パーソナライズド広告

Google は参考用としてヘルプセンターの翻訳版を提供していますが、翻訳版の内容によって実際のポリシーが変更されることはありません。ポリシーに基づく措置は、公式言語である英語版の記述に沿って実施いたします。この記事を別の言語で閲覧するには、ページ末尾のプルダウン メニューから言語を選択してください。

パーソナライズド広告は、ユーザーにとっては広告との関連性を高め、広告主様にとっては投資収益率向上に役立つツールです。オンラインのユーザーデータをもとに、より関連性の高い内容の広告をユーザーに表示することで、ユーザーと広告主様の双方にとって優れたエクスペリエンスを実現します。

より関連性の高い広告コンテンツを提供するために、ユーザーの行動や関心対象についてのデータを利用する際は、その情報を適切に扱うことが重要になります。ある特定の関心事項がデリケートな情報であること、そして、それに基づくターゲティングがユーザー エクスペリエンスに否定的な影響を及ぼす可能性があることを Google は認識しています。

これを念頭に置きつつ、ユーザーの広告ターゲティングがデリケートな性質を伴うことに基づいて、パーソナライズド広告のターゲティング機能すべてに関するポリシー基準を明確化しました。このパーソナライズド広告ポリシーは、既存の広告掲載ポリシー(Google 広告ポリシーGoogle ショッピング ポリシーなど)に取って代わるものではありません。広告主様は引き続き、パーソナライズド広告ポリシーに加え、適用されるすべての広告掲載ポリシーを遵守する責任があります。また、該当する場合は EU ユーザーの同意に関するポリシーも遵守する責任があります。

Google のすべての機能に Google のプライバシー ポリシーが適用されます。プライバシー ポリシーでは、Google によるユーザーデータの収集、使用、および保護について規定されています。詳しくは、ポリシーに違反した場合をご覧ください。

パーソナライズド広告ポリシー
パーソナライズド広告のコンテンツ ポリシーの原則 パーソナライズド広告におけるデータの収集および使用に関するポリシー
パーソナライズド広告のターゲティング機能に基づく制限
ポリシーの原則: デリケートな情報に該当するインタレスト カテゴリ
 

パーソナライズド広告のコンテンツ ポリシーの原則

パーソナライズド広告では、デリケートな情報に該当するインタレスト カテゴリは制限されます。デリケートな情報に該当するインタレスト カテゴリは、以下のコンテンツ ポリシー原則で説明されています。

法律上の制限: 広告は、法律を遵守する必要があります。

個人的な苦難: 広告がユーザーをターゲットにする方法として、ユーザーの困難や苦難を利用すべきではありません。

アイデンティティや信念: 広告がユーザーをターゲットにする際は、制度的な差別または不当な偏見につながる傾向があるカテゴリに基づかないように配慮してください。

性的な関心: 広告がユーザーをターゲットにする際は、固有のプライベートな性的な関心または体験に基づかないように配慮してください。

機会へのアクセス: 広告が特定のコンテンツ カテゴリのユーザーをターゲティングする際は、不当な社会的偏見により機会へのアクセスを制限しないよう配慮してください。

パーソナライズド広告のターゲティング機能に基づく制限

パーソナライズド広告のポリシーは、使用されているターゲティング機能によって適用のされ方が異なります。ターゲティング機能では、2 つの要素が考慮されます。

  • ユーザーのターゲティング: 広告の表示対象として選択されたユーザーのグループを指し、そのグループの作成または選択に関するすべての側面を含みます。
  • 製品とサービスの宣伝: 広告内またはランディング ページ上の特定のコンテンツを指します。

ターゲティング機能が、広告主様が選択されたオーディエンスであるか、自動的に選択されたオーディエンスであるかによって、パーソナライズ広告のデリケートな情報に該当するインタレスト カテゴリが、商品とサービスの宣伝に適用される場合と適用されない場合があります。

  • パーソナライズド広告のターゲティング機能すべてに関して、デリケートな情報に該当するインタレスト カテゴリをもとにユーザーをターゲティングすることは許可されません。
  • 広告主様が選択されたオーディエンスについて、広告主様が自らのオーディエンスをカスタマイズ、選択、またはアップロードできる場合は、デリケートな情報に該当するインタレスト カテゴリの製品とサービスを宣伝することも許可されません。
  • 自動的に選択されたオーディエンスについて、オーディエンスの作成または選択のプロセス全体が自動的に行われる場合は、広告主様はデリケートな情報に該当するインタレスト カテゴリから製品とサービスを宣伝することができます。

ポリシーの要点

デリケートな情報に該当するインタレスト カテゴリに属する製品とサービスは、広告主様が選択したオーディエンスに対して宣伝することはできません。ただし、すべての広告主様は、自動的に選択されたオーディエンスに対しては、デリケートな情報に該当するインタレスト カテゴリに属する製品とサービスであっても宣伝することができます。

以下に記載したターゲティング機能の例示列挙と、パーソナライズ広告のポリシーの適用方法を参照してください。

広告主様が選択したオーディエンス

広告主様がデリケートな情報に該当するインタレスト カテゴリに属する製品とサービスを宣伝する場合、次のターゲティング機能を使用することはできません。

自動的に選択されたオーディエンス

すべての広告主様(デリケートな情報に該当するインタレスト カテゴリに属する製品とサービスを宣伝する広告主様も含む)は、次のターゲティング機能を使用することができます。

  • カスタマー マッチ
  • リマーケティング
  • 類似ユーザー
  • カスタム オーディエンス
  • Gmail 広告: 追加の Gmail 広告固有のポリシーをご確認ください。
  • 購買意向
  • アフィニティ
  • ユーザー属性
  • 詳しいユーザー属性
  • ライフイベント
  • 地域ターゲティング
 

デリケートな情報に該当するインタレスト カテゴリ

法律上の制限

広告は、広告が表示されている地域の適用可能なすべての法律および規制を遵守していなければなりません。

以下のデリケートな情報に該当するインタレスト カテゴリで定めるように、法的に制限されたコンテンツに基づいてユーザーをターゲティングすることは許されません。使用するターゲティング機能によっては、デリケートな情報に該当するインタレスト カテゴリに属する製品とサービスを宣伝することも許可されません。

ユーザーには、必要に応じて自身の広告がポリシーを遵守していることを確認する責任があります。以下に、許可されないケースの具体例を示します。

 
トラブルシューティング: ポリシーを遵守する方法
  1. 以下のポリシーを読み、Google が許可していないコンテンツを確認します。広告、サイト、アプリがパーソナライズド広告ポリシーを遵守しているかどうかご確認ください。なお、一部の広告内容は、ターゲティングにデリケートなカテゴリを使用しているかどうかを問わず、禁止されています。
  2. サイトやアプリから該当するコンテンツを削除します。サイトやアプリに Google が許可していないコンテンツがある場合、このポリシーを遵守していないコンテンツをすべて削除します。そして、オーディエンス リストの確認に進む前に、審査を依頼してください。
  3. 広告から該当するコンテンツを削除します。
    広告がこのポリシーに違反している場合は、遵守するように編集してください。
    • [広告] ページで、編集する広告にカーソルを合わせます。
    • 広告の横にある鉛筆アイコンをクリックして広告を編集します。
    • 完了したら、[保存] をクリックします。
  4. 広告を編集して保存すると、広告は審査に送られます。審査は通常 1 営業日以内に完了しますが、複雑な審査が必要な場合はさらに時間がかかることがあります。許可されないコンテンツが広告とそのリンク先から削除された場合に、広告の審査を申請できます。
  5. ユーザーリストまたはリマーケティング リストをターゲティングしている広告グループを削除するか、関連付けを解除します。Google によるサイトまたはアプリの審査が終わると、関連付けられたリストが有効化されます。該当するリストを使用する広告が、パーソナライズド広告ポリシーを遵守していることを確認してください。広告がパーソナライズド広告ポリシーを遵守していない場合、該当するユーザーリストまたはリマーケティング リストを使用する広告グループまたはターゲット設定を削除してください。
これらの違反を修正できない場合や修正を行わない場合は、広告を削除してください。不承認の広告が多いと、将来的にアカウントが停止される場合があります。

13 歳未満のユーザー(パーソナライズド広告の場合)

13 歳またはお住まいの国の該当する年齢未満のお子様から個人情報を収集すること、または、13 歳またはお住まいの国の該当する年齢未満のお子様を、興味や関心に基づいてターゲティングすること。

制限付き薬物に関するキーワード(パーソナライズド広告の場合)

処方薬および処方薬に関する情報(ただし、薬と記載された成分が動物向けの使用のみを目的としており、人間への乱用その他の不正使用のおそれがない場合を除きます)。詳細

アルコール(パーソナライズド広告の場合)

アルコール飲料およびそれに類する飲み物

ギャンブル(パーソナライズド広告の場合)

オンラインまたはオフラインのギャンブル、オンライン ギャンブル関連の情報、カジノでないものの賞金や賞品を賭けて行われるオンライン ゲーム、カジノベースのオンライン ゲーム(金銭のやり取りの有無を問わない)

ロケーション ベースのギャンブル(パーソナライズド広告の場合)

ギャンブルを明示的に宣伝するカジノ(実店舗)

 

個人的な苦難

個人的な悩みや窮状につけ込むような広告をユーザーは望みません。そのため、Google はこうした事柄に関連するパーソナライズド広告を禁止しています。個人的な苦難には、健康状態、医療処置、挫折、困難な状況、心的外傷体験などが含まれます。また、ユーザーにマイナス思考を強制することも禁止されています。

以下のデリケートな情報に該当するインタレスト カテゴリで定めるように、個人的な苦難に基づいてユーザーをターゲティングすることは許可されません。使用するターゲティング機能によっては、デリケートな情報に該当するインタレスト カテゴリに属する製品とサービスを宣伝することも許可されません。

ユーザーには、必要に応じて自身の広告がポリシーを遵守していることを確認する責任があります。以下に、許可されないケースの具体例を示します。

トラブルシューティング: ポリシーを遵守する方法
  1. 以下のポリシーを読み、Google が許可していないコンテンツについて確認します。広告、サイト、アプリがパーソナライズド広告ポリシーを遵守しているかどうかご確認ください。なお、一部の広告内容は、ターゲティングにデリケートなカテゴリを使用しているかどうかを問わず、禁止されています。
  2. サイトやアプリから該当するコンテンツを削除します。サイトやアプリに Google が許可していないコンテンツがある場合、このポリシーを遵守していないコンテンツをすべて削除します。そして、オーディエンス リストの確認に進む前に、審査を依頼してください。

  3. 広告から該当するコンテンツを削除します。

    広告がこのポリシーに違反している場合は、準拠するよう編集してください。

    • [広告] ページで、編集する広告にカーソルを合わせます。
    • 広告の横にある鉛筆アイコンをクリックして広告を編集します。
    • 完了したら、[保存] をクリックします。

    広告を編集して保存すると、広告は審査に送られます。審査は通常 1 営業日以内に完了しますが、複雑な審査が必要な場合はさらに時間がかかることがあります。許可されないコンテンツが広告とそのリンク先から削除されていることが確認できれば、広告は承認され掲載開始となります。

  4. オーディエンス リストまたはリマーケティング リストをターゲティングしている広告グループを削除するか、関連付けを解除します。Google によるサイトまたはアプリの審査が終わると、関連付けられたリストが有効化されます。該当するリストを使用する広告が、パーソナライズド広告ポリシーを遵守していることを確認してください。広告がパーソナライズド広告ポリシーを遵守していない場合、該当するユーザーリストまたはリマーケティング リストを使用する広告グループまたはターゲット設定を削除してください。
これらの違反を修正できない場合や修正を行わない場合は、広告を削除してください。不承認の広告が多いと、将来的にアカウントが停止される場合があります。

健康(パーソナライズド広告の場合)

次の個人の健康に関するコンテンツが含まれます。

  • 身体的または精神的な健康状態(疾病、性に関する健康、長期的な治療や管理を必要とする慢性的な健康障害を含む)
  • 慢性的な健康障害の治療や管理のための商品やサービス、処置(市販薬や医療器具を含む)
  • 身体のプライベートな部位(性器、腸、泌尿器など)に関係する健康問題
  • 侵襲的な医療処置(美容整形を含む)
  • 心身の障害(ユーザーの主な介護者に向けたコンテンツを含む)
    • : 糖尿病や関節炎などの慢性的な健康障害の治療、性感染症の治療、うつや不安といったメンタルヘルスに関する問題の相談サービス、睡眠時無呼吸症状に対応する医療器具(CPAP 装置など)、イースト菌感染症向けの市販薬品、自閉症児支援に関する情報

厳しい経済状況(パーソナライズド広告の場合)

個人の債務、経済的な困難や困窮

  • : 破産手続代行業、福祉サービス、ホームレス向けシェルター、失業者向けの情報、略奪的貸付商品およびサービス

人間関係における困難(パーソナライズド広告の場合)

家族や友人との関係、その他の対人関係における個人的な窮状

  • : 離婚関連サービス、離婚問題への対応に関する書籍、死別への対応に関する商品やサービス、家族カウンセリング サービス

犯罪(パーソナライズド広告の場合)

個人の犯罪歴、前科、犯罪の嫌疑、起訴歴

  • : 保釈サービス、刑事事件弁護士

虐待や心的外傷(パーソナライズド広告の場合)

虐待、犯罪、その他のトラウマ的な出来事の被害経験

  • : 家庭内暴力保護施設、被害者擁護サービス

マイナス思考の強制(パーソナライズド広告の場合)

ユーザーに対するマイナス思考の強制や、否定的な視点または偏見を利用したコンテンツの宣伝

  • : 身体的特徴に対する侮蔑、身体的な属性や社会的なふるまいに関する否定的な言及、特定の行動を取らなければ悪い結果が起きるという示唆
 

アイデンティティや信条

アイデンティテや信条はきわめて個人的で複雑なものです。多様な文化規範や地域、歴史、個人の人生経験などの影響を強く受けます。また、アイデンティティや信条に基づく決めつけや偏見によって、ユーザーの分類が行われることもあります。

Google は、広告によってポジティブなエクスペリエンスを提供することを目指しており、パーソナライズド広告は、ユーザーがどのような人格であるかの認識ではなく、あくまでユーザーの関心に基づいて掲載されることを意図しています。このため、ユーザーの根源的ないし本質的なアイデンティティや信条に基づくパーソナライズド広告の掲載は禁止されています。このカテゴリに該当するのは、本来私的なものである自己像や、非難や差別またはハラスメントにつながりやすい内容、非難や差別または偏見を受けやすい集団に帰属していることを示す内容、個人的な信条などです。

以下のデリケートな情報に該当するインタレスト カテゴリで説明されているように、アイデンティティや信条に基づいてユーザーをターゲティングすることは許されません。使用するターゲティング機能によっては、デリケートな情報に該当するインタレスト カテゴリに属する製品とサービスを宣伝することも許可されません。

ユーザーには、必要に応じて自身の広告がポリシーを遵守していることを確認する責任があります。以下に、許可されないケースの具体例を示します。

トラブルシューティング: ポリシーを遵守する方法
  1. 以下のポリシーを読み、Google が許可していないコンテンツを確認します。広告、サイト、アプリがパーソナライズド広告ポリシーを遵守しているかどうかご確認ください。なお、一部の広告内容は、ターゲティングにデリケートなカテゴリを使用しているかどうかを問わず、禁止されています。
  2. サイトやアプリから該当するコンテンツを削除します。サイトやアプリに Google が許可していないコンテンツがある場合、このポリシーを遵守していないコンテンツをすべて削除します。そして、オーディエンス リストの確認に進む前に、審査を依頼してください。
  3. 広告から該当するコンテンツを削除します。
    広告がこのポリシーに違反している場合は、遵守するように編集してください。
    • [広告] ページで、編集する広告にカーソルを合わせます。
    • 広告の横にある鉛筆アイコンをクリックして広告を編集します。
    • 完了したら、[保存] をクリックします。
  4. 広告を編集して保存すると、広告は審査に送られます。審査は通常 1 営業日以内に完了しますが、複雑な審査が必要な場合はさらに時間がかかることがあります。許可されないコンテンツが広告とそのリンク先から削除された場合に、広告の審査を申請できます。
  5. ユーザーリストまたはリマーケティング リストをターゲティングしている広告グループを削除するか、関連付けを解除します。Google によるサイトまたはアプリの審査が終わると、関連付けられたリストが有効化されます。該当するリストを使用する広告が、パーソナライズド広告ポリシーを遵守していることを確認してください。広告がパーソナライズド広告ポリシーを遵守していない場合、該当するユーザーリストまたはリマーケティング リストを使用する広告グループまたはターゲット設定を削除してください。
これらの違反を修正できない場合や修正を行わない場合は、広告を削除してください。不承認の広告が多いと、将来的にアカウントが停止される場合があります。

性的指向(パーソナライズド広告の場合)

性的指向(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、クエスチョニング、ヘテロ セクシャルなど)

  • : ホモセクシャル性の開示に関する情報、ゲイ向けのデート情報、ゲイ向けの旅行情報、バイセクシャル性についての情報

政治的思想(パーソナライズド広告の場合)

このパーソナライズド広告ポリシーは、Gmail 広告には適用されませんが、その他すべてのターゲティング機能には適用されます。Gmail 広告の政治に関するコンテンツについては、以下のポリシーをご覧ください。

政治的思想

  • : 政治的イデオロギー、政治的見解、政党、政治組織、政治運動、政治講演活動

政治に関するコンテンツ(パーソナライズド広告の場合)

このパーソナライズド広告ポリシーは、Gmail 広告だけでなくその他すべてのターゲティング機能にも適用されます。

政治的思想

  • : 政治的イデオロギー、政治的見解、政党、政治組織、政治運動、政治講演活動

労働組合への加入状況(パーソナライズド広告の場合)

労働組合、およびユーザーの労働組合への加入状況を知っていることを示唆する広告

  • : 労働組合のウェブサイト、労働組合加入者に向けた情報、労働組合のブログ、労働組合による労働争議のサポート

人種や民族(パーソナライズド広告の場合)

個人の人種や民族性

  • : 特定の人種や民族に向けた出版物、特定の人種や民族向けの大学、特定の人種や民族向けのデート情報

信仰(パーソナライズド広告の場合)

個人の信仰

  • : 教会や礼拝所、宗教的な指導、宗教的な教育や大学、宗教的な商品

社会的に疎外された集団(パーソナライズド広告の場合)

社会的に疎外された集団や社会的弱者にあたる集団(社会的階級、移民、難民など)への所属

  • : 特定の社会的階層に属するユーザーに向けた商品、移民向けのサービス、難民向けの法的サービス

トランスジェンダーの性別認識(パーソナライズド広告の場合)

出生時に与えられた性別と異なる性別意識、または男性や女性といった単一の性別意識と合致しない性別

  • : 性転換についての情報、トランスジェンダー差別を扱う弁護士
 

 性的な関心

性的な関心は本質的にプライベートな事柄であり、文化規範によってはオープンに議論されることの少ないテーマです。Google はユーザーの性的な関心のプライバシー維持を重視しています。このため、ユーザーの個人的な性的関心、経験、活動、嗜好に基づくパーソナライズド広告の掲載を禁止しています。これには、性行動、活動、性行為において使用される商品などが含まれます。また、性的内容を示唆するカテゴリ、または性的興奮を与えることを意図するカテゴリの使用は許可されません。

以下のデリケートな情報に該当するインタレスト カテゴリで説明されているように、アイデンティティや信条に基づいてにユーザーをターゲティングすることは許可されません。使用するターゲティング機能によっては、デリケートな情報に該当するインタレスト カテゴリに属する製品とサービスを宣伝することも許可されません。

ユーザーには、必要に応じて自身の広告がポリシーを遵守していることを確認する責任があります。以下に、許可されないケースの具体例を示します。

トラブルシューティング: ポリシーを遵守する方法
  1. 以下のポリシーを読み、Google が許可していないコンテンツを確認します。広告、サイト、アプリがパーソナライズド広告ポリシーを遵守しているかどうかご確認ください。なお、一部の広告内容は、ターゲティングにデリケートなカテゴリを使用しているかどうかを問わず、禁止されています。
  2. サイトやアプリから該当するコンテンツを削除します。サイトやアプリに Google が許可していないコンテンツがある場合、このポリシーを遵守していないコンテンツをすべて削除します。そして、オーディエンス リストの確認に進む前に、審査を依頼してください。
  3. 広告から該当するコンテンツを削除します。
    広告がこのポリシーに違反している場合は、遵守するように編集してください。
    • [広告] ページで、編集する広告にカーソルを合わせます。
    • 広告の横にある鉛筆アイコンをクリックして広告を編集します。
    • 完了したら、[保存] をクリックします。
  4. 広告を編集して保存すると、広告は審査に送られます。審査は通常 1 営業日以内に完了しますが、複雑な審査が必要な場合はさらに時間がかかることがあります。許可されないコンテンツが広告とそのリンク先から削除された場合に、広告の審査を申請できます。
  5. ユーザーリストまたはリマーケティング リストをターゲティングしている広告グループを削除するか、関連付けを解除します。Google によるサイトまたはアプリの審査が終わると、関連付けられたリストが有効化されます。該当するリストを使用する広告が、パーソナライズド広告ポリシーを遵守していることを確認してください。広告がパーソナライズド広告ポリシーを遵守していない場合、該当するユーザーリストまたはリマーケティング リストを使用する広告グループまたはターゲット設定を削除してください。
これらの違反を修正できない場合や修正を行わない場合は、広告を削除してください。不承認の広告が多いと、将来的にアカウントが停止される場合があります。

避妊(パーソナライズド広告の場合)

妊娠や性感染症の伝染を防ぐための器具

  • : コンドーム、経口避妊薬、避妊用スポンジ

性的なコンテンツ

Google 広告の性的なコンテンツに関するポリシーで定められているすべての性的なコンテンツ。

あるカテゴリを広告のターゲティングおよびパーソナライズド広告に使用できるかどうかについて、性的なコンテンツに関するポリシーとパーソナライズド広告の性的な関心に関するポリシーとで見解が分かれる場合は、パーソナライズド広告の性的な関心に関するポリシーが優先します。

 

機会へのアクセス

Google では、社会的および経済的な機会へのアクセスは、個人の幸福、社会的地位、および生活の質を追求するうえで不可欠であると考えています。一方で、歴史的な差別と社会的偏見により、社会の一部の層にはこうした機会が平等に提供されていないことも認識しています。

これを踏まえ、社会の偏見によって偏った影響を受けているユーザー層に対する公平性を高めるため、一部のカテゴリの商品 / サービスについては、特定のオーディエンスをターゲティングすることを禁止しています。このポリシーは、既存のポリシーで示されている方針(広告ポリシーにおける差別の禁止、パーソナライズド広告ポリシーにおけるアイデンティティや信条に関するカテゴリの使用禁止)のさらなる強化を図るためのものです。以下に、許可されないケースの具体例を示します。

国: 米国、カナダ

米国とカナダでは、次のデリケートな情報に該当するインタレスト カテゴリによって、性別、年齢、子供の有無、配偶者の有無、郵便番号に基づいてターゲティングすることは禁止されています。

住居(パーソナライズド広告の場合)

販売または賃貸用の住宅(個人が居住する場所)。これには、住宅の販売や賃貸を可能にする商品 / サービスも含まれます。

  • 例: 住宅情報サイト、販売または賃貸用の個人家屋、不動産サービス

求人(パーソナライズド広告の場合)

雇用機会や求人*。

  • 例: 求人広告、人材募集サイト、求人情報サイト

*事前に規定された一部の米国政府の広告主様が、パーソナライズド広告によって求人情報を宣伝する場合は、制限対象となっているオーディエンスのターゲティングが、特定の条件下に限り認められます。ただし、認められるのは、政府機関の職業の BFOQ(bona fide occupational qualification: 真正な職業要件)に基づくターゲティングのみです。BFOQ は米国の法律により、「その職業の通常の業務を遂行するために合理的に必要な要件」と定義されています。

クレジット(パーソナライズド広告の場合)

クレジット、または信用貸付に関連する商品 / サービスの提供。

  • 例: クレジット カード、各種ローン(住宅ローン、自動車ローン、家電ローン、短期ローンなど)



パーソナライズド広告におけるデータの収集および使用に関するポリシー

これらのポリシーは、パーソナライズド広告におけるデータの収集および使用に関する要件を定めており、データの収集および使用に関する Google 広告ポリシーと併せて適用されます。

次の行為は禁止されています。

個人情報(PII)を収集する広告や個人情報を含む広告を掲載すること(ただし、そうした用途で Google が提供している広告フォーマットを使う場合を除く)

  • 例: 広告本体内で、メールアドレス、電話番号、クレジット カード番号を収集すること

リマーケティング リストや Cookie、データフィードなどの匿名 ID を個人情報と関連付けたり、組み合わせて使用したりすること

リマーケティング タグや、広告との関連付けが可能なその他の商品データフィードを通して、PII を Google と共有すること

事前にユーザーの同意を得ることなく、ユーザーの正確な位置情報を Google に送信すること

極端に絞り込んだ特定のユーザーだけをターゲットとするリマーケティング リストを使うこと。これには、リマーケティング リストと他のターゲティング条件(ターゲット地域や他のユーザー セグメントなど)を組み合わせた結果、広告のターゲットが少人数のユーザーになっている場合などが該当します。詳しくは、リマーケティング リストのサイズに関する要件をご覧ください。

リマーケティングの場合

  • パーソナライズド広告の表示を望まないユーザーのリマーケティング データの収集を無効にするには、allow_ad_personalization_signals パラメータを使います。詳しくは、グローバル サイトタグを変更して、特定のユーザーのリマーケティング データの収集を無効にするための手順をご確認ください。
  • リマーケティング、リエンゲージメント、または類似ユーザー機能を使用する場合、広告主様のプライバシー ポリシーに特定の情報を記載する必要があります。
  • Google は、広告内通知ラベルを表示することで、パーソナライズド広告であることをユーザーに明示する場合があります。また、ユーザーが登録されているリマーケティング リストと、対応するドメイン名を表示することもあります。これらのラベルを改変したり、不明瞭にしたりすることは禁止されています。独自の広告内通知ラベルを実装する場合は、関連する業界標準を必ず遵守してください。
  • Google では、リマーケティング リストまたは類似ユーザーリストを所有する広告主様の同意がない限り、別の広告主様にそのリストの使用を許可することはありません。
トラブル シューティング: データの収集および使用に関するパーソナライズド広告のポリシー
  1. 以下のポリシーを読み、Google が許可していないコンテンツについて確認します。広告、サイト、アプリがパーソナライズド広告ポリシーを遵守しているかどうかご確認ください。なお、一部の広告内容は、ターゲティングにデリケートなカテゴリを使用しているかどうかを問わず、禁止されています。
  2. サイトやアプリから該当するコンテンツを削除します。サイトやアプリに Google が許可していないコンテンツがある場合、このポリシーを遵守していないコンテンツをすべて削除します。そして、オーディエンス リストの確認に進む前に、審査を依頼してください。

  3. 広告から該当するコンテンツを削除します。

    広告がこのポリシーに違反している場合は、準拠するよう編集してください。

    • [広告] ページで、編集する広告にカーソルを合わせます。
    • 広告の横にある鉛筆アイコンをクリックして広告を編集します。
    • 完了したら、[保存] をクリックします。

    広告を編集して保存すると、広告は審査に送られます。審査は通常 1 営業日以内に完了しますが、複雑な審査が必要な場合はさらに時間がかかることがあります。許可されないコンテンツが広告とそのリンク先から削除されていることが確認できれば、広告は承認され掲載開始となります。

  4. オーディエンス リストまたはリマーケティング リストをターゲティングしている広告グループを削除するか、関連付けを解除します。Google によるサイトまたはアプリの審査が終わると、関連付けられたリストが有効化されます。該当するリストを使用する広告が、パーソナライズド広告ポリシーを遵守していることを確認してください。広告がパーソナライズド広告ポリシーを遵守していない場合、該当するユーザーリストまたはリマーケティング リストを使用する広告グループまたはターゲット設定を削除してください。
これらの違反を修正できない場合や修正を行わない場合は、広告を削除してください。不承認の広告が多いと、将来的にアカウントが停止される場合があります。

ご不明な点がある場合

ポリシーについてご不明な点がありましたらお知らせください。Google 広告サポートに問い合わせる
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73067
false