデバイスに使用しているため、追加ライセンスを購入する必要があります。詳しくは、Chrome のライセンスとサブスクリプションを管理するをご覧ください。

「このユーザー アカウントはサービスを利用できません」

デバイス登録の権限がないユーザー名でデバイスを登録しようとしています。ユーザーにデバイス登録の権限を付与する方法については、ユーザー ポリシーの登録の権限をご覧ください。

関連トピック

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。