小規模企業向けクイック スタートガイド

対象: ユーザー数 2~9 人の企業

Google Workspace にお申し込みいただいた後、チームの管理、メールの移行、おすすめの機能の設定、サービスの利用開始の各方法をご確認ください。


始める前に:まだ Google Workspace をご利用でない場合: 無料試用をお申し込みください。

1

管理コンソールにアクセスする


個人事業でのログインGoogle 管理コンソールは、組織内のユーザーが使う Google サービスを管理するためのツールです。

2

ビジネス用メールをセットアップする


個人事業でのドメインの所有権の確認登録時に Gmail を有効にしなかった場合は、この時点で(または後からいつでも)有効にすることができます。メールが Google のメールサーバーを経由するように、ドメインの MX レコードを変更する必要があります。また、ドメインの設定に SPF レコードを追加することをおすすめします。

MX レコードや SPF レコードについて詳しくなくても問題ありません。手順は以下のとおりです。

3

チームのデータを Google Workspace に移行する


個人事業でのデータ移行ユーザーのメール、連絡先、カレンダーを Google Workspace アカウントに読み込みます。

4

チームを作成して管理する


チームメンバー アカウントを設定し、ID を管理します。

設定

詳細

5

組織のアカウントを設定する


個人事業でのアカウントの管理ロゴを追加し、請求とお支払いを管理します。セキュリティとコンプライアンスに対応できるようおすすめの方法に沿って設定を行います。

設定

地域固有

6

会議やメールを管理する


小規模ビジネスでの会議やメールの管理チームとの連絡やクライアントとの会議で Gmail、Google コンタクト、Google Meet を活用しましょう。

設定

詳細

7

クラウド ストレージとオンライン ドキュメントを使用する


個人事業でのクラウド ストレージ高度な機能を備えたドキュメント、スプレッドシート、プレゼンテーションの各アプリをブラウザで使用しましょう。

設定

詳細

8

モバイル デバイスを設定、管理する


個人事業でのモバイルの利用管理対象のモバイル デバイスを使って外出中でも Google Workspace を使用できるようにします。

9

ビジネスの成長を図る


個人事業でのビジネスの成長促進初期設定が完了したら、組織のオンラインでのプレゼンスを確立し、高まるビジネスニーズに合わせてさまざまな機能を活用しましょう。

ウェブでのプレゼンスを確立する

さらに充実した機能を使用する

10

ユーザーのトレーニングを行う


個人事業向けトレーニングユーザーが Google Workspace を使いこなして仕事を効率化できるように、トレーニング ガイド、ヒント、お客様事例などのリソースを活用してください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73010
false