動画キャンペーンでリードフォームを使用する

動画キャンペーンのリードフォームは段階的に公開され、今後数か月以内にご利用いただけるようになります。リードフォームをすぐにご利用になりたい場合は、Google アカウント マネージャーにお問い合わせください。

リードフォームは、Google でお客様の会社や、商品、サービスを検索している見込み顧客の関心を引き付けるのに役立ちます。そのためには、動画キャンペーンにリードフォームを追加します。リードフォームは、TrueView アクションを実施しているすべての動画キャンペーンで使用できます。この記事では、動画キャンペーンでのリードフォームの設定方法について説明します。

はじめに

リードフォームの利用条件

リードフォームを作成するには、アカウントが以下の利用条件を満たしている必要があります。

  • Google 広告の合計費用が 50,000 米ドルを超えていること。(米ドル以外の通貨でアカウントを管理している広告主様のご利用金額は、その通貨の月別平均換算率により米ドルに換算されます)
  • これまでポリシーを遵守してきた実績があること
  • 対象となるカテゴリまたはサブカテゴリであること。デリケートなカテゴリやサブカテゴリ(例: アダルト コンテンツなど)には、リードフォームは対応していません。リードフォームの要件に関する詳細
: リードフォームを設定した動画キャンペーンは、アカウントの要件を満たす場合のほか、広告を見るユーザーが Android デバイスを使用して Google アカウントにログインし、リードフォームがサポートされている国にお住まいの場合にのみ配信されます。たとえば、リードフォームを設定した動画キャンペーンがパソコンのみをターゲットとしている場合、そのキャンペーンは配信されません。

リードフォームのタイプ

  • リードフォームを使って、商品に関心を持つ可能性がより高いユーザー([より購入意向が強い])にリーチするか、より多くのユーザー([より数が多い])にリーチするかを選択することが可能です。どちらのタイプを選択しても、オーディエンスが追加または削除されたり、リードフォームの項目が変更されたりすることはありません。
  • リードフォームのタイプはデフォルトでは [より購入意向が強い] に設定されていますが、リードフォームの作成時や編集時に、リードフォームのタイプを [より数が多い] に変更できます。リードフォームのタイプは、キャンペーン中にいつでも変更できます。
  • [より購入意向が強い] のタイプでは、送信する前により多くの手順を踏まなければならないような形式が採用されています。そのため、見込み顧客は少なくなる可能性があります。
  • [より数が多い] のタイプでは、送信する前の手順が比較的少ない形式が採用されています。そのため、見込み顧客は多くなる可能性がありますが、商品やサービスにそれほど関心を持たないユーザーが含まれることがあります。

リードフォームの項目

  • YouTube アカウントにログインしているユーザーにリードフォームが表示される場合、リードフォームを開くと、[氏名]([姓 / 名] を含む)、[メール]、[電話番号]、[郵便番号] の項目が事前入力されています。リードフォームの事前入力された情報に関する詳細
  • 国によっては、リードフォームの一部の項目で異なるラベル([都道府県] や [郵便番号] など)がユーザーに表示される場合があります。

リードフォーム コンバージョン

  • リードフォームが開かれるたびに、クリックとして記録されます。
  • リードフォームで情報が送信されると、コンバージョンとしてカウントされます。
  • リードフォーム コンバージョンに加えて、キャンペーンによってウェブサイト コンバージョンが促進される場合もあります。
  • レポートは、Google 広告アカウントの [クリックタイプ]と [コンバージョンの種類] で確認できます。

手順

新しい動画キャンペーンでリードフォームを作成する

  1. Google 広告アカウントにログインします。
  2. 左側のページメニューで [キャンペーン] をクリックします。
  3. プラスボタン をクリックし、[新しいキャンペーンを作成] を選択します。
  4. [目標] で [見込み顧客] を選択します。
  5. [キャンペーン タイプ] で [動画] を選択します。
  6. [続行] をクリックします。
  7. キャンペーンを設定する際に、[リードフォーム] セクションまでスクロールし、[フォーム] をクリックします。リードフォームの詳細を入力するための新しいウィンドウが開きます。
  8. [ビジネスの名前] と [行動を促すフレーズ] を入力し、[続行] をクリックします。
  9. [広告見出し] と [説明文] を追加します。
  10. リードフォームで収集する情報を選択します。作成を続けるには、オプションを最低 1 つは選択する必要があります。
    • 名前([姓と名] または [フルネーム] にカスタマイズ可能)
    • メール
    • 電話番号
    • 市区郡
    • 郵便番号
    • 都道府県
    • 会社名
    • 役職
    • 仕事用メールアドレス
    • 仕事用の電話番号
  11. プライバシー ポリシーに URL を追加し、[続行] をクリックします。情報を収集するには、プライバシー ポリシーが必要となります。
  12. ユーザーが情報を送信した後に表示されるメッセージの [広告見出し] と [説明文] を追加し、[続行] をクリックします。
  13. ユーザーに表示するリードフォームのタイプを選択します。ここでの選択は、リード単価と見込み顧客の獲得数に影響する可能性があります。
    • より購入意向が強い: お客様の商品やサービスに関心を持つ可能性が高いユーザーから見込み顧客情報を収集するには、このオプションを選択します。なお、これにより見込み顧客は少なくなる可能性があります。
    • より数が多い: より多くの見込み顧客を獲得するには、このオプションを選択します。なお、これにより見込み顧客数が増加する場合がありますが、お客様の商品やサービスに関心を持つ可能性の低いユーザーが含まれることがあります。
  14. (省略可)収集した見込み顧客をリアルタイムでダウンロードする場合は、[Webhook: 収集された見込み顧客をリアルタイムで取得できます(オプション)] の横にあるチェックボックスをオンにし、Webhook 情報を追加します。Webhook を使用すると、リードフォームを顧客管理システムにリンクできます。YouTube リードフォーム用 Webhook 統合の設定に関する詳細
  15. 利用規約に同意するには、[同意する] の横にあるチェックボックスをオンにします。
  16. [キャンペーンに追加] をクリックします。

既存の動画キャンペーンにフォームを追加する

  1. Google 広告アカウントにログインします。
  2. 左側のページメニューで [設定] をクリックします。
  3. リードフォームを追加する動画キャンペーンの名前をクリックします。
    キャンペーンにリードフォームを追加するには、動画キャンペーンにキャンペーン目標として [見込み顧客の獲得] が設定されている必要があります。
  4. [リードフォーム] の横にあるプルダウン矢印をクリックします。
  5. [フォーム] をクリックします。
  6. 「新しいキャンペーンでリードフォームを作成する」セクションにある手順に従って、リードフォームを作成します。
  7. [保存] をクリックします。リードフォームが既存のキャンペーンに添付されている場合、フォームが承認されるとキャンペーンが掲載されます。リードフォームの審査ステータスは、キャンペーン設定の [リードフォーム] で確認できます。

リードフォームを編集する

  1. Google 広告アカウントにログインします。
  2. 左側のページメニューで [設定] をクリックします。
  3. 削除するリードフォームを含むキャンペーンの名前をクリックします。
  4. [リードフォーム] の横にあるプルダウン矢印をクリックします。
  5. 編集するには、鉛筆アイコン をクリックします。
  6. リードフォームに変更を加えます。広告見出し、説明文、行動を促すフレーズ、Webhook 情報を編集できます。
    : リードフォームで要求する情報を変更することはできません。これを変更するには、新しいリードフォームを作成して別のオプションを選択する必要があります。その後、新しいリードフォームをキャンペーンに追加できます。
  7. [保存] をクリックします。リードフォームの編集後は、リードフォームが再度承認されるまでキャンペーンの掲載は停止されます。

リードフォームを削除する

  1. Google 広告アカウントにログインします。
  2. 左側のページメニューで [設定] をクリックします。
  3. 削除するリードフォームを含むキャンペーンの名前をクリックします。
  4. [リードフォーム] の横にあるプルダウン矢印をクリックします。
  5. リードフォームを削除するには、ゴミ箱アイコン をクリックします。
  6. [削除] をクリックします。
    : 削除したリードフォームは復元できません。削除したフォームから過去 30 日間に獲得した見込み顧客情報は引き続きダウンロードできます。

見込み顧客のデータをダウンロードする

見込み顧客情報を CSV ファイルとしてダウンロードしたり、リードフォームで Webhook 統合を作成したりすることができます。ダウンロードできるのは、過去 30 日間に獲得した見込み顧客情報に限られます。

見込み顧客情報を CSV ファイルでダウンロードするには:

  1. Google 広告アカウントにログインします。
  2. 左側のページメニューで [設定] をクリックします。
  3. 編集するキャンペーンの名前をクリックします。
  4. [見込み顧客情報の収集] の横にあるプルダウン矢印をクリックします。
  5. [ダウンロード] をクリックします。見込み顧客情報が CSV ファイルとしてダウンロードされます。

削除したフォームからの見込み顧客情報をダウンロードするには:

  1. Google 広告アカウントにログインします。
  2. 左側のページメニューで [設定] をクリックします。
  3. 編集するキャンペーンの名前をクリックします。
  4. [見込み顧客情報の収集] の横にあるプルダウン矢印をクリックします。
  5. [削除済みフォームで収集された見込み顧客情報] をクリックします。
  6. [ダウンロード] download icon をクリックします。

おすすめの方法

YouTube リードフォームの効果を最大限に高めるには、以下のおすすめの方法を参照してください。

  1. 最初にオーディエンスを絞り込む: まずは、絞り込んだオーディエンス(カスタム インテント オーディエンス、類似ユーザー、リマーケティング リスト、カスタマー マッチなど)を使用することをおすすめします。見込み顧客が少なく、質が高い場合のみ、オーディエンスを拡大してください。
  2. ターゲット言語を絞り込む: 必ずリードフォームの言語と一致する言語をターゲットに設定します。リードフォームの言語に一致しない言語をターゲットに設定すると、ユーザーはリードフォームが表示されても返信できない場合があります。1 つのリードフォームにつき 1 つの言語のみをターゲットに設定してください。ターゲット言語に関する詳細
  3. 明確なクリエイティブを持つ: [フォームの見出し]、[フォームの説明]、[行動を促すフレーズ] の項目を使用して、情報を送信してもらう理由を明確に示します。たとえば、自動車広告で見込み顧客を収集する場合、広告見出しとして「今すぐ見積もりを依頼」、行動を促すフレーズとして「見積もりを依頼」を使用することができます。
  4. 適切なコンバージョン単価を設定する: すでに動画キャンペーンに精通している場合、まずは、通常使用している現在のコンバージョン単価を指定します。動画キャンペーンを初めて使用する場合は少し慎重になり、検索キャンペーンのコンバージョン単価の 2~3 倍、またはディスプレイ キャンペーンのコンバージョン単価の 1~2 倍の入札単価を設定してください。目標とするコンバージョン単価の達成に向けて最適化するには、目標コンバージョン単価を 10〜15% ずつ引き下げ、コンバージョン数の増加を図ります。
  5. 適切な予算を設定する: 1 日の十分なコンバージョン数を達成するには、コンバージョン単価の 20 倍以上の額の予算が必要です。入札方法が [コンバージョン数の最大化] の場合、検索キャンペーンまたはディスプレイ キャンペーンのコンバージョン単価の 20〜30 倍以上、または有効コンバージョン単価の 10 倍以上の予算にする必要があります。
  6. コンバージョンを最適化する: 見込み顧客情報の受信数よりもウェブサイト コンバージョン数を多く獲得している場合は、キャンペーン単位のコンバージョン設定を有効にし、リードフォームの最適化対象のコンバージョンを選択することをおすすめします。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。