検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

Google Apps を使い始める際の基本事項

Google Apps は、会社や学校に新しい形のオンライン体験を提供するクラウドベースのサービス パッケージです。メールやチャットのほかに、ビデオ会議、ソーシャル メディア、ドキュメントのリアルタイム共同編集なども利用できます。Google のサービスで使いたいドメイン名を指定して Google Apps アカウントをお申し込みください。ドメインの所有権を Google で確認した後、Gmail、カレンダー、ドライブなどの主要な Google Apps サービスのほかに、Google+、ハングアウト、Blogger などの追加サービスも利用できるようになります。

Google Apps の管理に関する 10 のヒント

Google Apps アカウントの管理者は、クラウドから新たな形でユーザー サービスを管理することになります。これは、アカウントにユーザーを追加したり、ユーザーのメールを有効にしたり、ユーザーがサービスを使用できるようにしたりするのと同じぐらいシンプルです。Google Apps には、ユーザーのデータやセキュリティを詳細に管理できる機能が備わっていますので、管理機能を有効活用することをおすすめします。組織の Google Apps を管理するための主なポイントをご紹介します。

1. ユーザーの追加やサービスの管理は Google 管理コンソールで行う
組織のユーザーが Google Apps を利用するには、まずユーザーをアカウントに追加する必要があります。ユーザーの追加は Google 管理コンソールから行います。管理コンソールはあらゆるパソコンやモバイル端末から操作できます。ウェブブラウザから admin.google.com にアクセスし、管理者名とパスワードを入力すればログインできます。管理コンソールでは、ユーザーのサービスやパスワードなど、アカウントのさまざまな項目を管理することもできます。

2. プライバシーとセキュリティをさらに強化する
Google Apps には、Google のシステムに保存されているお客様のデータを安全に保つためのセキュリティ機能が多数組み込まれています。組み込みのセキュリティ機能に加えて、Google のセキュリティに関するベスト プラクティスを実践し、パスワードのセキュリティを強化する 2 段階認証プロセスや、メールの不正使用に対抗するためのなりすまし対策機能を利用して、セキュリティをさらに強化することをおすすめします。

3. 機能やサービスへのユーザー アクセスを制御する
導入当初は、ほとんどのサービスがすべてのユーザーに対して有効になっています。管理コンソールを使って、不要なサービスをオフにしたり、サービスを最適化したりすることができます。すべてのユーザーに同じ設定を適用することも、ユーザーごとにポリシーを適用することもできます。たとえば、サポート チームだけにハングアウトを有効にしたり、マーケティング部門だけに Google サイトの一般公開を許可したりすることができます。

4. ビジネス メールを Gmail に切り替える
Google Apps アカウントにユーザーを追加すると、指定したドメインのメールアドレスがアカウントの作成時に割り当てられます。このアドレスを Google Apps の Gmail サービスで使うことができます。このアドレスを以前のメールシステムで現在利用している場合は、切り替えの時期を管理者が決めます。管理者がドメインの MX レコードを変更してメール配信先を Google のサーバーに設定しない限り、メールは Gmail アカウントには配信されず、既存のメール プログラムへの配信が停止することもありません。Gmail の開始方法をご覧ください。

5. Google の導入リソースやトレーニング リソースを活用する
導入をスムーズに進めるために、Google Apps のユーザーへの導入に役立つリソースを多数用意しています。Google Apps ラーニング センターの案内をユーザーにお知らせして、クイックスタート ガイド、動画、ビジネス ユーザー向け活用法を参照してもらいましょう。導入サイトには、導入計画、技術ガイド、独自のラーニング センター構築に使えるテンプレート集も用意しています。

6. IT スタッフに管理者権限を与える
組織の規模にかかわらず、ユーザー管理の役割やサービス管理の役割を、信頼できる一部のユーザーで分担することをおすすめします。役割を分担するには、対象ユーザーに管理者権限を付与します。管理者が Google Apps アカウントにログインすると、管理コンソールが表示されます。管理者ではないユーザーの場合は、ログインしても管理コンソールは表示されず、管理されたサービスの一覧が表示されます。

7. ユーザーへの機能リリースを管理する
Google Apps は完全にウェブベースであるため、新機能やアップデートは自動的に反映されます。ソフトウェアのインストールや更新は不要です。今後のリリース情報は、リリース カレンダーやブログで簡単に確認できます。また、Google Apps リリース プロセスを設定して、新機能をユーザーに提供する時期を指定することもできます。

8. モバイル端末をリモートで一括管理する
管理コンソールを使ってユーザーのモバイル端末を管理できます。 すべてのモバイル端末にセキュリティ ポリシーを適用することも、紛失した端末や盗難にあった端末をリモートワイプすることもできます。

9. 使用の状況や傾向を追跡する
管理コンソールで使用状況のグラフやレポートを表示して、組織でのサービスごとの使用状況を確認できます。チームにおける共同編集の利用度の分析や、望ましくないセキュリティ パターンの識別など、さまざまな傾向を追跡できます。

10. ドメインを無料で追加する
組織でドメインを複数所有している場合や、新たにドメインを取得した場合も、追加料金なしですべてのドメインをアカウントに追加できます。ユーザーの ID は 1 つのドメインで利用することも複数ドメインで利用することもでき、複数ドメインの場合も統一された 1 つの組織の一部としてサービスを共有できます。

この記事は役に立ちましたか?
アカウントにログインする

ご利用の Apps for Work アカウントのメールアドレスでログインいただくと、アカウント専用のヘルプをご覧いただくことができ、Apps for Work を使い始める方法について知ることができます。