一括編集

一括編集は、アカウント内の複数のアイテムを同時にまとめて編集する方法です。一括編集を行うと、1 つ以上のキャンペーンで複数のアイテムを同時に更新して時間を節約できます。

Google 広告には、アカウントの一括編集に役立つさまざまなツールや機能が用意されています。利用できる編集オプションは、使用するツールや機能によって異なります。

一般に、一括編集はアカウントで次の機能を使う場合に利用できます。

  • Google 広告: Google 広告アカウントの複数のアイテムを指定して、まとめて変更を加えることができます。詳しくは、一括編集で変更を加えるをご覧ください。
  • 一括アップロード: キーワード、広告、広告グループ、キャンペーン、商品グループ、お支払い情報などを含むスプレッドシートをダウンロードして、そのスプレッドシートをオフラインで変更してからアップロードすれば、その変更を Google 広告アカウントにまとめて適用できます。詳しくは、一括アップロード機能で変更を加えるをご覧ください。
  • Google 広告エディター: この無料でダウンロードできるアプリケーションを使うと、Google 広告アカウントをオフラインで管理してキャンペーンや広告グループ、キーワードなどを簡単に一括編集し、変更内容を Google 広告にアップロードして反映できます。詳しくは、Google 広告エディターについてをご覧ください。
  • Google Ads API(AdWords API): Google Ads API(AdWords API)(アプリケーション プログラミング インターフェース)では、Google 広告サーバーと直接連携するアプリケーションを作成できます。そうしたアプリケーションを使うと、Google 広告の大規模なアカウントや複雑なアカウントを独自の方法で効率的に管理できるほか、外部データも利用できます。
  • Google 広告スクリプト: スクリプトを使うと、Google 広告アカウントに自動的に変更を加えることができます。管理画面から手動で変更しなくても、JavaScript コードで記述したスクリプトを使って入札単価の変更や広告グループの一時停止、キーワードの追加を自動的に行えます。スクリプトについて詳しくは、Google 広告の自動化で手間を削減をご覧ください。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。