リードフォーム アセットについて

リードフォームを使うと、ユーザーが広告から直接フォームで情報を送信できるようになるため、見込み顧客の獲得につながります。この記事では、リードフォームと、それが Google 広告キャンペーンにどのように役立つかを説明します。

Hero image depicting About lead form extensions

リードフォームは、関連性の高いコンテンツを検索し、見つけ、視聴している見込み顧客の関心を引き付けるのに役立ちます。

ご希望の言語の字幕を表示するには、YouTube の字幕をオンにしてください。動画プレーヤーの下部にある [設定] アイコン YouTube 設定アイコンの画像 で [字幕] を選択し、言語を選択します。


メリット

  • リードを獲得し、ビジネスや、商品、サービスの売上を伸ばすことができます。
  • ユーザーをリードとしてマーケティング ファネルに取り込み、コンバージョンを促進できます。
  • ビジネスや、商品、サービスに関心を持っているユーザーを見つけて呼び込むことができます。

仕組み

  1. Google 広告でリードフォームを作成し、キャンペーンに追加します。リードフォームは、検索キャンペーン、動画キャンペーン、ファインド キャンペーン、ディスプレイ キャンペーンに追加できます。
    動画キャンペーンのリードフォームは現在ベータ版です。このオプションをご利用になる場合は、Google の担当者にお問い合わせください。
  2. ユーザーリスト内のユーザーが Google サービス(YouTube など)にアクセスし、リードフォームを含む広告に対して操作を行います。リードフォームを開くと、メールアドレス、電話番号などの連絡先情報を送信することができます。
  3. Google 広告から見込み顧客情報をダウンロードおよび管理します。見込み顧客情報を CSV ファイルでダウンロードしたり、Webhook 統合を作成して顧客管理(CRM)システムで見込み顧客情報を直接受け取ったりできます。ダウンロードできるのは、過去 30 日間に送信された見込み顧客情報に限られます。Google Ads API を使用して、最大 60 日分のリードフォームのデータを CRM に自動的にエクスポートすることもできます。

要件

リードフォームを使用するには、以下の条件を満たしている必要があります。

  • これまでポリシーを遵守してきた実績があること
  • Google 広告アカウントが対象のカテゴリまたはサブカテゴリを扱っていること。デリケートなカテゴリやサブカテゴリ(例: 性的なコンテンツなど)は、リードフォームの対象ではありません。
  • ビジネスに関するプライバシー ポリシーを定めていること。Google 広告でリードフォームを作成する際には、お客様のプライバシー ポリシーへのリンクを含める必要があります。プライバシー ポリシーはリードフォームの最後に表示されます。

さらに、動画キャンペーン、ファインド キャンペーンまたはディスプレイ キャンペーンにリードフォームを追加する場合、または広告見出しから直接リードフォームに移動する検索キャンペーンを作成する場合は、以下の情報が必要になります。

  • Google 広告の合計費用が 50,000 米ドルを超えていること(米ドル以外の通貨でアカウントを管理している広告主様のご利用金額は、その通貨の月別平均換算率により米ドルに換算されます)

リードフォームの要件に関する詳細

リードフォームが有効な場合、リードフォーム広告フォーマットにリードフォームを配信できるようにするには、次の基準も満たす必要があります。

  • 入札戦略: キャンペーンでコンバージョン重視の入札戦略を使用していること。
  • コンバージョン目標: キャンペーンが、Google リードフォームのコンバージョン目標に合わせて最適化されていること。キャンペーンが他の種類のコンバージョン(リードフォーム以外)に合わせて最適化されている場合でも、目標に Google リードフォーム コンバージョンを含める必要があります。
  • 広告の種類: レスポンシブ検索広告クリエイティブを使用していること。拡張テキスト広告は対象外です。

詳細: レスポンシブ検索広告をクリックするとリードフォームが表示されるようにする

リードフォームを利用できる国

リードフォームは、一部の国でのみ提供されます。リードフォームを使用できない国のオーディエンスに広告が配信される場合、そのオーディエンスにリードフォームは表示されません。

  • アルゼンチン
  • オーストラリア
  • オーストリア
  • バングラデシュ
  • ベリーズ
  • ベルギー
  • ブラジル
  • カナダ
  • チリ
  • コロンビア
  • コスタリカ
  • チェコ共和国
  • デンマーク
  • エクアドル
  • エルサルバドル
  • フィンランド
  • フランス
  • ドイツ
  • ギリシャ
  • グアテマラ
  • ホンジュラス
  • 香港
  • ハンガリー
  • インド
  • インドネシア
  • アイルランド
  • イスラエル
  • イタリア
  • 日本
  • カザフスタン
  • リトアニア
  • マレーシア
  • メキシコ
  • オランダ
  • ニュージーランド
  • ノルウェー
  • パキスタン
  • パナマ
  • ペルー
  • フィリピン
  • ポーランド
  • ポルトガル
  • プエルトリコ
  • ルーマニア
  • シンガポール
  • スロバキア
  • 南アフリカ
  • 韓国
  • スペイン
  • スリランカ
  • スウェーデン
  • スイス
  • 台湾
  • タイ
  • トルコ
  • アラブ首長国連邦
  • 英国
  • アメリカ
  • ベトナム

リードフォームを使用する

  • リードフォームの要件を満たしていることを確認してください。要件を満たしていない場合、リードフォームを作成できません。
  • リードフォームが、Google の広告掲載のポリシーとガイドライン(例: リードフォームを利用できる国をターゲットに設定する)を遵守していることを確認してください。遵守していない場合、キャンペーンは配信されません。
  • リードフォームは、キャンペーンごとに 1 つだけ追加できます。
  • リードフォームの作成手順は、どのキャンペーン タイプでも同じですが、キャンペーン タイプによって動作に違いが生じることがあります。以下のセクションを展開すると、キャンペーン タイプごとの違いを把握できます。

検索キャンペーン

リードフォームは、パソコンとモバイル デバイスで表示されます。
Lead forms convergence, search example

動画キャンペーン

リードフォームは、Android 搭載のモバイル デバイスにのみ表示されます。キャンペーンが iOS またはデスクトップのみをターゲットに設定している場合、そのキャンペーンはユーザーに配信されません。
​​​​Lead forms convergence, video example
動画キャンペーンのリードフォームは現在ベータ版です。このオプションをご利用になる場合は、Google の担当者にお問い合わせください。

ファインド キャンペーン

リードフォームを表示するには、ファインド キャンペーン内に 1 つ以上のイメージ広告が必要です。カルーセル広告はリードフォームに対応していません。
​​​​Lead forms convergence, discovery example

ディスプレイ キャンペーン

  • リードフォームは、パソコンとモバイル デバイスで表示されます。
  • リードフォームを表示するには、ディスプレイ キャンペーン内に 1 つ以上のレスポンシブ ディスプレイ広告が必要です。アップロード型のイメージ広告はリードフォームに対応していません。
​​​​Lead forms convergence, display example

リードフォームの最適化

キャンペーンのオーディエンス ターゲティングに加えて、より多くの見込み顧客(「リーチの拡大」)、またはより購入意向の強い(「より質が高い」)見込み顧客に向けてリードフォームを最適化できます。どちらのタイプを選択しても、オーディエンスが追加または削除されたり、リードフォームの項目が変更されたりすることはありません。最適化は、キャンペーン タイプによって動作が異なる場合があります。
  • リードフォームのタイプはデフォルトでは [リーチの拡大] に設定されていますが、[より質が高い] に変更することもできます。ここでの選択は、リード単価と見込み顧客の獲得数に影響する可能性があります。リードフォームのタイプは、キャンペーン中にいつでも変更できます。
  • [より質が高い] のタイプでは、送信する前により多くの手順を踏まなければならないような形式が採用される場合があります。そのため、見込み顧客は少なくなる(ただし、ビジネスや商品、サービスにより強い関心を持っている)可能性があります。
  • [リーチの拡大] のタイプでは、送信する前の手順が比較的少ない形式が採用されています。そのため、見込み顧客は多くなる可能性がありますが、ビジネスや商品、サービスにそれほど関心を持たないユーザーが含まれることがあります。

手順

すべて展開

新しいキャンペーンでリードフォームを作成する方法
  1. Google 広告アカウントにログインします。
  2. 左側のページメニューで [キャンペーン] をクリックします。
  3. プラスボタン をクリックし、[新しいキャンペーンを作成] を選択します。
  4. キャンペーンの目標として [見込み顧客の獲得] を選択します。
  5. キャンペーン タイプとして [検索]、[動画]、[ファインド]、または [ディスプレイ] を選択します。
  6. [続行] をクリックします。
  7. キャンペーン設定を入力します。
  8. リードフォームの詳細を入力するためのリードフォーム エディタが開きます。
    • 検索キャンペーンおよびディスプレイ キャンペーンの場合: [アセット] セクションまでスクロールし、[その他のアセットタイプ]、[リードフォーム] の順にクリックします。
    • 動画キャンペーンとファインド キャンペーンの場合: [リードフォーム] セクションまでスクロールし、[フォーム] をクリックします。
  9. リードフォーム エディタで、[新規作成] をクリックします。
  10. 広告見出し、お店やサービスの名前、説明文を入力します。
  11. リードフォームで必要な質問を選択します。作成を続けるには、オプションを最低 1 つは選択する必要があります。
    • 名前([姓と名] または [フルネーム] にカスタマイズ可能)
    • メール
    • 電話番号
    • 市区郡
    • 郵便番号
    • 都道府県
    • 会社名
    • 役職
    • 仕事用メールアドレス
    • 仕事用の電話番号
  12. (省略可)見込み顧客の質を高めるために、[+ 質問] をクリックして、独自の選別用の質問を追加します。追加する質問の入力を開始すると、意図に一致する質問の候補が表示されます。また、利用可能なカテゴリを展開すれば、各カテゴリに一致する質問をすべて表示することもできます。
    • カタログにある既存の質問の中に、お客様の意図に一致する質問が見つからない場合は、独自の質問を提案することができます。その質問(または類似する質問)がカタログに追加されると、Google 広告アカウントに通知が届きます。提案した質問がカタログにすべて追加されるわけではありませんが、追加された質問は通常、送信日から 1~2 営業日以内に表示されます。お客様が送信し、カタログに登録された質問は、リードフォームを利用しているすべての広告主様にご利用いただけます。この機能は特定の言語でのみ使用できます。
    • 利用可能な質問は、選択した言語によって異なります。
    • [質問] セクションには、お客様が提案してカタログに追加された質問、またはお客様が過去にリードフォームで使用したことのある質問が表示されます。カタログに追加された最新の質問のリストは、[新しい質問] セクションからアクセスできます。
  13. プライバシー ポリシーの URL を入力します。情報を収集するにはプライバシー ポリシーが必要となります。その URL は、リードフォームの最後に表示されます。
  14. (検索キャンペーンのみ)[画像] をクリックして、リードフォームに背景画像を追加します。背景画像は 1.91:1(1,200 × 628 を推奨)である必要があります。
  15. フォーム送信メッセージの広告見出しと説明文を入力します。これは、ユーザーが連絡先情報を送信した後に表示されます。
    • 対象となるキャンペーン タイプの場合、送信メッセージを促すフレーズを含めることもできます。このタイプの行動を促すフレーズは、広告内の行動を促すフレーズとは異なり、特定の URL を参照するように設定できます。
  16. 広告の操作を促すフレーズを追加するには、プルダウン メニューから行動を促すフレーズを選択して、行動を促すフレーズの説明文を追加します。
  17. (省略可)顧客管理(CRM)システムから直接見込み顧客情報を取得したい場合は、リードフォームに Webhook 情報を追加するか、Zapier にリンクします。
  18. リードフォームの最適化として、[より質が高い] または [リーチの拡大] を選択します。
  19. リードフォームを初めて作成する場合は、利用規約を確認し、同意してください。
  20. リードフォームをキャンペーンに追加するには、[保存] をクリックします。
既存のキャンペーンにリードフォームを追加する方法
  1. Google 広告アカウントにログインします。
  2. ページメニューで [広告とアセット] をクリックし、サブページ メニューで [アセット] をクリックします。
  3. すべてのアセットを示す表が表示されます。[表形式] プルダウン メニューで [関連付け] を選択します。
  4. 表のツールバーの上のリストから [リードフォーム] を選択します。
  5. 既存のキャンペーンに追加するリードフォームの横にあるチェックボックスをオンにします。
  6. [追加先] > [キャンペーン] を選択します。選択するキャンペーンでは、キャンペーン目標として [見込み顧客の獲得] が設定されている必要があります。
  7. [完了] をクリックします。リードフォームが既存のキャンペーンに添付されている場合、リードフォームが承認された後、キャンペーンが掲載されます。リードフォームの審査ステータスは、キャンペーン設定の [リードフォーム] に表示されます。
リードフォームを編集する方法
既存のリードフォームを編集する際、リードフォームで要求する情報を変更することはできません。リードフォームで要求する情報を変更する場合は、新しいリードフォームを作成して別のオプションを選択します。それから、新しいリードフォームをキャンペーンに追加できます。
  1. Google 広告アカウントにログインします。
  2. ページメニューで [広告とアセット] をクリックし、サブページ メニューで [アセット] をクリックします。
  3. すべてのアセットを示す表が表示されます。[表形式] プルダウン メニューで [関連付け] を選択します。
  4. 表のツールバーの上のリストから [リードフォーム] を選択します。
  5. 目的のリードフォームにカーソルを合わせ、鉛筆アイコン 編集 をクリックします。
  6. リードフォームに変更を加えます。
  7. [保存] をクリックします。リードフォームを編集すると、リードフォームが承認されるまでキャンペーンの掲載は停止されます。
リードフォームを削除する方法
  1. Google 広告アカウントにログインします。
  2. ページメニューで [広告とアセット] をクリックし、サブページ メニューで [アセット] をクリックします。
  3. すべてのアセットを示す表が表示されます。[表形式] プルダウン メニューで [関連付け] を選択します。
  4. 表のツールバーの上のリストから [リードフォーム] を選択します。
  5. 目的のリードフォームの横にあるチェックボックスをオンにします。
  6. [削除] をクリックします。削除したリードフォームは復元できません。削除したフォームから過去 30 日間に獲得した見込み顧客情報は引き続きダウンロードできます。

次のステップ

成果を測定する

リードフォームの掲載結果は、Google 広告レポートで確認できます。次の点にご注意ください。

  • リードフォームが開かれるたびに、クリックとして記録されます。他のコンバージョン アクションは、リードフォームに関連するクリックとしてレポートされません。たとえば、リードフォームをクリックしたユーザーがその後ウェブサイトで商品を購入した場合、このコンバージョンはリードフォームに関連付けられません。
  • リードフォームで情報が送信されると、コンバージョンとしてカウントされます。リードフォーム コンバージョンは、フォームが最初に送信されたときに Google 広告で自動的に作成されます。
  • キャンペーンによってウェブサイト コンバージョンが促進される場合もあります。
  • Google 広告アカウントで [クリックタイプ] と [コンバージョンの種類] 別に掲載結果レポートを分割することで、クリックとコンバージョンに関する掲載結果を見極めることができます。
  • アクセスとコンバージョンは、Google アナリティクスのリードフォームには関連付けられません。ユーザーをウェブサイトに直接誘導したエンゲージメントのみがレポートされます。

見込み顧客情報をダウンロードする

見込み顧客情報をシンプルな CSV ファイルとしてダウンロードしたり、CRM にインポートできる高度な CSV ファイルとしてダウンロードしたりすることができます。また、Webhook 統合を設定して、CRM で見込み顧客を直接取得することも可能です。

リードフォーム用の Webhook 統合を設定する

Webhook 統合を使用すると、一意の URL を介してアプリ間で情報を自動的に送信できます。Webhook 統合を作成すれば、リードフォームを顧客管理(CRM)システムにリンクすることが可能です。Webhook 統合をリードフォームに追加すると、CRM で直接、見込み顧客情報を取得できます。

リードフォームに Webhook 統合を追加するには、Webhook URL と Webhook キーを生成する必要があります。

  • Webhook URL は配信用のパスです。ユーザーがリードフォームで情報を送信すると、設定された URL に HTTP POST リクエストが送信されるため、見込み顧客情報を CRM システムに直接送信できます。
  • Webhook キーは、送信された見込み顧客情報の確認に使用されます。

Webhook 統合を作成できる場合は、Webhook 統合を作成してから、その URL とキーを生成できます。Webhook の URL とキーの生成に関する詳細

: サードパーティの統合プロバイダを利用すると、Webhook を使ってリードフォームのデータを CRM に自動的に送信できます。サードパーティは Webhook を自動的に生成し、Google 広告のリードフォーム アセットに適用します。こうしたサードパーティによる見込み顧客情報のエクスポート機能を使用するには、有料アカウントが必要になる場合があります。

Webhook の代わりに Google Ads API を使用して、Zapier を使って見込み顧客情報をエクスポートする方法もあります。また、CSV ファイルをダウンロードするか Google Ads API を使用して、リードフォームのデータを手動でエクスポートすることもできます。

新しいリードフォームに Webhook 統合を追加する方法
  1. Google 広告アカウントにログインします。
  2. 左側のページメニューで [キャンペーン] をクリックします。
  3. プラスボタン をクリックし、[新しいキャンペーンを作成] を選択します。
  4. 目標として [見込み顧客の獲得] を選択します。
  5. キャンペーン タイプとして [検索]、[動画]、または [ファインド] を選択します。
  6. [続行] をクリックします。
  7. キャンペーン設定を入力します。
  8. [リードフォームを作成] をクリックして、リードフォーム アセット エディタを開き、リードフォームの詳細を入力します。
  9. 検索キャンペーンおよびディスプレイ キャンペーンの場合: [アセット] セクションまでスクロールし、[その他のアセットタイプ]、[リードフォーム] の順にクリックします。
  10. 動画キャンペーンとファインド キャンペーンの場合: [リードフォーム] セクションまでスクロールし、[フォーム] をクリックします。
  11. リードフォーム アセットの作成を開始します。
  12. [Google 広告から見込み顧客情報をエクスポート] をクリックして展開し、[その他のデータ統合オプション] をクリックして展開します。
  13. [Webhook の統合(省略可)] で、Webhook URL と Webhook キーを追加します。
  14. [テストデータの送信] をクリックし、CRM でデータが正しく受信されるかどうかを確認します。
  15. リードフォームの作成が完了したら、[保存] をクリックします。
既存のリードフォームに Webhook 統合を追加する方法
  1. Google 広告アカウントにログインします。
  2. ページメニューで [広告とアセット] をクリックしてから、[アセット] をクリックします。
  3. すべてのアセットを示す表が表示されます。表のツールバーの上のリストから [リードフォーム] を選択します。
  4. 目的のリードフォームにカーソルを合わせ、鉛筆アイコン 設定を編集(鉛筆アイコン) をクリックします。
  5. [Google 広告から見込み顧客情報をエクスポート] をクリックして展開し、[その他のデータ統合オプション] をクリックして展開します。
  6. [Webhook の統合(省略可)] で、Webhook URL と Webhook キーを追加します。
  7. [テストデータの送信] をクリックし、CRM でデータが正しく受信されるかどうかを確認します。
  8. リードフォームの編集が完了したら、[保存] をクリックします。

エラー ステータス

Webhook 追加後の最初の操作により、次のいずれかのエラー ステータスが表示されることがあります。

  • [エラー ステータス A]: テストデータの送信が成功しないままフォームを保存した場合に表示されます。
  • [エラー ステータス B]: データが送信されない場合に表示されます。
  • [エラー ステータス C]: データは送信されたものの、Google がレスポンスを受信していない場合に表示されます。
  • [エラー ステータス D]: データは送信されたものの、Google が間違ったレスポンス(「HTTP 200」とは異なる)を受信した場合に表示されます。
  • [成功ステータス]: データが送信され、Google が正しいレスポンスを受信した場合に表示されます。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
false
false
true
true
73067
false
false