Google 運用ガイド: スマート自動入札の効果的な運用

効率的に入札単価を管理する


自動入札には多くのメリットがあります。オークション結果が向上するだけでなく、時間を節約して、より戦略的な最適化に専念することが可能です。 

入札を自動化してアカウント管理にかかる時間を節約する

ご自身のアカウントにはキーワードがいくつあり、1 週間に入札単価を手作業で何回変更しているか、思い浮かべてみてください。1 か月、1 年単位で計算すると、変更回数はどれくらいになるでしょう。アカウントのキーワードが何千、何万という数にのぼる場合、入札単価を手動で最適化するための所要時間は、控え目に見積もっても毎月 10 時間以上に及びます。自動入札機能を活用すれば、単価設定にかける時間を大幅に短縮し、空いた時間をアカウントの他の部分の最適化に割り当てることができます。

これまで時間がなくて着手できなかった作業に専念することができるのです。

事例紹介

Savings.com,Inc. は、アメリカ国内で認知されている販売者のウェブサイトや店舗で利用できるクーポンや割引を提供するオンライン サイトで、広告費用対効果を維持しながら、クーポンの利用を徐々に増やしたいと考えていました。コンテキストに基づくさまざまなシグナルを考慮しながらオークションごとに入札単価が最適化されるスマート自動入札(目標広告費用対効果)の利用を始めた結果、指定した目標広告費用対効果で総利益が 30% 増加しただけでなく、キャンペーン マネージャーは地域やユーザー属性ごとに Google 広告の入札単価調整を管理する時間を節約できるようになりました。

 

運用ガイド ニュースレターに登録すると、Google 広告の上級者向けのヒントやサービスの最新情報がメールで届きます。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。