Google エンドポイント管理機能の比較

Cloud Identity のエディションで利用できる機能も併せてご覧ください。

Google エンドポイント管理で利用できるデバイスのセキュリティ機能と管理機能は、組織で使用している Google Workspace エディションによって異なります。

注: ライセンスはデバイスではなくユーザーごとに必要です。管理対象デバイスにログインするユーザーは、機能を使用するために、サポート対象のライセンスを持っている必要があります。

基本のエンドポイント管理

サポート対象エディション(明記されていない場合): Business Starter、Standard および Plus、EnterpriseEducation Fundamentals、Standard、Teaching and Learning Upgrade、Plus、Frontline、G Suite Basic および Business、Essentials。 エディションの比較

デフォルトで次の機能を使用できます。

セキュリティ設定 デバイスの管理 アプリの管理 デバイスの詳細
* Business Starter、Business Standard、Essentials ではご利用いただけません。

高度なエンドポイント管理

サポート対象エディション: Frontline、Business Plus、EnterpriseEducation Fundamentals、Standard、Teaching and Learning Upgrade、Plus、G Suite Basic および Business。 エディションの比較

次の機能を使用するには、Google Workspace 管理者がモバイルの詳細管理を有効にする必要があります。高度なエンドポイント管理には、基本のエンドポイント管理に記載されている機能もすべて含まれます。

セキュリティ設定 デバイスの管理 アプリの管理 デバイスの詳細

エンタープライズ エンドポイント管理

サポート対象エディション(特に言及されている場合を除く): Business Plus、EnterpriseEducation Standard と Plus、G Suite Business。 エディションの比較

次の機能を使用するには、管理者がモバイルの詳細管理を有効にする必要があります。エンタープライズ エンドポイント管理には、基本のエンドポイント管理高度なエンドポイント管理に記載されている機能もすべて含まれます。

セキュリティ設定* デバイスの管理 アプリの管理 デバイスの詳細

* Business Plus または G Suite Business ではご利用いただけません。


Google、Google Workspace、および関連するマークとロゴは、Google LLC の商標です。その他すべての企業名および商品名は、関連各社の商標または登録商標です。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。