検索ボリュームが少ない

Google での検索履歴がほとんどないキーワードに表示されるステータスです。このキーワードは、検索トラフィックが増加して広告を表示できるようになるまで非アクティブとなります。

  • 「検索ボリュームが少ない」と表示されるキーワードは、Google での検索トラフィックが極めて少なく、ユーザーによる検索のほとんどとあまり関連性がありません。このため、これらのキーワードで広告が表示されないよう、一時的に非アクティブにされます。
  • 停止されたキーワードの検索回数が少しでも増えると、再度アクティブになり、そのキーワードで広告が再び表示されるようになります。このステータスは定期的に確認され、更新されます。
  • たとえば、極端に限定的なキーワードや曖昧すぎるキーワード、つづりに深刻な誤りがあるキーワードなどです。これらのキーワードを広告オークションから除外することで、広告を効率的に配信し、システムで処理するキーワードのボリュームを減らすことができます。オークションからキーワードが除外される前には、全世界における該当のキーワードの過去 12 か月の検索回数が分析されます。
  • 検索ボリュームの少ないキーワードがある場合は、次の 2 つの対処方法があります。
    • 何もせずに 1 週間後の Google による自動確認を待つ。そのキーワードを検索するユーザーが増えれば、キーワードは再度アクティブになります。これは、新しいブランドや用語、商品を宣伝する場合に有効な対処方法です。
    • そのキーワードを削除し、キーワード プランナーを使用して別のキーワード候補を見つける。

トラフィックの少ないキーワードの詳細について

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。