カレンダーの相互運用を設定する

(省略可)カレンダーのユーザーに Exchange リソースの予約を許可する

管理者は、Google カレンダーのユーザーが会議のスケジュールを設定する際に Microsoft Exchange のカレンダー リソース(会議室など)を予約できるように設定できます。

Exchange リソースの予約を設定する

すべて開く   |   すべて閉じる

手順 1: Exchange で追加のロール アカウントを作成する

Google Workspace ユーザーがカレンダーの予定にリソースを追加すると、候補を表示するために複数の Exchange リソースの空き情報が確認されます。これにより、Exchange へのトラフィックが増加し、Exchange のメインのロール アカウントが圧迫される可能性があります。

これを回避するには、メールボックスの役割を持つアカウントを 10 個設定する必要があります。これらのアカウントは、カレンダーのユーザーに Exchange の空き情報の参照を許可するで作成したメインのロール アカウントとは別に設定します。Google はこれらの追加のロール アカウントを使用して、Exchange のカレンダー リソースの空き情報を確認するときの負荷を分散します。

ロール アカウントを設定する

  1. カレンダーのユーザーに Exchange の空き情報の参照を許可するで作成したメインの役割アカウントが、メール ユーザー アカウントではなくメールボックス アカウントであることを確認します。
  2. 追加で 10 個のメールボックス役割アカウントを Exchange に設定します。カレンダーのユーザーに Exchange の空き情報の参照を許可するで作成したメインのロール アカウントのパスワードを再度使用する必要があります。

    メールボックスのロール アカウントを追加で作成する方法について詳しくは、Microsoft のドキュメントご確認ください。

例: オンプレミスの Exchange サーバー上で Exchange Powershell を使用してロール アカウントを作成する

$password = (ConvertTo-SecureString -String 'password' -AsPlainText -Force)
for ($i=1; $i -le 10; $i++) { New-Mailbox -name "Calendar Interop Load Balancing Account $i" -userprincipalname "calendar_interop_load_balancing_account$i@your_domain" -password
$password }

例: Exchange Online(Microsoft 365) で Exchange PowerShell を使用してロール アカウントを作成する

$password = (ConvertTo-SecureString -String 'password' -AsPlainText -Force)
for ($i=1; $i -le 10; $i++) { New-Mailbox -name "Calendar Interop Load Balancing Account $i" -MicrosoftOnlineServicesID "calendar_interop_load_balancing_account$i@your_domain" -password
$password }

passwordyour_domain は実際の値に置き換えてください。

手順 2: Exchange のカレンダー リソースを利用可能にする

Google カレンダーのユーザーが Exchange のカレンダー リソースを利用できるようにするには、Set-CalendarProcessing コマンドを実行します。

例: Exchange PowerShell を使用して特定のカレンダー リソースを利用可能にする

Set-CalendarProcessing -Identity "Room 221" -ProcessExternalMeetingMessages $true

変数 Room 221 は適切な値に置き換えてください。

例: Exchange PowerShell を使用して複数のカレンダー リソースを利用可能にする

$Members = Get-Mailbox -Filter {(RecipientTypeDetails -eq "RoomMailbox")}
foreach ($r in $Members) { $r | Set-CalendarProcessing -ProcessExternalMeetingMessages $true}

Set-CalendarProcessing コマンドについて詳しくは、Microsoft のドキュメントをご確認ください。

手順 3: Google Workspace ユーザー用のフィルタを作成する

Google Workspace ユーザーからの予約リクエストのみを許可するフィルタを作成するには、Exchange で次のパラメータを使用してメールフローのルールを設定します。

  • [このルールを適用する条件] 次に [この受信者] で、カレンダーからの予約リクエストを許可するリソースをすべて入力します(例: room221@altostrat.com)。
  • [実行する処理] 次に [メッセージをブロックする] で、[だれにも通知せずにメッセージを削除する] を選択します。
  • [ただし次の場合を除く] 次に [送信者のドメインが次の値である] で、Google Workspace ドメインを入力します。

重要: Exchange ユーザーからのメールがブロックされないように、Exchange ドメインをブロックルールの例外リストに追加してください。

メールフローのルール作成について詳しくは、Microsoft のドキュメントをご確認ください。

手順 4: 会議室メールボックス配布グループを作成する

Exchange リソース用の会議室メールボックス配布グループを作成します。配布グループには、Google Workspace ユーザーが利用できる Exchange のカレンダー リソースのリストを含めます。

重要:

  • カレンダーの相互運用で設定できる配布グループは 1 つのみです。
  • 配布グループには カレンダーの相互運用 Resources という名前を付ける必要があります。
  • グループに追加する Exchange リソースは、Google カレンダー リソースと名前が異なる必要があります。

例: Exchange PowerShell を使用してすべての会議室を配布グループに追加する

$Members = Get-Mailbox -Filter {(RecipientTypeDetails -eq "RoomMailbox")} | Select -ExpandProperty Alias

New-DistributionGroup -Name "Calendar Interop Resources" -RoomList -Members $Members

新しく作成したグループに正しい会議室が追加されていることを確認するには、次のコマンドを実行します。

Get-DistributionGroupMember "Calendar Interop Resources"

会議室メールボックスを設定する方法について詳しくは、Microsoft のドキュメントをご確認ください。

手順 5: Exchange リソースを更新する
  1. カレンダーの相互運用ツールを開きます。
  2. [Resource list tester] の横にある [Refresh] をクリックします。

    手順 2 で追加したリソースのリストが表示されます(リソースが表示されるまでに最長で 30 分ほどかかる場合があります)。

  3. カレンダーの相互運用ツールに戻ります。
  4. [Resource availability lookup tester] の横に Exchange のカレンダー リソースのメールアドレスを入力します。
  5. [Perform test] をクリックします。

    合計 10 回(追加したメールボックスの役割アカウントごとに 1 回)のテストが正常に実行されたことを確認します。

手順 6: ドメインで Exchange リソースの予約を有効にする
  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

    重要: 必ずプライマリ ドメインにログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [Google Workspace] 次に [カレンダー] にアクセスします。
  3. [カレンダーの相互運用 管理] をクリックします。
  4. [カレンダーの相互運用を有効にする] チェックボックスをオンにします。
  5. [会議室の予約] チェックボックスをオンにして、Google カレンダーから Exchange の会議室のスケジュールを設定できるようにします。
  6. [保存] をクリックします。
手順 7: Exchange リソースの予約の設定を確認する
  1. Google Workspace アカウントにログインします。
  2. Google カレンダーで予定を作成します。
  3. [その他のオプション] をクリックします。
  4. 右側にある [会議室] をクリックします。

    追加した Exchange リソースが会議室の候補として表示されます。

  5. 予定に追加する会議室またはリソース 次に [保存] をクリックします。

    詳しくは、予定に会議室を追加するをご覧ください。

  6. プロンプトが表示されたら、[外部のゲストを招待] を選択します。

    予約メールが Exchange リソースに送信され、リソースが予約されます。

  7. リソースが予約されない場合は、リソースが利用可能になっていることを確認します。詳しくは、手順 2 をご覧ください。
Google Cloud Directory Sync(GCDS)をご使用の場合

GCDS を使用して Exchange リソースを Google Workspace と同期する場合は、重複を避けるために、Google Workspace ユーザーに同じリソースが 2 回(両方のシステムで 1 回ずつ)表示されないようにする必要があります。

方法 1: カレンダーの相互運用を利用して Exchange リソースを使用する

カレンダーの相互運用を利用して、ユーザーのアクセス先を Google Workspace の代わりに Exchange リソースにすることができます。この場合は、Google Workspace からリソースを削除し、通常どおりにカレンダーの相互運用を利用した会議室予約を設定することをおすすめします。

Google 側のリソース カレンダーの内容は失われます。

詳しくは、カレンダー リソースの同期についてのページをご覧ください。

方法 2: Google Workspace リソースと Exchange リソースを併用する

Google Workspace と Exchange の両方のリソースを使用できます。この場合、リソースが重複して表示されないようにするには、次の点にご注意ください。


Google、Google Workspace、および関連するマークとロゴは、Google LLC の商標です。その他すべての企業名および商品名は、関連各社の商標または登録商標です。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73010
false