ドライブ ファイル ストリームを導入する

ドライブ ファイル ストリームを組織に導入すると、パソコンからドライブ ファイルにすばやく簡単にアクセスできます。

この記事は管理者専用です。ドライブ ファイル ストリームの使用方法については、ユーザー向けヘルプセンターをご覧ください。

仕組み

ドライブ ファイル ストリームを使用すると、ドライブのファイルをクラウドから Mac や Windows パソコンに直接ストリーミングして、ディスクの空き容量とネットワーク帯域幅を解放できます。ドライブのファイルはクラウドに保存されているため、自分や共同編集者が加えた変更はすべての場所で自動的に更新され、常に最新版のファイルにアクセスできます。

ドライブ ファイルをオフラインで利用できるようにすることもできます。これらのキャッシュされたファイルは、オンラインになれば再びクラウドに同期されるため、すべての端末で最新バージョンを利用できます。

ドライブ ファイル ストリームをインストールまたは導入する

  1. ドライブ ファイル ストリームが組織に適していることを確認します。ドライブ ファイル ストリームは、次のオペレーティング システムで使用できます。
    • Windows: Windows 7 以降。Windows Server の各エディションはサポートされていません。
    • Mac: El Capitan(10.11)以降。High Sierra(10.13)をご利用の場合は、こちらの手順でご対応ください。

    また、サポートされているブラウザを使用してください。

  2. 組織で同期をオンにします(まだオンにしていない場合)。ドライブ ファイル ストリームの使用を許可し、ユーザーにドライブ ファイル ストリームのダウンロード リンクを表示するかどうかを指定します。
  3. (省略可)管理コンソール(同期を有効にしたページ)で、[ドライブ ファイル ストリームからの Microsoft Office のリアルタイム プレゼンス機能の有効化をユーザーに許可する] チェックボックスをオンにします。こうすると、共有されている Microsoft Office ファイルを他のユーザーが編集中の場合はその旨がユーザーに対して表示されるので、編集の競合を防ぐことができます。

    この機能は 10 月中旬よりドライブでご利用いただけるようになり、上記のヘルプセンター記事に関連の説明が掲載される予定です。
  4. 次のどちらかの方法で、各ユーザーのパソコンにドライブ ファイル ストリームをインストールします。

    • 各自のパソコンにドライブ ファイル ストリームをインストールするようユーザーに案内します。インストールには、パソコンの管理者権限が必要です。

    • ドライブ ファイル ストリームの .exe ファイルをダウンロードし、サイレント モードで導入します。

      Windows の場合
      1. GoogleDriveFSSetup.exe をダウンロードします。
        今すぐダウンロード
      2. サイレント モードでインストーラを実行します。
            GoogleDriveFSSetup --silent --desktop_shortcut

        desktop_shortcut フラグは省略可能です。Windows のタスクバーからドライブ ファイル ストリームを見つけることもできます。

      3. (推奨)組織内のバックアップと同期をアンインストールします。
      4. (省略可)\Users\%USER%\Google Drive にある Google ドライブ フォルダを削除します。このフォルダには、まだ保存または同期されていないコンテンツが含まれている可能性があるため、よく確認してから削除してください。
      Mac の場合
      1. GoogleDriveFileStream.dmg をダウンロードします。
        今すぐダウンロード
      2. サイレント モードでインストーラを実行します。
        hdiutil mount GoogleDriveFileStream.dmg; sudo installer -pkg /Volumes/Install\ Google\ Drive\ File\ Stream/GoogleDriveFileStream.pkg -target "/Volumes/Macintosh HD"; hdiutil unmount /Volumes/Install\ Google\ Drive\ File\ Stream/
      3. (推奨)バックアップと同期アプリケーションを削除します。
      4. (省略可)~/Google Drive にある Google ドライブ フォルダを削除します。このフォルダには、まだ保存または同期されていないコンテンツが含まれている可能性があるため、よく確認してから削除してください。

    注: ドライブ ファイル ストリームは Google アップデータ(Windows)または Google ソフトウェア アップデート(Mac)のパッケージとして提供され、ユーザーのパソコン上のドライブ ファイル ストリームが自動的に更新されます。ドライブ ファイル ストリームを自動的に更新しないようにする場合は、これらのアプリケーションのポリシー設定を行います。

ドライブ ファイル ストリームのインストール中に問題が発生する場合は、問題が発生しているパソコンを再起動してから、もう一度お試しください。

ドライブ ファイル ストリームをアンインストール、再インストールする

ドライブ ファイル ストリームをアンインストールする

パソコンからドライブ ファイル ストリームをアンインストールした後も、drive.google.com にアクセスすれば引き続きウェブ上のファイルを開くことができます。

ステップ 1: ドライブ ファイル ストリームからログアウトして終了する

  1. タスクバーからドライブ ファイル ストリーム Drive File Stream を開きます。
  2. その他アイコン その他、[ログアウト] の順にクリックします。
  3. ドライブ ファイル ストリーム Drive File Stream に戻り、その他アイコン その他、[終了] の順にクリックします。

ステップ 2: ドライブ ファイル ストリームをアンインストールする

1 台のパソコンからアンインストールする場合:

ドライブ ファイル ストリーム アプリケーションをアンインストールする標準的な手順を実施します。ご不明点は、ご使用のパソコンの OS の説明をご確認ください。

組織全体でアンインストールする場合:

  • Windows では、次のコマンドを使用します。
    %PROGRAMFILES%\Google\Drive File Stream\<VERSION>\uninstall.exe --silent --force_stop

    ドライブ ファイル ストリームが現在実行されている場合は、--force_stop 引数が必須です。--silent 引数は省略可能です(この引数を使用すると、アンインストール ダイアログを非表示にし、エンドユーザーによるアンインストールの確認をスキップできます)。

    ドライブ ファイル ストリームの UninstallString レジストリキー(Computer\HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Uninstall\{6BBAE539-2232-434A-A4E5-9A33560C6283})は、uninstall.exe を参照します。
     
  • macOS では、次のコマンドを使用します。
    sudo rm -rf /Applications/Google\ Drive\ File\ Stream.app/

    重要: rm -rf コマンドを実行する場合は、必ず正しいディレクトリを指定してください。削除の確認メッセージは表示されません。上記のコマンドを正確に入力してください。

ステップ 3: パソコンのキャッシュに保存されたファイルを削除する

ドライブ ファイル ストリームのキャッシュを削除するには、次の場所にあるユーザー フォルダを削除します。

  • Windows の場合: %USERPROFILE%\AppData\Local\Google\DriveFS
  • Mac の場合: ~/Library/Application Support/Google/DriveFS/

注: macOS では、ライブラリ フォルダが非表示になっている場合があります。ライブラリを表示する方法は次のとおりです。

  1. Finder を開きます。
  2. キーボードの option キーを押します。
  3. 画面上部のメニューで [移動] 次へ [ライブラリ] をクリックします。
ドライブ ファイル ストリームを再インストールする
  1. ドライブ ファイル ストリームを上記の手順でアンインストールします。必ずステップ 3 を実施して、キャッシュに保存されたファイルを削除してください。
  2. ドライブ ファイル ストリームを再び導入またはインストールします。

ユーザーのトレーニング

社内ユーザーへの通知用メール テンプレートをご用意しました。ユーザーの方々にドライブ ファイル ストリームをスムーズにご利用いただくために、テンプレートをカスタマイズしてご利用ください。ユーザーが次のどちらに該当するかに合わせてテンプレートを選択します。

  • Google ドライブを初めて使用する
  • バックアップと同期からドライブ ファイル ストリームに移行する
ドライブを初めて使用するユーザー宛てのメール文例

ユーザーに初めてドライブを紹介するには、Google ドライブのユーザー向け案内メールの文例をご覧ください。

ドライブ ファイル ストリームに移行するユーザー向けのメール文例

赤字のコメントを削除し、組織に応じてメールの内容を変更してください。

件名: 個人やチームで Google ドライブが使いやすくなりました

現在お使いの Mac や Windows パソコン向けの新しいアプリケーション、ドライブ ファイル ストリームについてご紹介します。ドライブ ファイル ストリームを使用すると、パソコンからすべての Google ドライブ ファイルにアクセスできるほか、ディスクの使用量が減り、同期の所要時間も短くなります。

機能について

ドライブ ファイル ストリームを使用すると、次のことができます。

  • すべての Google ドライブ ファイル(チームドライブを含む)を Finder(Mac)やエクスプローラー(Windows)で簡単に確認できます。
  • すべてのファイルをパソコンにダウンロードしなくても、Google ドライブのファイルを閲覧、整理できます。
  • 選択したファイルやフォルダをオフラインで利用できます。
  • Microsoft Office や Adobe Photoshop などの一般的なアプリケーションでファイルを開くことができます。

開始方法

ドライブ ヘルプセンターにアクセスして、ドライブ ファイル ストリームをインストールし、使用を開始します。
(ドライブ ファイル ストリームの導入を管理者が行う場合は、「ドライブ ファイル ストリームをインストールし、」を削除してください)

よろしくお願い申し上げます。

G Suite 管理者 {名前}

報告されている問題

  • 現在のところ、Google ドキュメント、スプレッドシート、スライドを複製することはできません。

関連トピック

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。