ライブ配信入門

YouTube ライブは、リアルタイムで視聴者に簡単にアピールできる方法です。ゲームプレイを配信する、ライブ Q&A を主催する、講義を行うなど、どのような配信でも YouTube のツールを使えばストリームを管理しながら、視聴者とリアルタイムで交流できます。

YouTube でライブ配信する方法はいくつかあります。簡単にその概要をご説明します。

シンプルな方法: 初心者や手っ取り早くライブ配信したい場合に最適です。

  • ウェブカメラ: ライブ配信用のエンコーダを使わずに簡単にライブ配信を開始できます。ウェブカメラを使用してノートパソコンやデスクトップ パソコンから配信を開始します。詳細
  • モバイル: YouTube アプリからライブ配信できます。注: モバイルでライブ配信を利用するには、チャンネル登録者数が 1,000 人以上である必要があります。詳細

カスタマイズ: 高度なライブ配信に最適です。

  • エンコーダ配信: パソコン、カメラ、マイクなどのコンテンツをキャプチャして YouTube ライブに送信し、すべての視聴者に向けて配信できます。エンコーダ配信は、ゲームプレイの配信や、外付けの音声 / 映像用ハードウェアや複数のカメラを使用する場合などに最適です。詳細

ライブで配信するすべてのコンテンツは、YouTube のコミュニティ ガイドライン利用規約に準拠している必要があります。コミュニティ ガイドラインに違反するコンテンツをライブ配信していると思われる場合、YouTube はそのライブ配信に年齢制限を設けたり、削除したりする場合があります。また、YouTube は独自の裁量により、クリエイターのライブ配信機能を制限する権利を有します。

ライブ配信が制限されると、アカウントに対しても違反警告を受けることがあります。その場合、3 か月間はライブ配信ができなくなります。アカウントにライブ配信の制限がかけられているクリエイターが、別のチャンネルを使用して YouTube でライブ配信を行う行為は禁止されています。これは、アカウントへの制限が有効である限り適用されます。この制限に対する違反は利用規約の迂回とみなされ、アカウントが停止される場合があります。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。