「予算による制限」に関する入札単価調整のトラブルシューティングを行う

「予算による制限」とは、1 日の平均予算が推奨額より低い場合に表示される入札戦略のステータスです。入札単価を引き上げるように調整値を設定した場合、オークションを勝ち抜いて広告が掲載される可能性が高くなります。一方、入札単価を引き上げることで、キャンペーンが「予算による制限」を受ける場合もあります。この制限により、キャンペーンで新しいトラフィックを最大限に獲得できない可能性があります。
「予算による制限」を受けているキャンペーンでも、一定の成果を上げて、広告掲載の目標の達成につなげることはできます。ただし、入札価格調整を設定してからキャンペーンが「予算による制限」を受けるようになった場合は、予算を引き上げてクリック数を増やすか、入札単価または入札単価調整を引き下げて限られた予算の中でより多くのクリックを獲得できるようにすることを検討してください。

注: 使用する自動入札戦略によっては、入札単価調整が無視されることがあります。地域、時間帯、オーディエンス、通話、ユーザー属性による入札単価調整は、ほとんどの自動入札戦略(「クリック数の最大化」を除く)で無視されます。

入札戦略が「予算による制限」を受けている場合、広告を最大限に表示できていません。

  • 表示される場所: キャンペーン表の [ステータス] 列に「予算による制限」と表示されることがあります。これは、予算が 1 日の推奨予算よりも低いことを意味します。
  • 表示される理由: 推奨額より予算が低いと、設定されたキーワードやターゲティング方法に応じて広告の表示が可能な場合でも、すべてに対応することができない可能性があります。そして、1 日かけて予算を消化できるよう、広告の掲載頻度が抑制されます。広告は表示されますが、掲載のチャンスを最大限に活かすことはできません。
  • 意味: 予算による制限のあるキャンペーンでも、一定の成果を上げて事業目標の達成に貢献することはありますが、予算を増額できれば広告の表示回数をさらに増やせる可能性があります。
  • 対処方法: キャンペーン表で予算シミュレータ アイコン Bid Simulator icon をクリックすると、予算を変更した場合に広告が表示される回数の概算を確認できます。また、予算による制限を受けているキャンペーンの目標コンバージョン単価を引き下げるか、目標広告費用対効果を引き上げることもご検討ください。あるいは、入札単価調整比を引き下げて、制限された予算内でクリック数や動画の視聴回数の増加を図ることも可能です。

たとえば、入札単価を 100 円、1 日の平均予算を 10,000 円に設定し、キャンペーンの 1 日あたりのクリック数が約 200 回、費用が 9,500 円であるとします(「予算による制限」は受けていません)。次に、神戸におけるモバイル デバイスでの検索に対する入札単価調整を +100% に設定すると、入札単価は 200 円になります。

入札単価を引き上げると、広告の表示機会が増えます。新たなクリックをすべて獲得し、できるだけ多くのトラフィックを誘導するには、1 日の予算を 15,000 円程度に増やす必要があります。一方、1 日の平均予算を 10,000 円のままにした場合、トラフィックは「予算による制限」を受けます。1 日の平均予算を変更しない場合は、獲得できるクリック数が減少する場合があります。

関連リンク

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

true
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73067
false