組織に合わせた Gmail の設定の調整

G Suite 管理者は、組織やユーザーに合わせて次の方法で Gmail を調整できます。

  • ユーザーが Gmail にアクセスする際の URL をカスタマイズする。
  • 高度なフィルタや、正当なメールの送信元とみなす IP アドレスのホワイトリストを設定する。
  • 受信メールの配信先を指定する。
  • キャッチオール アドレスや他のサーバーにメールを転送する、またはアーカイブ、フィルタリング、モニタリング用にメールを転送する。
  • ユーザーが別の「From」アドレスを使ってメールを送信できるようにする。

条件を設定して、20 MB を超えるメールや添付ファイルを拒否したり、指定した単語を含むメールや特定のアドレスから送信されたメールのルートを変更したりすることもできます。

設定の適用対象

設定には、ユーザーが Gmail へのアクセスに使用するアドレスの変更など、常にすべてのユーザーに適用されるものと、迷惑メールフィルタのレベルの調整といった、特定のユーザー グループに適用できるものがあります。ユーザー グループに設定を適用する場合は、ユーザーを組織部門に配置します。詳しくは、組織構造の仕組みユーザー グループの設定のカスタマイズ方法についてのページをご覧ください。

方法

設定の変更
  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次へ [G Suite] 次へ [Gmail] 次へ [詳細設定] にアクセスします。

    ヒント: [詳細設定] を表示するには、Gmail ページを最下部までスクロールします。

  3. (省略可)左側で組織を選択します。

  4. 必要に応じて設定を変更します。

  5. 下部の [保存] をクリックします。

ヒント: 設定を探す場合は検索ボックスを使用してください。

変更がユーザー アカウントに反映されるまでには、最長で 1 時間ほどかかる場合があります。メールの配信に影響を与えないように、複数の設定を一度に変更する場合は時間をあけてください。

: POP3 メール取得(Mail Fetcher)を設定している場合、受信メールに対する設定は Mail Fetcher のメールにも適用されます。

マウスオーバー コントロールの使用

一部の設定では、マウスオーバー コントロールが使用されています。マウスオーバー コントロールは、設定にカーソルを合わせた時にだけ表示されますが、設定を行った後にも別のマウスオーバー コントロールが表示されます。表示される項目は次のとおりです。

  • 設定 - まだ設定していない場合に使用します。
  • 表示 - 継承された設定を確認する場合に使用します。継承された設定を変更するには、[他にも追加] をクリックします。
  • 編集 - 設定を変更する場合に使用します。ローカルに適用された設定でのみ使用できます。
  • 無効にする有効にする - 設定を有効または無効にする場合に使用します。設定を無効にしても、その設定に対して指定したオプションには影響しません。たとえば、予期した結果が得られなかった設定を一時的に無効にして、調整してから再度有効にすることができます。また、設定のコピーを作成してこれを無効にし、調整してから別の設定結果と比較することも可能です。継承された設定とローカルに適用された設定で使用できます。
  • 削除 - 設定を無効にして、設定内容を削除する場合に使用します。もう一度設定するには、[設定] をクリックします。たとえば、ブロックされている送信者リストをクリアして設定し直すことができます。ローカルに適用された設定でのみ使用できます。
  • 他にも追加 - 別の設定を追加する場合に使用します。たとえば、特定の条件が満たされたときに処理を行うルールを追加できます。継承された設定とローカルに適用された設定で使用できます。
  • 組織にコピー - 設定内容を別のグループにコピーする場合に使用します。組織を選択しチェックボックスをオンにすると、そのグループに対して設定が有効となります。たとえば、グループのコンテンツ コンプライアンスを設定し、これをドメイン全体には適用せずに特定のグループにコピーできます。

条件付き処理

上記の一部の設定では、次のような条件付き処理を設定できます。

  • 受信者を追加 - ここで指定した受信者にもメールが配信されます。
  • X-Gm-Original-To ヘッダーを追加X-Gm-Spam ヘッダーと X-Gm-Phishy ヘッダーを追加カスタム ヘッダーを追加 - カスタム メッセージ ヘッダーを追加します。これを使用すると、たとえばメールをダウンストリーム サーバーに転送する場合、ヘッダーに基づいてメールを処理するようにサーバーを設定できるため便利です。迷惑メールのタグが付いたメールの転送に主に使用します。
  • このメッセージには迷惑メールフィルタを適用しない - 設定の条件と一致するメールは、迷惑メールと判断されても目的の受信者に配信されます。
  • エンベロープ受信者を変更 - メールの配信先を変更します。[受信者を追加] と併用すると、「Bcc」の機能が使用されます。併用しない場合、事実上メールは転送されます。
  • ルートを変更 - メールのルートを変更します。たとえば、Gmail 以外の受信トレイを使用しているユーザーのメールを社内導入型の Microsoft® Exchange サーバーに転送できます。
  • 件名の先頭に追加するカスタム テキスト - 先頭にテキストを追加して件名ヘッダーを変更します。
  • メールを拒否 - メールは配信されません。
  • メッセージから添付ファイルを削除 - 目的の受信者に配信される前に添付ファイルが削除されます。
  • 配信時にセキュアなトランスポートを使用する - 送信メールでセキュアな配信を必須にします。

各設定の詳細

セットアップ

これらの設定はすべての組織に適用され、最上位組織でのみ設定と編集が可能です。

  • ウェブアドレス - ユーザーの Gmail ログインページの URL を変更します。
  • MX レコード - MX レコードが表示され、Gmail のセットアップ ウィザードを開始できます。
  • ユーザーメールのアップロード - ユーザーが他のウェブメールや POP3 アカウントからメールや連絡先を読み込めるようにします。
  • サービスをアンインストール - 組織に対して Gmail を無効にします。詳細については、Gmail サービスを無効にするをご覧ください。
エンドユーザーのアクセス
  • POP と IMAP アクセス - ユーザーの POP と IMAP アクセスの有効と無効を切り替えます。
  • G Suite​ Sync - G Suite Sync for Microsoft® Outlook® を有効にします。
  • 自動転送 - ユーザーが別のアドレスに受信メールを自動転送できないようにします。
  • オフライン Gmail - ユーザーのオフライン Gmail を有効にします。
  • ユーザーごとの送信ゲートウェイを許可 - ユーザーに外部の SMTP サーバーを経由したメールの送信を許可します。
  • 画像 URL のプロキシ ホワイトリスト - プロキシ保護の対象外となる内部 URL のホワイトリストを作成、管理します。最上位組織でのみ設定可能で、すべての組織に適用されます。
迷惑メール
  • メールのホワイトリスト - 正当なメールの送信元とみなす IP アドレスのリストを作成します。これらの IP アドレスからのメールは迷惑メールに分類されません。最上位組織でのみ設定可能で、すべての組織に適用されます。
  • 受信ゲートウェイ - メールを Gmail に転送するメールサーバーの IP アドレスを指定します。最上位組織でのみ設定可能で、すべての組織に適用されます。
  • 迷惑メール - 正当なメールの送信元とみなす、承認されたメールアドレスまたはドメインのリストを作成します。迷惑メールを管理検疫に転送することもできます。
  • ブロックされている送信者 - メールアドレスやドメインに基づいて送信者をブロックします。
コンプライアンス
  • メールとチャットの自動削除 - 各ユーザーのメールの保持期間を制御します。最上位組織にのみ適用されます。
  • フッターを追加 - 法令遵守などを目的としてメールにフッター テキストを追加します。
  • コンテンツ コンプライアンス - 事前に定義した単語、フレーズ、テキスト パターン、数値パターンに基づいたメールの処理方法を指定します。
  • 包括的なメール ストレージ - Gmail 以外のメールボックスや SMTP リレーで送受信されたメールを含むすべてのメールが、ユーザーの Gmail のメールボックスに保存されるようにします。通常は、G Suite Vault を Gmail 以外のメールボックスで使用している場合、またはカレンダーの招待状や共有通知などのすべての送信メールを保存するために使用している場合に、この設定を行います。
  • 配信を制限 - ユーザーがメールを送受信できる相手のドメインまたはメールアドレスを制限します。
  • 不快なコンテンツ - 作成した単語リストに基づいたメールの処理方法を指定します。
  • 添付ファイルのコンプライアンス - 添付ファイル付きのメールの処理方法を指定します。
  • セキュアなトランスポート(TLS)に準拠 - 特定のドメインやメールアドレスとのメールの送受信時にセキュリティで保護された接続の使用を要求します。
転送

メールのルーティングと配信に関するガイドラインとおすすめの方法を確認してから、設定を行ってください。転送の各設定については下記をご覧ください。

: [デフォルトの転送] タブでも設定できますが、[転送] 設定の使用をおすすめします。

  • メール転送 - これは以前の設定です。ドメインのメール転送を指定する場合は、代わりに [転送] 設定を使用してください。最上位組織でのみ設定可能で、すべての組織に適用されます。
  • 送信ゲートウェイ - ドメインから送信されるすべてのメールが経由するサーバーを設定します。最上位組織でのみ設定可能で、すべての組織に適用されます。
  • 転送 - ドメインのメールのルーティングと配信を指定します。
  • 受信者アドレスマップ - ドメインで受信したメールに受信者アドレスの 1 対 1 のマッピング(エイリアス)を適用します。最上位組織でのみ設定可能で、すべての組織に適用されます。
  • 受信ルーティング - 組織内外から受信したメールの配信オプション(二重配信や分割配信など)を設定します
  • 送信ルーティング - 組織内外に送信されるメールの配信オプションを設定します。
  • Vault での受信メール ジャーナルの受け入れ - Microsoft® Exchange のジャーナル メッセージを受信する、ドメイン内のメールアドレスを指定します。最上位組織でのみ設定可能で、すべての組織に適用されます。
  • Gmail 以外のメールボックス - Microsoft Exchange やその他の Google 以外の Simple Mail Transfer Protocol(SMTP)サービスなど、Gmail 以外のメールサーバーを組織で使用している場合に、ユーザーの Gmail 以外のメールボックスにメールを転送できます。これらのユーザーの検疫レポートを設定することもできます。
  • SMTP リレーサービス - メールの送信に Gmail 以外のサーバーを使用している場合、追加のフィルタ処理や保存用に Gmail 経由でメールを転送するには、この設定を使用します。最上位組織でのみ設定可能で、すべての組織に適用されます。
  • 安全な代替ルート - Transport Layer Security(TLS)が必要な場合に安全な代替ルートを設定します。最上位組織でのみ設定可能で、すべての組織に適用されます。

複数の設定によるメール処理への影響

複数の設定を使用できますが、その場合はメールの処理、設定の適用方法や適用対象、各設定の優先順位などに影響する場合があります。

設定によって配信処理に競合が発生する可能性があり、メールを拒否するか、再度配信するかといった処理の内容は、設定した条件と設定の優先順位によって決まります。

一般的な動作

複数の設定を行っても、通常はメールの処理に影響しません。Gmail はすべての設定を適用し、それに応じてメールを処理します。

たとえば、次の場合は競合が発生しません。

  • [フッターを追加] と [コンテンツ コンプライアンス] を設定すると、Gmail はメールに対して両方の処理を行います。

  • [受信者を追加] を使用して 2 つの設定を指定すると、Gmail はすべての受信者を追加します。

同様に、通常は 1 つの設定が他よりも優先されることはありません。最初の例では、[フッターを追加] と [コンテンツ コンプライアンス] のどちらが「優先」であるかは比較されず、両方の設定が適用されます。

ただし例外として、複数の設定で処理内容が異なる場合はメールの処理方法に競合が発生することがあります。

設定の動作のガイドライン

競合する処理

2 つの処理が競合する場合、Gmail はいずれかのみを適用します。競合していない処理はそのまま適用されます。

例:

  • [コンテンツ コンプライアンス] 設定で、メールのルートを host1.com に変更する「ルートを変更」を適用し、X-gm-spam ヘッダーを追加する。
  • [不快なコンテンツ] 設定で、メールのルートを host2.com に変更する「ルートを変更」を適用し、件名の先頭にカスタム テキストも追加する。

この場合、「ルートを変更」の処理が「競合している」とみなされます。Gmail が選択できるルートは 1 つのみであるため、いずれかの「ルートを変更」のみが選択され、競合していない他のすべての処理(X-Gm-Spam ヘッダーとカスタムの件名)が適用されます。

通常はすべての設定がそれぞれ個別に評価されて処理の内容がまとめられ、競合は解決されます。1 つの設定の処理を使用して別の設定の条件に影響を及ぼすことはできません。

例:

  • [不快なコンテンツ] 設定で、件名の先頭にカスタム テキスト「テスト」を追加する。
  • [コンテンツ コンプライアンス] 設定で、件名に「テスト」を含むすべてのメールのルートを host1.com に変更する。

この場合、1 つ目のルールによって件名に「テスト」が追加されても、メールの件名に最初から「テスト」が含まれていない限り Gmail はメールのルートを変更しません。

複数のルート変更または受信者の変更

2 つの設定でメインのルートの変更またはメインのエンベロープ受信者の変更が試行されると、競合が発生します。この場合は、次の原則に沿って適用される処理が決まります。

  • 限定性 - より限定的な設定が優先されます。たとえば、ローカルに適用された設定は継承された設定よりも優先され、すべての組織固有の設定はデフォルトの転送より優先されます。
  • 作成日 - すべての設定の限定性が同程度である場合は、古い設定が新しい設定よりも優先されます。管理コンソールの [詳細設定] ページでは、上部に表示される設定ほど競合が発生した場合の優先順位が高くなります。

メールの拒否

適用されたルールによって拒否の処理が行われる場合、メールが拒否されて他のルールは適用されません。拒否応答が異なる複数の設定で拒否が適用された場合は、1 つの応答のみが使用されます。

送信者リスト

条件が一致しても処理を適用しない承認済み送信者のリストは、あらゆる設定で指定でき、複数の設定で共有することもできます。たとえば [迷惑メール] 設定で、迷惑メールフォルダに振り分けられない承認済み送信者リストを作成し、この同じリストを使用して [コンテンツ コンプライアンス] 設定を回避することができます。

SMTP リレー

SMTP リレーの設定では、Google の SMTP リレーサービスを使用できるメールアドレスと IP アドレス、そして SMTP 認証を要求するかどうかを指定します。SMTP リレーの設定が複数存在する場合、SMTP リレーサービスは次の処理を行います。

  • いずれかの設定で許可されている場合はメールを受け入れる。
  • どの設定でも許可されていない場合はメールを拒否する。

優先順位の例外

まれに、Gmail で一方の設定がもう一方よりも優先されることがあります。この場合も両方の設定が適用されますが、いずれかが「先に適用」されます。

設定の優先順位は、組織部門構造のどこで設定されているかによって決まります。子組織の処理が優先(「先に適用」)され、親組織の処理はこれよりも優先順位が低くなります。

フッターの追加

2 つの設定で指定された「フッターの追加」処理の内容が異なる場合は、両方のフッターが追加されます。フッターの順序は組織構造での設定の位置によって決まり、親組織よりも子組織の処理が優先されます。

件名の追加

2 つの設定で指定された「件名の先頭に追加するカスタム テキスト」処理の内容が異なる場合は、両方のテキストが先頭に追加されます。追加されるテキストの順序は、組織構造での設定の位置によって決まり、親組織よりも子組織の処理が優先されます。

評価と処理の方法

Gmail では、次の手順でメールが評価されて処理が決定します。

  1. Gmail は個々のメールをすべてのポリシーに対して評価し、一致する処理内容をリストにまとめます。

  2. このリストを評価し、「拒否」の処理がある場合は、メールを拒否して残りの処理を無視します。

  3. メールを拒否しない場合は競合についてリストを解析し、一致した競合を競合リストにまとめます。競合は次の場合にのみ発生します。

    • 複数の処理でメインルートの変更が指定されており、[受信者を追加] 設定から派生したものではない「ルートを変更」処理がある。

    • 複数の処理でメインのエンベロープ受信者の変更が指定されており、[受信者を追加] 設定から派生したものではない「エンベロープ受信者を変更」処理がある。

  4. 競合リストを評価して、競合する処理のどれを適用するかを決定します。これは、次を基準とした設定の優先順位によって決まります。

    • 限定性 - ローカルに適用された設定は継承された設定よりも優先され、組織固有の設定はデフォルトの転送より優先されます。

    • 作成日 - 古い設定が新しい設定よりも優先されます。管理コンソールの [詳細設定] ページでは、上部に表示される設定ほど競合が発生した場合の優先順位が高くなります。この優先順位は、特定の項目([転送]、[コンテンツ コンプライアンス] など)のルールにのみ適用されます。各項目で競合するルールについては、優先順位は明確に定義されていません。

      注: 競合解消の決定要因として作成日を使用することはできる限り避けてださい。特定の優先順位に左右されない、独立したルールを作成することをおすすめします。

  5. Gmail は以上によって決定した処理と、すべての設定の競合していない処理をメールに適用します。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。