スマート自動入札ガイド

スマート自動入札は自動入札戦略の一部で、機械学習を使用してコンバージョン数やコンバージョン値の最適化を行います。ひとつひとつのオークションごとに自動で正確な入札単価を設定することにより、既存のパフォーマンス目標と同等またはそれ以上の費用効率で、コンバージョン数やコンバージョン値を増やすことができます。

目標コンバージョン単価目標広告費用対効果コンバージョン数の最大化コンバージョン値の最大化はいずれもスマート自動入札戦略です。

「目標インプレッション シェア」と「クリック数の最大化」も自動入札戦略ですが、オークションごとの自動入札機能は含まれていません。

スマート自動入札の用途と、自動入札の用途を説明した図

スマート自動入札のメリット

Google 広告の自動入札機能は、さまざまなビジネス目標に応じた入札単価の最適化を大規模に行う場合に便利です。スマート自動入札には Google の機械学習技術が使用されています。自動入札は次のようなメリットをもたらします。

  • 目標に応じた入札戦略: 達成したいビジネス目標、コンバージョン目標、コンバージョン値の目標に応じて、最適な入札戦略を選択できます。
  • 完全なオークションごとの自動入札: スマート自動入札はひとつひとつのオークションごとに入札単価を最適化するため、各ユーザーの検索コンテキストに応じた的確な入札単価を設定でき、パフォーマンス目標の達成に効果的です。
  • クエリレベルのパフォーマンス モデリング: スマート自動入札では、アカウント全体のクエリレベルのコンバージョン データを活用できるため、個々のキーワードのデータが不足していても有効な最適化が可能です。これにより、検索ボリュームの少ないキーワードや現時点での掲載結果の履歴が少ないキーワードに対して、アルゴリズムでより正確に入札できるようになります。
  • さらに豊富なコンテキスト シグナル: デバイス、地域、時間帯といった主要シグナルに加えて、スマート自動入札ならブラウザ、OS、言語など多種多様な追加シグナルを評価できます。これにより、各オークションにおける検索状況とコンバージョンに至る可能性を、すべての入札で考慮することができます。また、コンバージョン率に統計的に有意な影響を与え、個々の入札単価調整では使われない可能性があるシグナルの組み合わせも考慮されます。自動入札で使用されるシグナルの詳細
  • 常に学習するアルゴリズム: スマート自動入札では、入札アルゴリズムを継続的に更新して、掲載結果の変化に合わせて調整します。また、ビジネス固有のコンバージョン サイクルに適応し、最近のデータを過去のデータと比較して重み付けの程度を判断します。
Basics icon

基本 | スマート自動入札を使ってみる

スマート自動入札の基本と、スマート自動入札を使用してビジネス目標を達成する方法について説明します。

今すぐ開始

set up icon

設定 | スマート自動入札の設定

今すぐ開始

upload data icon

表示 | スマート自動入札の掲載結果の表示

スマート自動入札戦略の成果を把握します。

今すぐ開始

関連リンク

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73067
false
false