G Suite エディション別 Google エンドポイント管理機能の比較

Google エンドポイント管理で利用できるデバイスのセキュリティ機能と管理機能は、組織で使用している G Suite エディションによって異なります。Cloud Identity のエディションで利用できる機能も併せてご覧ください。

基本のエンドポイント管理

デフォルトで次の機能を使用できます。

  G Suite Essentials G Suite
  Essentials Enterprise Essentials

BasicEducation

Business

Enterprise、Enterprise for Education

基本的なモバイル デバイス管理
基本的なパスコードの適用(モバイル)
アカウントのリモートワイプ(モバイル)
パソコンの基本管理
会社所有のパソコン
リモート ログアウト(パソコン)
Endpoint Verification(エンドポイントの確認)
Windows® 用 Google 認証情報プロバイダ
デバイス一覧
基本的なデバイス レポート
ネットワーク管理
Android アプリの管理  

高度なエンドポイント管理

次の機能を使用するには、G Suite 管理者がモバイルの詳細管理を有効にする必要があります。高度なエンドポイント管理には、「基本のエンドポイント管理」に記載されている機能もすべて含まれます。

  G Suite Essentials G Suite
  Essentials Enterprise Essentials BasicEducation Business Enterprise、Enterprise for Education
高度なモバイル デバイス管理機能  
標準型と強化型のパスコードの適用  
モバイル デバイスのセキュリティ ポリシー  
iOS® アプリの管理  
デバイスの承認  
デバイスのブロック  
デバイスのリモートワイプ(モバイル)  
Android の仕事用プロファイル  
デバイスの詳細レポート  

エンタープライズ エンドポイント管理

以下の機能は Enterprise エディション限定で、使用するには G Suite 管理者がモバイルの詳細管理を有効にする必要があります。エンタープライズ エンドポイント管理には、「基本のエンドポイント管理」と「高度なエンドポイント管理」に記載されている機能もすべて含まれます。

  G Suite Essentials G Suite
  Essentials Enterprise Essentials BasicEducation Business Enterprise、Enterprise for Education
会社所有の Android デバイス    
iOS データの保護      
デバイスのリモートワイプ(Windows)      
デバイス監査ログ    
使われていない会社所有デバイスに関するレポート    
モバイルアプリを個別に配布する    
Windows デバイス管理      
管理ルール      
モバイル デバイスの証明書      
コンテキストアウェア アクセス      
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。