検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

パーソナライズド広告

パーソナライズド広告(旧「インタレスト ベース広告」)は、ユーザーと広告との関連性を高め、広告費用対効果の改善に力を発揮するツールです。オンラインのユーザーデータをもとに、より関連性の高い内容の広告をユーザーに表示することで、ユーザーと広告主様の双方にとって優れたエクスペリエンスを実現します。

広告内容の関連性を高めるためにユーザーの行動や関心対象についてのデータを利用する際は、その情報を適切に扱うとともに、特定のコンテンツ カテゴリをターゲティングに使用することで総合的なユーザー エクスペリエンスにどのような影響が生じるか意識することが重要です。

Google では、パーソナライズド広告の性質とユーザーベースの広告ターゲティングが有するデリケートな性質を踏まえ、パーソナライズド広告の機能を使うあらゆる Google 機能に適用するポリシーを定めました。このパーソナライズド広告ポリシーは、既存の広告掲載ポリシー(AdWords ポリシーGoogle ショッピング ポリシーなど)に取って代わるものではありません。広告主様は引き続き、パーソナライズド広告ポリシーに加え、適用されるすべての広告掲載ポリシーを責任をもって遵守してください。また、該当する場合は EU ユーザーの同意に関するポリシーも遵守してください。 ポリシーに違反した場合に適用される措置をご確認ください。

このパーソナライズド広告ポリシーは、ユーザーと広告主様の双方にとってポリシーの基準を高く維持するための取り組みの表れです。

データの収集および使用(パーソナライズド広告の場合)

このポリシーは、ユーザーデータを収集してパーソナライズド広告で利用する際に許可される方法を定めたものです。Google はユーザーのプライバシーを重要な問題と捉えており、広告主様にもユーザーのプライバシーを尊重していただきたいと考えています。このポリシーは、通常のデータの収集および使用に関する AdWords のポリシーに加えて適用されます。

データの収集および使用に関するポリシーは、リマーケティング、アフィニティ カテゴリ、カスタム アフィニティ カテゴリ、購買意向の強いユーザー層、類似ユーザー、ユーザー属性、ターゲット地域、キーワード コンテンツ ターゲットなどによるターゲティングをご利用の場合に適用されます。

一部のパーソナライズド広告機能をご利用の場合は、追加要件が適用されます。広告主様ご本人の同意がない限り、その方が所有するリマーケティング リストや類似ユーザーリストを別の広告主様が使うことは許可されません。

また、次の行為は許可されません。

個人情報(PII)を収集する広告や個人情報を含む広告を掲載すること(ただし、Google がそうした用途で提供している広告フォーマットを使う場合を除く)

  • : 広告内で直接、メールアドレスや電話番号、クレジット カード番号を収集すること。

個人情報やデリケートな内容の情報を把握していると広告内で示唆すること

リマーケティング リストや Cookie、データフィード、その他の匿名 ID を個人情報と関連付けたり、組み合わせて使用したりすること

広告との関連付けが可能なリマーケティング タグや商品データフィードを介して個人情報を Google と共有すること

事前にユーザーの同意を得ることなく、ユーザーの正確な位置情報を Google に送信すること

極端に絞り込んだユーザーだけをターゲットとするリマーケティング リストを使うこと。これには、リマーケティング リストと他のターゲティング条件(ターゲット地域や他のユーザー セグメントなど)を組み合わせた結果、広告のターゲットが少人数のユーザーになっている場合などが該当します。詳しくは、リマーケティング リストのサイズに関する要件をご覧ください。

AdWords のリマーケティング キャンペーンで、DoubleClick のリマーケティング機能(旧 Boomerang)やその他のリマーケティング リストサービスで作成したリマーケティング リストを使うこと(ただし、リストの作成元となったウェブサイトとアプリが本ポリシーの要件に準拠している場合を除く)

トラブルシューティング: データの収集および使用(パーソナライズド広告の場合)
  1. 上記のポリシーによく目を通し、Google が許可していないコンテンツを確認します。広告、サイト、アプリがパーソナライズド広告ポリシーに準拠しているかどうかご確認ください。なお、一部の広告内容は、ターゲティングにデリケートなカテゴリを使用しているかどうかを問わず、禁止されています。
  2. 許可されないコンテンツをサイトやアプリから削除します。 サイトやアプリに Google が許可しないコンテンツが含まれる場合、ポリシーに違反するコンテンツをすべて削除してください。そして、ユーザーリストの確認に進む前に、審査を依頼してください。

  3. 許可されないコンテンツを広告から削除します。 個人情報を含む広告、個人情報を把握していると示唆する広告、なんらかの点でこのポリシーに違反している広告は、ポリシーに準拠するよう編集してください。
    • [広告] ページで、編集する広告にカーソルを合わせます。
    • 広告の横にある鉛筆アイコンをクリックして広告を編集します。
    • 完了したら、[保存] をクリックします。
  4. ターゲティングやリマーケティング リストの問題を修正します。 広告のターゲットは極端に絞り込みすぎないようにしてください。ターゲットの極端な絞り込みを防ぐには、ユーザーリストやリマーケティング リストを使っている広告グループやターゲティングを削除するか、リストのサイズを増やしてください。
上記の違反を修正できない場合や修正を行わない場合は、広告を削除してください。不承認の広告が多すぎると、将来的にアカウントが停止される場合があります。

広告内通知ラベル

Google は、広告内にラベルを表示することで、パーソナライズド広告であることを明示する場合があります。また、ユーザーが登録されているリマーケティング リストと、対応するドメイン名を表示することがあります。これらの通知ラベルを改変したり隠したりすることは禁止されています。独自の広告内通知ラベルを実装する場合は、必ず関連する業界標準を遵守してください。

パーソナライズド広告ポリシーの原則

広告のターゲット ユーザーを絞り込む際や、販売する商品やサービスを宣伝する際に、デリケートな情報に該当するインタレスト カテゴリを利用することは許可されません。デリケートな情報に該当するインタレスト カテゴリは、次の 3 つのポリシー原則で定義されています。

個人的な苦難: ユーザーの悩みや窮状につけ込むような広告掲載を防ぐため、個人的な苦難に関連するカテゴリの使用は許可されません。

アイデンティティや信条: インタレスト ベース広告の目的は、ユーザーの興味や関心を広告に反映させることであり、根源的なアイデンティティに対する個人の解釈を反映させることではありません。このため、個人を非難する目的で使われる可能性も考慮して、アイデンティティや信条に関連するカテゴリの使用は許可されません。

性的な興味や関心: 本質的にプライベートな事柄であるため、性的な興味や関心に関連するカテゴリの使用は許可されません。

パーソナライズド広告に関するポリシーの原則は、次のいずれかの広告機能をご利用の場合に適用されます。

  • リマーケティング
  • アフィニティ カテゴリ
  • カスタム アフィニティ カテゴリ
  • 購買意向の強いユーザー層
  • 類似ユーザー
  • 年齢や性別、地域によるターゲティング
  • Gmail 広告: すべての Gmail 広告がパーソナライズド広告ポリシーの適用対象となります。これには、キーワードによるターゲティングを行っていない Gmail 広告も含まれます。Gmail 広告固有のポリシーをご確認ください。

禁止カテゴリ

次のパーソナライズド広告ポリシーでは、法的または文化的な観点から取り扱いに注意を要し、パーソナライズド広告ではサポートされないカテゴリについて規定しています。広告のターゲット ユーザーを絞り込む際や、販売する商品やサービスを宣伝する際に、デリケートな情報に該当する次のインタレスト カテゴリを利用することは許可されません。

アルコール(パーソナライズド広告の場合)

アルコール飲料やそれに類する飲み物

トラブルシューティング: アルコール(パーソナライズド広告の場合)
  1. 上記のポリシーを読み、Google が認めていないコンテンツを確認します。広告、サイト、アプリがパーソナライズド広告ポリシーに準拠しているかどうかご確認ください。なお、一部の広告内容は、ターゲティングにデリケートなカテゴリを使用しているかどうかを問わず、禁止されています。
  2. サイトやアプリから該当するコンテンツを削除します。 サイトやアプリに Google が許可しないコンテンツが含まれる場合、ポリシーに違反するコンテンツをすべて削除してください。その後、審査の申請を行った上で、オーディエンス リストの確認に進むことができます。

  3. 広告から該当するコンテンツを削除します。

    広告がこのポリシーに違反している場合は、準拠するよう編集してください。

    • [広告] ページで、編集する広告にカーソルを合わせます。
    • 広告の横にある鉛筆アイコンをクリックして広告を編集します。
    • 完了したら、[保存] をクリックします。

    広告を編集して保存すると、広告は審査に送られます。審査は通常 1 営業日以内に完了しますが、複雑な審査が必要な場合はさらに時間がかかることがあります。許可されないコンテンツが広告とそのリンク先から削除されていることが確認できれば、広告は承認され掲載開始となります。

  4. ユーザーリストやリマーケティング リストをターゲティングしている広告グループを削除するか、関連付けを解除します。 Google によるサイトまたはアプリの審査が終わると、関連付けられたリストが有効化されます。該当するリストを使用する広告が、パーソナライズド広告ポリシーに準拠していることを確認してください。広告がパーソナライズド広告ポリシーに準拠していない場合、該当するユーザーリストまたはリマーケティング リストを使用する広告グループまたはターゲット設定を削除してください。
上記の違反を修正できない場合や修正を行わない場合は、広告を削除してください。不承認の広告が多すぎると、将来的にアカウントが停止される場合があります。

ギャンブル(パーソナライズド広告の場合)

オンラインまたはオフラインのギャンブル、オンライン ギャンブル関連の情報、カジノベースでないものの賞金や賞品を賭けて行われるオンライン ゲーム、カジノベースのオンライン ゲーム(金銭のやり取りの有無を問わない)

トラブルシューティング: ギャンブル(パーソナライズド広告の場合)
  1. 上記のポリシーを読み、Google が認めていないコンテンツを確認します。広告、サイト、アプリがパーソナライズド広告ポリシーに準拠しているかどうかご確認ください。なお、一部の広告内容は、ターゲティングにデリケートなカテゴリを使用しているかどうかを問わず、禁止されています。
  2. サイトやアプリから該当するコンテンツを削除します。 サイトやアプリに Google が許可しないコンテンツが含まれる場合、ポリシーに違反するコンテンツをすべて削除してください。その後、審査の申請を行った上で、オーディエンス リストの確認に進むことができます。

  3. 広告から該当するコンテンツを削除します。

    広告がこのポリシーに違反している場合は、準拠するよう編集してください。

    • [広告] ページで、編集する広告にカーソルを合わせます。
    • 広告の横にある鉛筆アイコンをクリックして広告を編集します。
    • 完了したら、[保存] をクリックします。

    広告を編集して保存すると、広告は審査に送られます。審査は通常 1 営業日以内に完了しますが、複雑な審査が必要な場合はさらに時間がかかることがあります。許可されないコンテンツが広告とそのリンク先から削除されていることが確認できれば、広告は承認され掲載開始となります。

  4. ユーザーリストやリマーケティング リストをターゲティングしている広告グループを削除するか、関連付けを解除します。 Google によるサイトまたはアプリの審査が終わると、関連付けられたリストが有効化されます。該当するリストを使用する広告が、パーソナライズド広告ポリシーに準拠していることを確認してください。広告がパーソナライズド広告ポリシーに準拠していない場合、該当するユーザーリストまたはリマーケティング リストを使用する広告グループまたはターゲット設定を削除してください。
上記の違反を修正できない場合や修正を行わない場合は、広告を削除してください。不承認の広告が多すぎると、将来的にアカウントが停止される場合があります。

ロケーション ベースのギャンブル(パーソナライズド広告の場合)

ギャンブルを明示的に宣伝するカジノ(実店舗)

トラブルシューティング: ロケーション ベースのギャンブル(パーソナライズド広告の場合)
  1. 上記のポリシーを読み、Google が認めていないコンテンツを確認します。広告、サイト、アプリがパーソナライズド広告ポリシーに準拠しているかどうかご確認ください。なお、一部の広告内容は、ターゲティングにデリケートなカテゴリを使用しているかどうかを問わず、禁止されています。
  2. サイトやアプリから該当するコンテンツを削除します。 サイトやアプリに Google が許可しないコンテンツが含まれる場合、ポリシーに違反するコンテンツをすべて削除してください。その後、審査の申請を行った上で、オーディエンス リストの確認に進むことができます。

  3. 広告から該当するコンテンツを削除します。

    広告がこのポリシーに違反している場合は、準拠するよう編集してください。

    • [広告] ページで、編集する広告にカーソルを合わせます。
    • 広告の横にある鉛筆アイコンをクリックして広告を編集します。
    • 完了したら、[保存] をクリックします。

    広告を編集して保存すると、広告は審査に送られます。審査は通常 1 営業日以内に完了しますが、複雑な審査が必要な場合はさらに時間がかかることがあります。許可されないコンテンツが広告とそのリンク先から削除されていることが確認できれば、広告は承認され掲載開始となります。

  4. ユーザーリストやリマーケティング リストをターゲティングしている広告グループを削除するか、関連付けを解除します。 Google によるサイトまたはアプリの審査が終わると、関連付けられたリストが有効化されます。該当するリストを使用する広告が、パーソナライズド広告ポリシーに準拠していることを確認してください。広告がパーソナライズド広告ポリシーに準拠していない場合、該当するユーザーリストまたはリマーケティング リストを使用する広告グループまたはターゲット設定を削除してください。
上記の違反を修正できない場合や修正を行わない場合は、広告を削除してください。不承認の広告が多すぎると、将来的にアカウントが停止される場合があります。

臨床試験の被験者募集(パーソナライズド広告の場合)

臨床試験の募集の宣伝

トラブルシューティング: 臨床試験の被験者募集(パーソナライズド広告の場合)
  1. 上記のポリシーを読み、Google が認めていないコンテンツを確認します。広告、サイト、アプリがパーソナライズド広告ポリシーに準拠しているかどうかご確認ください。なお、一部の広告内容は、ターゲティングにデリケートなカテゴリを使用しているかどうかを問わず、禁止されています。
  2. サイトやアプリから該当するコンテンツを削除します。 サイトやアプリに Google が許可しないコンテンツが含まれる場合、ポリシーに違反するコンテンツをすべて削除してください。その後、審査の申請を行った上で、オーディエンス リストの確認に進むことができます。

  3. 広告から該当するコンテンツを削除します。

    広告がこのポリシーに違反している場合は、準拠するよう編集してください。

    • [広告] ページで、編集する広告にカーソルを合わせます。
    • 広告の横にある鉛筆アイコンをクリックして広告を編集します。
    • 完了したら、[保存] をクリックします。

    広告を編集して保存すると、広告は審査に送られます。審査は通常 1 営業日以内に完了しますが、複雑な審査が必要な場合はさらに時間がかかることがあります。許可されないコンテンツが広告とそのリンク先から削除されていることが確認できれば、広告は承認され掲載開始となります。

  4. ユーザーリストやリマーケティング リストをターゲティングしている広告グループを削除するか、関連付けを解除します。 Google によるサイトまたはアプリの審査が終わると、関連付けられたリストが有効化されます。該当するリストを使用する広告が、パーソナライズド広告ポリシーに準拠していることを確認してください。広告がパーソナライズド広告ポリシーに準拠していない場合、該当するユーザーリストまたはリマーケティング リストを使用する広告グループまたはターゲット設定を削除してください。
上記の違反を修正できない場合や修正を行わない場合は、広告を削除してください。不承認の広告が多すぎると、将来的にアカウントが停止される場合があります。

制限付き薬物に関するキーワード(パーソナライズド広告の場合)

処方薬と、処方薬に関する情報

トラブルシューティング: 制限付き薬物に関するキーワード(パーソナライズド広告の場合)
  1. 上記のポリシーを読み、Google が認めていないコンテンツを確認します。広告、サイト、アプリがパーソナライズド広告ポリシーに準拠しているかどうかご確認ください。なお、一部の広告内容は、ターゲティングにデリケートなカテゴリを使用しているかどうかを問わず、禁止されています。
  2. サイトやアプリから該当するコンテンツを削除します。 サイトやアプリに Google が許可しないコンテンツが含まれる場合、ポリシーに違反するコンテンツをすべて削除してください。その後、審査の申請を行った上で、オーディエンス リストの確認に進むことができます。

  3. 広告から該当するコンテンツを削除します。

    広告がこのポリシーに違反している場合は、準拠するよう編集してください。

    • [広告] ページで、編集する広告にカーソルを合わせます。
    • 広告の横にある鉛筆アイコンをクリックして広告を編集します。
    • 完了したら、[保存] をクリックします。

    広告を編集して保存すると、広告は審査に送られます。審査は通常 1 営業日以内に完了しますが、複雑な審査が必要な場合はさらに時間がかかることがあります。許可されないコンテンツが広告とそのリンク先から削除されていることが確認できれば、広告は承認され掲載開始となります。

  4. ユーザーリストやリマーケティング リストをターゲティングしている広告グループを削除するか、関連付けを解除します。 Google によるサイトまたはアプリの審査が終わると、関連付けられたリストが有効化されます。該当するリストを使用する広告が、パーソナライズド広告ポリシーに準拠していることを確認してください。広告がパーソナライズド広告ポリシーに準拠していない場合、該当するユーザーリストまたはリマーケティング リストを使用する広告グループまたはターゲット設定を削除してください。
上記の違反を修正できない場合や修正を行わない場合は、広告を削除してください。不承認の広告が多すぎると、将来的にアカウントが停止される場合があります。

13 歳未満のユーザー(パーソナライズド広告の場合)

13 歳未満の児童から個人情報を収集することや、インタレスト ベースのコンテンツを 13 歳未満の児童にターゲティングすること

トラブルシューティング: 13 歳未満のユーザー(パーソナライズド広告の場合)
  1. 上記のポリシーを読み、Google が認めていないコンテンツを確認します。広告、サイト、アプリがパーソナライズド広告ポリシーに準拠しているかどうかご確認ください。なお、一部の広告内容は、ターゲティングにデリケートなカテゴリを使用しているかどうかを問わず、禁止されています。
  2. サイトやアプリから該当するコンテンツを削除します。 サイトやアプリに Google が許可しないコンテンツが含まれる場合、ポリシーに違反するコンテンツをすべて削除してください。その後、審査の申請を行った上で、オーディエンス リストの確認に進むことができます。

  3. 広告から該当するコンテンツを削除します。

    広告がこのポリシーに違反している場合は、準拠するよう編集してください。

    • [広告] ページで、編集する広告にカーソルを合わせます。
    • 広告の横にある鉛筆アイコンをクリックして広告を編集します。
    • 完了したら、[保存] をクリックします。

    広告を編集して保存すると、広告は審査に送られます。審査は通常 1 営業日以内に完了しますが、複雑な審査が必要な場合はさらに時間がかかることがあります。許可されないコンテンツが広告とそのリンク先から削除されていることが確認できれば、広告は承認され掲載開始となります。

  4. ユーザーリストやリマーケティング リストをターゲティングしている広告グループを削除するか、関連付けを解除します。 Google によるサイトまたはアプリの審査が終わると、関連付けられたリストが有効化されます。該当するリストを使用する広告が、パーソナライズド広告ポリシーに準拠していることを確認してください。広告がパーソナライズド広告ポリシーに準拠していない場合、該当するユーザーリストまたはリマーケティング リストを使用する広告グループまたはターゲット設定を削除してください。
上記の違反を修正できない場合や修正を行わない場合は、広告を削除してください。不承認の広告が多すぎると、将来的にアカウントが停止される場合があります。
 

これに加えて、Google のすべての機能に Google のプライバシー ポリシーが適用されます。プライバシー ポリシーでは、Google によるユーザーデータの収集、使用、および保護について規定しています。

 

個人的な苦難

個人的な悩みや窮状につけ込むような広告をユーザーは望みません。このため Google は、こうした事柄に関連するパーソナライズド広告を禁止しています。個人的な苦難とは、具体的には、健康状態、医療処置、挫折、窮状、心的外傷をともなう体験によるものなどを意味します。また、ユーザーにマイナス思考を植えつけることも許可されません。

個人的な苦難に関連するカテゴリを使ってターゲット ユーザーを絞り込んだり、販売する商品やサービスを宣伝したりすることは許可されません。以下に、許可されないケースの具体例を示します。

健康(パーソナライズド広告の場合)

個人の健康状態、身体のプライベートな部位や機能に関係する健康問題、侵襲的な医療処置など。健康状態の治療や、プライベートな性質の健康問題に対する治療もこれに含まれます。

  • : 糖尿病や関節炎などの慢性的な健康障害の治療、性感染症の治療、うつや不安といったメンタルヘルスに関する問題の相談サービス、睡眠時無呼吸症状に対応する医療器具(CPAP 装置など)、イースト菌感染症向けの市販薬品、自閉症児支援に関する情報

健康関連のコンテンツの例:

  • 身体的または精神的な健康状態(疾病、慢性的な健康障害、性的な健康状態)
  • 健康状態に関連するサービスや処置
  • 健康状態の管理や治療のための商品(市販薬や医療器具を含む)
  • 身体のプライベートな部位(性器、腸、泌尿器など)に関係する長期的または短期的な健康問題
  • 侵襲的な医療処置(美容整形を含む)
  • 心身の障害(ユーザーの主な介護者に向けたコンテンツを含む)
トラブルシューティング: 健康(パーソナライズド広告の場合)
  1. 上記のポリシーを読み、Google が認めていないコンテンツを確認します。広告、サイト、アプリがパーソナライズド広告ポリシーに準拠しているかどうかご確認ください。なお、一部の広告内容は、ターゲティングにデリケートなカテゴリを使用しているかどうかを問わず、禁止されています。
  2. サイトやアプリから該当するコンテンツを削除します。 サイトやアプリに Google が許可しないコンテンツが含まれる場合、ポリシーに違反するコンテンツをすべて削除してください。その後、審査の申請を行った上で、オーディエンス リストの確認に進むことができます。

  3. 広告から該当するコンテンツを削除します。

    広告がこのポリシーに違反している場合は、準拠するよう編集してください。

    • [広告] ページで、編集する広告にカーソルを合わせます。
    • 広告の横にある鉛筆アイコンをクリックして広告を編集します。
    • 完了したら、[保存] をクリックします。

    広告を編集して保存すると、広告は審査に送られます。審査は通常 1 営業日以内に完了しますが、複雑な審査が必要な場合はさらに時間がかかることがあります。許可されないコンテンツが広告とそのリンク先から削除されていることが確認できれば、広告は承認され掲載開始となります。

  4. ユーザーリストやリマーケティング リストをターゲティングしている広告グループを削除するか、関連付けを解除します。 Google によるサイトまたはアプリの審査が終わると、関連付けられたリストが有効化されます。該当するリストを使用する広告が、パーソナライズド広告ポリシーに準拠していることを確認してください。広告がパーソナライズド広告ポリシーに準拠していない場合、該当するユーザーリストまたはリマーケティング リストを使用する広告グループまたはターゲット設定を削除してください。
上記の違反を修正できない場合や修正を行わない場合は、広告を削除してください。不承認の広告が多すぎると、将来的にアカウントが停止される場合があります。

厳しい経済状況(パーソナライズド広告の場合)

個人の債務や経済的な困窮

  • : 破産手続代行業、福祉サービス、ホームレス向けシェルター、失業者向けの情報、略奪的貸付商品およびサービス
トラブルシューティング: 厳しい経済状況(パーソナライズド広告の場合)
  1. 上記のポリシーを読み、Google が認めていないコンテンツを確認します。広告、サイト、アプリがパーソナライズド広告ポリシーに準拠しているかどうかご確認ください。なお、一部の広告内容は、ターゲティングにデリケートなカテゴリを使用しているかどうかを問わず、禁止されています。
  2. サイトやアプリから該当するコンテンツを削除します。 サイトやアプリに Google が許可しないコンテンツが含まれる場合、ポリシーに違反するコンテンツをすべて削除してください。その後、審査の申請を行った上で、オーディエンス リストの確認に進むことができます。

  3. 広告から該当するコンテンツを削除します。

    広告がこのポリシーに違反している場合は、準拠するよう編集してください。

    • [広告] ページで、編集する広告にカーソルを合わせます。
    • 広告の横にある鉛筆アイコンをクリックして広告を編集します。
    • 完了したら、[保存] をクリックします。

    広告を編集して保存すると、広告は審査に送られます。審査は通常 1 営業日以内に完了しますが、複雑な審査が必要な場合はさらに時間がかかることがあります。許可されないコンテンツが広告とそのリンク先から削除されていることが確認できれば、広告は承認され掲載開始となります。

  4. ユーザーリストやリマーケティング リストをターゲティングしている広告グループを削除するか、関連付けを解除します。 Google によるサイトまたはアプリの審査が終わると、関連付けられたリストが有効化されます。該当するリストを使用する広告が、パーソナライズド広告ポリシーに準拠していることを確認してください。広告がパーソナライズド広告ポリシーに準拠していない場合、該当するユーザーリストまたはリマーケティング リストを使用する広告グループまたはターゲット設定を削除してください。
上記の違反を修正できない場合や修正を行わない場合は、広告を削除してください。不承認の広告が多すぎると、将来的にアカウントが停止される場合があります。

人間関係(パーソナライズド広告の場合)

家族や友人との関係、その他の対人関係における個人的な窮状

  • : 離婚関連サービス、離婚問題への対応に関する書籍、死別への対応に関する商品やサービス、家族カウンセリング サービス
トラブルシューティング: 人間関係(パーソナライズド広告の場合)
  1. 上記のポリシーを読み、Google が認めていないコンテンツを確認します。広告、サイト、アプリがパーソナライズド広告ポリシーに準拠しているかどうかご確認ください。なお、一部の広告内容は、ターゲティングにデリケートなカテゴリを使用しているかどうかを問わず、禁止されています。
  2. サイトやアプリから該当するコンテンツを削除します。 サイトやアプリに Google が許可しないコンテンツが含まれる場合、ポリシーに違反するコンテンツをすべて削除してください。その後、審査の申請を行った上で、オーディエンス リストの確認に進むことができます。

  3. 広告から該当するコンテンツを削除します。

    広告がこのポリシーに違反している場合は、準拠するよう編集してください。

    • [広告] ページで、編集する広告にカーソルを合わせます。
    • 広告の横にある鉛筆アイコンをクリックして広告を編集します。
    • 完了したら、[保存] をクリックします。

    広告を編集して保存すると、広告は審査に送られます。審査は通常 1 営業日以内に完了しますが、複雑な審査が必要な場合はさらに時間がかかることがあります。許可されないコンテンツが広告とそのリンク先から削除されていることが確認できれば、広告は承認され掲載開始となります。

  4. ユーザーリストやリマーケティング リストをターゲティングしている広告グループを削除するか、関連付けを解除します。 Google によるサイトまたはアプリの審査が終わると、関連付けられたリストが有効化されます。該当するリストを使用する広告が、パーソナライズド広告ポリシーに準拠していることを確認してください。広告がパーソナライズド広告ポリシーに準拠していない場合、該当するユーザーリストまたはリマーケティング リストを使用する広告グループまたはターゲット設定を削除してください。
上記の違反を修正できない場合や修正を行わない場合は、広告を削除してください。不承認の広告が多すぎると、将来的にアカウントが停止される場合があります。

犯罪(パーソナライズド広告の場合)

個人の犯罪歴、前科、犯罪の嫌疑、起訴歴

  • : 保釈サービス、刑事事件弁護士
トラブルシューティング: 犯罪(パーソナライズド広告の場合)
  1. 上記のポリシーを読み、Google が認めていないコンテンツを確認します。広告、サイト、アプリがパーソナライズド広告ポリシーに準拠しているかどうかご確認ください。なお、一部の広告内容は、ターゲティングにデリケートなカテゴリを使用しているかどうかを問わず、禁止されています。
  2. サイトやアプリから該当するコンテンツを削除します。 サイトやアプリに Google が許可しないコンテンツが含まれる場合、ポリシーに違反するコンテンツをすべて削除してください。その後、審査の申請を行った上で、オーディエンス リストの確認に進むことができます。

  3. 広告から該当するコンテンツを削除します。

    広告がこのポリシーに違反している場合は、準拠するよう編集してください。

    • [広告] ページで、編集する広告にカーソルを合わせます。
    • 広告の横にある鉛筆アイコンをクリックして広告を編集します。
    • 完了したら、[保存] をクリックします。

    広告を編集して保存すると、広告は審査に送られます。審査は通常 1 営業日以内に完了しますが、複雑な審査が必要な場合はさらに時間がかかることがあります。許可されないコンテンツが広告とそのリンク先から削除されていることが確認できれば、広告は承認され掲載開始となります。

  4. ユーザーリストやリマーケティング リストをターゲティングしている広告グループを削除するか、関連付けを解除します。 Google によるサイトまたはアプリの審査が終わると、関連付けられたリストが有効化されます。該当するリストを使用する広告が、パーソナライズド広告ポリシーに準拠していることを確認してください。広告がパーソナライズド広告ポリシーに準拠していない場合、該当するユーザーリストまたはリマーケティング リストを使用する広告グループまたはターゲット設定を削除してください。
上記の違反を修正できない場合や修正を行わない場合は、広告を削除してください。不承認の広告が多すぎると、将来的にアカウントが停止される場合があります。

虐待や心的外傷(パーソナライズド広告の場合)

虐待、犯罪、その他のトラウマ的な出来事の被害経験

  • : 家庭内暴力保護施設、被害者擁護サービス
トラブルシューティング: 虐待や心的外傷(パーソナライズド広告の場合)
  1. 上記のポリシーを読み、Google が認めていないコンテンツを確認します。広告、サイト、アプリがパーソナライズド広告ポリシーに準拠しているかどうかご確認ください。なお、一部の広告内容は、ターゲティングにデリケートなカテゴリを使用しているかどうかを問わず、禁止されています。
  2. サイトやアプリから該当するコンテンツを削除します。 サイトやアプリに Google が許可しないコンテンツが含まれる場合、ポリシーに違反するコンテンツをすべて削除してください。その後、審査の申請を行った上で、オーディエンス リストの確認に進むことができます。

  3. 広告から該当するコンテンツを削除します。

    広告がこのポリシーに違反している場合は、準拠するよう編集してください。

    • [広告] ページで、編集する広告にカーソルを合わせます。
    • 広告の横にある鉛筆アイコンをクリックして広告を編集します。
    • 完了したら、[保存] をクリックします。

    広告を編集して保存すると、広告は審査に送られます。審査は通常 1 営業日以内に完了しますが、複雑な審査が必要な場合はさらに時間がかかることがあります。許可されないコンテンツが広告とそのリンク先から削除されていることが確認できれば、広告は承認され掲載開始となります。

  4. ユーザーリストやリマーケティング リストをターゲティングしている広告グループを削除するか、関連付けを解除します。 Google によるサイトまたはアプリの審査が終わると、関連付けられたリストが有効化されます。該当するリストを使用する広告が、パーソナライズド広告ポリシーに準拠していることを確認してください。広告がパーソナライズド広告ポリシーに準拠していない場合、該当するユーザーリストまたはリマーケティング リストを使用する広告グループまたはターゲット設定を削除してください。
上記の違反を修正できない場合や修正を行わない場合は、広告を削除してください。不承認の広告が多すぎると、将来的にアカウントが停止される場合があります。

マイナス思考の強制(パーソナライズド広告の場合)

ユーザーに対するマイナス思考の強制や、なんらかのコンテンツを否定的な視点やバイアスを利用して宣伝すること

  • : 身体的特徴に対する侮蔑、身体的な属性や社会的なふるまいに関する否定的な言及、ユーザーがある行動を取らなければ悪い結果が起きると示唆すること
トラブルシューティング: マイナス思考の強制(パーソナライズド広告の場合)
  1. 上記のポリシーを読み、Google が認めていないコンテンツを確認します。広告、サイト、アプリがパーソナライズド広告ポリシーに準拠しているかどうかご確認ください。なお、一部の広告内容は、ターゲティングにデリケートなカテゴリを使用しているかどうかを問わず、禁止されています。
  2. サイトやアプリから該当するコンテンツを削除します。 サイトやアプリに Google が許可しないコンテンツが含まれる場合、ポリシーに違反するコンテンツをすべて削除してください。その後、審査の申請を行った上で、オーディエンス リストの確認に進むことができます。

  3. 広告から該当するコンテンツを削除します。

    広告がこのポリシーに違反している場合は、準拠するよう編集してください。

    • [広告] ページで、編集する広告にカーソルを合わせます。
    • 広告の横にある鉛筆アイコンをクリックして広告を編集します。
    • 完了したら、[保存] をクリックします。

    広告を編集して保存すると、広告は審査に送られます。審査は通常 1 営業日以内に完了しますが、複雑な審査が必要な場合はさらに時間がかかることがあります。許可されないコンテンツが広告とそのリンク先から削除されていることが確認できれば、広告は承認され掲載開始となります。

  4. ユーザーリストやリマーケティング リストをターゲティングしている広告グループを削除するか、関連付けを解除します。 Google によるサイトまたはアプリの審査が終わると、関連付けられたリストが有効化されます。該当するリストを使用する広告が、パーソナライズド広告ポリシーに準拠していることを確認してください。広告がパーソナライズド広告ポリシーに準拠していない場合、該当するユーザーリストまたはリマーケティング リストを使用する広告グループまたはターゲット設定を削除してください。
上記の違反を修正できない場合や修正を行わない場合は、広告を削除してください。不承認の広告が多すぎると、将来的にアカウントが停止される場合があります。
 

アイデンティティや信条

アイデンティティや信条はきわめて個人的で複雑なものであり、多様な文化規範や地域、歴史、個人の人生経験などの影響を強く受けます。また、アイデンティティや信条に基づく決めつけや偏見によって、ユーザーの分類が行われることもあります。

Google は、広告によってポジティブな体験を提供することを目指しており、パーソナライズド広告は、ユーザーがどのような人格であるかの認識ではなく、あくまでユーザーの関心に基づき掲載されることを意図しています。このため、ユーザーの根源的ないし本質的なアイデンティティや信条に基づくパーソナライズド広告の掲載は禁止されています。このカテゴリに該当するのは、本来私的なものである自己像や、非難や差別またはハラスメントにつながりやすい内容、非難や差別または偏見を受けやすい集団に帰属していることを示す内容、個人的な信条などです。

アイデンティティや信条に関連するカテゴリを使ってターゲット ユーザーを絞り込んだり、販売する商品やサービスを宣伝したりすることは許可されません。以下に、許可されないケースの具体例を示します。

性的指向(パーソナライズド広告の場合)

性的指向(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、クエスチョニング、ヘテロセクシャルなど)

  • : ホモセクシャル性を開示することに関する情報、ゲイ向けのデート情報、ゲイ向けの旅行情報、バイセクシャル性についての情報
トラブルシューティング: 性的指向(パーソナライズド広告の場合)
  1. 上記のポリシーを読み、Google が認めていないコンテンツを確認します。広告、サイト、アプリがパーソナライズド広告ポリシーに準拠しているかどうかご確認ください。なお、一部の広告内容は、ターゲティングにデリケートなカテゴリを使用しているかどうかを問わず、禁止されています。
  2. サイトやアプリから該当するコンテンツを削除します。 サイトやアプリに Google が許可しないコンテンツが含まれる場合、ポリシーに違反するコンテンツをすべて削除してください。その後、審査の申請を行った上で、オーディエンス リストの確認に進むことができます。

  3. 広告から該当するコンテンツを削除します。

    広告がこのポリシーに違反している場合は、準拠するよう編集してください。

    • [広告] ページで、編集する広告にカーソルを合わせます。
    • 広告の横にある鉛筆アイコンをクリックして広告を編集します。
    • 完了したら、[保存] をクリックします。

    広告を編集して保存すると、広告は審査に送られます。審査は通常 1 営業日以内に完了しますが、複雑な審査が必要な場合はさらに時間がかかることがあります。許可されないコンテンツが広告とそのリンク先から削除されていることが確認できれば、広告は承認され掲載開始となります。

  4. ユーザーリストやリマーケティング リストをターゲティングしている広告グループを削除するか、関連付けを解除します。 Google によるサイトまたはアプリの審査が終わると、関連付けられたリストが有効化されます。該当するリストを使用する広告が、パーソナライズド広告ポリシーに準拠していることを確認してください。広告がパーソナライズド広告ポリシーに準拠していない場合、該当するユーザーリストまたはリマーケティング リストを使用する広告グループまたはターゲット設定を削除してください。
上記の違反を修正できない場合や修正を行わない場合は、広告を削除してください。不承認の広告が多すぎると、将来的にアカウントが停止される場合があります。

政治的思想(パーソナライズド広告の場合)

このパーソナライズド広告ポリシーは、Gmail 広告には適用されません。Gmail 広告の政治に関するコンテンツについては、以下のポリシーをご覧ください。

政治的思想

  • : 政治的イデオロギー、政治的見解、政党、政治組織、政治運動、政治講演活動
国別のポリシー: アメリカ
商品やサービス 許可されるかどうか
政治的思想

制限付きで許可される

アメリカでは、適用法によって許される範囲で、広告のターゲット ユーザーを絞り込む際や、販売する商品やサービスを宣伝する際に、政治的思想を利用することが許可されます。

トラブルシューティング: 政治的思想(パーソナライズド広告の場合)
  1. 上記のポリシーを読み、Google が認めていないコンテンツを確認します。広告、サイト、アプリがパーソナライズド広告ポリシーに準拠しているかどうかご確認ください。なお、一部の広告内容は、ターゲティングにデリケートなカテゴリを使用しているかどうかを問わず、禁止されています。
  2. サイトやアプリから該当するコンテンツを削除します。 サイトやアプリに Google が許可しないコンテンツが含まれる場合、ポリシーに違反するコンテンツをすべて削除してください。その後、審査の申請を行った上で、オーディエンス リストの確認に進むことができます。

  3. 広告から該当するコンテンツを削除します。

    広告がこのポリシーに違反している場合は、準拠するよう編集してください。

    • [広告] ページで、編集する広告にカーソルを合わせます。
    • 広告の横にある鉛筆アイコンをクリックして広告を編集します。
    • 完了したら、[保存] をクリックします。

    広告を編集して保存すると、広告は審査に送られます。審査は通常 1 営業日以内に完了しますが、複雑な審査が必要な場合はさらに時間がかかることがあります。許可されないコンテンツが広告とそのリンク先から削除されていることが確認できれば、広告は承認され掲載開始となります。

  4. ユーザーリストやリマーケティング リストをターゲティングしている広告グループを削除するか、関連付けを解除します。 Google によるサイトまたはアプリの審査が終わると、関連付けられたリストが有効化されます。該当するリストを使用する広告が、パーソナライズド広告ポリシーに準拠していることを確認してください。広告がパーソナライズド広告ポリシーに準拠していない場合、該当するユーザーリストまたはリマーケティング リストを使用する広告グループまたはターゲット設定を削除してください。
上記の違反を修正できない場合や修正を行わない場合は、広告を削除してください。不承認の広告が多すぎると、将来的にアカウントが停止される場合があります。

政治に関するコンテンツ(パーソナライズド広告の場合)

このパーソナライズド広告ポリシーの適用対象は Gmail 広告のみです。

政治的な内容(政治に関連する人物、政治キャンペーン、政治的な問題に関する主張など)

  • : 地域の選挙の得票数に関する情報、政治的な意見を扱うブログ、政党に関する情報、政治への関与
トラブルシューティング: 政治に関するコンテンツ(パーソナライズド広告の場合)
  1. 上記のポリシーを読み、Google が認めていないコンテンツを確認します。広告、サイト、アプリがパーソナライズド広告ポリシーに準拠しているかどうかご確認ください。なお、一部の広告内容は、ターゲティングにデリケートなカテゴリを使用しているかどうかを問わず、禁止されています。
  2. サイトやアプリから該当するコンテンツを削除します。 サイトやアプリに Google が許可しないコンテンツが含まれる場合、ポリシーに違反するコンテンツをすべて削除してください。その後、審査の申請を行った上で、オーディエンス リストの確認に進むことができます。

  3. 広告から該当するコンテンツを削除します。

    広告がこのポリシーに違反している場合は、準拠するよう編集してください。

    • [広告] ページで、編集する広告にカーソルを合わせます。
    • 広告の横にある鉛筆アイコンをクリックして広告を編集します。
    • 完了したら、[保存] をクリックします。

    広告を編集して保存すると、広告は審査に送られます。審査は通常 1 営業日以内に完了しますが、複雑な審査が必要な場合はさらに時間がかかることがあります。許可されないコンテンツが広告とそのリンク先から削除されていることが確認できれば、広告は承認され掲載開始となります。

  4. ユーザーリストやリマーケティング リストをターゲティングしている広告グループを削除するか、関連付けを解除します。 Google によるサイトまたはアプリの審査が終わると、関連付けられたリストが有効化されます。該当するリストを使用する広告が、パーソナライズド広告ポリシーに準拠していることを確認してください。広告がパーソナライズド広告ポリシーに準拠していない場合、該当するユーザーリストまたはリマーケティング リストを使用する広告グループまたはターゲット設定を削除してください。
上記の違反を修正できない場合や修正を行わない場合は、広告を削除してください。不承認の広告が多すぎると、将来的にアカウントが停止される場合があります。

労働組合への加入状況(パーソナライズド広告の場合)

労働組合や、ユーザーの労働組合への加入状況を知っていることを示唆する広告

  • : 労働組合のウェブサイト、労働組合加入者に向けた情報、労働組合のブログ、労働組合による労働争議のサポート
トラブルシューティング: 労働組合への加入状況(パーソナライズド広告の場合)
  1. 上記のポリシーを読み、Google が認めていないコンテンツを確認します。広告、サイト、アプリがパーソナライズド広告ポリシーに準拠しているかどうかご確認ください。なお、一部の広告内容は、ターゲティングにデリケートなカテゴリを使用しているかどうかを問わず、禁止されています。
  2. サイトやアプリから該当するコンテンツを削除します。 サイトやアプリに Google が許可しないコンテンツが含まれる場合、ポリシーに違反するコンテンツをすべて削除してください。その後、審査の申請を行った上で、オーディエンス リストの確認に進むことができます。

  3. 広告から該当するコンテンツを削除します。

    広告がこのポリシーに違反している場合は、準拠するよう編集してください。

    • [広告] ページで、編集する広告にカーソルを合わせます。
    • 広告の横にある鉛筆アイコンをクリックして広告を編集します。
    • 完了したら、[保存] をクリックします。

    広告を編集して保存すると、広告は審査に送られます。審査は通常 1 営業日以内に完了しますが、複雑な審査が必要な場合はさらに時間がかかることがあります。許可されないコンテンツが広告とそのリンク先から削除されていることが確認できれば、広告は承認され掲載開始となります。

  4. ユーザーリストやリマーケティング リストをターゲティングしている広告グループを削除するか、関連付けを解除します。 Google によるサイトまたはアプリの審査が終わると、関連付けられたリストが有効化されます。該当するリストを使用する広告が、パーソナライズド広告ポリシーに準拠していることを確認してください。広告がパーソナライズド広告ポリシーに準拠していない場合、該当するユーザーリストまたはリマーケティング リストを使用する広告グループまたはターゲット設定を削除してください。
上記の違反を修正できない場合や修正を行わない場合は、広告を削除してください。不承認の広告が多すぎると、将来的にアカウントが停止される場合があります。

人種や民族(パーソナライズド広告の場合)

個人の人種や民族性

  • : 特定の人種や民族に向けた出版物、特定の人種や民族向けの大学、特定の人種や民族向けのデート情報
トラブルシューティング: 人種や民族(パーソナライズド広告の場合)
  1. 上記のポリシーを読み、Google が認めていないコンテンツを確認します。広告、サイト、アプリがパーソナライズド広告ポリシーに準拠しているかどうかご確認ください。なお、一部の広告内容は、ターゲティングにデリケートなカテゴリを使用しているかどうかを問わず、禁止されています。
  2. サイトやアプリから該当するコンテンツを削除します。 サイトやアプリに Google が許可しないコンテンツが含まれる場合、ポリシーに違反するコンテンツをすべて削除してください。その後、審査の申請を行った上で、オーディエンス リストの確認に進むことができます。

  3. 広告から該当するコンテンツを削除します。

    広告がこのポリシーに違反している場合は、準拠するよう編集してください。

    • [広告] ページで、編集する広告にカーソルを合わせます。
    • 広告の横にある鉛筆アイコンをクリックして広告を編集します。
    • 完了したら、[保存] をクリックします。

    広告を編集して保存すると、広告は審査に送られます。審査は通常 1 営業日以内に完了しますが、複雑な審査が必要な場合はさらに時間がかかることがあります。許可されないコンテンツが広告とそのリンク先から削除されていることが確認できれば、広告は承認され掲載開始となります。

  4. ユーザーリストやリマーケティング リストをターゲティングしている広告グループを削除するか、関連付けを解除します。 Google によるサイトまたはアプリの審査が終わると、関連付けられたリストが有効化されます。該当するリストを使用する広告が、パーソナライズド広告ポリシーに準拠していることを確認してください。広告がパーソナライズド広告ポリシーに準拠していない場合、該当するユーザーリストまたはリマーケティング リストを使用する広告グループまたはターゲット設定を削除してください。
上記の違反を修正できない場合や修正を行わない場合は、広告を削除してください。不承認の広告が多すぎると、将来的にアカウントが停止される場合があります。

信仰(パーソナライズド広告の場合)

個人の信仰

  • : 教会や礼拝所、宗教的な指導、宗教的な教育や大学、宗教的な商品
トラブルシューティング: 信仰(パーソナライズド広告の場合)
  1. 上記のポリシーを読み、Google が認めていないコンテンツを確認します。広告、サイト、アプリがパーソナライズド広告ポリシーに準拠しているかどうかご確認ください。なお、一部の広告内容は、ターゲティングにデリケートなカテゴリを使用しているかどうかを問わず、禁止されています。
  2. サイトやアプリから該当するコンテンツを削除します。 サイトやアプリに Google が許可しないコンテンツが含まれる場合、ポリシーに違反するコンテンツをすべて削除してください。その後、審査の申請を行った上で、オーディエンス リストの確認に進むことができます。

  3. 広告から該当するコンテンツを削除します。

    広告がこのポリシーに違反している場合は、準拠するよう編集してください。

    • [広告] ページで、編集する広告にカーソルを合わせます。
    • 広告の横にある鉛筆アイコンをクリックして広告を編集します。
    • 完了したら、[保存] をクリックします。

    広告を編集して保存すると、広告は審査に送られます。審査は通常 1 営業日以内に完了しますが、複雑な審査が必要な場合はさらに時間がかかることがあります。許可されないコンテンツが広告とそのリンク先から削除されていることが確認できれば、広告は承認され掲載開始となります。

  4. ユーザーリストやリマーケティング リストをターゲティングしている広告グループを削除するか、関連付けを解除します。 Google によるサイトまたはアプリの審査が終わると、関連付けられたリストが有効化されます。該当するリストを使用する広告が、パーソナライズド広告ポリシーに準拠していることを確認してください。広告がパーソナライズド広告ポリシーに準拠していない場合、該当するユーザーリストまたはリマーケティング リストを使用する広告グループまたはターゲット設定を削除してください。
上記の違反を修正できない場合や修正を行わない場合は、広告を削除してください。不承認の広告が多すぎると、将来的にアカウントが停止される場合があります。

社会的に疎外された集団(パーソナライズド広告の場合)

社会的に疎外された集団や社会的弱者にあたる集団(社会的階級、移民、難民など)への所属

  • : 特定の社会的階層に属するユーザーに向けた商品、移民向けのサービス、難民向けの法的サービス
トラブルシューティング: 社会的に疎外された集団(パーソナライズド広告の場合)
  1. 上記のポリシーを読み、Google が認めていないコンテンツを確認します。広告、サイト、アプリがパーソナライズド広告ポリシーに準拠しているかどうかご確認ください。なお、一部の広告内容は、ターゲティングにデリケートなカテゴリを使用しているかどうかを問わず、禁止されています。
  2. サイトやアプリから該当するコンテンツを削除します。 サイトやアプリに Google が許可しないコンテンツが含まれる場合、ポリシーに違反するコンテンツをすべて削除してください。その後、審査の申請を行った上で、オーディエンス リストの確認に進むことができます。

  3. 広告から該当するコンテンツを削除します。

    広告がこのポリシーに違反している場合は、準拠するよう編集してください。

    • [広告] ページで、編集する広告にカーソルを合わせます。
    • 広告の横にある鉛筆アイコンをクリックして広告を編集します。
    • 完了したら、[保存] をクリックします。

    広告を編集して保存すると、広告は審査に送られます。審査は通常 1 営業日以内に完了しますが、複雑な審査が必要な場合はさらに時間がかかることがあります。許可されないコンテンツが広告とそのリンク先から削除されていることが確認できれば、広告は承認され掲載開始となります。

  4. ユーザーリストやリマーケティング リストをターゲティングしている広告グループを削除するか、関連付けを解除します。 Google によるサイトまたはアプリの審査が終わると、関連付けられたリストが有効化されます。該当するリストを使用する広告が、パーソナライズド広告ポリシーに準拠していることを確認してください。広告がパーソナライズド広告ポリシーに準拠していない場合、該当するユーザーリストまたはリマーケティング リストを使用する広告グループまたはターゲット設定を削除してください。
上記の違反を修正できない場合や修正を行わない場合は、広告を削除してください。不承認の広告が多すぎると、将来的にアカウントが停止される場合があります。

トランスジェンダーの性別認識(パーソナライズド広告の場合)

出生時に与えられた性別と異なる性別意識、または男性や女性といった単一の性別意識と合致しない性別

  • : 性転換についての情報、トランスジェンダー差別を扱う弁護士
トラブルシューティング: トランスジェンダーの性別認識(パーソナライズド広告の場合)
  1. 上記のポリシーを読み、Google が認めていないコンテンツを確認します。広告、サイト、アプリがパーソナライズド広告ポリシーに準拠しているかどうかご確認ください。なお、一部の広告内容は、ターゲティングにデリケートなカテゴリを使用しているかどうかを問わず、禁止されています。
  2. サイトやアプリから該当するコンテンツを削除します。 サイトやアプリに Google が許可しないコンテンツが含まれる場合、ポリシーに違反するコンテンツをすべて削除してください。その後、審査の申請を行った上で、オーディエンス リストの確認に進むことができます。

  3. 広告から該当するコンテンツを削除します。

    広告がこのポリシーに違反している場合は、準拠するよう編集してください。

    • [広告] ページで、編集する広告にカーソルを合わせます。
    • 広告の横にある鉛筆アイコンをクリックして広告を編集します。
    • 完了したら、[保存] をクリックします。

    広告を編集して保存すると、広告は審査に送られます。審査は通常 1 営業日以内に完了しますが、複雑な審査が必要な場合はさらに時間がかかることがあります。許可されないコンテンツが広告とそのリンク先から削除されていることが確認できれば、広告は承認され掲載開始となります。

  4. ユーザーリストやリマーケティング リストをターゲティングしている広告グループを削除するか、関連付けを解除します。 Google によるサイトまたはアプリの審査が終わると、関連付けられたリストが有効化されます。該当するリストを使用する広告が、パーソナライズド広告ポリシーに準拠していることを確認してください。広告がパーソナライズド広告ポリシーに準拠していない場合、該当するユーザーリストまたはリマーケティング リストを使用する広告グループまたはターゲット設定を削除してください。
上記の違反を修正できない場合や修正を行わない場合は、広告を削除してください。不承認の広告が多すぎると、将来的にアカウントが停止される場合があります。
 

性的な関心

性的な関心は本質的にプライベートな事柄であり、文化規範によってはオープンに議論されることの少ないテーマです。Google はユーザーの性的な関心のプライバシー維持を重視しています。このため、ユーザーの個人的な性的関心、経験、活動、嗜好に基づくパーソナライズド広告の掲載を禁止しています。これには、性行動、活動、性行為において使用する商品などが含まれます。また、性的なものを暗示するカテゴリや性的興奮を与えることを意図したカテゴリの利用は許可されません。

性的な興味や関心に関連するカテゴリを使ってターゲット ユーザーを絞り込んだり、販売する商品やサービスを宣伝したりすることは許可されません。以下に、許可されないケースの具体例を示します。

部分的なヌード(パーソナライズド広告の場合)

身体の性的な部位(胸部、性器、臀部など)を部分的に露出している人物の画像や描写

  • : 生身のモデルがソング(T バック型の下着や水着)やペイスティ(装飾的なニプレス)を着用している画像
トラブルシューティング: 部分的なヌード(パーソナライズド広告の場合)
  1. 上記のポリシーを読み、Google が認めていないコンテンツを確認します。広告、サイト、アプリがパーソナライズド広告ポリシーに準拠しているかどうかご確認ください。なお、一部の広告内容は、ターゲティングにデリケートなカテゴリを使用しているかどうかを問わず、禁止されています。
  2. サイトやアプリから該当するコンテンツを削除します。 サイトやアプリに Google が許可しないコンテンツが含まれる場合、ポリシーに違反するコンテンツをすべて削除してください。その後、審査の申請を行った上で、オーディエンス リストの確認に進むことができます。

  3. 広告から該当するコンテンツを削除します。

    広告がこのポリシーに違反している場合は、準拠するよう編集してください。

    • [広告] ページで、編集する広告にカーソルを合わせます。
    • 広告の横にある鉛筆アイコンをクリックして広告を編集します。
    • 完了したら、[保存] をクリックします。

    広告を編集して保存すると、広告は審査に送られます。審査は通常 1 営業日以内に完了しますが、複雑な審査が必要な場合はさらに時間がかかることがあります。許可されないコンテンツが広告とそのリンク先から削除されていることが確認できれば、広告は承認され掲載開始となります。

  4. ユーザーリストやリマーケティング リストをターゲティングしている広告グループを削除するか、関連付けを解除します。 Google によるサイトまたはアプリの審査が終わると、関連付けられたリストが有効化されます。該当するリストを使用する広告が、パーソナライズド広告ポリシーに準拠していることを確認してください。広告がパーソナライズド広告ポリシーに準拠していない場合、該当するユーザーリストまたはリマーケティング リストを使用する広告グループまたはターゲット設定を削除してください。
上記の違反を修正できない場合や修正を行わない場合は、広告を削除してください。不承認の広告が多すぎると、将来的にアカウントが停止される場合があります。

避妊(パーソナライズド広告の場合)

妊娠や性感染症の伝染を防ぐための器具

  • : コンドーム、経口避妊薬、避妊用スポンジ
トラブルシューティング: 避妊(パーソナライズド広告の場合)
  1. 上記のポリシーを読み、Google が認めていないコンテンツを確認します。広告、サイト、アプリがパーソナライズド広告ポリシーに準拠しているかどうかご確認ください。なお、一部の広告内容は、ターゲティングにデリケートなカテゴリを使用しているかどうかを問わず、禁止されています。
  2. サイトやアプリから該当するコンテンツを削除します。 サイトやアプリに Google が許可しないコンテンツが含まれる場合、ポリシーに違反するコンテンツをすべて削除してください。その後、審査の申請を行った上で、オーディエンス リストの確認に進むことができます。

  3. 広告から該当するコンテンツを削除します。

    広告がこのポリシーに違反している場合は、準拠するよう編集してください。

    • [広告] ページで、編集する広告にカーソルを合わせます。
    • 広告の横にある鉛筆アイコンをクリックして広告を編集します。
    • 完了したら、[保存] をクリックします。

    広告を編集して保存すると、広告は審査に送られます。審査は通常 1 営業日以内に完了しますが、複雑な審査が必要な場合はさらに時間がかかることがあります。許可されないコンテンツが広告とそのリンク先から削除されていることが確認できれば、広告は承認され掲載開始となります。

  4. ユーザーリストやリマーケティング リストをターゲティングしている広告グループを削除するか、関連付けを解除します。 Google によるサイトまたはアプリの審査が終わると、関連付けられたリストが有効化されます。該当するリストを使用する広告が、パーソナライズド広告ポリシーに準拠していることを確認してください。広告がパーソナライズド広告ポリシーに準拠していない場合、該当するユーザーリストまたはリマーケティング リストを使用する広告グループまたはターゲット設定を削除してください。
上記の違反を修正できない場合や修正を行わない場合は、広告を削除してください。不承認の広告が多すぎると、将来的にアカウントが停止される場合があります。

成人向けコンテンツとアダルト コンテンツ

広告主様が成人向けコンテンツやアダルト コンテンツを使ったパーソナライズド広告を作成することは許可されていません。

あるカテゴリを広告のターゲティングや広告内容に使用できるかどうかについて、アダルト コンテンツについてのポリシーとパーソナライズド広告の性的な関心についてのポリシーとで見解が分かれる場合、パーソナライズド広告の性的な関心についてのポリシーが優先されます。

ご不明な点がある場合

このポリシーに関してご質問がある方は、Google までお問い合わせください。
AdWords サポートに問い合わせる
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。