従来の無償版 G Suite からのアップグレード

プレミアムなコラボレーション ツール、大容量ストレージ、高度なセキュリティ機能をご利用いただけます

従来の無償版 G Suite をご利用の場合は、有料の Google Workspace サブスクリプションに自動的にアップグレードされます。個人でアカウントをご利用の場合は、移行を無効にできます。

Google Workspace の移行

従来の無償版 G Suite をビジネス目的でご利用の場合は、2022 年 6 月 27 日以降、アカウントが Google Workspace サブスクリプションに自動的にアップグレードされます。2022 年 8 月 1 日まで、新しいセキュリティ機能とコラボレーション機能を無料でご利用いただけます。

アップグレードを完了してサブスクリプションが一時停止されないようにするには、2022 年 8 月 1 日より前に Google Workspace のお支払い情報を設定 していただく必要があります。

従来の無償版 G Suite を個人で使用している場合はどうすればよいですか?

お客様個人またはご家族でアカウントを非営利目的で利用されていた場合は、以下のリンクから個人用アカウント ユーザーとしてご登録いただき、料金のかからないサブスクリプションに戻すことができます。その後も引き続きカスタム ドメインを Gmail で使用可能なうえ、Google ドライブや Google Meet などの料金のかからない Google サービスもご利用いただけます。データとご購入いただいたサービスも保持されます。

管理者アカウントにログイン(末尾が gmail.com ではないアカウント)して、個人用アカウント ユーザーとして登録します。

従来の無償版 G Suite は、個人的な非営利目的でのご利用に限られます。従来の無償版 G Suite をビジネス目的でご利用の場合、お客様のアカウントは Google Workspace に移行されます。従来の無償版 G Suite にはサポート サービスが含まれないほか、将来的に一部のビジネス機能をご利用いただけなくなる可能性があります。

Google Workspace へのアップグレード

管理コンソールでアップグレードすると、すぐに有料の Google Workspace サブスクリプションに切り替わります。Business エディションとフレキシブル プランを選択した場合、少なくとも 2022 年 8 月 1 日まで課金は発生しません。

お客様に最適なサブスクリプションがわからない場合は、Google Workspace サブスクリプションの選択をご覧ください。

Google Workspace の有料サブスクリプションにアップグレードする

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[お支払い] 次に [その他のサービスを利用する] にアクセスします。
  3. 目的のサブスクリプションの [切り替える] をクリックします。
  4. この変更がもたらす影響を確認 次に [開始] をクリックします。
  5. お支払いプランを選択します。
    • フレキシブル プラン - 長期的な利用契約を結ばず、ユーザー数に応じた利用料金を月ごとに支払うプランです。必要に応じてユーザーの追加と削除を行えます。
      注: このプランと Google Workspace Business エディションを選択した場合、少なくとも 2022 年 8 月 1 日まで課金は発生しません。課金の猶予期間は Enterprise エディションには適用されません。
    • 年間プラン(月払い) - 1 年間の利用契約を結び、事前契約したユーザー数に応じた利用料金を月割りで支払うプランです。必要に応じてユーザーを追加できます。[必要なユーザー数] の欄で数を指定することができます。このプランを選択すると、すぐに課金が開始されます。
  6. [ご購入手続き] をクリックします。
  7. お支払い情報を入力 次に [注文] をクリックします。

従来の無償版 G Suite の移行に関する質問

従来の無償版 G Suite からの移行に関するよくある質問をいくつかご紹介します。

すべて開く  |  すべて閉じる

全般

移行によって 従来の無償版 G Suite サブスクリプションにはどのような影響がありますか?

企業の場合は、2022 年 6 月 27 日以降、自動的に推奨の Google Workspace サブスクリプションにアップグレードされます。お使いのデータやサービスは、アップグレード後も引き続きご利用いただけます。

2022 年 8 月 1 日まで、新しいセキュリティ機能とコラボレーション機能を無料でご利用いただけます。アップグレードを完了してサブスクリプションが一時停止されないようにするには、2022 年 8 月 1 日より前に Google Workspace のお支払い情報を設定してください。

移行を円滑に進められるように、2022 年 8 月 1 日以降の最初の 12 か月間、地域別に Google Workspace Business エディションの大幅割引(50% 以上)を提供いたします。

アカウントをお客様個人またはご家族で非営利目的でご利用中の場合は、上記をクリックすると無料のサブスクリプションに戻すことができます(特権管理者アカウントが必要です)。

Google Workspace の料金が請求されるかどうかを確認するにはどうすればよいですか?

2022 年 8 月 1 日に請求が開始される前に、Google Workspace への移行が完了したことを示すバナーが管理コンソールに表示されます。

お支払い情報の設定が必要なのはなぜですか?

Google Workspace を引き続きご利用になる場合は、Google Workspace のお支払い情報を設定していただく必要があります。設定されなかった場合、サブスクリプションは停止され、60 日後に解約されます。停止中のアカウントについて詳しくは、下記をご覧ください。

無料のサブスクリプションに戻す場合、お支払い情報を設定する必要はありません。上記をクリックすると自動アシスタントにアクセスできます(特権管理者アカウントが必要です)。

アカウントが停止されると、どうなりますか?

停止から 60 日間は引き続き管理コンソールにアクセスし、お支払い情報を設定して停止の解除を行ったり、データのエクスポートを行ったりすることができます。ただし、Google Workspace のコアサービスとデータ(Gmail、カレンダー、ドライブ、Meet など)にはアクセスできなくなります。その他の Google サービスは引き続きご利用になれます。

停止中のアカウントを復元するには、管理者が 2022 年 10 月 1 日より前に Google Workspace のお支払い情報を設定する必要があります。また、管理者が上記をクリックして無料のサブスクリプションに戻すこともできます(特権管理者アカウントが必要です)。管理者に依頼できない場合は、下記で詳細をご確認ください。

停止から 60 日が経過すると、サブスクリプションが解約されます。サブスクリプションが解約されると、管理コンソールにアクセスできなくなります。アカウントを復元するには、こちらのアカウント復元フォームにご記入ください。

その他

管理者が対応できない場合、任意のユーザーが管理者になることはできますか?

はい。こちらのフォームに記入することで、ユーザーはアカウントの管理者になることをリクエストできます。そのようなユーザーは、ドメインホスト(通常はドメイン名を購入した場所)に TXT レコードまたは CNAME レコードを追加して、ドメインの所有権を証明する必要があります。ご利用のドメインホストがわからない場合は、ドメインホストの特定をご覧ください。

登録ドメインの所有権が確認され、既存の管理者から異論がない場合、そのユーザーは特権管理者ロールに昇格されます。

管理者とは誰のことですか?管理者とは、無償版 G Suite のアカウントをお申し込みいただいた方のことです。

自分のデータを Google 以外の場所に移行することはできますか?

ご自身のデータを移行したい場合は、管理者に依頼して、組織のデータを書き出し従来のサブスクリプションをキャンセルすることができます。その他の Google サービスのデータを取得したい場合は、Google データ エクスポート(takeout.google.com)を使用して、Google Workspace などの Google サービスのデータを書き出すことができます。管理者は Google データ エクスポートを有効にする必要があります。

Google Workspace に移行すると、追加で購入したドライブ ストレージはどうなりますか?

以前に購入した保存容量やプロモーション用ストレージは失われず、アップグレードしてもデータへの影響はありません。新しい保存容量の上限は、どの Google Workspace エディションにアップグレードするかによって異なります。

  • Business Starter - アップグレードの一環として、ユーザーあたり 30 GB のストレージが自動的に付与されます。個別に購入したストレージ サブスクリプションはストレージを購入したユーザーに自動的に適用され、データへの影響もありません。ただし、ストレージは利用できるものの、購入した保存容量が photos.google.com や drive.google.com に正確に反映されないことがあります。
  • Business Standard - ストレージ プールにユーザーあたり 2 TB が自動的に追加されます。
  • Business Plus - ストレージ プールにユーザーあたり 5 TB が自動的に追加されます。

Business Standard と Business Plus の保存容量の上限は、プロモーションや購入したどの保存容量よりも大きいため、追加の保存容量は必要ありません。追加購入したストレージは pay.google.com/gp/w/home/subscriptionsandservices で解約できます。

Google Workspace に移行すると、Google Voice アカウントはどうなりますか?

Google Voice をご利用の場合、Google Workspace に移行しても、既存の Voice データが失われることはありません。既存の設定とリンク済みの電話番号もそのまま維持されます。Google Workspace に移行した後、ユーザーが新しい Voice アカウントを登録する前に、管理者が組織の Google Workspace で Voice を設定する必要があります。詳しくは、組織で Voice を設定する方法をご確認ください。

アップグレード後に Discover フィードをなくしてしまいました。元に戻すにはどうすればよいですか?

Google Workspace への更新後に Discover フィードの取得を停止した場合は、管理者が、ユーザーに対して検索とアシスタントを有効または無効にするに記載された手順に沿って操作する必要があります。

ご利用のモバイル デバイスが組織で管理されている場合、管理者は次の操作も行う必要があります。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[デバイス] にアクセスします。
  3. 左側で、[モバイルとエンドポイント] 次に [設定] 次に [一般設定] をクリックします。
  4. [データアクセス] 次に [Google アシスタント] をクリックします。
  5. [Google アシスタントの使用を許可します(iOS 版と Android 版)] チェックボックスをオンにします。
現在の危機の影響を受けているウクライナ在住のユーザーがいる場合はどうなりますか?
ユーザーがウクライナにお住まいの場合、現時点で Google Workspace への移行に対応できる状況でない可能性があることは承知しています。そのため、ウクライナ在住のお客様につきましては、当面の間、移行期限を延期いたします。移行の進行状況は管理コンソールでお知らせいたします。
サポートが必要な場合はどうすればよいですか?

ご不明な点がある場合は、以下までお問い合わせください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73010
false