検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

ドライブに関する管理者向けのよくある質問

G Suite をチームで利用する場合の Google ドライブの管理について、よく寄せられる質問をご紹介します。

ドライブの機能の概要もご確認ください。

概要

Google ドライブは Google ドキュメント、スプレッドシート、スライドとは違うのですか?

違います。ドライブがあらゆるファイルを保管してそれぞれのファイルにアクセスできる場所であるのに対し、ドキュメント、スプレッドシート、スライドは、フォームや図形描画と同じウェブベースのドキュメントです。Google のウェブベースのエディタ スイートは、Google ドキュメント エディタと呼ばれます。

同様に、Google マイマップもドライブで作成、共有できるウェブベースのドキュメントです。ドキュメント エディタと同じく、マイマップはドライブの有無にかかわらず利用できます。

ドライブに保存されているファイルは安全ですか?

ドライブでは常にデータがクラウドにバックアップまたは保存されるため、端末で問題が発生してもファイルの安全が確保されます。また、G Suite と同等の企業向けデータ保護とセキュリティを備えています。詳しくは、G Suite のセキュリティとプライバシーについてのページをご覧ください。

ドライブ ファイルへのアクセス

ドキュメント、スプレッドシート、スライド、フォーム、マイマップはパソコンに保存されますか?

いいえ。マイドライブ内のドキュメント、スプレッドシート、スライド、フォーム、マイマップはパソコン上でファイルとして表示されますが、これらはウェブ ドキュメントへの単なるポインタです。これらの小さな「ポインタ ファイル」には Google の拡張子(.gdoc、.gsheet、.gslides など)が付いています。保存容量割り当てにはカウントされません。パソコン上のこれらのファイルを開くと、通常どおりブラウザでファイルが開いてオンラインで編集できます。

ドライブ ファイルはオフラインで利用できますか?

クラウドベースのドキュメント、スプレッドシート、スライド、フォームについては、ドキュメント エディタへのオフライン アクセスを有効にすることができます。マイマップはオフラインでは利用できません。

バックアップと同期(旧バージョンは Mac / Windows 版ドライブ)を使用すると、ローカル ファイルを常にオフラインで利用できるようになります。たとえば、Google ドライブ フォルダ内にある PDF、Word 文書、Excel スプレッドシートなど、ドキュメント エディタ以外で作成されたファイルをオフラインで利用できます。

ドライブ ファイル ストリームを使用すると、指定したドライブ ファイルをオフラインで利用することが可能です。

ドライブ ファイル ストリームのキャッシュはどこにありますか?

ドライブ ファイル ストリームのキャッシュをウィルス対策ソフトウェアやバックアップ ソフトウェアのブラックリストに登録する必要がある場合は、次のディレクトリを除外します。

  • Windows の場合: %USERPROFILE%\AppData\Local\Google\DriveFS
  • Mac の場合: ~/Library/Application Support/Google/DriveFS
Google アカウントにアクセスできなくなった場合、ドライブのファイルはどうなりますか?

バックアップと同期を使用していれば、この場合もローカル ファイル(ドキュメント エディタやマイマップ以外で作成されたファイル)は通常どおりパソコン上に存在します。ただし、パソコンでドライブを認証できないため、これらのローカル ファイルに対する変更は同期されません。ドキュメント、スプレッドシート、スライド、フォームはクラウドに保存されているため、ファイルにアクセスするにはユーザー名とパスワードが必要です。

ドライブ ファイル ストリームを使用してドライブ ファイルにアクセスするには、有効な Google アカウントが必ず必要になります。

ドメインでドライブを無効にしても、ドキュメント、スプレッドシート、スライドをそのまま使用できますか?

ドライブ サービスの一部の構成要素を無効にすることはできますが、ドライブを無効にするとドキュメント エディタも使用できなくなります。ドライブ サービスをオフにすると、サービスのすべての構成要素とドキュメント エディタが無効になります。

有効または無効の切り替えが可能なオプションについては、ユーザー設定をご覧ください。
ドライブ内のファイルのどの部分を検索できますか?
  • G Suite for Government: ドライブ内のアイテムを、こちらに記載された演算子に加えて、ファイル名から検索できます。
  • 他のすべての G Suite エディション: ドライブ内のアイテムを、こちらに記載された演算子に加えて、すべてのファイル コンテンツから検索できます。

ファイルの同期

注: 特に明記されていない限り、下記のバックアップと同期に関する記述は、旧バージョンの同期クライアントである Mac / Windows 版ドライブ(サポートは 2017 年 12 月 11 日で終了する予定)にも当てはまります。

Google ドライブのファイル同期の仕組みはどのようになっていますか?

ドライブ ファイル ストリームまたはバックアップと同期のどちらを使用するかによって異なります。これらの違いについては、同期ソリューションの選択をご覧ください。

同期されたファイルはパソコンから削除されてオンラインにのみ保存されるのですか?

ドライブ ファイル ストリームを使用すると、ドライブ ファイルがクラウドに移動されてディスク容量が解放されます。ネットワーク帯域幅を消費してパソコンからクラウドにすべてのファイルを常に同期する必要もありません。必要に応じてドライブ ファイルをストリーミングしたり、オフライン アクセスを可能にしたりすることができます。

バックアップと同期を使用すると、ローカル ファイルはパソコン上のドライブ フォルダに残り、同期されたコピーがオンラインで保存されます。ローカル ファイルを削除してクラウド内で安全に保管するように、バックアップと同期を設定することもできます。

ファイルの同期を行うと、インターネットの帯域幅が占有されることになりますか?

ドライブ ファイル ストリームを使用すれば、ファイルがクラウドに保存され、オンラインの版と同期させる必要がなくなるため、ネットワーク帯域幅を節約できます。オフライン アクセス用にキャッシュされたファイルは、オンラインになったときに再びクラウドに同期されます。

バックアップと同期を使用している場合、デフォルトでは帯域幅が調整されませんが、帯域幅の設定を制限できます。また、ドライブが消費するインターネット接続の帯域幅が多すぎる場合は、いつでも同期を停止できます。

帯域幅を制限する方法については、Google ドライブでファイルをバックアップして同期するをご覧ください。

組織内で使用される同期アプリケーションを管理できますか?

はい。管理者は、ドライブ ファイル ストリーム、バックアップと同期、またはその両方を有効または無効にできます。詳しくは、組織に対して同期を有効にするをご覧ください。

ドライブ ファイル ストリームとバックアップと同期を同時に使用できますか?

両方のアプリケーションが組織で有効になっている場合は可能です。詳しくは、両方のアプリケーションを有効にする場合についての記事をご覧ください。

ドライブ同期クライアントではどのファイル システムがサポートされますか?

バックアップと同期では、APFS、HFS+、FAT(OS X の場合)、ReFS、NTFS、FAT(Windows の場合)をサポートします。現在のところ、ネットワーク ボリューム(SMB、NFS など)はサポートしていません。

保存容量

ドライブの保存容量とファイルサイズの上限はどれくらいですか?

ドライブのストレージは、Google ドライブ、Gmail、Google フォトで共用しています。各ユーザーが無料で利用できるストレージの容量は、アカウントの種類によって異なります。

G Suite Basic 30 GB

G Suite Enterprise
G Suite Business
G Suite for Education

無制限のストレージ
(ユーザー数が 4 人以下の場合は 1 TB)
Google Apps(無償版)(新規提供は停止)
一般ユーザー向けアカウント
15 GB

必要に応じて追加の保存容量を購入できます。

ドキュメント エディタやマイマップで作成したコンテンツは、保存容量を使用しません。詳しくは、保存容量を使用するファイルをご覧ください。

Google ドライブでアップロードまたは同期できる個々のファイルの最大サイズは 5 TB です。Google ドキュメント、スプレッドシート、スライドにはそれぞれ固有のサイズ制限があります。

Google ドライブ ストレージと Google Cloud Storage の違いは何ですか?

ドライブ ストレージはユーザー向けで、Cloud Storage はデベロッパー向けです。

ファイルに複数の版がある場合、すべてが容量にカウントされますか?

オンラインではファイルの複数の版を利用できますが、パソコンでは最新版のみ利用できます。オンラインの版は、保存容量にはカウントされません。ただし、古い版を保持することを明示的に選択した場合はカウントされます。

1 つのファイルがウェブ上の複数のドライブ フォルダにある場合、そのファイルは保存容量割り当てに複数回カウントされますか?

いいえ。保存容量割り当てにカウントされるのは 1 回のみです。

他のユーザーから共有されているファイルは保存容量割り当てにカウントされますか?

いいえ。ドライブで共有されたファイルは保存容量を使用しません(ファイルをマイドライブに移動した場合も同様)。

保存容量を使用するファイルをご覧ください。

パソコンの空き容量よりもオンラインの保存容量の方が大きい場合はどうなりますか?

ドライブ ファイル ストリームを使用している場合は問題ありません。オフライン アクセスを可能にしていない限り、ファイルはオンラインでのみ保存されます。

バックアップと同期(または旧バージョンの Mac / Windows 版ドライブ)を使用していて、パソコンに十分な空き容量がない場合は、ドライブ内の一部のフォルダのみが同期されるように選択できます。詳しくは、Google ドライブでファイルをバックアップして同期するをご覧ください。

保存容量割り当てを超えた場合やストレージ ライセンスが削除された場合はどうなりますか?

ドライブ内にある既存のファイルにはアクセスできますが、使用容量を割り当て以下にするか保存容量の割り当てを増やさない限り、警告が表示されてファイルを追加することはできません。

 

次のステップ: チーム向けの Google ドライブの設定

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
アカウントにログインする

ご利用の G Suite アカウントのメールアドレスでログインいただくと、アカウント専用のヘルプをご覧いただくことができ、G Suite を使い始める方法について知ることができます。