Meet の有効と無効を切り替える

組織で従来のハングアウトをご利用の場合、ドメインや組織部門に対して Meet でのビデオ会議を有効にすることができます。

注意事項

  • G Suite に最近お申し込みされたお客様の場合は、Meet がすでに有効になっています。
  • この設定により、ビデオ通話でのチャットの有効と無効も切り替えられます。個別の設定はありません。
  • この設定が有効になっている場合、組織内にあるすべての新しい Chrome devices for meetings でも Meet が使用されます。Chrome 端末を従来のハングアウトに切り替えて会議をすることはできません。詳細

Meet の有効と無効を切り替える

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールのダッシュボードから、[アプリ] 次へ [G Suite] 次へ [Google ハングアウト] にアクセスします。
  3. [Meet の設定] をクリックします。
  4. 組織部門を選択します。組織部門を選択しない場合、設定は組織全体に適用されます。

  5. [Hangouts Meet] の横にある [Meet をビデオ会議のデフォルトにします] をオンにします。
    • すべての Chrome devices for meetings で Hangouts Meet が表示されるようになります。
    • カレンダーに新しく追加する予定では会議に Meet が使用されるようになります。
      • ユーザーはゲストを招待するか、[ビデオ会議の詳細情報を追加する] をクリックして、Meet のビデオ会議へのリンクを Google カレンダーの予定に追加することもできます。
    • カレンダーに繰り返し設定されている予定については、スケジュール設定されている次回のビデオハングアウトを全員が終了した後で、Meet への切り替えが行われます。
    • 詳しくは、ビデオ会議を開催したり、会議に参加したりする方法についての記事をご覧ください。

      注: Meet が組織で無効になっている場合でも、ユーザーは別の組織のユーザーが作成した会議に参加することができます。
  6. (省略可)Meet が有効になっている場合は、さらに詳細な設定を行えます。
    1. ダイヤルイン -(G Suite Enterprise エディションのみ)電話で会議に参加するゲストが使用する電話番号を含めます。詳細
    2. クライアント ログのアップロード - ユーザーのメールアドレスや追加情報が記載されたウェブブラウザとモバイルアプリのログ情報を含めます。詳細
    3. 録画 - ユーザーに会議の録画を許可します。録画は、会議の主催者の Google ドライブに保存されます。詳細

  7. [保存] をクリックします。

 

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。