バックアップと同期の導入

この記事は、G Suite 組織内の管理者を対象としています。職場や学校のアカウントを使って Google ドライブを利用しているユーザーがバックアップと同期を使用するには、管理者にお問い合わせください。バックアップと同期を個人アカウント用にインストールする場合は、Google ドライブでファイルをバックアップして同期するをご覧ください。

バックアップと同期を使用すると、ローカル ファイルをウェブ上の Google ドライブと同期できます。組織にバックアップと同期を導入することによって、ファイルをあらゆるデバイスで利用できるようになります。

同期可能なアイテム

バックアップと同期をインストールすると、パソコン上に [Google ドライブ] という名前の新しいフォルダが表示されます。[マイドライブ] フォルダ内のすべてのファイル(選択したサブフォルダを含む)が、この新しいフォルダにコピーされます。フォルダに加えた変更は、自動的にもう一方のフォルダに反映されます。

また、[ドキュメント] や [デスクトップ] など、パソコン上にある既存のフォルダを同期することもできます。これらのフォルダは、ウェブ上のドライブの [パソコン] フォルダに表示されます。同期可能なアイテムには、次のものが含まれます。

  • USB デバイスと SD カード
  • Google フォトに保存した写真と動画

ヒント: 共有ドライブのフォルダを同期するには、ドライブ ファイル ストリームを使用します。詳しくは、同期ソリューションを選択するをご覧ください。

ファイルの同期についての詳細をご確認ください。

バックアップと同期のインストールまたは導入

すべて開く  |  すべて閉じる

手順 1: 設定と要件を確認する
  • ドライブのシステム要件を組織が満たしていることを確認します。詳しくは、システム要件とブラウザをご覧ください。
  • 組織でバックアップと同期を有効にします。ユーザーにバックアップと同期のダウンロード リンクを表示するかどうかを指定します。詳しくは、組織で同期を有効にするをご覧ください。
手順 2: バックアップと同期をインストールする
次のいずれかの方法で、各ユーザーのパソコンにバックアップと同期をインストールします。
  • 各自のパソコンにバックアップと同期をインストールするようユーザーに依頼します。詳しくは、Google ドライブでファイルをバックアップして同期するをご覧ください。
  • バックアップと同期の適切な .msi ファイル(32 ビットまたは 64 ビット)をユーザーにプッシュ配信します。.msi ファイルをインストールする方法については、Microsoft Windows のマニュアルを参照してください。

自動更新を制御する

ユーザーのパソコンにインストールされているバックアップと同期を自動的に更新するかどうかを指定することができます。詳しくは、Chrome の更新を管理する(Windows)または Chrome の更新を管理する(Mac)をご覧ください。
手順 3: ユーザーに知らせる
ドライブの概要と使用開始方法をユーザーに知らせます。使用可能なメールのテンプレートについては、新規ユーザーにドライブを紹介する(メールの文例)をご覧ください。

デフォルトのユーザー設定をカスタマイズする

デフォルトのバックアップと同期の設定をユーザー向けにカスタマイズできます。

すべて開く  |  すべて閉じる

手順 1: 設定ファイルを作成する
user_setup.config という名前の書式なしテキスト ファイルを作成します。
ファイルの内容は、たとえば次のようにします。
[Computers]
desktop_enabled: False
documents_enabled: False
pictures_enabled: False
folders: /path/to/folder1, /path/to/folder2, /path/to/folder3
high_quality_enabled: False
always_show_in_photos: False
usb_sync_enabled: True
ignore_extensions: ext1, ext2, ext3
# Delete mode can be: ALWAYS_SYNC_DELETES, ASK, NEVER_SYNC_DELETES
delete_mode: ALWAYS_SYNC_DELETES
[MyDrive]
folder: /path/to/google_drive
my_drive_enabled: True
[Settings]
autolaunch: True
show_overlays: False
[Network]
download_bandwidth: 100
upload_bandwidth: 200
use_direct_connection: False
手順 2: ファイルをカスタマイズする
組織のニーズに応じて、手順 1 のテキスト ファイルをカスタマイズします。
: フォルダ属性では、環境変数はサポートされていません。
手順 3: ファイルを展開する
設定ファイルをユーザーのパソコンに展開します。
  • Apple Mac パソコン:

    ~/Library/Application Support/Google/Drive/user_default

  • Windows パソコン:

    %UserProfile%\AppData\Local\Google\Drive\user_default

関連トピック


Google、Google Workspace、および関連するマークとロゴは、Google LLC の商標です。その他すべての企業名および商品名は、関連各社の商標または登録商標です。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。