[UA→GA4] 自動作成された Google アナリティクス 4 プロパティについて

自動処理をオプトアウトしない限り、新しい Google アナリティクス 4 プロパティが自動的に作成され、ユニバーサル アナリティクスの設定がコピーされます

ユニバーサル アナリティクスは Google アナリティクス 4 に置き換わりました。2023 年 7 月 1 日をもって、ユニバーサル アナリティクス プロパティにおけるデータの処理は停止されました。引き続き Google アナリティクスを使用してウェブサイトのトラフィックを測定するには、Google アナリティクス 4 プロパティが必要です。この移行をサポートするため、2023 年 3 月以降、以下が行われています。

Google アナリティクス 360 をご利用の場合の留意事項: この記事は、360 のアカウントに適用されている、標準(360 以外)のプロパティを対象とするものです。GA4 プロパティとして再作成したくない標準の UA プロパティがある場合は、オプトアウトする必要があります。

オプトアウト方法

オプトアウトすると、新しい GA4 プロパティは作成されません。GA4 プロパティをすでに作成している場合、設定が完了としてマークされているかどうかに関係なく、接続された UA プロパティから設定がコピーされることはありません

自動処理をオプトアウトするには、UA プロパティの編集者ロールが必要です。

  1. Google アナリティクスで [管理] をクリックします。
  2. 適切なアカウントで適切な UA プロパティを表示していることを確認します
  3. [プロパティ] 列で、[GA4 設定アシスタント] をクリックします。
  4. ページ下部の [Google アナリティクス 4 プロパティ(基本設定)を自動作成する] をオフにします。切り替えボタンがグレー表示になっている場合、オプトアウトの期限が過ぎています。この場合は下記のセクションの自動作成される前にオプトアウトしなかった場合に進みます。
または、アナリティクス アカウントの上部にある黄色の情報バナーで、[GA4 への移行を管理する] をクリックします。次に、[Google アナリティクス 4 プロパティ(基本設定)を自動作成する] をオフにします。

同時にオプトアウトするプロパティが複数ある場合は、Google スプレッドシート用の Google アナリティクス向け GA4 移行ツールアドオンを使用できます。インストールが完了したら、[Set the automated GA4 setup opt out status] を選択して画面の指示に沿って操作します。

Google Analytics Admin API を使用してオプトアウトすることもできます。

自動作成される前にオプトアウトしなかった場合

自動作成される前にオプトアウトしなかったが、自動作成された GA4 プロパティを使用したくない場合:

  1. [管理] をクリックします。
  2. UA プロパティを選択します
  3. [プロパティ] 列で、[GA4 設定アシスタント] をクリックします。
  4. [接続済みプロパティ] の横にある [接続を解除] をクリックします。
  5. GA4 プロパティに移動して、削除します。

GA4 プロパティをすでに作成している場合

GA4 プロパティがすでに作成され、UA プロパティに接続されている場合、残りの移行作業はすべて自動で完了します。これには、残りの目標と Google 広告のリンクの移行、オーディエンスの移行、接続済みのサイトタグ設定の更新も含まれます。また、オプトインしたプロパティに対する、リンクされた Google 広告アカウントでのコンバージョンの切り替えとオーディエンスのペア設定も含まれます。

ユニバーサル アナリティクス設定の一部だけを GA4 プロパティにコピーする場合:

  1. [管理] をクリックします。
  2. GA4 プロパティを選択します
  3. [設定アシスタント] をクリックします。
  4. コピーしたくない設定を完了としてマークします。
    1. 右端にある矢印をクリックします。
    2. [完了とする] を選択します。
  5. UA からコピーしたくない設定ごとに、この手順を繰り返します(以下の場合、進行状況バーには「8/12 個が完了としてマーク済み」と表示されています)。

適切な UA プロパティから設定がコピーされるようにするには:

  1. UA プロパティで、[管理] > [プロパティ] > [GA4 設定アシスタント] に移動します。
  2. [既存の Google アナリティクス 4 プロパティに接続したい] セクションで、ご利用の UA プロパティに対応する GA4 プロパティを選択します。
  3. [プロパティをリンク] をクリックします。

新しい GA4 プロパティを確認する

GA4 プロパティが自動的に作成されると、アナリティクス アカウントの上部に青い情報バナーが表示されます。[設定アシスタントを開く] をクリックして、新しい Google アナリティクス 4 プロパティの [管理] セクションに移動します。GA4 プロパティの設定アシスタントのガイドに沿って、必要に応じてその他の機能や設定をセットアップします。詳細

アナリティクス管理画面の左上にあるメニューを使用すると、ご自身が権限を持つすべてのアナリティクス アカウントとプロパティを簡単に切り替えて表示できます。詳細

仕組み

自動作成された GA4 プロパティは、UA からの移行を始めるのに役立ちます。次の各セクションを開き、自動的に作成された GA4 プロパティの詳細を確認します。

Google アナリティクス 4 プロパティの変更履歴で、プロパティの自動変更の記録を確認することもできます。自動移行によるすべての変更には、[変更者] 列で [システム(移行)] というラベルが付けられます。

GA4 プロパティとウェブデータ ストリームを作成する

自動的に作成された GA4 プロパティには、UA プロパティのデフォルト ビューに表示されていた業種、レポートのタイムゾーン、通貨が設定されます。

プロパティ名も同じになりますが、名前の最後に「- GA4」が付加されます。たとえば、UA プロパティの名前が「プロパティ例(UA-nnnnnnnn)」の場合、GA4 プロパティの名前は「プロパティ例 - GA4(xxxxxxx)」となります(以前の接頭文字「UA-」が削除され、xxxxxxx は新しいプロパティ番号になります)。

新しい GA4 プロパティには、新しいウェブデータ ストリームも設定されます。アプリを測定する場合は、アプリデータ ストリームを作成し、GA4 にデータを送信するようにアプリを設定する必要があります。

UA プロパティ単位のユーザーをコピーする

新しい GA4 プロパティには、UA プロパティ単位のユーザーがそのままコピーされ、以前と同等の権限が与えられます。ビュー単位のユーザーはコピーされません。

既存のサイトタグを再利用する(可能な場合)

ウェブサイトに Google タグ(gtag.js)が設定されている場合、自動作成された GA4 プロパティでは、データの受信に接続済みのサイトタグが使われます。接続済みのサイトタグは、UA プロパティのデータ収集には影響しません。

ウェブサイトで analytics.js タグを使用している場合(Google タグ マネージャーなどのタグ管理システムを通じて使用している場合も含む)、自動作成された GA4 プロパティは、接続済みのサイトタグ経由でもデータを受信します。多くのコンテンツ マネジメント システム(CMS)には、あらかじめ Google タグが実装されています。そうでない CMS については、接続済みのサイトタグが自動的に作成されます。

すべてのお客様がサイトタグを再利用できるわけではありません。たとえば ga.js や urchin.js を使用している場合、サイトのタグを再設定する必要があります。GA4 プロパティでデータを受信できるようにするには、手動で Google タグを追加するか、Google タグ マネージャーを設定します。

Google アナリティクス 4 の拡張計測機能を利用することで、サイト内検索などのウェブサイト イベントがより正確に測定される仕組みをご確認ください。また、ご希望の拡張計測機能がすべて有効であることをお確かめください。

GA4 のデータモデルを使って UA イベントを再現する

ユニバーサル アナリティクスと Google アナリティクス 4 のデータモデルは異なっているため、Google アナリティクス 4 のデータとユニバーサル アナリティクスのデータの表示は異なったものになります。

UA プロパティでカスタム イベントを設定していた場合、新しい GA4 プロパティでは、それらが GA4 のカスタム イベントとして自動的に収集されます。UA イベントのカテゴリ / アクション / ラベル / 値は、次のように GA4 のイベントとパラメータに自動的に変換されます。

  • イベント アクションは、GA4 プロパティでイベント名になります。
  • イベントのカテゴリ、ラベル、値は、GA4 プロパティでイベント パラメータになります。

これにより、Google アナリティクス 4 プロパティで、デフォルトで収集されない情報の収集が可能になります。この情報をレポートに表示するために、「event_category」と「event_label」のイベント スコープのカスタム ディメンションも自動的に作成されます。

対象の UA の目標を GA4 のコンバージョンとして再現する

UA プロパティでは、複数の異なる目標タイプが使われている可能性があります。次の目標タイプは GA4 に自動的に移行できます。

  • 到達ページ: ユーザーが特定のページ(「購入確認」ページや「手続き完了」ページなど)に到達した場合に達成される
  • 滞在時間: セッションが一定時間以上継続した場合に達成される(サポートサイトに 10 分以上滞在した場合など)
  • セッションあたりのページビュー数 / スクリーン ビュー数: ユーザーが特定のページ数またはスクリーン数を表示した場合に達成される
  • イベント: ユーザーが特定のイベント(ソーシャル ネットワークでのおすすめ、動画再生、広告のクリックなど)をトリガーした場合に達成される

スマートゴールは、自動移行の対象ではありません。

自動的に作成された Google アナリティクス 4 プロパティには、ユニバーサル アナリティクスの個々の移行対象目標に似せた、イベント作成ルールとコンバージョン イベントが設定されます。目標は、ユニバーサル アナリティクス プロパティのデフォルト ビューと、Google 広告で使われている目標を設定している他のビューからコピーされます。自動作成されたすべてのコンバージョンでは、ユニバーサル アナリティクス プロパティでの目標のカウント方法に近づけるために、「セッションごとに 1 回」のコンバージョンのカウント方法が使用されます。

UA の目標の定義に正規表現を使用している場合は、新しい GA4 のコンバージョンが正規表現の使用に関するベスト プラクティスに沿っていることをご確認ください。

GA4 で UA オーディエンスを再現する

ユニバーサル アナリティクスのオーディエンスの多くは、自動的に移行されます。オーディエンスは、ユニバーサル アナリティクス プロパティのデフォルト ビューと、Google 広告で使われているオーディエンスを設定している他のビューからコピーされます。

ユニバーサル アナリティクス プロパティの「ページ/セッション」または「セッション継続時間」の目標に基づくオーディエンスは自動的に移行されません。

注: ユニバーサル アナリティクス プロパティの [すべてのユーザー] オーディエンスが再作成され、新しい Google アナリティクス 4 プロパティのデフォルトの [すべてのユーザー] リストにマッピングされます。有効期間は 540 日間です。

Google アナリティクス 4 のオーディエンスを編集することはできません。そのため、[すべてのユーザー] リストの有効期間を短くするには、新しい [すべてのユーザー] リストを作成して、有効期間を指定します。独自のオーディエンスの作成に関する詳細

Google 広告のリンクを UA から移行する

ユニバーサル アナリティクス プロパティで有効な Google 広告のリンクがすべて Google アナリティクス 4 プロパティにコピーされ、Google アナリティクス 4 のレポートに Google 広告のデータが表示されるようになります。

Google アナリティクス 4 プロパティのデータも、リンク先の Google 広告アカウントで確認できるようになります。

Google 広告で使われている UA コンバージョンを GA4 の同等の要素に置き換える

UA プロパティから Google 広告にインポートしたコンバージョンを入札で使用している場合、これらのコンバージョンは GA4 の同等の要素に切り替わります。この切り替えに伴って、Google 広告アカウントで次の処理が行われます。

  • GA4 の同等のコンバージョン イベントをインポート。
  • そのイベントの [アクションの最適化] 設定を [メイン] に指定。
  • ユニバーサル アナリティクス コンバージョンの [アクションの最適化] 設定を [サブ] に指定。

Google 広告のカスタム目標で UA のコンバージョンを使用している場合、そのコンバージョンは削除され、GA4 の同等のコンバージョンに置き換えられます。

スマート アシスト キャンペーンをご利用の場合は、コンバージョンが Google 広告にインポートされる前に、Google アナリティクスの Google の有料チャネルのラストクリック アトリビューション モデルを使ってコンバージョンのアトリビューションが計算されます。その情報を活用すると、より多くのコンバージョンを獲得できます。

Google 広告で使われている UA オーディエンスと GA4 の同等の要素を組み合わせる

UA プロパティから Google 広告にインポートしたオーディエンスを広告キャンペーンで使用している場合、これらのオーディエンスは可能な限り GA4 の同等の要素と組み合わされます。

Google AdSense のリンクを UA から移行する

UA プロパティで有効な Google AdSense のリンクがすべて GA4 プロパティにコピーされ、GA4 のレポートに Google 広告のデータが表示されるようになります。

次のステップ

自動作成された GA4 プロパティに含まれるのは、基本的な機能に限られます。新しいプロパティを最大限に活用できるように、お客様のビジネスニーズや測定ニーズに合わせて、他の機能も設定することをおすすめします。

また、UA プロパティと新しい GA4 プロパティの主要な指標を比較して、双方の指標のデータができるだけ近くなるように、設定を調整することもできます。

広告を掲載している場合も同様に、インポートした UA データと GA4 のデータを Google 広告で比較できます。

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
true
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー