管理者向け Google Meet 設定リファレンス

エディションによって利用できる機能が異なります。 エディションの比較

管理者は、組織で使用する Google Meet のビデオ会議の機能を管理することができます。

(省略可)高度な機能へのアクセスを制限する

開始する前に: 特定のユーザーに設定を適用するには、対象のユーザーのアカウントを組織部門に追加します(部門ごとに設定する場合)。または、対象のユーザーのアカウントを設定グループに追加します(部門をまたがってユーザーのアクセスを管理する場青)。

たとえば、エンジニアリング部門のみが会議を録画したり、マーケティング部門が大規模なグループ向けにライブ ストリーミングしたりできるように設定できます。その場合は、エンジニアリング部門のユーザーとマーケティング部門のユーザーをそれぞれの組織部門に配置します。次に、特定の組織部門に対して録画またはライブ ストリーミングの権限を有効にします。

Meet の設定を管理する

注: 通常、変更は数分で反映されますが、場合によっては最長で 24 時間ほどかかることがあります。詳しくは、Google サービスへの変更の反映ご覧ください。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [Google Workspace] 次に [Google Meet] にアクセスします。
  3. [Meet の動画設定] をクリックします。
  4. 全ユーザーに設定を適用する場合は、最上位の組織部門を選択したままにします。それ以外の場合は、子組織部門または設定グループを選択します。
  5. 以下の設定をします。
    出欠レポート

    会議の主催者は会議の出席レポートを受け取ることができます。出席情報の確認の詳細

    電話通信

    予定や招待状に、ゲストが電話で会議に参加するための電話番号を記載します。

    通話可能なその他の国 / 地域の番号を使った有料通話によるダイヤルインとダイヤルアウトを会議で許可することもできます。詳しくは、Meet グローバル ダイヤルを設定するをご覧ください。

    クライアント ログのアップロード ユーザーのウェブブラウザとモバイルアプリのログ情報を Google に送信します。ログ情報にはユーザーのメールアドレスやその他の情報が含まれます。Google ではこの情報を、組織からサポート リクエストがあった場合のトラブルシューティングに使用します。
    録画 ユーザーに会議の録画を許可します。録画は会議の主催者の Google ドライブに保存されます。詳しくは、Meet の録画機能を有効または無効にするをご覧ください。
    ストリーム ユーザーが大勢の視聴者に会議をストリーミングできるようにします。詳しくは、Meet のライブ ストリーミングを有効または無効にするをご覧ください。
    デフォルトの動画の品質

    Meet で動画の画質を自動的に選択するように設定することができます。帯域幅の使用量を抑えるため、会議で動画の帯域幅を制限するかまたは音声のみを使用するよう設定できます。

    この設定はウェブブラウザにのみ適用され、Google Meet ハードウェアと Meet モバイルアプリには影響しません。

    ユーザーは、Meet の会議で動画を有効にして動画の品質を変更することで、組織部門のデフォルト設定を各自のブラウザで無効にすることができます。ユーザーが別の会議に参加すると、会議ごとにデフォルト設定が適用されます。

    この設定は、アップリンクの動画の帯域幅にのみ適用されます。ダウンリンクの帯域幅の設定は現在ご利用いただけません。

    相互運用 サードパーティ製ビデオ会議システムのユーザーが組織の Google Meet ビデオ会議に参加できるようにすることができます。詳しくは、相互運用を設定するをご覧ください。
    背景

    動画フィードの背景を画像に置き換えることができるかどうかを制御します。設定には次のものがあります。

    • オン - ユーザーは背景を画像に置き換えることができます。
    • ユーザーによるカスタム画像の選択を許可する - ユーザーは事前に用意された画像のほか、自分で用意した画像も選択することができます。
    • オフ - ユーザーは背景を画像に置き換えることができません。

    会議の主催者の背景設定は、その会議の参加者全員に適用されます。たとえば、主催者がこの設定を無効にしている場合、参加者は自分のアカウントでこの設定が有効になっていても背景を変えることはできません。

    : この設定は、背景のぼかし設定には影響しません。

    統合

    Google ドキュメント、スプレッドシート、スライドから直接画面を共有することをユーザーに許可します。

    無効にした場合、エディタに Meet のオプションは表示されません。

    詳しくは、Google Meet で Google ドキュメント、スプレッドシート、スライドの画面を共有するをご覧ください。

  6. [保存] をクリックします。組織部門またはグループを作成してある場合は、親組織部門の設定を継承またはオーバーライドさせたり、グループの設定を解除したりできる場合があります。  通常、変更は数分で反映されますが、場合によっては最長で 24 時間ほどかかることがあります。詳しくは、Google サービスへの変更の反映ご覧ください。

会議を終了して参加者全員を退出させる

Google Workspace 管理者は、セキュリティ調査ツールの [会議を終了して全員を退出させる] 操作を使用して、組織内の一部の会議からすべてのユーザーを退出させることができます。これにより、たとえば、会議の主催者が存在しない場合や、会議の終了後に、ユーザーが管理対象外の会議に参加することを防ぐことができます。詳しくは、調査ツールを使用して会議を終了するをご覧ください。

ヒント: 管理ツールは、パソコンを使用している主催者や管理者がビデオ通話の参加者全員を退出させる機能とは異なります。詳しくは、会議を終了して全員を退出させるをご覧ください。

Meet の安全性設定を管理する

管理者はドメイン内の会議に参加できるユーザーと、ユーザーが参加できる会議を指定できます。

注: 通常、変更は数分で反映されますが、場合によっては最長で 24 時間ほどかかることがあります。詳しくは、Google サービスへの変更の反映ご覧ください。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [Google Workspace] 次に [Google Meet] にアクセスします。
  3. [Meet の安全性設定] をクリックします。
  4. 全ユーザーに設定を適用する場合は、最上位の組織部門を選択したままにします。それ以外の場合は、子組織部門を選択します。
    1. いずれかの設定を選択します。
      ドメイン

      ドメイン内の会議に参加できるユーザーを指定します。次のいずれかを選択します。

      • 組織内のユーザーまたはダイヤルイン(電話)での参加者のみ
      • Google アカウントでログインしているユーザーまたはダイヤルイン(電話)での参加者
      • すべてのユーザー(Google アカウントでログインしていないユーザーを含む)
      アクセス

      ユーザーが参加できる会議を指定します。

      • 組織内で作成された会議のみ
      • 任意の Workspace 組織によって作成された会議
      • 任意の会議(個人のアカウントを使用して作成された会議を含む)
      参加

      参加方法:

      オン(デフォルト)

      • 会議の主催者と同じドメインの参加者は、会議への参加をリクエストする際にノックする必要はありません。
      • 電話で参加する参加者は、会議への参加をリクエストする際にノックする必要がありません。
      • 参加者は会議からダイヤルアウトできます。

      オフ

      • 主催者は最初から参加している必要があります。
      主催者向けの管理機能

      デフォルトで、[主催者向けの管理機能] をオンまたはオフにした状態で会議を開始できます。

      • [主催者向けの管理機能] がオフになっている場合、会議の主催者は次の機能を使用できません。
      • 主催者向けの管理機能がオンになっている場合、主催者は会議で主催者用ボタン をクリックして次の操作を行うことができます。

      Google Workspace のすべてのエディション

      • 参加者による画面共有を禁止する
      • チャット メッセージをオンまたはオフにする
      • 会議を終了して全員を退出させる
      • 全員をミュートする(デスクトップのみ)

      Google Workspace の一部のエディション

      主催者向けの管理機能がオンになっている場合、会議の主催者は最大 25 人の共同主催者と共同管理者を会議に追加できます。詳しくは、Google Meet で共同主催者を追加するをご覧ください。
  5. [保存] をクリックします。組織部門またはグループを作成してある場合は、親組織部門の設定を継承またはオーバーライドさせたり、グループの設定を解除したりできる場合があります。  通常、変更は数分で反映されますが、場合によっては最長で 24 時間ほどかかることがあります。詳しくは、Google サービスへの変更の反映ご覧ください。

カレンダーの予定に登録されている Meet のリンクを管理する

ビデオ通話を作成できるユーザーが Google カレンダーで予定を設定すると、その予定にはビデオ会議リンクが自動的に追加されます。管理者はカレンダー上に作成される予定にビデオ会議リンクが自動的に追加されないよう設定できます。また、ユーザーが自分のアカウントのビデオ会議設定を変更することも可能です。

関連トピック

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73010
false