ウェブカメラでライブ ストリームを作成する

ウェブカメラを使えば、ライブ配信用のエンコード ソフトウェアなしでパソコンから簡単にライブ配信を開始できます。

  1. ライブ配信がチャンネルで有効になっていることを確認します。ウェブカメラによる配信は Chrome 60 以降、Firefox 53 以降に対応しています。
  2. 右上にあるアップロード アイコン をクリックします。
  3. [ライブ配信] をクリックします。
  4. 上部にある [ウェブカメラ] を選択します。
  5. タイトル説明を入力し、プライバシー設定を選択します。別の日付を指定してライブ配信することもできます。
  6. その他の設定については、[その他の設定] > [詳細設定] をクリックします。
  7. [保存] をクリックします。カメラによってサムネイルが撮影されます。
  8. [ライブ配信] をクリックします。
  9. ライブ配信を終えたら、下の [ライブ配信を終了] をクリックします。12 時間未満の配信はすべて自動的にアーカイブされます。[ライブ配信] タブでは、過去、配信中、近日配信のストリームにアクセスできます。
: 配信予定のライブ ストリームにアクセスしてライブ配信を開始するには、ライブ管理画面に移動し [管理] を選択します。

ライブ ストリームを管理する

YouTube Studio ダッシュボードから、配信中、近日配信、過去のライブ ストリームにアクセスできます。手順は次のとおりです。
  1. YouTube Studio または studio.youtube.com にアクセスします。
  2. [動画] をクリックします。
  3. [ライブ配信] タブをクリックします。
    • ライブ配信中: 現在ライブ配信中の動画。
    • 近日配信: 特定時間に配信予定の動画。
    • ライブのリプレイ: すでにライブ配信済みの動画。

ライブ管理画面で配信予定のライブ ストリームにアクセスして配信を開始することもできます。

  1. 上部にある [管理] を選択します。
  2. 配信を開始したいスケジュール設定済みのライブ ストリームをクリックします。
  3. [ライブ ダッシュボード] > [ライブ配信] をクリックします。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。