Google アナリティクス 4 プロパティを追加する(アナリティクスを導入済みのサイトの場合)

既存のユニバーサル アナリティクス プロパティと併用可能な Google アナリティクス 4 プロパティの設定
この記事は、現在ユニバーサル アナリティクスをご利用中で、Google アナリティクス 4 プロパティの使用を検討されているウェブサイト オーナーの方を対象としています。Google アナリティクス 4 プロパティとは.

[GA4 設定アシスタント] をクリックすると、既存のユニバーサル アナリティクス プロパティと並行してデータ収集を行う Google アナリティクス 4 プロパティを作成できます。元のユニバーサル アナリティクス プロパティもそのまま同じように運用でき、プロパティ セレクタまたは管理ページから随時アクセスが可能です。

ウェブサイト作成ツールや、CMS でホストされるウェブサイト(WordPress、Shopify、Wix など)をご使用の場合、サイトへのタグ設置には、各サービスのカスタム HTML 機能をお使いください。手順についてはこちらをご覧ください。CMS 側の入力欄に「G-」形式または「UA-」形式の ID を貼り付けるだけでは正しく処理されません。
GA4 設定アシスタント ウィザードには、作成した GA4 プロパティに過去のデータを取り込む機能は用意されていません。GA4 プロパティに保存されるのは、設定後に発生したデータのみです。過去のデータを参照する際は、ユニバーサル アナリティクス プロパティのレポートを使用してください。

GA4 設定アシスタント

次の手順で、Google アナリティクス 4 プロパティを作成できます。この手順は、ウェブサイトの各ページにアナリティクス タグを設置している場合、およびGoogle タグ マネージャーを利用している場合のいずれにも同様です。

  1. Google アナリティクスで [管理] をクリックします。
  2. [アカウント] 列で、目的のアカウントが選択されていることを確認します(Google アナリティクス アカウントを 1 つしかお持ちでない場合は、そのアカウントが自動的に選択されています)。
  3. [プロパティ] 列で、現在ウェブサイトからのデータ収集に使用しているユニバーサル アナリティクス プロパティを選択します。
  4. [プロパティ] 列で [GA4 設定アシスタント] をクリックします。この項目は [プロパティ] 列の先頭([プロパティ設定] の上)にあります。
  5. [新しい Google アナリティクス 4 プロパティを作成する] という見出しの下の [ようこそ] をクリックします。
  6. サイトで gtag.js タグを使用している場合は、[既存のタグを使用してデータ収集を有効にします] のオプションが表示されます。ただし、ウェブサイト作成ツールや CMS(Wix など)、Google タグ マネージャーをご使用の場合、またはウェブサイトに設置したタグが analytics.js である場合は、ウィザードによって既存のタグを再利用することはできません。ご自身でのタグ設置が必要となります(手順)。
    上級ユーザー向けの注意事項: ユニバーサル アナリティクス プロパティでカスタムタグを実装している場合、[既存のタグを使用してデータ収集を有効にします] をオンにしても、その機能は Google アナリティクス 4 プロパティにコピーされません。詳細
  7. [プロパティを作成] をクリックします。

新しい Google アナリティクス 4 プロパティが作成されます。プロパティ名、URL、タイムゾーン、通貨などの基本的なデータは、ユニバーサル アナリティクス プロパティからコピーされます。

処理が完了すると、Google アナリティクス 4 プロパティ設定アシスタント ページの上部に「プロパティをリンクしました」と表示されます。[GA4 プロパティを確認] をクリックすると、作成した Google アナリティクス 4 プロパティの設定アシスタントが表示されます。

GA4 設定アシスタント ウィザードで、[既存のタグを使用してデータ収集を有効にします] をオンにしていた場合は、この時点で Google アナリティクス 4 プロパティでのデータ収集も開始されています。

新しい Google アナリティクス 4 プロパティにデータが表示されるまで、最長で 30 分ほどかかる場合があります。

レポート ナビゲーションから [リアルタイム] を選択すると、データが収集されているかどうかを確認できます。実際にウェブサイトを閲覧して、そのアクティビティがリアルタイム レポートに表示されることを確認しましょう。

作成された Google アナリティクス 4 プロパティの名前を控えておきましょう。たとえばユニバーサル アナリティクス プロパティの名前が「Example property (UA-1234567)」だった場合、GA4 プロパティの名前は「Example property (87654321)」のようになります(87654321 がプロパティ番号)。
Firebase プロジェクトをお持ちの場合、作成した Google アナリティクス 4 プロパティにリンクできます。ただし、この操作は Firebase 側で行う必要があります。詳細
Add a GA4 property Add a GA4 property (using Google Tag Manager)
これらの動画にまだ反映されていない変更点: 動画で言及されている [Upgrade to GA4(GA4 へのアップグレード)] ボタンは、現在は [GA4 Setup Assistant(GA4 設定アシスタント)] ボタンになっています。また、動画内ではプロセス完了時に自動的に新しい GA4 プロパティが表示されますが、現在は Google アナリティクス 4 プロパティ設定アシスタント ページの上部に「プロパティをリンクしました」と表示されるようになっています。[GA4 プロパティを確認] をクリックすると、作成した Google アナリティクス 4 プロパティの設定アシスタントが表示されます。

GA4 設定アシスタントが既存のタグ設定を再利用できなかった場合

ウェブサイト作成ツールや CMS(Wix など)をご使用の場合、またはウェブサイトに設置したタグが gtag.js ではなく analytics.js である場合は、GA4 設定アシスタント ウィザードによって既存のタグを再利用することはできません。作成した Google アナリティクス 4 プロパティでデータ収集を始めるには、ご自身でアナリティクス タグを設置する必要があります。

ウェブサイト作成ツールまたは CMS でホストされるウェブサイト(WordPress、Shopify など)にタグを追加する
[プロパティ] 列にデータ ストリームの項目が表示されない場合は、アップグレードによって作成された GA4 プロパティではなく、既存のユニバーサル アナリティクス プロパティが開かれている状態です。プロパティ セレクタまたは管理ページで、新しい GA4 プロパティを開きましょう。
  1. [管理] をクリックします。
  2. [プロパティ] 列で、作成した Google アナリティクス 4 プロパティが選択されていることを確認し、[データ ストリーム]、[ウェブ] の順にクリックします。目的のデータ ストリームをクリックします。
  3. [タグ設定手順] で [新しいページ上のタグを追加する] をクリックし、「グローバル サイトタグ(gtag.js)」を探します。アナリティクスのページタグは、表示されるコードのセクション全体で、以下のコードから始まります。
    <!-- グローバル サイトタグ(gtag.js)- Google アナリティクス -->
    以下のコードで終わります。
    </script>

CMS のカスタム HTML 機能を使って、Google アナリティクスのページタグ全体をコピーしてウェブサイトに貼り付けます。手順については、以下の各 CMS のヘルプをご確認ください。

その後、リアルタイム レポートで、データを受信していることを確認できます。

ウェブページに直接タグを追加する

ウェブページの HTML コードを編集する作業です。ご自身で以下の手順を行えない場合は、ウェブ開発を担当されている方に依頼してください。

  1. [管理] をクリックします。
  2. [プロパティ] 列で、作成した Google アナリティクス 4 プロパティが選択されていることを確認し、[データ ストリーム]、[ウェブ] の順にクリックします。目的のデータ ストリームをクリックします。
  3. [タグ設定手順] で [新しいページ上のタグを追加する] をクリックし、「グローバル サイトタグ(gtag.js)」を探します。アナリティクスのページタグは、表示されるコードのセクション全体で、以下のコードから始まります。
    <!-- グローバル サイトタグ(gtag.js)- Google アナリティクス -->
    以下のコードで終わります。
    </script>
  4. アナリティクスのページタグ全体をコピーして、ウェブサイトの各ページの <head> の直後に貼り付けます。(元の analytics.js タグは削除しないでください。ユニバーサル アナリティクス プロパティへのデータ収集をそのまま続行できます。この手順で追加する gtag.js タグは、新しい Google アナリティクス 4 プロパティのデータ収集に使用されます。)

その後、リアルタイム レポートで、データを受信していることを確認できます。

[プロパティ] 列にデータ ストリームの項目が表示されない場合は、アップグレードによって作成された GA4 プロパティではなく、既存のユニバーサル アナリティクス プロパティが開かれている状態です。プロパティ セレクタまたは管理ページで、新しい GA4 プロパティを開きましょう。
Google タグ マネージャーを使用してタグを追加する

Google タグ マネージャーで、「Google アナリティクス: GA4 設定」タグを作成します。

  1. [タグ] 次の操作 [新規] の順にクリックします。
  2. [タグの設定] をクリックします。
  3. [Google アナリティクス: GA4 設定] を選択します。
  4. 測定 ID を入力します。
  5. 省略可: 設定するパラメータがある場合は、[設定する項目] で追加します。最適な結果を得るには、推奨イベント パラメータ名を使用します。
  6. 省略可: 設定するカスタム ユーザー プロパティがある場合は、[ユーザー プロパティ] で追加します。注: アナリティクスでは、一部のユーザー プロパティが自動的にログに記録されますGoogle アナリティクス 4 プロパティごとに、最大 25 個のユーザー プロパティを追加設定できます。
  7. 省略可: [詳細設定] で [タグ配信の優先度] を設定するか、[タグの順序付け] で、設定タグが、その設定タグを必要とする他のイベントタグの前に配信されるようにします。
  8. [トリガー] をクリックし、タグを配信する適切なトリガー([すべてのページ] など)を選択して、ウェブサイトのすべてのページで設定タグが配信されるようにします。
  9. タグの設定を保存してコンテナを公開します。

Google アナリティクス 4 プロパティを追加した後

ユニバーサル アナリティクス プロパティと Google アナリティクス 4 プロパティの両方にデータが収集されるようになりました。2 つのプロパティは互いにリンクされている状態です。このため、Google アナリティクス 4 プロパティの設定アシスタントを使用すれば、ユニバーサル アナリティクス プロパティから Google アナリティクス 4 プロパティに設定をインポートできます。

Google アナリティクス 4 プロパティにおいて、データの基本単位となるのが「イベント」です。たとえば、ユーザーがウェブサイトのページのひとつを閲覧すると、page_view イベントが収集されます。page_view は、「測定機能の強化」によって自動で収集されるイベントのひとつです。GA4 設定アシスタント ウィザードで既存のタグを再利用した場合、「測定機能の強化」は自動的に有効になっています。

Google アナリティクス 4 プロパティには「ビュー」が存在せず、代わりに「データ ストリーム」があります。データ ストリームには、ウェブ データ ストリーム、iOS データ ストリーム、Android データ ストリームがあります。

Google アナリティクス 4 プロパティには「目標」が存在しません。コンバージョン トラッキングを行うには、該当するイベントをコンバージョンとして有効にします。その後、該当イベントが発生すると、コンバージョンとして記録されます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。