ライブ配信を開始する

ライブ配信では、動画フィードやチャットなどを利用して、視聴者とリアルタイムで交流できます。

YouTube でライブ配信を始めるには

1. ライブ配信を有効にする

ライブ配信を行うには、過去 90 日間にライブ配信に関する制限を受けていないこと、かつチャンネルの確認が必要になります。

  1. YouTube に移動します。
  2. 画面右上の [作成] 次に [ライブ配信を開始] をクリックします。
  3. チャンネルの確認をまだ行っていない場合は、画面の指示に沿ってチャンネルの確認を完了させます。
  4. ライブ配信が最初に有効になるまで、最大 24 時間かかることがあります。有効になっている場合は、すぐにライブ配信を開始できます。

2. 配信方法を選択する 

配信には 3 つの方法(モバイル、ウェブカメラ、エンコーダ)があります。配信する内容に合わせて最適な方法を選択してください。

 モバイル

スマートフォンまたはタブレットから vlog(動画ブログ)や簡単なお知らせを配信するのに適しています。

1,000 人以上のチャンネル登録者、およびカメラ付きスマートフォンまたはタブレットが必要です。

モバイルの配信方法の詳細

 ウェブカメラ

ウェブカメラを使用してパソコンから簡単にライブ配信できます。

ウェブカメラが搭載(または接続)されたパソコンが必要です。

ウェブカメラを使用した配信方法の詳細

 エンコーダ

エンコーダを使用すると、ゲームプレイを配信したり、オーバーレイを行ったり、各種ハードウェア(プリアンプ、マイク、カメラなど)を使用したりできるようになります。この配信方法は、ゲーム、スポーツ イベント、コンサート、会議で一般的に使用されます。

エンコーダを使用した配信方法の詳細

配信可能な内容

ライブで配信するすべてのコンテンツは、YouTube のコミュニティ ガイドライン利用規約を遵守している必要があります。コミュニティ ガイドラインに違反するコンテンツのライブ配信を予定していると思われる場合、YouTube はそのライブ配信に年齢制限を設けたり、削除したりする場合があります。また、YouTube は独自の裁量により、クリエイターのライブ配信機能を制限する権利を有します。

ライブ配信が制限されると、アカウントに対して違反警告が発せられる場合もあります。その場合、3 か月間はライブ配信ができなくなります。アカウントにライブ配信の制限がかけられているクリエイターが、別のチャンネルを使用して YouTube でライブ配信を行う行為は禁止されています。これは、アカウントへの制限が有効である限り適用されます。この制限に対する違反は利用規約の迂回とみなされ、アカウントが停止される場合があります。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。