通知

Duo と Meet が新しい Meet アプリに統合されました。Meet(従来)のユーザーは新しいアプリをダウンロードできます。

新しい Meet アプリで Google Meet の機能を使用する

Google Duo がアップグレードされ、モバイルとウェブのどちらでも、ビデオ通話とビデオ会議の両方の機能を利用できるようになりました。アップグレードの適用が完了すると、ご利用中のアプリとアイコンも Google Meet に更新されます。Android デバイスでアプリを更新する方法をご確認ください。
新しい Meet アプリでは、次のどちらの方法でもコミュニケーションをとることができます。
  • 1 対 1 およびグループでのビデオ通話: 従来の Duo が提供してきたエンドツーエンドの暗号化通話機能で、電話番号またはグループへの直接の発信が可能。通話画面には鍵アイコンと通話中の透かしが表示され、通話がエンドツーエンドで暗号化されていることがわかります。
  • 会議: クラウドで暗号化された Google Meet の会議を作成したり、自分のタイミングでリンクから会議に参加したりできる機能。ご利用いただける機能と暗号化方式は、ビデオ通話とビデオ会議で異なります。

重要: 会議機能を利用するには、Google アカウントにログインする必要があります。電話番号のみを使って設定されたアカウントでは会議機能を利用できません。

Google Meet の一連の機能は、Android 版、iOS 版、またはウェブ版の新しい Meet アプリでご利用いただけます。これまでどおり、ご利用のスマートフォンから回数、時間ともに無制限でビデオ通話を行えます。1 対 1 またはグループでビデオ通話を行うには、相手の連絡先またはグループを選択するか、電話番号を入力して発信します。Google Meet で通話する方法をご確認ください。

ホーム画面には、ご利用の Google アカウントに関連付けられているスケジュール設定済み会議と、最近通話した相手のリストが表示され、ご利用のデバイスからアプリに同期された連絡先を検索できます。連絡先を検索、招待する方法をご確認ください。

Meet を使った 1 対 1 またはグループでのビデオ通話でも、Duo のときと同じビデオ通話機能を利用できます。

会議の作成やスケジュール設定をするとき、あるいは会議に参加するときに、会議機能を使用して以下のことを行えます。

詳しくは、Google Duo の変更についての記事をご確認ください。

重要: ご利用いただける会議機能は、ご利用中の Google Meet サブスクリプション プランによって異なります。詳しくは、Google Workspace の各エディションで利用可能な Meet のプレミアム機能をご確認ください。

新しい Meet アプリで会議を作成またはスケジュール設定する

重要: 電話番号のみでご登録された場合、会議を作成するにはメールアドレスの追加が必要です。

  1. Meet アプリ を開きます。
  2. 右下にある [新規] をタップします。
  3. 次のオプションを選択します。
    • 新しい会議を作成 
      1. 会議のリンクを共有するには、次のオプションを選択します。
        • コピー 
          • メールやテキスト メッセージなど、お好きな方法で送信できます。
        • 共有 Share
      2. 作成した新しい会議に参加するには、会議に参加アイコン をタップします。
    • Google カレンダーでスケジュールを設定 
      • 重要: このオプションをタップすると、Google カレンダー アプリで編集可能な予定が開きます。
  4. 予定のタイトルや時刻の変更、ゲストの追加といった編集を行うには、Google カレンダーで予定を開きます。
  5. 右上の [保存] をタップします。
  6. デバイスの戻るボタンを使用して、Meet アプリ に戻ります。
  7. ホーム画面またはカレンダーの予定に記載された会議リンクから会議にアクセスできます。
会議に参加する

重要: ご利用のアカウントで会議が予定されている場合にのみ、アプリに会議が表示されます。

  1. Meet アプリ を開きます。
  2. [会議] で会議名をタップします。
  3. [参加] をタップします。

会議コードまたはニックネームを使用してビデオ会議に参加する

すべての Meet ビデオ会議にはコードが割り当られ、ユーザーはこのコードを使用して会議に参加することができます。会議コードは abc-defg-hjk のような文字列です。参加者への招待メールに記載されているほか、会議リンクの末尾にもこのコードが含まれています。

Google Workspace をご利用の場合: 会議のニックネームは「our-meeting」のような意味のあるフレーズです。任意のニックネームを付けて組織内の他のユーザーと共有すれば、全員が同じ会議にすぐに参加できます。

  1. Meet アプリ  を開き、検索バーをタップします。
  2. [会議コードを入力] をタップします。
  3. 会議コードまたは会議のニックネームを入力します。
    ヒント: 会議コードのハイフンは省略可能です。
  4. [会議に参加] をタップします。
  5. (省略可)組織外から参加する場合、または Google Workspace アカウントにログインした状態で参加する場合は、それぞれ次の操作を行います。
    • [参加をリクエスト] を選択します。
    • 名前を入力して [参加をリクエスト] をタップします。
通話と会議におけるプライバシーについて

通話データの安全を確保するため、新しい Meet アプリでは複数の暗号化方式を採用しています。

  • 1 対 1 およびグループでのビデオ通話: エンドツーエンドの暗号化を使用して、通話参加者のみがアクセスできるコードでデータをマスクします。これは通信データを保護する標準的なセキュリティ対策であり、Meet で行われる 1 対 1 およびグループでのすべてのビデオ通話に組み込まれています。そのため、この機能を自分で有効にする必要はなく、無効にすることもできません。
  • Meet の会議: エンドツーエンドの暗号化ではなく、クラウドでの暗号化を使用して、転送中の会議データと Google のデータセンターに保存されている情報を保護します。

1 対 1 およびグループでのビデオ通話で使用されるエンドツーエンドの暗号化の特徴:

  • 通信データを保護するための標準的なセキュリティ対策です。
  • デフォルトで有効になっていて、無効にはできません。
  • 通話の参加者のみ音声や映像にアクセスできます。
  • Google が通話の音声や映像を視聴したり、保存したりすることはできません。
  • 鍵がないとデコードできないコードを使用して通話データをマスクします。
  • 1 対 1 およびグループでの通話のための暗号鍵は、発信者のデバイスに留まります。

会議で使用されるクラウド暗号化の特徴:

  • Google Duo または Google Meet で行われる会議のデータは、クライアントと Google データセンター間の転送時にデフォルトで暗号化されます。
  • Google サーバーには会議データをデコードする機能があります。字幕、背景エフェクト、会議の録画といった特定の会議機能の提供にはデコードが必要になるためです。
  • 参加者が会議を録画するように設定した場合、その録画ファイルはデフォルトで暗号化された状態で Google ドライブに保存されます。
  • 会議の暗号化は以下に準拠しています。
    • Datagram Transport Layer Security(DTLS)に関するインターネット技術特別調査委員会のセキュリティ基準
    • Secure Real-time Transport Protocol(SRTP)

詳しくは、新しい Meet アプリでの通話と会議の暗号化についての記事をご確認ください。

ご利用の Google アカウントの名前とジェンダー代名詞が会議の他のメンバーに表示されます。詳しくは、Google アカウントのプロフィール写真、名前、その他の情報を変更するをご覧ください。

Duo でブロックしていたユーザーも Meet の会議には参加できます。詳しくは、会議に参加できるユーザーについての記事をご覧ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
11850942687187437385
true
ヘルプセンターを検索
true
true
true
true
true
713370