基本のモバイル端末管理を設定する

従来の G Suite(無償版)をご利用の場合、この機能をご利用いただくには G Suite Basic にアップグレードしていただく必要があります。

基本のモバイル管理を使用すると、デバイスにパスワードを適用し、組織のデータを安全に保つことができます。紛失した端末や盗難された端末から企業情報をワイプすることもできます。企業データにアクセスする端末のリストは、Google 管理コンソールで確認できます。

モバイル端末にポリシーを適用したり、モバイル端末のアプリを管理したりすることはできません。端末ポリシーやパスワードの管理を強化して Android 搭載端末や Apple® iOS® 搭載端末のアプリを管理したり、端末のすべてのデータをワイプしたりできるようにするには、詳細モバイル管理を設定してください。

基本管理はすでに設定されているため、通常は何もする必要はありません。ユーザーが自分の端末に管理アプリやプロファイルをインストールする必要はありません。ユーザーは、端末上で自分の企業アカウントを使ってログインするだけです。

: 一部のアカウントでは、基本のモバイル管理がデフォルトで有効になっていない場合があります。詳細については、デフォルトで有効になっているモバイル管理を使ってセキュリティを強化を参照してください。

始める前に

  • サポートされている端末を確認する - Android 搭載端末と Apple® iOS® 搭載端末がサポートされています。詳細については、端末の最小要件をご覧ください。
  • ユーザーをグループ分けする - 組織部門を使用して、ユーザー グループごとに異なる設定を適用します。たとえば、一部のユーザーには基本管理を選択し、他のユーザーには詳細管理を選択するといった設定が可能です。詳しくは、ユーザーと端末のポリシーについてをご覧ください。
  • ユーザーに通知する - 仕事で使用しているモバイル端末が管理対象になることをユーザーに伝え、パスワード要件を通知してください。

基本のモバイル管理を有効にする

これまでにモバイル管理を使用したことがあり、現在は無効にしている場合は、これらの手順を使用してもう一度有効にしてください。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールのホームページから、[端末管理] にアクセスします。

    [端末管理] が表示されていない場合は、画面下部の [その他の設定] をクリックして表示します。

  3. 左側にある [セットアップ] をクリックします。
  4. [モバイル管理] をクリックします。
  5. (省略可)左側で組織を選択します。
  6. [モバイル管理の有効化] をオンまたはオフ オン にします。
  7. [基本] を選択します。
  8. [保存] をクリックします。

組織内のユーザーが自分のモバイル端末で管理対象アカウントにログインできるようになりました。ユーザーが端末のパスワードを設定していない場合は、アカウントにアクセスする前に端末のパスワードを作成するように求められます。組織のデータにアクセスしている端末は管理コンソールで確認できます。

関連トピック

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。