所有者、ユーザー、権限の管理

プロパティに対する役割には、所有者とユーザーという 2 つの種類があります。行使できる権利と機能は、その役割によって異なります。他のユーザーに権限を付与できるのは、プロパティの所有者のみとなります。

ユーザーリストの表示と管理は、Search Console の(サイトの)[設定] 設定 > [ユーザーと権限] で行います。

ユーザーと権限を管理する

権限

Search Console プロパティの各ユーザーには、次のいずれかの権限が割り当てられます。

  • 所有者: 所有者は、Search Console でプロパティを完全にコントロールできます。他のユーザーの追加と削除、設定、すべてのデータの表示、すべてのツールの利用が可能です。プロパティには 1 人以上の確認済み所有者が必要です。ユーザーは確認済み所有者のいないプロパティにはアクセスできません。所有者には次の 2 つの種類がありますが、どちらも同じ権限を持ちます。
    • 確認済み所有者: 所有権を証明するトークン(ウェブサイトにアップロードされた HTML ファイルなど)を使用してプロパティの所有権を確認した人。確認済み所有者を追加または削除するには、サイトでトークンを追加または削除する必要があります。
    • 委任された所有者: 確認済み所有者が、確認トークン(HTML ファイルや HTML タグなど)を使用せずに所有権ステータスを付与した人。委任された所有者の追加または削除は、任意の種類の所有者が Search Console のユーザー管理画面を使用して新しい所有者を追加または削除するだけで行えます。
  • フルユーザー: すべてのデータに対する表示権限を持っており、一部のアクションを実行できます。
  • 制限付きユーザー: ほとんどのデータに対する表示権限を持ちます。
  • 協力者: 協力者は、サイトに関わる特定のアクションを代行できるか、特定のデータにアクセスできるまたはアカウントです。サイト所有者およびユーザーとは異なり、協力者はサイトの Search Console アカウントまたはデータを直接開くことや表示することはできませんが、他のタスクを行う権限を持ちます。アクションと権限は、協力の種類(Chrome ウェブストアなど)によって異なります。協力の詳細については、こちらをご覧ください。
権限の詳細
機能 所有者 フルユーザー 制限付きユーザー
すべてのレポートを表示
プロパティ設定(クロール頻度 表示のみ
アドレス変更 表示のみ 表示のみ
ユーザー管理 詳細 詳細
インデックス登録の対象範囲 表示のみ
ブロックされた URL
URL 検査 取得のみ
パフォーマンス
リンク
URL の削除 表示のみ
リッチリザルトのステータス レポート
メッセージの受信 1
再審査リクエスト  
リンクの否認  
Google アナリティクス アカウントとのリンク    
プロパティ所有者の追加、削除    
データ ハイライター  
修正の確認  
レポートリンクの共有  
ユーザーの追加    
サイトマップの送信    

 

1 制限付きユーザーが受け取るのは、特にユーザーに影響するメッセージのみです。

確認済みのサイト所有者が存在しない場合

確認済みの唯一の所有者がチームから離れた場合は、所有権の確認を行って、プロパティへのアクセスを維持(または回復)する必要があります。

他の所収者からサイトを引き継いだ場合、自身の所有権の確認が終了した後、過去の所有者の確認に使用された確認トークンを削除することで、その所有者を未確認の状態に戻すことができます(たとえば、HTML タグで確認済みの所有者については、その HTML タグをサイトから削除します)。詳しくは、所有者の追加と削除をご覧ください。

ユーザーまたは委任された所有者を追加または削除する

上限:

  • フルユーザー、制限付きユーザー、協力者: プロパティには、所有者以外のユーザーを最大で 100 名設定できます。
  • 委任された所有者は、プロパティの確認済み所有者と委任された所有者の合計数が 500 になるまで、プロパティに追加できます。つまり、プロパティに 200 名の確認済み所有者と 300 名の委任された所有者が存在する場合、そのプロパティに新しい委任された所有者を追加することはできません。
  • 確認済み所有者の場合、プロパティあたりの上限はありません。つまり、プロパティにすでに 500 名の所有者が存在している場合でも、追加の所有者を確認できます。

別のユーザーを追加または削除するには、プロパティの所有者(または親プロパティの所有者)である必要があります。

新しいユーザーまたは委任された所有者を追加する

  1. Search Console でプロパティを開きます。
  2. プロパティ設定で [ユーザーと権限] ページ([設定] 設定 > [ユーザーと権限])を開きます。このページは、プロパティの所有者にのみ表示されます。
  3. [ユーザーを追加] をクリックします
    1. 新しいユーザーの Google アカウント名(メールアドレス)を入力します
      • ユーザーは有効な Google アカウントを持っている必要があります。
      • メールグループをユーザーとして追加することはできません。
    2. ユーザーに付与する権限レベル(役割)を選択します。
    3. 変更を保存します。
新しいユーザーを追加しようとしたときに「このユーザーは「所有者」としてしか追加できません」というエラーが表示される場合、追加しようとしているユーザーがすでにこのプロパティを含んでいるプロパティを所有しており、このプロパティに対する暗黙的な所有権を持っていることを意味します。このユーザーは、この子プロパティの所有者としてのみ追加できます。これらのユーザーをフルユーザーまたは制限付きユーザーとして追加すると、この子プロパティに対する権限を降格させることになり、この追加は許可されません。

ユーザーまたは委任された所有者を削除する

  1. Search Console でプロパティを開きます。
  2. プロパティ設定で [ユーザーと権限] ページ([設定] 設定 > [ユーザーと権限])を開きます。このページは、プロパティの所有者にのみ表示されます。
  3. 削除するユーザーの横にある その他アイコン メニューを選択し、[権限の削除] をクリックします。変更はすぐに反映されます。ユーザーがアクセスを回復する可能性があることを警告する通知が表示された場合、そのユーザーは確認済み所有者であり、このプロパティへのアクセスの回復に使用できる所有権トークンを 1 つ以上持っていることを意味します。このユーザーがアクセスを回復できないようにするには、通知のリストに表示されているトークンを削除します。このリストは、[ユーザーと権限] ページの [残りの所有権トークン] をクリックして確認することもできます。
確認済み所有者を追加または削除する

確認済み所有者を追加する

  • 確認済み所有者として自分を追加するには
    1. 確認フローに沿ってサイトの所有権を証明します。
  • 別のユーザーを確認済み所有者として追加するには、そのユーザーの個人用の確認トークンをプロパティに追加する必要があります。
    1. そのユーザーに、確認フローを開始して個人用トークン(HTML ファイル、HTML タグなど、使用する任意のタイプ)を生成するよう依頼します。
    2. 個人用トークンをそのトークンに適した場所に掲載します(たとえば、HTML ファイルによる確認の場合は、HTML ファイルを提供してもらった後、そのファイルをウェブサイトにアップロードします)。
    3. そのユーザーに、Search Console でプロパティを開き、[確認] をクリックするよう伝えます。

確認済み所有者を削除する

すべての確認済み所有者が削除された場合、残されたすべてのユーザーと委任された所有者は、猶予期間の経過後、そのプロパティにアクセスできなくなります。プロパティのデータは引き続き収集されますが、誰かがプロパティの所有権を確認するまでは、誰もデータにアクセスできない状態となります。

  1. 委任された所有者を削除する手順を行います。完了すると、このプロパティのこのユーザーのすべての確認トークンが一覧表示されたポップアップが表示されます。このリストは、[ユーザーと権限] ページの [残りの所有権トークン] をクリックして確認することもできます。
  2. 削除された所有者はすぐにプロパティにアクセスできなくなります。
  3. このプロパティのこのユーザーのすべての確認トークンを削除します。これらのトークンが削除されなかった場合、削除された所有者は必要に応じて、所有権の再確認を行うことができます(その際、現在の所有者全員に通知が届きます)。前のステップで所有者を削除すると、削除された所有者に関連付けられているトークンのリストが表示されます。このリストは、プロパティの残りのトークンのリストでも確認できます。所有者が複数の確認方法を使用している場合は、そのユーザーのすべてのトークンを削除する必要があります。

所有者に覚えがない場合

覚えのない所有者を見つけた場合は、ハッキングされている可能性があります。トークンを削除しても、ハッカーはもう一度トークンを追加できる可能性が高いため、「サイトがハッキングされたとき」の記事にアクセスして自分でウェブサイトを保護するか、ウェブサイト セキュリティの専門家にサイトの保護をご依頼ください。

既存のユーザーの権限を変更する

要件:

  • 別のユーザーの権限を変更できるのは、所有者のみとなります。
  • 確認されていない任意の所有者の権限を変更できます。

別のユーザーの権限レベルを変更するには:

  1. Search Console でプロパティを開きます。
  2. プロパティ設定で [ユーザーと権限] ページ([設定] 設定 > [ユーザーと権限])を開きます。このページは、プロパティの所有者にのみ表示されます。
  3. 削除するユーザーの横にある その他アイコン メニューを選択し、[権限を変更] をクリックします。このオプションが有効になっていない場合、そのユーザーが確認済み所有者であることを意味します。確認済みオーナーを削除することはできますが、アクセスレベルをダウングレードすることはできません。
  4. 新しい権限レベルを選択し、変更を保存します。変更はすぐに反映されます。変更されたユーザーが変更を確認できない場合は、ブラウザでページを更新するようそのユーザーに依頼します。
自分または他のユーザーの権限レベルを確認する

自分の権限レベルを確認する

  • [設定] ページを開きます(ナビゲーション パネルの設定アイコン 設定 をクリックします)。
  • [所有権の確認] 行を見つけて、権限を確認します。自分が所有者である場合は、その行をクリックすると確認の詳細が表示されます。

他のユーザーの権限レベルを確認する

  1. 他のユーザーのアクセスレベルを確認するには、所有者であることが必要です。
  2. プロパティ設定で [ユーザーと権限] ページ([設定] 設定 > [ユーザーと権限])を開きます。このページは、プロパティの所有者にのみ表示されます。
  3. 調べたいユーザーを見つけます。[権限] 行に、各ユーザーの権限レベルが表示されます。ユーザーが [オーナー] と [確認済み] の両方として表示されている場合、そのユーザーは確認済み所有者であることを意味します。[オーナー] として表示されており [確認済み] という単語がない場合、そのユーザーは委任された所有者であることを意味します。
所有権の確認方法を特定する

自分が確認済み所有者である場合は、自分自身または他の確認済み所有者の確認に使用された方法を特定できます。

自分自身の場合:

  1. プロパティ設定の所有権ページ[設定] > [所有権の確認])を開きます
  2. プロパティ設定の表の [所有権の確認] 行をクリックすると、使用した方法が表示されます。使用された正確なトークンの詳細を表示するには、下記のとおりウェブマスター セントラルを使用してください。

別のユーザーの場合、または自分のトークンの詳細を表示する場合:

  1. プロパティ設定で [ユーザーと権限] ページ([設定] 設定 > [ユーザーと権限])を開きます。
  2. 調べたいユーザーを見つけます。
  3. 調べたいユーザーの横にある その他アイコン(その他アイコン)をクリックします。
  4. [所有権の確認の詳細] をクリックすると、この所有者の確認に使用したトークンと方法に関する情報が表示されます。
残りの所有権確認トークンを確認(または削除)する
通常、所有権の確認を行うには、Search Console プロパティに関連付けられた特定の場所に、特定のユーザーに固有のトークンを配置する必要があります。
Search Console プロパティから所有者を削除すると、その所有者はプロパティにアクセスできなくなりますが、確認トークンの削除または取り消しは行われません。ユーザーの確認トークンがプロパティに残っている限り、削除された所有者はプロパティの所有権を再確認できます。
プロパティから削除された確認済み所有者の残りの確認トークンのリストを確認できます。これらのトークンが残っている限り、トークンに関連付けられたユーザーはプロパティの所有権を再確認でき、プロパティへのアクセスを回復できます。削除された所有者が自身を再確認した場合、現在のすべての所有者に通知が届きます。
残りの所有権確認トークンのリストを確認するには:
  1. プロパティ設定で [ユーザーと権限] ページ([設定] 設定 > [ユーザーと権限])を開きます。
  2. [残りの所有権トークン] をクリックすると、そのプロパティの残りのトークンと、それらが関連付けられているユーザーが表示されます。
  3. リスト内のトークンをクリックすると、詳細が表示されます。
これらのトークンを削除するには:
リスト内のトークンをクリックすると、トークンを削除する方法に関する情報が表示されます。以下でもう少し詳しく説明します。
  • HTML ファイルのアップロード: サイトのルート ディレクトリで、ユーザーに関連付けられている HTML ファイルを探します。このファイルは長い英数字の名前を持ち、「google-site-verification」という文字列を含む単一行のテキストから成ります。このタグを削除します。削除したい人に割り当てられているタグのみを削除するよう注意してください。
  • HTML タグ: ホームページのページソース内で、<meta name="google-site-verification" content="なんらかの値" /> という形式を持つユーザーのタグを探します。このタグをページソース HTML から削除する必要があります。削除したいユーザーに関連付けられているタグのみを削除するよう注意してください。
  • ドメイン名プロバイダ: ユーザーに関連付けられている DNS レコードを見つけて削除する必要があります。
  • Google アナリティクス アカウント: 該当ユーザーについてこの確認メカニズムを完全に無効にするには、サイトの Google アナリティクス アカウントを切り替えるか、サイトの Google アナリティクス アカウント内でこのユーザーに付与されている編集権限を取り消す必要があります。サイトで使用されている Google アナリティクス アカウントを特定するには、レンダリングされたページのソースを参照(Chrome の場合は右クリックして [検証] を選択)し、ページコード内の "UA-" または "G-" を検索します。これが Google アナリティクス アカウントに対応しているはずです。
  • Google タグ マネージャー アカウント: 該当ユーザーについてこの確認方法を完全に無効にするには、サイトで使用されている Google タグ マネージャー アカウントを切り替えるか、関連付けられている Google タグ マネージャー アカウント内でこのユーザーに付与されている公開権限または管理者権限を削除する必要があります。
  • Google サイト / Blogger アカウント: Google サイトまたは Blogger ウェブサイトの所有者は、常に Search Console から関連付けられているプロパティにアクセスできます。アクセス権を完全に削除するには、Google サイトまたは Blogger ウェブサイトの所有者を切り替える必要があります(これは、Google サイトまたは Blogger アカウントの所有者は必ず 1 人のみであるためです)。
  • Google Domains アカウント: 関連付けられている Google Domains アカウントから、管理者としてのユーザーを削除します。
所有権イベントの履歴を確認する
所有権イベント(所有者の追加 / 削除、確認の試行の成功 / 失敗、既知の確認トークンが削除されたケースなど)の履歴を確認できます。
プロパティの所有権イベントの履歴を確認するには:
  1. プロパティ設定で [ユーザーと権限] ページ([設定] 設定 > [ユーザーと権限])を開きます。
  2. [所有権の履歴] をクリックします。

 

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

次の手順をお試しください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
1241415577222289697
true
ヘルプセンターを検索
true
true
true
true
true
83844