Google アナリティクス 4 プロパティへのアップグレード

既存のユニバーサル アナリティクス プロパティと並行して、Google アナリティクス 4 プロパティ(旧称「アプリ + ウェブ プロパティ」)を設定します。
Google アナリティクス 4 プロパティについては、詳細をご覧ください。

この記事では、既存のユニバーサル アナリティクス プロパティと同じページからデータを収集する Google アナリティクス 4 プロパティを設定する方法について説明します。以下の 2 つのステップを行います。

  1. Google アナリティクス 4 プロパティを作成するか、Google アナリティクス 4 プロパティに接続して、ユニバーサル アナリティクスの設定を移行する
  2. データ収集を有効にする
    既存のユニバーサル アナリティクス サイトで gtag.js のタグが適切に設定されている場合は、ステップ 1 の一部として既存のタグを使うだけでデータ収集を有効にできます。サイトに gtag.js のタグが設定されていない場合、開始ウィザードでは既存のタグを使用することができず、サイトに手動でタグを設定する必要があります。

始める前に

この記事では、既存のユニバーサル アナリティクス プロパティがあることを前提としています。アップグレードが完了したら、以下が行われます。

  • 正常に機能する新しい Google アナリティクス 4 プロパティが作成されます
  • 既存のユニバーサル アナリティクス プロパティは変更されず、そのままデータの収集が継続されます

アップグレードの手順

アップグレードするには:

Google アナリティクス 4 プロパティを作成するか、Google アナリティクス 4 プロパティに接続する

以下の手順で、[GA4 へのアップグレード] を見つけます。

  1. Google アナリティクスにログインします。
  2. [管理] をクリックします。
  3. [アカウント] 列で、プロパティを作成するアカウントを選択します(Google アナリティクス アカウントを 1 つのみお持ちの場合は、そのアカウントが自動的に選択されます。アカウントを複数お持ちの場合は、希望するアカウントが選択されていることをご確認ください)。
  4. [プロパティ] 列で、目的のユニバーサル アナリティクス プロパティを選択します。
  5. [GA4 へのアップグレード] をクリックします。

これで、以下のいずれかのオプションを選択できるようになりました。

  • 新しい Google アナリティクス 4 プロパティを作成する
  • 既存の Google アナリティクス 4 プロパティに接続する

新しいプロパティを作成するには

  1. [新しい Google アナリティクス 4 プロパティを作成する必要がある] で [開始] をクリックします。
  2. サイトで gtag.js タグを使用している場合は、[既存のタグを試用してデータ収集を有効にします] のオプションが表示されます。なお、ユニバーサル アナリティクス プロパティにカスタムタグを実装している場合、このオプションを選択しても、Google アナリティクス 4 プロパティ向けの機能は複製されません。詳しくは、接続済みのサイトタグを使用する際の検討事項をご確認ください。
  3. [プロパティを作成] をクリックします。

これで、新しい Google アナリティクス 4 プロパティが作成され、ユニバーサル アナリティクス アカウントからプロパティ名、URL、タイムゾーン、通貨などの基本的なデータがコピーされます。さらに、Google アナリティクス 4 プロパティの測定機能の強化が自動的に有効になります。次に、新しい Google アナリティクス 4 プロパティで設定アシスタントの画面が開き、設定の移行(または最初から設定)を行うために選択可能なオプションが表示されます。

既存のプロパティに接続するには

サイトのタグ設定は、お客様が行う必要があります。接続しておくと、他の設定に役立つアップグレード ツールを今後利用できるようになります。

  1. [既存の Google アナリティクス 4 プロパティに接続したい] で、接続先となる Google アナリティクス 4 プロパティを選択します。
  2. [プロパティをリンク] をクリックします。アナリティクスで、ユニバーサル アナリティクス プロパティと Google アナリティクス 4 プロパティ間の接続が確立されます。

[GA4 プロパティを確認] をクリックすると、新しい Google アナリティクス 4 プロパティで [設定アシスタント] の画面が開きます。タグの実装と設定の移行を行うために選択可能なオプションが表示されます。

データ収集を有効にする

以下に該当する場合のみ、このセクションをお読みください。

  • 設定アシスタント経由で、または Google アナリティクス 4 プロパティの作成手順の一部として、データ収集を有効にできなかった
  • 高度なインストルメンテーションを必要としている(カスタム イベントや e コマースなどを実装する必要がある)

以上で Google アナリティクス 4 プロパティを設定できたので、次に(グローバル サイトタグ(gtag.js)を使って)サイトにタグを設定します。ユニバーサル アナリティクス プロパティの既存のタグ付けを置き換えるのではなく、タグ付けを追加するため、データはユニバーサル アナリティクス プロパティと Google アナリティクス 4 プロパティの両方に流れます。

手順は、ユニバーサル アナリティクス プロパティでのタグ付けの実装方法によって異なります。

  • サイトが CMS やウェブサイト作成ツール(WordPress、Shopify など)でホストされている場合は、CMS ガイドをご覧ください。
  • 既存のユニバーサル アナリティクス プロパティで Google タグ マネージャーを使用している場合は、Google タグ マネージャー ガイドをご覧ください。
  • 既存のユニバーサル アナリティクス プロパティで gtag.js を使用している場合は、gtag.js ガイドをご覧ください。
  • 既存のユニバーサル アナリティクス プロパティで analytics.js を使用している場合は、既存の analytics.js サイトに関するガイドをご覧ください。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。