検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

Google に掲載するローカル ビジネス情報のガイドライン

これは、Google に掲載されるローカル ビジネス情報を良質に保つためのガイドラインです。ガイドラインに従い、よくある問題を回避することで、Google に掲載する情報の変更や、ビジネス情報の削除を求められるといった状況を避けることができます。

Google マイビジネスで成果を高める方法:

  • 実際のお店やサービスで使用し、認知されている看板、事務用品、その他のブランド表記と一貫性のあるビジネス情報を使用します。
  • 詳細な住所が正確に記載されていることを確認します。
  • 中心となるビジネスの概要を説明するカテゴリを選択し、カテゴリ数はできるだけ少なくします。

: ブランドや組織、アーティスト、その他オンラインのみのビジネスの場合は、Google マイビジネスのリスティングではなく、ブランドページを作成します。ブランドページについては、Google+ ページのコンテンツ ガイドラインを使用します。

ブランドページとローカルページの違いをご確認ください。

基本的ガイドライン

対象になるビジネス

Google マイビジネスのリスティングの対象になるのは、営業時間内に直接顧客と対応するお店やサービスです。

例外: ATM、ビデオレンタル店などのセルフサービス ビジネスは許可されます。ただし、このようなサービスの場所を追加する場合は、顧客が利用できる連絡先を含める必要があります。

対象にならないビジネス

以下のビジネスはビジネス リスティングの対象になりません。

  • 工事中、またはまだ開店していないビジネス。
  • 別荘、モデル住宅、アパートの空き部屋などの不動産賃貸物件や販売物件。ただし、販売または賃貸業務を行うオフィスはオーナー確認の対象になります。
  • 所有権や代表権を持たない場所で継続的に実施するサービス、教室、集会。

オーナー

Google マイビジネスでビジネス情報のオーナー確認と管理を行えるのは、そのお店やサービスのオーナーまたは承認を受けた代理人に限られます。ご自身のリスティングへのアクセスを他のユーザーと共有するには、そのユーザーを管理者として追加します。

承認を受けた代理人に関する補足のガイドライン

Google マイビジネスを使用して、自分が所有していないビジネスのビジネス情報を管理する個人または企業は、承認を受けた代理人と呼ばれます。たとえば、サードパーティの SEO/SEM 企業、ビジネス オーナーの友人、オンラインによる(注文、スケジュール、予約)サービスを提供する事業者、アフィリエイト ネットワーク事業者が該当します。

承認を受けた代理人は、次の内容を順守する必要があります。

  • ビジネス オーナーから明示的な同意を得ることなくビジネス リスティングを登録しないでください。
  • 誤った内容、誤解を招く内容、非現実的な内容を登録しないでください。
  • 見込み顧客または既存の顧客に対して、嫌がらせ、侮辱、不誠実な対応を行わないでください。
  • オーナー確認を行う際は、必ずビジネス オーナーと直接連絡を取ってください。オーナー確認について詳細をご確認ください。
  • ビジネス オーナーが Google マイビジネスのサービスを理解し、Google マイビジネスのデータがどこで使用されるかを必ず把握できるようにしてください。承認を受けた代理人は、次のドキュメントをビジネス オーナーに確認してもらう必要があります。
  • 承認を受けた代理人は、ビジネス リスティングに対して自分が行う操作について、必ずビジネス オーナーに通知してください。
  • Google に掲載するローカル ビジネス情報のガイドラインに必ず従ってください。掲載する電話番号やウェブサイトは、そのビジネスで使われる正式なものを 1 つだけ掲載し、ビジネス オーナーが確認できるようにする必要があります。ウェブサイト コンテンツは、ビジネス オーナーが所有および管理している必要があります。
  • 管理アクセスのリクエストには必ず迅速に応答し、リクエストがあった場合は、リスティングのオーナー権限を迅速にビジネス オーナーに譲渡してください。承認を受けた代理人は、可能な場合には必ず、ビジネス オーナーにアカウントの作成とリスティングの所有を依頼し、さらに承認を受けた代理人を管理者として追加するよう依頼する必要があります。オーナー権限の譲渡について詳細をご確認ください。

これらのポリシーに従わないと、リスティングやアカウントが停止される原因となる場合があります。

ビジネス情報

名前

店舗、ウェブサイト、事務用品などで継続的に使用し、顧客に認知されている、実際のビジネスの名称を使用します。正確なビジネス名を入力すると、ユーザーがオンラインで検索するときにお客様のビジネスを見つけやすくなります。

ビジネス情報の別の欄に、住所営業時間カテゴリなどの詳細な情報を追加できます。

たとえば、東京都港区に 24 時間営業の「グーグル コーヒー」という名前のコーヒー ショップのリスティングを作成したとすると、ビジネス情報は次のように入力できます。

  • ビジネス名: グーグル コーヒー
  • 住所: 東京都港区六本木 1-2-3-45
  • 営業時間: 24 時間営業
  • カテゴリ: コーヒー ショップ

ビジネス名に不要な情報を含めることはできません。含めると、リスティングが停止される可能性があります。ビジネス名に含めることができる情報とできない情報については、以下の例をご覧ください。

詳細

以下の例では、「不可」の欄に示すような名称はすべて許可されません。

名称に以下を含めないこと

  • マーケティング タグライン
    • 不可: 「グーグル銀行-日本一便利」、「グーグル薬品気合いだ!
    • 可能: 「グーグル銀行」、「グーグル薬品」
  • 店舗コード
    • 不可: 「UPS ストア - 2872
    • 可能: 「UPS ストア」
  • 商標または登録商標のマーク
    • 不可: 「バーガーキング®
    • 可能: 「バーガーキング」
  • すべて大文字の表記(頭字語を除く)と不必要なスペース
    • 不可: 「S U B W A Y
    • 可能: 「Subway」、「KFC」、「GU」、「IKEA」
  • 営業時間情報(営業中または準備中など)
    • 不可: 「ベストピザ 24 時間営業」、「グーグル アウトレット(準備中)
    • 可能: 「ベストピザ」、「グーグル アウトレット」
  • 電話番号、ウェブサイトの URL(実際のお店やサービスで継続的に使用し、認知されている場合を除く)
    • 不可: 「エアポート ダイレクト 0120-123-1111」、「webuyanycar.com
    • 可能: 「エアポート ダイレクト」、「1-800-Got-Junk」
  • 特殊文字(%&$@/"など)または無関係の法的用語(実際の店名またはサービス名の一部である場合を除く)
    • 不可: 「Shell Pay@Pump」、「Re/Max, LLC」、「LAZ Parking Ltd
    • 可能: 「Shell」、「Re/Max」、「LAZ Parking」、「Toys"R"Us」、「H&M」、「T.J.Maxx」
  • 取り扱っているサービスまたは商品の情報(実際の店名またはサービス名の一部、もしくは事業内の部門(「部門」参照)を特定するのに必要な情報である場合を除く)。サービス情報はカテゴリで表すのが最も効果的です(「カテゴリ」参照)。
    • 不可: 「Verizon Wireless 4G LTE」、「Midas 高級オートサービス
    • 可能: 「Verizon Wireless」、「Midas」、「Best Buy モバイル」、「Advance Auto Parts」、「JCPenney 写真スタジオ」
  • 地域市区町村番地名などの所在地情報(実際のビジネスで継続的に使用し、認知されている場合を除く)。名称に通りの名前や道順を含めることはできません。
    • 不可: 「グーグルホテル(中央高速八王子インターすぐ)」、「グーグル銀行 ATM - 銀座 7 丁目、地下駐車場あり」、「神田駅前そば
    • 可能: 「グーグルホテル八王子」、「グーグル銀行 ATM」、「かんだやぶそば」、「カリフォルニア大学バークレー校」
  • 出店先情報 お店やサービスが別の事業体の中にあることを示す情報(上部事業体と同じ組織か否かは問わない)
    • 不可: 「グーグル銀行 ATM(エキュート東京)」、「アップルストア グーグル ショッピング センター」、「グーズバー - 銀座三越」、「グーオート タイヤ部門(グーオート)」「グー買取センター(グーグルデンキ内)
    • 可能: 「グーグル銀行 ATM」、「アップルストア」、「グーズバー」、「グーオート タイヤ部門」、「グー買取センター」

複数の場所で事業を展開しているチェーンとブランド部門開業者(医師、弁護士、不動産仲介士など)には、下記のとおり個別のガイドラインがあります。

住所

お店やサービスの所在地を示す詳細な住所を正確に記載します。遠隔地にある私書箱は許可されません。

詳細
  • お店やサービスが実在する場所にページを作成します。
    • 地区や通りの名前ではなく、所在地の詳細な住所を正確に記載します。私書箱は実在の場所とはみなされません。
    • 部屋番号、階数、建物の番号などを含めても構いません。近くの通り名やランドマークなどの情報は、正式な住所が正確なビジネスの所在地を示さない場合にのみ含めるようにしてください。
    • 所在地の建物内にある郵便受けの番号または部屋番号を指定する必要があれば、住所を [住所 1] に、郵便受けの番号または部屋番号を [住所 2] に入力します。
    • 実際とは異なる場所にあるバーチャル オフィスを一時的に借りている場合は、通常の営業時間内に担当者が常駐しない限り、そのバーチャル オフィスの所在地ではページを作成できません。
  • 住所の行には、実際の住所以外の情報(URL やキーワードなど)は含めないでください。
  • アカウントが同じか別かに関わらず、お店やサービスの 1 つの場所に複数のページを作成することはできません。
    • 開業者のほか、事業、大学、病院、政府機関内の各部門も個別のページを持つことができます。開業者部門の詳細については、個別のガイドラインをご覧ください。
  • 住所に番地が含まれていない場合、あるいは住所を正しく入力したのに場所が特定されない場合は、こちらの手順でビジネス拠点を地図上で直接指定できます。

非店舗型のビジネス

顧客がいる場所に出向いてサービスを提供する非店舗型ビジネスの場合は、中心的なオフィスまたは事業所に対応するページを 1 つ作成し、その場所からサービスを提供する地域を指定します。「仮想」のオフィスは、営業時間中に従業員が常駐している場合を除き、登録することはできません。

レストラン席と宅配ピザの両方を提供しているピザ店のような、ハイブリッドの非店舗型ビジネスもあります。こうしたビジネスでは、Google マイビジネスで実店舗の住所を表示して、サービス提供地域を指定できます。実店舗でサービスを提供していて、なおかつサービス提供地域も指定したい場合は、営業時間中に従業員がその店舗に常駐して顧客に対応できるようにします。

住所表示の方法は、ご自身が設定したビジネス情報と他の情報源から得たデータを総合的に勘案して Google が判断します。非店舗型ビジネスに関する詳細

ウェブサイトと電話番号

可能な限り、個々のビジネス拠点に直接つながる電話番号を指定します。ビジネス拠点ごとに 1 つのウェブサイトを指定します。

  • 可能な限り、電話総合受付センターではなく、個々のお店の番号を使用します。
  • ユーザーへの「参考」のために、実際のビジネス拠点とは異なる場所にかかる電話番号や、実際の事業内容とは異なるランディング ページにリダイレクトする URL を指定することはできません。これには、ソーシャル メディア サイトに作成したページも含まれます。
  • ビジネス直属の電話番号を指定してください。

営業時間

顧客に対応可能な通常の営業時間を入力してください。通常の営業時間として現在の季節別営業時間を入力することもできます。また、祝祭日や特別イベントなどの特定の日に対して特別営業時間を指定することも可能です。

詳細

営業時間が日によって異なる(上演、礼拝、クラスなどその日の活動によってスケジュールが決まる)ビジネスや、完全予約制のビジネスなどの場合は、営業時間を指定しないでください。営業時間を指定してはいけないビジネスには、ホテルや旅館、映画館、救急処置室、学校や大学、輸送サービス、空港、礼拝所、イベント会場、景勝地などがあります。

ビジネスに部門(部門を参照)がある場合、部門別のリスティングにその部門の営業時間を指定してください。メインのビジネスの営業時間は、メインのビジネスのリスティングに指定します。

異なる営業時間

ビジネスに異なる営業時間がある場合は、以下の業種別のガイドラインをご確認ください。

  • 銀行: できる限り窓口営業時間を指定してください。そうでない場合は、ドライブスルー営業時間を指定することもできます。ATM を設置している銀行の場合は、別のリスティングに ATM 専用の営業時間を指定することができます。
  • 自動車販売店: 自動車を販売している時間を指定してください。新車販売と中古車販売の時間が異なる場合、新たに営業時間を指定します。
  • ガソリン スタンド: ガソリンを販売している時間を指定してください。
  • レストラン: レストランで顧客が座って食事ができる時間を指定してください。そうでない場合は、テイクアウト時間を指定します。いずれの時間も指定できない場合は、ドライブスルー営業時間を指定します。それも指定できない場合は、配達時間を指定してください。
  • 倉庫: オフィスの営業時間を指定してください。もしくは、受付時間を指定します。

季節ごとの営業時間

ビジネスに季節ごとの営業時間がある場合は、以下のガイドラインをご確認ください。

  • 営業している季節の間は、現在の季節の営業時間を指定してください。祝祭日、臨時休業、その他のイベントなどの特別営業時間を指定することもできます。
  • 休業している季節の間は、すべての営業時間を削除し、未設定の状態にします。次の営業する季節が始まったら、再び営業時間を指定してください。

カテゴリ

カテゴリは、顧客が目的の関心事を正確に見つけるのに役立ちます。最新のビジネス情報を正確に設定するには、以下の点をご確認ください。

  • カテゴリ一覧の中から、中心となる事業内容を示すカテゴリのみを可能な限り数少なく設定します。
  • 可能な限り具体的、かつ中心となる事業内容を示すカテゴリを選択します。
    • キーワードそのもの、または事業の属性を示すカテゴリは使用しないでください。
    • 近隣または関連する別の事業のカテゴリは使用できません。ご自身の事業所内にある別の事業や、ご自身の事業に含まれる別の事業体などがこれに該当します。
詳細

カテゴリは「ビジネスに何が含まれるか」ではなく「ビジネスが何であるか」という観点で選択します。提供しているサービス、販売している商品、保有している設備を示すことではなく、ビジネスの内容を総合的に示すことが目的です。一般的なカテゴリ

ビジネスの中心となる最も具体的なカテゴリを設定していただければ、後は Google のシステム内で対応いたします。たとえば、「ゴルフリゾート」という具体的なカテゴリを選択した場合は、Google のシステム内で「リゾートホテル」や「ゴルフコース」といった一般的カテゴリが追加されます。自動的に選択されたカテゴリが、ご自身で選択した具体的なカテゴリと重複すると思われる場合は、任意に解除してかまいません。事業に該当する具体的なカテゴリが見つからない場合は、一般的なカテゴリの中からお選びください。Google では対象となるお店やサービスのウェブサイトや、ウェブ全体の書き込みや評判からも、カテゴリ情報を検出しています。

  • 「パパジョーンズ」は宅配ピザ店ですが、店内での飲食はできません。このようなお店のカテゴリは「宅配ピザ」、追加カテゴリは「持ち帰り用ピザ」となります(具体性に欠ける「宅配/出前」「テイクアウト」ではありません)。
  • 「米国海軍クレジット ユニオン」の場合は、「連邦クレジット ユニオン」を使用します(一般的な「銀行」にはしません)。
  • 「Super 8」はプール付きのモーテルです。このような場合のカテゴリは、「ホテル」よりも「モーテル」の方が適切です。また、「プール」はカテゴリに設定しないでください。
  • 「24 Hour フィットネス」であれば、カテゴリは「ヘルスクラブ」にします(設備である「スポーツジム」や「プール」ではありません)。
  • 「A1 キャッシング」であれば、「キャッシング サービス」にします(具体性に欠ける「銀行」ではありません)。
  • 「ウェンディーズ」はファースト フードのハンバーガー店ですが、デザート メニューもあります。この場合のカテゴリは「ファースト フード」です(追加カテゴリに「ハンバーガー店」)。「スイーツ店」ではありません。

事業体の中に別の組織が所有または運営する事業が含まれる場合は、ご自身の事業のカテゴリのみを使用します。

  • 「ツタヤ書店」内に「スターバックス」(カテゴリは「コーヒー ショップ」)があっても、カテゴリは「コーヒー ショップ」ではなく「書店」となります。
  • 「セブンイレブン」内に「セブン銀行 ATM」(カテゴリは「ATM」)があっても、カテゴリは「ATM」ではなく「コンビニエンスストア」となります。
  • ハードロック ホテル内に「Nobu」(カテゴリは「レストラン」)があっても、カテゴリは「レストラン」ではなく「ホテル」となります。

次のような併設事業の場合は、それぞれ別にページを作成します。同じ場所で両方のカテゴリを設定するのではなく、ページを 2 つに分けてください。また、2 つ目の事業には必ず別の名称を使用します(「部門」もご覧ください)。

  • ホテル / モーテル内のレストラン / カフェ / バー
  • 食材店 / スーパー内の薬局
  • 食材店 / スーパーに併設されたガソリンスタンド

メニュー

メニューには次の 2 種類があります。

  • レストランやバーなどの飲食店で注文可能な食べ物や飲み物の一覧がすべて記載されたメニュー。
  • 理容店やスパ、自動車修理工場などのサービス業で利用可能なすべてのサービスが記載されたメニュー。

詳細

どちらのメニューも以下のガイドラインに従う必要があります。
  • メニューは、顧客がそのビジネスで利用可能な商品やサービスの内容を表すものである必要があります。飲食店であれば、朝食やランチ、ディナーなど、全メニューを記載でき、その他のメニューページへのリンクを表示することも可能です。たとえば、お客様のお店のディナー メニューへのリンクを選択する場合に、リンク先に朝食やランチメニューへのリンクが記載されていても構いません。
  • 人気メニューのみを記載したサンプル メニューや抜粋メニューは送信できません。
  • メニューの URL に、第三者の注文または配達サービスへの直接リンクを使用することはできません。
  • クライアントの代わりにリスティングを管理している第三者がビジネスのメニューの URL を送信する場合は、ビジネス オーナーの同意を得ていることを通知する必要があります。

チェーン、組織内の部門、個人開業者

チェーンとブランド

Google マップと検索結果から、ユーザーにすぐに見つけてもらうには、すべてのビジネス拠点で一貫した名称とカテゴリを使用します。

実際の店舗名が場所により異なる場合を除いて、ビジネス拠点の名称はすべて統一します。また、同じサービスを提供するビジネス拠点は、すべて同じカテゴリに設定する必要があります。

詳細

名称の一貫性

同一国内のビジネス拠点は、場所に関わらず同じ名称にします。たとえば「ザ・ホーム・デポ」という名称であれば、一部にこれ以外の「ホームデポ」や「ホーム・デポ新都心店」を使用することは認められません。

このポリシーには次の 2 つの例外があります。

  1. 複数の種類の事業(サブブランド、部門、小売と卸売などの営業形態の違い)を行っている場合は、すべてのビジネス拠点に一貫して適用される限り、それぞれ特定の名称を付けることができます。
    • 使用可能なパターン: 「ウォルマート スーパーセンター」と「ウォルマート エクスプレス」、「ノードストローム」と「ノードストローム ラック」、「ギャップ」と「ベビーギャップ」
  2. 一部の実際の店舗、ウェブサイト、事務用品で一貫して別の名称を使用している場合は、その名称を使用できます。
    • 使用可能なパターン: 「Intercontinental Mark Hopkins San Francisco」と「Intercontinental New York Barclay」、「PFK」(カナダ国内のフランス語圏)と「KFC」(カナダ国内の英語圏)

カテゴリの一貫性

すべてのビジネス拠点で、事業内容を示す同一のカテゴリを設定します。各拠点が各種のグループ(例: サブブランド、複数部門、営業形態の違い(小売、配送センター、事務所など))に分かれている場合、この規則は下位のサブグループに対してのみ適用されます。

  • 「ギャップキッズ」のカテゴリはすべて「子供服店」です。
  • 「グッドイヤー サービスセンター」のカテゴリはすべて「タイヤショップ」です。また、すべてに「自動車整備工場」カテゴリが追加されます。
  • 「ペットスマート」のカテゴリはすべて「ペット用品店」ですが、一部の店舗には別のカテゴリが追加される場合があります(「ペットショップ」、「犬の一時預かり」など)。

同一のビジネスに複数のブランドが含まれる場合

ビジネスに複数のブランドが含まれる場合、ブランド名をつなげて 1 つのリスティングに記載することはできません。1 つのブランドのみを選択してそのリスティングに掲載します。同じビジネスであっても、各ブランドが個別に運営されている場合はブランド別のリスティングを使用できます。

  • 不可: 「KFC / タコベル」、「ダンキンドーナツ / サーティワンアイスクリーム
  • 可能: 「KFC」、「タコベル」、「ダンキンドーナツ」、「サーティワンアイスクリーム」

他のブランドの商品やサービスを販売するビジネスの場合は、販売品目のブランド名を除くビジネス名のみを使用します。ブランド名ではビジネスのリスティングを作成できません。

  • 不可: 「グーグル文具店 / コクヨ」、「グーグルタイヤ / ブリヂストン
  • 可能: 「グーグル文具店」、「グーグル タイヤ」

ただし、ビジネスがブランド商品やサービスを販売する専属契約を締結した公式認定ショップ(「フランチャイズ」を含む)の場合は、そのブランド名でリスティングを作成することができます。

  • 可能: 「ドコモショップ」、「ボルボ・カーズ 東京」

ビジネスの名称変更

ブランドの名称や、ビジネスのいずれかの名称を変更する場合は、ビジネス情報を編集して更新してください。

ビジネスの名称を変更できるのは、次のような場合です。

  • ビジネス名は変わったものの、ビジネスのカテゴリ、管理、オーナーに変更がない場合。
  • 別のビジネスを買収または合併して、その名称を変更した場合。
  • 複数のビジネスを運営し、そのすべての名称を変更した場合。

ビジネスがその事業形態を大幅に変更する場合(たとえば、ホテルやファストフード店が別のフランチャイズ系列に乗り換えたり、自動車ディーラーが別のメーカーを専門にしたりする場合)は、新しいビジネスと見なされ、名称の変更はできません。名称を変更できない場合は、まず既存のビジネス リスティングに閉業マークを付けてから、新しい事業形態を反映した新しいリスティングを作成してください。

ビジネス、大学、機関内の各部門

ビジネス、大学、病院、政府組織内の各部門は Google では個別にリスティングを作成することができます。

詳細

対外的に独立した組織として活動する部門は個別のページを作成する必要があります。各部門の名称は、母体とも別の部門とも区別する必要があります。通常このような部門は個別の顧客窓口があり、カテゴリも異なるはずです。母体とは営業時間も異なる場合があります。

  • 可能(個別のリスティングを作成できるケース):
    • 「ウォルマート ビジョン センター」
    • 「タイヤ館イオンモール」
    • 「東京医科歯科大学歯学部附属病院」
  • 不可(個別のリスティングを作成できないケース):
    • ケーズデンキの「Apple 社製品コーナー」
    • ららぽーと内の「グルメフード」

各部門を具体的に表すカテゴリを選択し、母体とも別の部門とも区別する必要があります。

  • 母体である「三井住友信託銀行」のカテゴリは「銀行」でも、「三井住友信託銀行 コンサルプラザ」のカテゴリは「金融コンサルタント」
  • 「神奈川トヨタ自動車」のカテゴリは「トヨタ販売店」でも、「神奈川トヨタ整備」のカテゴリは「自動車整備工場」(「自動車用品ショップ」カテゴリが追加される場合あり)
  • 「グーグル コンビニ」という母体があるとすると、そのカテゴリは「コンビニエンスストア」(「サンドイッチ店」カテゴリが追加される場合あり)でも、その一部門である「グーグル スタンド」のカテゴリは「ガソリンスタンド」、「ウォッシュグーグル」のカテゴリは「コイン洗車場」

個人開業者(医師、弁護士、不動産仲介士など)

個人開業者とは、対外的に専門業務を行い、通常は独自の顧客層を抱える開業者です。医師、歯科医師、弁護士、投資顧問、保険代理人、不動産仲介士などが個人開業者に含まれます。開業者のリスティングには肩書きや学位を記載することができます(Dr.、MD、JD、Esq.、CFA、博士、医学博士、法務博士、公認会計士など)。

個人開業者は以下の場合に専用のリスティングを作成できます。

  • 対外的に専門業務を行う開業者本人であること。サポート スタッフが自分のリスティングを持つことはできません。
  • 確認された事業所で営業時間内に本人に直接連絡が取れること。

また、開業者はすべての専門分野ごとに複数のリスティングを作成することはできません。

詳細

同一の事業所に複数の開業者がいる場合

開業者自身の他にも同一の事業所で看板を掲げる開業者がいる場合:

  • 開業者とは別に、運営組織が事業所のリスティングを作成します。
  • 開業者のリスティングには、その開業者の名前のみを含め、運営組織の名前は含めません。

ブランドを冠した組織に所属している個人開業者の場合

ブランドを冠した組織で対外的に専門業務を行う唯一の開業者で、ブランドを冠した組織を代表している場合は、開業者と組織のリスティングを共有することをおすすめします。[ブランド名または会社名]: [開業者名] の形式で名前を付けて、1 つのリスティングを作成します。

可能: 「オールステート研究所: ジョー ミラー」(ミラー氏がオールステート研究所で対外的に専門業務を行う唯一の開業者である場合)

その他の注意点

違法行為

Google では不正な行為や違法行為は一切許容されません。場合によってはアカウントが停止されたり、ビジネス情報が検索結果から削除されることをご承知おきください。

マーケティング、プロモーション、コンテストなど

プロモーション、マーケティング、コンテスト、懸賞の場合は、その開催規約との矛盾がなく、ガイドラインと参加資格を明示している必要があります。提示した懸賞類は、明示的か黙示的かを問わずすべて厳守する必要があります。

: Google は、上記のガイドラインに違反した個人または事業体による Google マイビジネス、その他の Google サービスへのアクセスを停止する権限を留保します。また、違法行為に対しては、法的措置を取る場合があります。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。