この記事では、Google アナリティクス 4 プロパティについて説明します。ユニバーサル アナリティクス プロパティを使用している場合は、ユニバーサル アナリティクスのセクションをご覧ください。ユニバーサル アナリティクスは、2023 年 7 月 1 日(アナリティクス 360 プロパティの場合は 2023 年 10 月 1 日)をもってデータ処理が停止されます。

Google アナリティクス 4 プロパティを追加する(アナリティクスを導入済みのサイトの場合)

既存のユニバーサル アナリティクス プロパティと並行して Google アナリティクス 4(GA4)プロパティを設定する

この記事は、ユニバーサル アナリティクスを現在ご利用で、GA4 プロパティをお試しになりたいウェブサイトの所有者の方を対象としています。

GA4 プロパティと次世代のアナリティクスの詳細

GA4 設定アシスタント(操作手順は下記を参照)を使用して、既存のユニバーサル アナリティクス プロパティと並行してデータを収集する新しい GA4 プロパティを作成します。ユニバーサル アナリティクス プロパティに変更はなく、引き続きデータがこれまでどおり収集されます。どちらのプロパティも、プロパティ セレクタまたは管理ページからいつでもアクセスできます。

gtag.js 未対応のウェブサイト作成ツールを使用している場合、または gtag.js 未対応のコンテンツ管理システム(CMS)(Hubspot、Magento、Squarespace など)を使用してサイトがホストされている場合は、こちらを参照のうえ、お使いの CMS 向けの手順を実施してください。CMS 側の入力欄に「G-」形式の ID を貼り付けるだけでは正しく処理されません。

GA4 設定アシスタント ウィザードでは、作成した GA4 プロパティが過去のデータに基づきバックフィルされることはありません。GA4 プロパティに保存されるのは、設定後に発生したデータのみです。過去のデータを参照する際は、ユニバーサル アナリティクス プロパティのレポートを使用してください。

GA4 設定アシスタント ウィザード

以下の手順に沿って GA4 プロパティを作成します。この手順は、ウェブサイトのページに Google アナリティクス タグ(gtag.js または analytics.js)が設置されている場合でも、Google タグ マネージャー コンテナが含まれている場合でも同じです。GA4 設定アシスタントを使用するには、アカウントの編集者のロールが必要です。

  1. Google アナリティクスで、左下の 設定 [管理] をクリックします。
  2. [アカウント] 列で、目的のアカウントが選択されていることを確認します(Google アナリティクス アカウントを 1 つのみお持ちの場合は、そのアカウントが自動的に選択されます)。
  3. [プロパティ] 列で、現在ウェブサイトからのデータ収集に使用しているユニバーサル アナリティクス プロパティを選択します。
  4. [プロパティ] 列で、[GA4 設定アシスタント]([プロパティ] 列の最初のオプション)をクリックします。
  5. [新しい Google アナリティクス 4 プロパティを作成する] で [開始] をクリックします。
  6. サイトで gtag.js タグを使用している場合は、[既存のタグを使用してデータ収集を有効にします] のオプションが表示されます。

    gtag.js タグ対応のウェブサイト作成ツールまたは CMS(例: WordPress、Shopify、Wix)をお使いの場合は、[既存のタグを使用してデータ収集を有効にします] のオプションが表示される場合があります。

    ウェブサイト作成ツールもしくは CMS が gtag.js タグ未対応の場合、Google タグ マネージャーを使用している場合、またはウェブサイトが analytics.js でタグ設定されている場合は、ウィザードでは既存のタグ設定を再利用できないため、ご自身でタグを追加する必要があります(手順)。

    上級ユーザー向けの注意: [既存のタグを使用してデータ収集を有効にします] をオンにすると、GA4 プロパティで標準のデータ収集が行われます。UA プロパティでカスタムタグを実装している場合、こちらの検討事項を参照して、追加の手順をご確認ください
  7. [プロパティを作成] をクリックします。

[プロパティを作成] をクリックしたら、設定ウィザードに沿って次を行います。

処理が完了すると、Google アナリティクス 4 プロパティ設定アシスタント ページの上部に「プロパティをリンクしました」と表示されます。

後で確認できるように、GA4 プロパティの名前をメモしておきます。ユニバーサル アナリティクス プロパティ名が「プロパティ例(UA-nnnnnnnn)」の場合、GA4 プロパティ名は接頭辞「UA-」を含まない「プロパティ例(xxxxxxx)」となり、xxxxxxx は新しいプロパティ番号になります。[GA4 プロパティを確認] をクリックすると、新しい GA4 プロパティの設定アシスタントが表示されます。

 

設定ウィザードで既存のタグ設定が再利用された場合

GA4 設定アシスタント ウィザードで [既存のタグを使用してデータ収集を有効にします] が表示され、オンになっていると、この時点で新しい GA4 プロパティでのデータ収集が始まっています。

新しい GA4 プロパティにデータが表示されるまで、最長で 30 分ほどかかることがあります。

データが収集されているかどうかを確認するには、ウェブサイトにアクセスしてレポート ナビゲーションから [リアルタイム] を選択します。[リアルタイム] レポートにアクティビティが表示されます。

既存の Firebase プロジェクトをお持ちの場合、新しい GA4 プロパティにリンクできます。ただし、この操作は Firebase 側で行う必要があります。詳細

設定ウィザードで既存のタグ設定を再利用できない場合

サイトに設定したタグが gtag.js ではなく analytics.js である場合、またはページに analytics.js のタグを設定するウェブサイト作成ツールもしくは CMS をお使いの場合は、GA4 設定ウィザードによって既存のタグ設定を再利用することはできません。

ウェブサイト作成ツールまたは CMS をご利用でない場合、ご自身またはウェブ デベロッパーの方は任意のページエディタを使用して GA4 の gtag.js タグをページに直接追加できます。アナリティクスからユニバーサル アナリティクス プロパティにデータが引き続き送信されるように、analytics.js タグは残しておきます。

ページに analytics.js のタグを設定するウェブサイト作成ツールまたは CMS をお使いの場合は、カスタム HTML 機能を使用して GA4 の gtag.js タグをページに追加できます。アナリティクスからユニバーサル アナリティクス プロパティにデータが引き続き送信されるように、analytics.js タグは残しておきます。

GA4 のページ上のタグを見つける

新しい GA4 のページ上のタグは、GA4 プロパティのウェブデータ ストリームの詳細ページに表示されます。[プロパティ] 列にデータ ストリームのリンクが表示されない場合は、新しい GA4 プロパティではなく、ユニバーサル アナリティクス プロパティの [管理] ページが表示されていることを意味します。

  1. 左下の 設定 [管理] をクリックします。
  2. [プロパティ] 列で、新しい GA4 プロパティが選択されていることを確認し、[データ ストリーム]、[ウェブ] の順にクリックします。目的のデータ ストリームをクリックします。
  3. [タグ設定手順] で、[新しいページ上のタグを追加する] > [グローバル サイトタグ(gtag.js)] をクリックします。アナリティクスのページタグは、セクション全体がコードで構成され、以下のコードから始まります。
    <!-- Global Site tag (gtag.js) - Google Analytics -->
    そして、以下のコードで終わります。
    </script>

ご自身またはウェブ デベロッパーがウェブページに手動でタグを設定する場合

アナリティクスのページタグ全体をコピーして、ウェブサイトの各ページの <head> の直後に貼り付けます。

元の analytics.js タグは削除しないでください。残しておくことで、ユニバーサル アナリティクス プロパティへのデータ収集をそのまま続行できます。この手順で追加する gtag.js タグは、新しい Google アナリティクス 4 プロパティのデータ収集に使用されます。

リアルタイム レポートで、データを受信していることを確認します。

ウェブサイト作成ツールまたは CMS をご使用の場合

ウェブサイト作成ツールまたは CMS ですでに gtag.js が使用されている場合は、既存のタグを再利用するオプションが設定ウィザードに表示されます。表示されない場合は、カスタム HTML として GA4 のページ上のタグを追加します。

次の表は、現在 analytics.js を使用しているウェブサイト作成ツールおよび CMS の一覧です。いずれも、analytics.js と gtag.js の両方のタグをサイトで使用するには、カスタム HTML として GA4 のページ上のタグを追加する必要があります。

CMS のカスタム HTML 機能を使って、Google アナリティクスのページタグ全体をコピーしてウェブサイトに貼り付けます。

リアルタイム レポートで、データを受信していることを確認します。

ウェブサイト作成ツール / CMS カスタム HTML を追加する方法
Blogger 手順
Cart.com 手順については Cart.com のサポート窓口にお問い合わせください
HubSpot 手順
Magento 手順
One.com 手順については One.com のサポート窓口にお問い合わせください
Salesforce(Demandware) 手順については Salesforce のサポート窓口にお問い合わせください
VTEX 手順については VTEX のサポート窓口にお問い合わせください
Weebly 手順

Google タグ マネージャーを使用してタグを追加する場合

基本的なデータ収集については、Google タグ マネージャーのヘルプセンターに記載されている手順に沿ってGoogle アナリティクス: GA4 設定タグを追加します。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

次の手順をお試しください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
69256
false
false