Meet の使用を開始する

Drive Enterprise エディションをご利用の場合、このサービスを利用するには G Suite Enterprise にアップグレードしていただく必要があります。

新規の G Suite サブスクリプションでは、Hangouts Meet があらかじめ有効になっています。組織で従来のハングアウトをご利用の場合も、Meet を今後のビデオ会議のデフォルトとして設定することで Meet への移行が可能です。

Meet に移行すると、新たに作成する Google カレンダーの予定には Meet ビデオ会議のリンクが追加されます。従来のビデオハングアウトのリンクが含まれた 1 回限りの予定は変更されません。

注: Meet が無効になっている組織に属している場合でも、別の組織のユーザーが主催する Meet ビデオ会議に参加することは可能です。

Meet を有効にする

ユーザーに対して Meet を有効にする

従来のハングアウトを無効にして、すべてのビデオ会議で Hangouts Meet を使用できます。この場合、カレンダーのすべての予定から従来のハングアウトのリンクが削除されますが、外部で開催される従来のビデオハングアウトには引き続き参加可能です。カレンダーですでに設定されている定期的な予定は、段階的に Meet に移行されます。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次へ [G Suite] 次へ [Google ハングアウト] にアクセスします。
  3. [全般設定] をクリックします。
  4. [Hangouts Meet] の横にある [すべての会議で Meet を使用する] チェックボックスをオンにします。
  5. [保存] をクリックします。

Google ミーティング ルーム ハードウェアに対して Meet を有効にする

Google ミーティング ルーム ハードウェアでは、一度 Meet を有効にすると従来のハングアウトに戻すことはできません。組織で新たに追加する Google ミーティング ルーム ハードウェアでは、ビデオ会議に Meet が使用されることになります。
  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次へ [G Suite] 次へ [Google ハングアウト] にアクセスします。
  3. [Meet の設定次へ [Hangouts Meet] をクリックします。
  4. 左側のリストから、設定先の組織部門を選択します。全ユーザーを対象とする場合は、最上位の組織部門を選択します。
  5. [すべての Chrome devices for meetings に Hangouts Meet が表示されるようになります] チェックボックスをオンにします。
  6. 設定を適用します。
    • 最上位の組織部門に設定を適用する場合は、[保存] をクリックします。
    • 子組織部門に親と異なる設定を適用する場合は、[オーバーライド] をクリックします。

アクセス グループを使用して Meet を導入する

組織構造を変更することなく、サービスへのアクセス権をユーザーに付与できます。多数のユーザーを管理したり、LDAP ディレクトリを同期したりする場合は、アクセス グループを使用して組織部門内の特定のユーザーに対して Meet を有効にできます。組織に対してサービスを無効にしてから、サービスが有効になっているアクセス グループにユーザーを追加します。詳しくは、グループを使用して G Suite などの Google サービスの利用を制御するをご覧ください。

機能を管理する

ビデオ会議の設定を管理する
G Suite 管理者は、Meet のビデオ会議で使用できる機能を管理できます。
  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次へ [G Suite] 次へ [Google ハングアウト] にアクセスします。
  3. [Meet の設定] をクリックします。
  4. 左側のリストから、設定先の組織部門を選択します。全ユーザーを対象とする場合は、最上位の組織部門を選択します。初期設定では、組織部門の設定は親組織から継承されます。
  5. いずれかの設定を選択します。
    • ダイヤルイン - 予定や招待状に、ゲストが電話で会議に参加するための電話番号を記載します。
    • クライアント ログのアップロード - ユーザーのウェブブラウザやモバイルアプリのログ情報を Google に送信します。ログ情報にはユーザーのメールアドレスやその他の情報が含まれます。Google ではこの情報を、組織からサポート リクエストがあった場合のトラブルシューティングに役立てています。
    • 録画 - ユーザーに会議の録画を許可します。録画は会議主催者の Google ドライブに保存されます。詳しくは、Meet の録画をオンまたはオフにするをご覧ください。
    • ストリーム - ユーザーが大勢の視聴者に会議をストリーミングできるようにします。詳しくは、Meet のライブ ストリーミングを有効または無効にするをご覧ください。
    • デフォルトの動画の品質 - ビデオ通話のデフォルトの帯域幅を設定できます。
    • 相互運用 - サードパーティ製ビデオ会議システムのユーザーが、組織の Hangouts Meet ビデオ会議に参加できるようにします。詳しくは、相互運用を設定するをご覧ください。
  6. 設定を適用します。
    • 最上位の組織部門に設定を適用する場合は、[保存] をクリックします。
    • 子組織部門に親と異なる設定を適用する場合は、[オーバーライド] をクリックします。

関連情報

HIPAA コンプライアンスの確認


G Suite をご利用の組織が HIPAA(医療保険の相互運用性と説明責任に関する法律)の適用対象である場合、HIPAA に準拠していない従来のビデオハングアウトの代わりに、Meet を有効化して使用する必要があります。

詳細

 

通常、変更は数分で反映されますが、場合によっては最長で 24 時間ほどかかることがあります。詳しくは、Google サービスへの変更の反映ご覧ください。

関連トピック

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。