偽造品

ディスプレイ&ビデオ 360 ユーザーは、この Google 広告ポリシーを遵守する必要があります。その他の制限については、ディスプレイ&ビデオ 360 のヘルプセンターをご覧ください。

Google 広告では偽造品の販売や宣伝を禁止しています。偽造品とは、他の商標と同一、またはほとんど区別がつかない商標やロゴを使用している商品を指します。真正品と偽って販売するためにブランドの特徴を模倣したものを指します。このポリシーは広告およびウェブサイトやアプリのコンテンツに適用されます。

詳しくは、ポリシーに違反した場合をご覧ください。

偽造品の販売を助長する広告を見つけた場合は、申し立てを行ってください。

偽造品

以下は許可されません。

ブランド所有者の真正品と偽って販売するためにブランドの名前をかたる、類似品、レプリカ、イミテーション、複製品、偽物、偽造品などの商品またはこれらに類似する商品

正規品と偽って販売するためにブランドの特徴を模倣している偽造品

例(すべての例を網羅するものではありません): ブランド名のラベルやロゴを使用している非正規品

このポリシーへの違反は重大かつ悪質と見なされます。Google 広告ポリシーの悪質な違反は、違法行為に該当する重大な違反行為であり、ユーザーに深刻な被害をもたらします。広告主様やリンク先がこのポリシーに違反しているかどうかの判断は、広告、ウェブサイト、アカウント、第三者からの情報など複数の情報を吟味したうえで行います。このポリシーに違反していることが判明した Google 広告アカウントは、事前の警告なく強制停止され、今後広告を掲載できなくなります。お客様が Google ポリシーに違反しておらず、この措置が誤りだとお考えの場合は、再審査請求をお送りいただき、その理由をご説明ください。なお、アカウントの再開は正当かつ妥当な理由に基づいてのみ行われるため、再審査請求の際は、嘘偽りのない正確かつ十分な情報をご提供ください。詳しくは、アカウントの強制停止の説明をご覧ください。

その他の情報

Google 広告の偽造品に関するポリシーと商標に関するポリシーの違い

偽造品に関するポリシーは、サイトやアプリで宣伝している実際の商品が対象となります。一方、商標に関するポリシーは、広告文や特定の状況におけるキーワードでの商標の使用が対象となります。

Google 広告で定義される偽造品と、DMCA や著作権で保護された商品および海賊品との違い

偽造品とは、ソフトウェア、書籍、芸術作品、映画などの商品自体をコピーしたものではなく、商標ブランドの特徴を模倣した商品のことを指します。

ご不明な点がある場合

ポリシーについてご不明な点がありましたらお知らせください。Google 広告サポートに問い合わせる
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。