「モバイル広告」理解度テストの学習ガイド

ユニバーサル アプリ キャンペーンについて

アプリを宣伝する方は、アプリの有料ユーザーを増やしたいとお考えでしょう。では、そうしたユーザーにリーチするにはどうすればよいでしょうか。ユニバーサル アプリ キャンペーンでは、そうした作業に必要なプロセスが合理化され、Google 検索、Google Play、YouTube、Google ディスプレイ ネットワークといった Google の最大規模のプロパティでアプリを簡単に宣伝できます。数行の広告文、入札単価、いくつかのアセットを設定すれば、それ以降はターゲット ユーザーにリーチできるようにキャンペーンが自動的に最適化されます。

ここでは、ユニバーサル アプリ キャンペーンの基本的な仕組みを説明します。このキャンペーンのご利用にあたっては、Google でアプリを宣伝するための運用ガイドユニバーサル アプリ キャンペーンの作成方法をご確認ください。

ご自分のアプリを宣伝したいとお考えですか?こちらをクリックして、ユニバーサル アプリ キャンペーンを設定しましょう。
 

仕組み

ユニバーサル アプリ キャンペーンでは、他の Google 広告キャンペーンとは異なり、個々の広告を自分で作成する必要がありません。お客様が指定した広告文の候補とアプリストアの掲載情報のアセットを使って、さまざまな広告が自動的に作成され、複数のフォーマットやネットワークで掲載されます。広告で使用する数行の広告文、入札単価と予算、対象の言語と地域を設定するだけで、自動的にさまざまなパターンの広告がテストされ、特に成果の高い広告が選別されて配信されます。追加の設定を行う必要はありません。

各ダウンロードから最大限の価値が得られるよう、ターゲティングや入札単価設定も Google 広告が自動的に行います。重視する操作(アプリ内コンバージョンなど)を行う可能性の高いユーザーに広告を重点的に表示するよう、キャンペーンのターゲティングを最適化することもできます。

インストール重視またはアプリ内コンバージョン重視で広告を最適化

ユニバーサル アプリ広告は、関連性が特に高い広告枠やプレースメントに合うように動的に生成されます。その際には、関連するアプリストアでのアプリ掲載情報や、お客様が指定した広告文の候補、アプリストアでのアプリ画像や YouTube 動画(掲載されている場合)などが使用されます。また、最適化の目標を満たすアプリのダウンロードを最大限に獲得できるよう、広告をローテーションで表示し、入札単価を自動的に調整します。たとえば、他の広告文よりも高い成果を上げている広告文がある場合、その広告文の表示頻度が自動的に高くなります。ユニバーサル アプリ広告の詳細

 

広告の掲載先

広告は Google 関連サイト全体に掲載されます。Google 検索、Google Play のほか、検索パートナー サイト、YouTube、Google ディスプレイ ネットワーク、AdMob、アプリ広告を配信している数多くのサイトが掲載先となります。以下はその一例です。

Google 検索ネットワーク

ユニバーサル アプリ広告は、お客様のアプリやそのカテゴリに関連する検索語句が使われたときに表示候補となります。そのため、広告のキーワードはさまざまな方法で生成され、Google Play でお客様のアプリの閲覧につながった検索語句なども使われます。

Google Play

    

  • Google Play の検索結果
  • Google Play の関連アプリ セクション: 「おすすめのアプリ」、「このアプリに関連」
  • Google Play のトップページ: 「おすすめ」

ユニバーサル アプリ広告の表示対象となるのは、お客様のアプリに関連する語句やアプリを検索するユーザーです。また、お客様のアプリに類似したアプリの詳細ページを閲覧したユーザーも表示対象になります。

YouTube

    

  • YouTube の関連するページやコンテンツ

YouTube では、広告がクリックされたり、アプリがダウンロードされたりする可能性が最も高い場所に広告が表示されます。

Google ディスプレイ ネットワーク

    

  • Gmail
  • その他のアプリ
  • ニュースサイトやブログをはじめとする、インターネット上のモバイル ウェブサイト

広告は Google ディスプレイ ネットワークと他のアプリ内で最も関連性の高い場所に表示されます。広告の掲載先は、設定されている目標インストール単価で最大限のコンバージョンを獲得できるよう自動的に調整されます。自動ターゲティングの詳細

キャンペーンの最適化と単価設定

ユニバーサル アプリ キャンペーンでは、マーケティング目標の達成に向けた最適化戦略として、次の 3 種類の方法をご用意しています。

インストールの促進を重視: アプリの新規ユーザーをできるだけ多く獲得することを目標として、入札単価とターゲティングが最適化されます。この場合は、アプリ インストール 1 回あたりにお支払いいただける費用の平均額を入札単価として設定してください。新しい Google 広告の詳細オプションを使うと、アプリのインストール後に特定の行動を取る見込みの高いユーザーをターゲットに設定することもできます。このオプションをご利用の場合も、インストール単価でお支払いいただきます。

アプリ内ユーザー行動の促進を重視: 価値の高いユーザーにリーチすることがお客様の目標であり、重要なアプリ内ユーザー行動をコンバージョン イベントとして設定している場合は、このオプションをご利用ください。指定した特定のアプリ内ユーザー行動を達成する見込みが特に高いユーザーに絞って、広告が表示されます。この場合は、目標コンバージョン単価として、指定したアプリ内ユーザー行動の発生 1 回あたりにお支払いいただける費用の平均額を設定してください。

3 番目の戦略は難易度が高いため、まずはインストールやアプリ内ユーザー行動を促進する戦略から試されることをおすすめします。

アプリ内ユーザー行動の価値を重視:  アプリ内ユーザー行動の価値を重視するキャンペーンでは、今後大きな価値を生むと見込まれるユーザーにターゲットを絞って、広告が表示されます。入札単価として設定する額は、広告費用 1 円で獲得したい平均コンバージョン値(収益など)です。これは目標広告費用対効果と呼ばれます。たとえば、計測期間に広告費用 1 円につきアプリ内購入 0.5 円の獲得を目標とする場合は、目標広告費用対効果を 50% に設定します。
 

単価の設定について詳しくは、ユニバーサル アプリ キャンペーンでの入札単価の設定についてをご覧ください。

また、適切なモバイルアプリ ユーザーにアピールするためのヒントもご確認ください。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。