年間アップグレードを更新する

企業や学校で使う Chrome デバイスの管理者向けの内容です。

Chrome Enterprise Upgrade の年間プランをご利用の場合は、契約期間の終了時にアップグレードを更新する必要があります。永久アップグレード(デバイスのサポート終了まで有効)を購入された場合、更新は不要です。

契約期間の終了前にアップグレードを更新しなかった場合、サービスは停止され、デバイスの登録、各種設定、組織内のユーザーやデバイスへのポリシーの適用ができなくなります。

アップグレードの更新方法

アップグレードをどのようにご購入いただいたかにより、更新方法が異なります。

  • 認定パートナー経由で Chrome Enterprise Upgrade の年間アップグレードを購入された場合は、ご購入元のパートナーに連絡をして更新していただく必要があります。

  • 管理コンソールを使用して Chrome Enterprise Upgrade の年間アップグレードを購入された場合は、契約期間終了時に自動更新されるようにお支払いとご請求のプランを設定する必要があります。

アップグレードの自動更新

管理コンソールからアップグレードを購入された場合は、契約が自動更新されるように請求先アカウントを更新することをおすすめします。自動更新を設定することで、更新時にサービスが中断されることなく、次の更新日にすべてのアップグレードの契約が 1 年間自動的に継続されます。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[お支払い] にアクセスします。
  3. [Chrome Enterprise] の左にある下矢印アイコン 下矢印 をクリックします。
  4. [更新オプション] の横にある [変更] をクリックします。
  5. [契約を自動更新する] を選択し、[保存] をクリックします。

よくある質問

アップグレードを更新しなかった場合はどうなりますか?

契約期間の終了時にアップグレードを更新しなかった場合、ご利用中の管理サービスは停止され、デバイスの登録、各種設定、組織内の Chrome デバイスへのポリシーの適用を行えなくなります。

永久アップグレードと年間アップグレードの両方を持っている場合はどうなりますか?

年間アップグレードの期限切れやライセンスの数の減少は、永久アップグレードには影響しません。ただし、年間アップグレードの期限が切れた(更新しなかった)時点で、登録済みのデバイスの数が永久アップグレード ライセンスの数よりも多い場合は、管理コンソールの [デバイスの設定] ページにアクセスできなくなります。
現在のポリシーは、引き続きユーザーのデバイスに適用されます。再び [デバイスの設定] ページにアクセスできるようにするには、アップグレードを追加購入するか、デバイスをデプロビジョニングして、デバイス 1 台につき 1 つ以上のアップグレード ライセンスを用意します。年間サブスクリプションの期限切れ後にサービスの管理に関する問題が発生した場合は、Chrome サポートチームまでご連絡ください。

以前よりもアップグレード ライセンス数を少なくしてサービスを更新するにはどうすればよいですか?

現在よりも年間アップグレード ライセンスの数を減らして更新する場合は、登録済みのデバイスの数が、更新するアップグレードの数以下であることを確認する必要があります。登録済みのデバイス数が更新後のアップグレード ライセンス数よりも多い場合は、その差異を解決するための猶予期間が設けられます。猶予期間が終了すると、使用中のアップグレード ライセンス数が保有しているアップグレードの総数以下になるまで、デバイスに設定されたポリシーが適用されなくなります。

たとえば、元のアップグレード ライセンス数が 100 あり、50 個のライセンスだけを更新する予定ですが、70 台のデバイスが登録されているとします。この場合はアップグレードを更新する前に、20 台のデバイスの登録を解除する必要があります。このようにして、アップグレードの更新時にライセンス数と登録済みのデバイス数が同じになるようにします。

関連トピック

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。