Meet のオンとオフを切り替える

G Suite を最近お申し込みされた場合、Hangouts Meet はすでに有効になっています。ただし、従来のハングアウトをご利用の組織については、Meet を今後のビデオ会議のデフォルトとして設定することで、切り替えることができます。

Meet に切り替えると、Google カレンダーで予定を作成したときに、Meet ビデオ会議へのリンクが含まれるようになります。従来のビデオハングアウトへのリンクを含むカレンダーの単発の予定は変更されません。

注: Meet がオフになっている組織に属している場合でも、別の組織のユーザーが主催する Meet ビデオ会議に参加することは可能です。

Meet の使用を開始する手順

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールのダッシュボードから、[アプリ] 次へ [G Suite] 次へ [Google ハングアウト] にアクセスします。
  3. [Meet の設定] をクリックします。
  4. 組織部門を選択します。
    組織部門を選択しない場合、設定は組織全体に適用されます。

  5. [Hangouts Meet] の横にある [Meet をビデオ会議のデフォルトにします] をオンにします。
  6. (省略可)Meet が有効になっている場合は、さらに詳細な設定を行えます。
    1. ダイヤルイン - (G Suite Enterprise エディションのみ)予定や招待状に、ゲストが電話で会議に参加するための電話番号を記載します。詳細
    2. クライアント ログのアップロード - ユーザーのウェブブラウザやモバイルアプリのログ情報を Google に送信します。ログ情報にはユーザーのメールアドレスやその他の情報が含まれます。Google ではこの情報を、組織からサポート リクエストがあった場合のトラブルシューティングに役立てています。詳細
    3. 録画 - ユーザーに会議の録画を許可します。録画は会議主催者の Google ドライブに保存されます。詳細

  7. [保存] をクリックします。

Meet へのリンクを Google カレンダーの予定に追加するには、ゲストを招待するか、[ビデオ会議を追加] > [Hangouts Meet] をクリックするという方法もあります。

Meet をオンにした後の留意事項

Meet をオンにすると、Chrome devices for meetings を従来のハングアウトに切り替えることはできません。組織内にある新しい Chrome デバイスでのビデオ会議には、Meet を使用することになります。

また、ビデオ通話で従来のハングアウト チャットをオフにするための個別設定はなく、Meet のオンとオフに統合されています。

関連トピック

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。