管理者向けのドライブに関するよくある質問

ここでは、組織やチームでの Google ドライブの管理についてよくお寄せいただく質問をご紹介します。

ドライブの機能の概要もご確認ください。

概要

Google ドライブは Google ドキュメント、スプレッドシート、スライドとは違うのですか?

はい。ドライブがあらゆるファイルを保管してそれぞれのファイルにアクセスできる場所であるのに対し、ドキュメント、スプレッドシート、スライドは、フォームや図形描画と同じウェブベースのドキュメントです。Google のウェブベースのエディタ スイートは、Google ドキュメント エディタと呼ばれます。

同様に、Google マイマップもドライブで作成、共有できるウェブベースのドキュメントです。ドキュメント エディタと同じく、マイマップはドライブの有無にかかわらず利用できます。

ドライブに保存されているファイルは安全ですか?

ドライブ内のデータは常にクラウドにバックアップまたは保存されているため、使用しているデバイスに問題が発生してもファイルの安全を保つことができます。また、Google Workspace と同じビジネス仕様のデータ保護機能とセキュリティ機能を備えています。詳しくは、Google Workspace のセキュリティとプライバシーに関する記事をご覧ください。

ドライブ内のファイルへのアクセス

パソコン版ドライブを使用した場合、ドキュメント、スプレッドシート、スライド、フォーム、マイマップはローカルのパソコンに保存されますか?

いいえ。そうしたファイルはパソコン上にファイルとして保存されているように見えますが、実際にはウェブ ドキュメントを指し示すポインタでしかありません。そのような「ポインタ ファイル」には Google の拡張子(.gdoc、.gsheet、.gslides など)が付いています。パソコン上でそれらのファイルを開くと、ブラウザでファイルが開いて通常どおりオンラインで編集することができます。

ドライブ ファイルはオフラインで利用できますか?

クラウドベースのドキュメント、スプレッドシート、スライド、フォームについては、ドキュメント エディタへのオフライン アクセスを有効にすることができます。マイマップはオフラインでは利用できません。

バックアップと同期を使用すると、ローカル ファイルを常にオフラインで利用できるようになります。Google ドライブ フォルダ内にある PDF、Word、Excel ファイルなど、Google ドキュメント エディタで作成されたものではないファイルをオフラインで利用できます。

パソコン版 Google ドライブを使用すると、指定したドライブ ファイルをオフラインで利用することが可能です。

パソコン版ドライブのキャッシュはどこにありますか?

パソコン版ドライブのキャッシュをウイルス対策ソフトウェアやバックアップ ソフトウェアの拒否リストに登録する必要がある場合は、次のディレクトリを除外します。

  • Windows: %LOCALAPPDATA%\Google\DriveFS
  • Mac: ~/Library/Application Support/Google/DriveFS

任意でキャッシュの場所を変更することもできます。

警告: 一般的な問題の解決のために パソコン版 Google ドライブ のキャッシュを削除する際はご注意ください。ファイルはアップロードの前にここに移動されます。アップロードが完了する前にキャッシュを削除すると、そのファイルが失われます。
Google アカウントにアクセスできなくなった場合、ドライブのファイルはどうなりますか?

バックアップと同期を使用していれば、この場合もローカル ファイル(ドキュメント エディタやマイマップ以外で作成されたファイル)は通常どおりパソコン上に存在します。ただし、パソコンでドライブを認証できないため、これらのローカル ファイルに対する変更は同期されません。ドキュメント、スプレッドシート、スライド、フォームはクラウドに保存されているため、ファイルにアクセスするにはユーザー名とパスワードが必要です。

パソコン版ドライブを使用してドライブ ファイルにアクセスするには、有効な Google アカウントが必ず必要になります。

ドライブを無効にしても、ドキュメント、スプレッドシート、スライドは使用し続けられますか?

いいえ。ドライブを無効にすると、あらゆるドライブ コンポーネント(ウェブ版ドライブ、ドライブのモバイルアプリ、ドライブの同期アプリケーション)だけでなくドキュメント エディタも使用できなくなります。

ドライブ内のファイルのどの部分を検索できますか?

こちらの演算子を使用できるほか、ファイル コンテンツの全検索も可能です。

Google ドライブ内のフォルダに関する制限事項

1 つのフォルダの直下にいくつのアイテムを保存できますか?

共有ドライブに含まれていないドライブ内のフォルダには、1 フォルダにつき最多で 500,000 個のアイテムを保存することができます。この上限は、[マイドライブ] のルートフォルダには適用されません。

この制限の対象となるアイテムは次のとおりです。

  • フォルダ
  • ファイル
    • ドライブに保存可能なすべてのファイルが、この上限のカウント対象となります。
    • ファイルのオーナー権限は関係ありません。
  • ショートカット
    • ショートカットは、参照先のアイテムがそのフォルダ内にない場合でも、フォルダ内の 1 つのアイテムとしてカウントされます。

例 1

この例では、アイテムのカウント方法が示されています。この場合、「フォルダ A」は 4 個のアイテム、「フォルダ B」は 2 個のアイテムとカウントされます。

  • マイドライブ(ルート)
    • フォルダ A(このフォルダの直下に保存されているアイテムは、ドキュメント 1、ドキュメント 2、ドキュメント 3、フォルダ B の 4 個)
      • ドキュメント 1
      • ドキュメント 2
      • ドキュメント 3
      • フォルダ B(このフォルダの直下に保存されているアイテムは、ドキュメント 4、ドキュメント 5 の 2 個)
        • ドキュメント 4
        • ドキュメント 5

例 2

この例では、フォルダの直下に保存されたアイテムは 500,000 個の上限にカウントされるものの、子フォルダ内に保存されたアイテムは親フォルダの 500,000 個の上限にカウントされないことが示されています。

  • マイドライブ(ルート)
    • フォルダ C(300,000 個のアイテムが直下に保存されている)
      • フォルダ D(400,000 個のアイテムが直下に保存されている)
      • フォルダ E(200,000 個のアイテムが直下に保存されている)

この例で保存が可能となっているのは、1 つのフォルダに含まれるアイテム数が 500,000 個未満だからです。また、この例では、フォルダ Dフォルダ E がそれぞれ 1 アイテムとしてフォルダ C の上限にカウントされている点にもご注意ください。

ファイルの同期

Google ドライブではどのようにファイルが同期されますか?

パソコン版 Google ドライブまたはバックアップと同期のどちらを使用するかに応じて異なります。両アプリケーションの違いについては、同期ソリューションを選択するをご覧ください。

同期されたファイルはパソコンから削除されてオンラインにのみ保存されるのですか?

パソコン版ドライブを使用すると、ドライブ内のファイルがクラウドに移動されてディスク容量が解放されます。ネットワーク帯域幅を消費してパソコンからクラウドにすべてのファイルを常に同期する必要もありません。必要に応じてドライブ内のファイルをストリーミングしたり、オフライン アクセスを可能にしたりすることができます。

バックアップと同期を使用すると、ローカル ファイルはパソコン上のドライブ フォルダに残り、同期されたコピーがオンラインで保存されます。ローカル ファイルを削除してクラウド内で安全に保管するように、バックアップと同期を設定することもできます。

ファイルを同期すると、インターネットの帯域幅が多く使用されますか?

パソコン版ドライブを使用すれば、ファイルがクラウドに保存され、オンラインの版と同期する必要がなくなるため、ネットワーク帯域幅を節約できます。オフライン アクセス用にキャッシュされたファイルは、オンラインになったときに再びクラウドに同期されます。

バックアップと同期を使用している場合、デフォルトでは帯域幅が調整されませんが、帯域幅の設定を制限できます。また、インターネット接続の帯域幅をドライブが過度に使用している場合、いつでも同期を一時停止できます。

帯域幅を制限する方法については、Google ドライブでファイルをバックアップして同期するをご覧ください。

組織内でどちらの同期アプリケーションを使用するかを指定できますか?

はい。管理者はパソコン版ドライブ、バックアップと同期、もしくはその両方を有効または無効にできます。詳しくは、組織で同期を有効にするをご覧ください。

パソコン版ドライブとバックアップと同期を同時に使用できますか?

両方のアプリケーションが組織で有効になっている場合は可能です。詳しくは、両方のアプリケーションの使用を許可する場合についての記事をご覧ください。

バックアップと同期はどのファイル システムに対応していますか?

バックアップと同期では、APFS、HFS+、FAT(OS X の場合)、ReFS、NTFS、FAT(Windows の場合)をサポートします。現在のところ、ネットワーク ボリューム(SMB、NFS など)には対応していません。

パソコン版ドライブでファイルを削除するとどうなりますか?

パソコン版ドライブから削除されたファイルは、30 日後にシステムのゴミ箱から削除されます。

パソコン版ドライブはどのファイル システムに対応していますか?

パソコン版ドライブのコンテンツ キャッシュは、接続されている APFS、HFS+、NTFS ファイル システムに対応しています。現在のところ、パソコン版ドライブはネットワーク ボリューム(SMB、NFS など)には対応していません。

パソコン版ドライブによって仮想ドライブが作成され、FAT ファイル システムとして表示されます。

注: FAT のファイルサイズには制限があります。たとえば、FAT32 ドライブのファイルの最大サイズは 4 GB(-2 バイト)です。

パソコン版ドライブのキャッシュにはどのような制限がありますか?
  • キャッシュ フォルダが配置されているパーティションの空き容量より大きいフォルダは、アップロードできません。
  • パソコン版ドライブには、キャッシュが配置されているローカル ドライブの空き容量に応じてドライブの割り当て量が表示されます(容量無制限のアカウントにも表示されます)。
Google ドライブに大量のデータをアップロードする必要がある場合は、バックアップと同期またはパソコン版ドライブのどちらを使用するのがよいですか?

バックアップと同期のご利用をおすすめします。パソコン版ドライブの場合、キャッシュと FAT の制限によりエラーが発生する可能性があるためです。いずれの場合も、クラウドにアップロードできなかったファイルは復元できないため、元のファイルのコピーを残しておいてください(切り取って貼り付けるのではなく、コピーして貼り付けます)。

Google ドキュメントやスプレッドシートのファイルを共有ドライブに直接アップロードしたり、他のバックアップ クライアントと同期したりできないのはなぜですか?
パソコン版ドライブとバックアップと同期を使用する場合は、ローカル パソコンに .gdoc ファイルと .gsheet ファイルが作成されます。こうしたファイルは Google のクラウドでホストされている特定のファイルを指すショートカット ファイルであるため、Dropbox や OneDrive などのクライアントではバックアップできず、他の同期ツールでアップロードまたはコピーすることもできません。

また、パソコンの .gdoc ファイルまたは .gsheet ファイルをブラウザ内の共有ドライブにドラッグしようとすると、「[ファイル名].gdoc のコピーは作成できません」というエラー メッセージが表示されます。共有ドライブにファイルを追加するには、ショートカット ファイルをドラッグするのではなく、ウェブブラウザを使用してファイルを追加、編集する手順を実施してください。

ストレージ

ドライブ ストレージとファイルサイズの上限はどれくらいですか?

ドライブ ストレージは、Google ドライブ、Gmail、Google フォトで共用されています。各ユーザーが無料で利用できるストレージの容量は、アカウントの種類によって異なります。

  • Frontline
ユーザーあたり 2 GB
  • G Suite Basic

ユーザーあたり 30 GB

  • Business Starter

ユーザーあたり 30 GB

  • Business Standard

プールされたストレージにユーザーあたり 2 TB 追加

  • Business Plus

プールされたストレージにユーザーあたり 5 TB 追加

  • Enterprise エディション

必要に応じて拡張可能

サポートが必要な場合は、Google 営業担当者にお問い合わせください。

  • Essentials

プールされたストレージにユーザーあたり 100 GB 追加
(最大 2 TB まで)

  • G Suite Business

容量無制限のストレージ
(ユーザー数が 4 人以下の場合は 1 TB)

  • Education Fundamentals
  • Education Standard*
  • Teaching and Learning Upgrade*
  • Education Plus

プールされたクラウド ストレージ 100 TB

追加の保存容量:

  • Teaching and Learning Upgrade - ユーザーあたり 100 GB
  • Education Plus - ユーザーあたり 20 GB
  • 個人アカウント
  • 従来の G Suite(無償版)

15 GB

* 2021 年 4 月からご利用いただけます

必要に応じて追加の保存容量を購入できます。

マイマップで作成したコンテンツは、組織の保存容量割り当てにはカウントされません。

共有ドライブにはどのように制限が適用されますか?

共有ドライブのコンテンツは、組織の保存容量割り当てにカウントされます。

個々のユーザーがマイドライブおよびすべての共有ドライブにアップロードできるのは、1 日あたり 750 GB までです。合計アップロード サイズが 750 GB に達した場合、または 750 GB を超えるサイズのファイルをアップロードした場合は、同じ日にそれ以上ファイルをアップロードできなくなります。進行中のアップロードは最後まで行われます。アップロードまたは同期できる個々のファイルの最大サイズは 5 TB です。

ストレージ プールはどのように利用できますか?
ストレージ プールは、すべてのユーザー アカウントのあらゆるもの(Google ドライブ、Gmail、Google フォト間で共有されるファイルを含む)を対象とした共有ストレージです。詳しくは、Google Workspace のストレージの仕組みをご覧ください。
組織がどれだけのストレージを使用しているかはどうすればわかりますか?

2022 年 2 月 1 日以降、Google ドキュメント、スプレッドシート、スライド、フォーム、図形描画、Jamboard で新規に作成されたファイルと更新されたファイルは、組織の保存容量割り当てにカウントされるようになります。

組織全体のストレージの使用状況を表示する

重要: 2022 年 2 月 1 日になるまで、Google ドキュメント、スプレッドシート、スライド、フォーム、図面、Jamboard のファイルは合計使用容量に含まれません。これらのファイルは通常、1 ユーザーごとに 1 か月あたり 100 MB の保存容量を使用します。

  1. 組織のアプリレポートを表示するという記事に移動します。
  2. アカウント レポート 次に [合計使用容量] に移動する手順で操作します。

1 人のユーザーのストレージの使用状況を表示する

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[ユーザー] にアクセスします。
  3. ユーザーをクリックしてアカウント ページを開きます。
    ページの上部に、ユーザーが使用しているメール ストレージとドライブ ストレージの割合が表示されます。

ユーザーは使用可能なストレージの量を確認できますか?

はい。ユーザーは drive.google.com/settings/storage に移動して、使用可能な空き容量を確認できます。

Google ドキュメント エディタのファイルはどのくらいのストレージを使用しますか?

2022 年 2 月 1 日以降、Google ドキュメント、スプレッドシート、スライド、フォーム、図形描画、Jamboard で新規に作成されたファイルと更新されたファイルは、組織の保存容量割り当てにカウントされるようになります。

ほとんどのファイル形式と同様に、コンテンツを追加するとファイルのサイズが大きくなります。大きな画像や埋め込み動画は、ファイルのサイズを大幅に増加させる可能性があります。

一般に、Google ドキュメント、スプレッドシート、スライドのファイルのサイズは、対応する Microsoft Office 形式に書き出したファイルのサイズと同等になります。Google Workspace ユーザーは、平均して 1 か月あたり 100 MB 未満の Google ドキュメント、スプレッドシート、スライド、フォーム、図形描画、Jamboard のコンテンツを作成します。

ユーザーが自分のストレージを管理するにはどうすればよいですか? Google ドライブ ストレージと Google Cloud Storage の違いは何ですか?

ドライブ ストレージはユーザー向けで、Cloud Storage はデベロッパー向けです。

ファイルに複数の版がある場合、すべてが保存容量の上限にカウントされますか?

オンラインではファイルの複数の版を利用できますが、パソコンでは最新版のみ利用できます。オンラインの版は、保存容量にはカウントされません。ただし、古い版を保持することを明示的に選択した場合はカウントされます。

1 つのファイルがウェブ上の複数のドライブ フォルダにある場合、そのファイルは保存容量割り当てに複数回カウントされますか?

いいえ。保存容量割り当てにカウントされるのは 1 回のみです。

他のユーザーが自分と共有しているファイルは保存容量割り当てにカウントされますか?

いいえ。ドライブで共有されたファイルは保存容量の上限にカウントされません。ファイルを [マイドライブ] に移動した場合も同様です。詳しくは、Google ドライブ ストレージ内のファイルを管理するをご覧ください。

パソコンの空き容量よりもオンラインの保存容量の方が大きい場合はどうなりますか?

パソコン版 Google ドライブを使用している場合は問題ありません。オフライン アクセスを許可していない限り、ファイルはオンラインでのみ保存されます。

バックアップと同期を使用していて、パソコンに十分な空き容量がない場合は、ドライブ内の一部のフォルダのみが同期されるように選択できます。詳しくは、Google ドライブでファイルをバックアップして同期するをご覧ください。

保存容量割り当てを超えた場合やストレージ ライセンスが削除された場合はどうなりますか?

ドライブ内にある既存のファイルにはアクセスできますが、使用容量を割り当て以下にするか保存容量割り当てを増やさない限り、ファイルを追加することはできません。

2022 年 2 月 1 日以降、Google ドキュメント、スプレッドシート、スライド、図形描画、フォーム、Jamboard で新規に作成されたファイルと更新されたファイルは、ドライブ ストレージにカウントされるようになります。これらのサービスですでに作成されていたファイルは、2022 年 2 月 1 日以降に編集されない限り、保存容量を消費しません。保存容量割り当てを超えた場合、同サービスで新しいファイルを作成することはできなくなります。また、保存容量の使用量を減らさない限り、既存のファイルを編集およびコピーすることは管理者を含め誰もできなくなります。詳細

追加の保存容量が必要な組織は、Workspace のエディションをアップグレードする必要があります。

お客様が利用できる保存容量には Google の利用規約に記載された上限が適用され、この上限を超えた場合、Google はお客様によるドライブへのアップロードを無効にする権限を有します。

 

次のステップ: チームのドライブを設定する

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。