[GA4] Google アナリティクス 4 プロパティを追加する(アナリティクスを導入済みのサイトの場合)

既存のユニバーサル アナリティクス プロパティと並行して Google アナリティクス 4(GA4)プロパティを設定する

この記事は、ユニバーサル アナリティクスを使用しており、GA4 プロパティを作成しようとしているウェブサイトの所有者の方を対象としています。GA4 プロパティと次世代のアナリティクスの詳細

Google アナリティクス 4 プロパティ設定アシスタント ツールを使用して、既存の UA プロパティと並行してデータを収集する GA4 プロパティを作成します。UA プロパティに変更はありません。どちらのプロパティも、プロパティ セレクタまたは管理ページからアクセスできます。

この記事の内容:

仕組み

Google アナリティクス 4 プロパティ設定アシスタント ツール:

  • 新しい GA4 プロパティを作成します。
  • UA プロパティからプロパティ名、ウェブサイトの URL、タイムゾーン、通貨、その他の設定をコピーします。
  • GA4 プロパティで [測定機能の強化] を有効にします。
  • UA プロパティと GA4 プロパティの接続を作成します。この接続により、Google アナリティクス 4 プロパティで設定アシスタントを使用して、UA プロパティから GA4 プロパティに設定を移行できるようになります。
  • 既存のサイトタグを再利用することを選択した場合、既存の Google タグからデータを受け取るように GA4 プロパティを設定します。

GA4 設定アシスタント ウィザードでは、作成した GA4 プロパティが過去のデータに基づきバックフィルされることはありません。GA4 プロパティに保存されるのは、設定後に発生したデータのみです。過去のデータを参照する際は、UA プロパティのレポートを使用してください。

GA4 プロパティを作成する

GA4 設定アシスタントを使用するには、アカウントの編集者または管理者のロールが必要です。このツールは、ウェブサイトのページに Google アナリティクス タグ(gtag.js または analytics.js)、Google 広告タグ(gtag.js)、または Google タグ マネージャー コンテナが含まれているかどうかに関係なく使用できます。

  1. Google アナリティクスで、左下の 設定 [管理] をクリックします。
  2. [アカウント] 列で、目的のアカウントが選択されていることを確認します(お持ちの Google アナリティクス アカウントが 1 つしかない場合、そのアカウントが自動的に選択されます)。
  3. [プロパティ] 列で、現在ウェブサイトからのデータ収集に使用している UA プロパティを選択します。
  4. [プロパティ] 列で、[GA4 設定アシスタント]([プロパティ] 列の最初のオプション)をクリックします。
    [GA4 設定アシスタント] が表示されず、[プロパティ] 列の [プロパティ設定] がグレー表示されている場合は、閲覧権限はありますが、プロパティおよびアカウントに対する権限がありません。このツールを使用するには、アカウントの編集者または管理者のロールが必要です。
  5. ユニバーサル アナリティクス プロパティの移行方法を選択します。使用できるオプションには以下のようなものがあります。
    • 新しい Google アナリティクス 4 プロパティを作成する:
      タグの移行、Google シグナルの有効化、リマーケティングの設定などの基本設定を移行します。このオプションでは、Google 広告の目標、オーディエンス、リンク、入札戦略は移行されません。

      このオプションを使用するには、[開始] をクリックします(手順 6 に進みます)。
       
    • このプロパティの設定を可能な限り使って、新しい Google アナリティクス 4 プロパティを作成する:
      基本設定に加えて、Google 広告の目標、オーディエンス、リンク、入札戦略などのその他の設定も移行します(このオプションでは、自動的に作成される GA4 プロパティと同じプロセスを使用します。詳細

      このオプションを使用するには、[新しいプロパティを作成して設定する] をクリックします。[新しい Google アナリティクス 4 プロパティの作成] ページで、[既存のタグを使用してデータ収集を有効にする] をオンにして、既存のタグを移行に含めることもできます。次に、[プロパティを作成] をクリックします。
      注: 完全移行には最大で 5 営業日かかります。GA4 プロパティが新しく作成されたことをユーザーに知らせるメール通知が送信されます。
  6. (手順 5 で [新しい Google アナリティクス 4 プロパティを作成する] を選択した場合)[新しい Google アナリティクス 4 プロパティの作成] ページで、サイトの現在のタグ設定に応じて、以下のいずれかのオプションが表示されます。
  7. (ステップ 6 で [作成して続行] を選択した場合)[Google タグの設定] ページで、Google タグを手動で実装するか(以下の最初のオプション)、現状を最もよく表すオプションを選択し、手順に沿って新しい GA4 プロパティの作成を完了します。

    サイトの設定に応じて、次のようなオプションが表示されます。
     

    手動でインストールする

    このオプションは、次のいずれかに該当する場合に選択します。

    • ご利用のウェブサイト作成ツールかコンテンツ マネジメント システム(CMS)がまだ Google タグ(gtag.js)をサポートしていない場合
    • ご自身やご利用のウェブ デベロッパーがウェブサイトに手動でタグを設定している場合
    • ウェブサイトが analytics.js でタグ設定されている場合
    • Google タグ マネージャーをご利用の場合

    Google タグを手動で実装する方法

    [手動でインストールする] を選択すると、Google タグの JavaScript スニペットが表示されます。

    表示された Google タグの全体をコピーし、ウェブサイトのすべてのページのコード(<head> 要素の直後)に貼り付けて、ご自身のウェブサイトと Google アナリティクスをリンクします。各ページに複数の Google タグを実装することはできません。

    表示されるコード全体が Google タグです。コードは次で始まります。

    <!-- Google tag (gtag.js) -->

    そして、次で終わります。

    </script>

    ご利用のウェブサイト作成ツールか CMS がまだ Google タグをサポートしていない場合は、Google タグの全体をコピーして、そのプラットフォームのカスタム HTML フィールドに貼り付けます。

    [完了] をクリックして、新しい GA4 プロパティの作成を完了します。

    タグをセットアップしたら、Google タグの設定を行う必要があります。

    ウェブサイトに手動か CMS を使って analytics.js タグが設定されている場合

    ウェブサイトに analytics.js タグが手動で設定されている場合は、上記の Google タグを追加する際に古い analytics.js タグを削除しないでください。UA プロパティのデータは引き続き analytics.js タグによって収集されます。新たに追加する Google タグ(gtag.js)では、新しい GA4 プロパティのデータが収集されます。

    ウェブサイト作成ツールか CMS を使ってページに analytics.js タグを設定している場合は、カスタム HTML 機能を使って Google タグをページに追加できます。アナリティクスから UA プロパティにデータが引き続き送信されるように、analytics.js タグは残しておきます。

    次の表は、analytics.js を使用しているウェブサイト作成ツールと CMS の一覧です。いずれをご利用の場合も、両方のタグをサイトに設定しておくために、Google タグはカスタム HTML として追加する必要があります。

    CMS のカスタム HTML 機能を使って、Google タグをコピーしてウェブサイトに貼り付けます。

    リアルタイム レポートで、データを受信していることを確認します。

    ウェブサイト作成ツール / CMS カスタム HTML を追加する方法
    Blogger 手順
    Cart.com 手順については Cart.com のサポート窓口にお問い合わせください
    Salesforce(Demandware) 手順については Salesforce のサポート窓口にお問い合わせください
    VTEX 手順については VTEX のサポート窓口にお問い合わせください
    Weebly 手順
    Google タグ マネージャーを使用してタグを追加する場合

    基本的なデータ収集の場合は、Google タグ マネージャーのヘルプセンターの手順に沿って、Google タグ マネージャー アカウントを使って「Google アナリティクス: GA4 設定」タグを追加します。

    手順が完了したら、GA4 設定アシスタントで [完了] をクリックし、接続された GA4 プロパティの作成を完了してください。

    CMS またはウェブサイト作成ツールを使用してインストールする

    特定のウェブサイト作成ツールまたは Wix や Duda などの CMS プラットフォームを使用してサイトを管理している場合は、コードを変更することなく Google タグのセットアップを完了できます。

    実装手順ページに記載されたプラットフォームのいずれかを使ってサイトを管理している場合は、ご利用のプラットフォームを選択し、その手順に沿って Google タグの設定を完了します。コードに変更を加える必要はありません。

    [完了] をクリックして、新しい GA4 プロパティの作成を完了します。

    ご利用のプラットフォームがまだ Google タグをサポートしていない場合は、上記の [手動でインストールする] オプションを使用してください。

    できるだけ簡単に Google タグをセットアップしていただけるよう、Google は CMS 向けの手順を継続的に更新しています。実装手順ページにご利用のプラットフォームの記載がない場合でも、ご利用のウェブサイト作成ツールか CMS に Google タグ ID を貼り付けられる可能性があります。手動で実装する前に、こちらのリストでご利用のプラットフォームの有無をご確認ください

    ウェブサイト作成ツールを使用して Google タグを設置する方法の詳細

    {CMS} を使用してインストールする

    このオプションが表示されるのは、サイトと特定のコンテンツ マネジメント システム(CMS)が統合されているとシステムが認識したためです。このオプションを選ぶと、コードを変更せずに既存の CMS 統合を使用して Google タグの設定を完了できます。

    手順に沿ってコードを変更せずに Google タグの設定を完了します。[確認] をクリックして、新しい GA4 プロパティの作成を完了します。

    ご利用のプラットフォームがまだ Google タグをサポートしていない場合は、上記の [手動でインストールする] オプションを使用してください。

    できるだけ簡単に Google タグをセットアップしていただけるよう、Google は CMS 向けの手順を継続的に更新しています。実装手順ページにご利用のプラットフォームの記載がない場合でも、ご利用のウェブサイト作成ツールか CMS に Google タグ ID を貼り付けられる可能性があります。手動で実装する前に、こちらのリストでご利用のプラットフォームの有無をご確認ください

    ウェブサイト作成ツールを使用して Google タグを設置する方法の詳細

    既存の Google タグを使用する

    このオプションは、ご自身がすでに管理者権限を持っている既存の Google タグを再利用する場合に選択します。

    [タグを選択] をクリックします。次が表示されます。

    • 管理者権限があるタグのリスト(お探しのタグが表示されない場合は、その Google タグに変更を加えるのに必要なユーザー権限をお持ちでない可能性があります)。
    • タグ ID
    • Google タグがウェブサイトで検出されたか否か。[サイトにあり] というラベルのタグを選択すると、サイトのコードを変更せずにセットアップを完了できます。[未検出] と表示されたタグを選んだ場合は、タグの実装が必要になる場合があります(サイトのトラフィック量が少ないと、タグに「未検出」と表示される可能性があります)。
    • タグに関連付けられているリンク先

    使用する Google タグを選択して、[確認] をクリックし、新しい GA4 プロパティの作成を完了します。

    プロパティのユーザーは、その Google タグのユーザーとして追加されます。Google タグの管理についての詳細

    ウェブサイトで見つかった Google タグを使用する

    サイトで検出されたタグを使用して、サイトのコードを変更せずに設定を完了します。サイトで検出されたタグに Google アナリティクスのプロパティが追加されます。

    別の Google タグを使用する

    Google によってウェブサイト上で検出されたタグではなく、別のタグを使用する場合は、この方法を選択します。

    新しい Google タグを作成

    Google によってウェブサイト上で検出されたタグではなく、新しい Google タグをウェブサイトに手動で実装する場合は、このオプションを選択します。

    Google タグを手動で実装する方法

    このオプションを選択すると、Google タグの JavaScript スニペットが表示されます。

    表示された Google タグの全体をコピーし、ウェブサイトのすべてのページのコード(<head> 要素の直後)に貼り付けて、ご自身のウェブサイトと Google アナリティクスをリンクします。各ページに複数の Google タグを実装することはできません。

    表示されるコード全体が Google タグです。コードは次で始まります。

    <!-- Google tag (gtag.js) -->

    そして、次で終わります。

    </script>

    ご利用のウェブサイト作成ツールか CMS がまだ Google タグをサポートしていない場合は、Google タグの全体をコピーして、そのプラットフォームのカスタム HTML フィールドに貼り付けます。

    [完了] をクリックして、新しい GA4 プロパティの作成を完了します。

    タグをセットアップしたら、Google タグの設定を行う必要があります。

新しい GA4 プロパティの設定を完了する

設定を完了すると、[Google アナリティクス 4 プロパティ設定アシスタント] ページの上部に「プロパティを接続しました」と表示されます。

後で確認できるように、GA4 プロパティの名前をメモしておきます。ユニバーサル アナリティクス プロパティの名前が「サンプル プロパティ」の場合、GA4 プロパティの名前は「サンプル プロパティ - GA4」になります。

[GA4 プロパティを確認] をクリックすると、新しい GA4 プロパティの設定アシスタントが表示されます。Google アナリティクス 4 プロパティの設定アシスタントでは、GA4 プロパティの設定に役立つおすすめの機能や設定をご紹介しています。

新しい GA4 プロパティにデータが表示されるまで、最大 30 分ほどかかることがあります。

データが収集されているかどうかを確認するには、ウェブサイトにアクセスしてレポート ナビゲーションから [リアルタイム] を選択します。[リアルタイム レポート] にアクティビティが表示されます。また、[UA→GA4] Google アナリティクス 4 とユニバーサル アナリティクスのレポートを比較するを参考にすれば、ユニバーサル アナリティクスで使っていたレポートと、それに対応する新しい Google アナリティクス 4 プロパティのレポートを比較できます。

既存の Firebase プロジェクトをお持ちの場合、新しい GA4 プロパティにリンクできます。ただし、この操作は Firebase 側で行う必要があります。詳細

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー