バックアップと同期の導入

組織に「バックアップと同期」を導入すると、ローカル ファイルをウェブ上のドライブと同期してあらゆる端末で利用できるようになります。

注: ドライブ ファイル ストリームのご利用をおすすめします。ドライブ ファイル ストリームをご利用いただくと、パソコンから [マイドライブ] や [チームドライブ] にアクセスできるほか、ディスクの使用容量を節約できます。バックアップと同期ではチームドライブがサポートされていませんが、ドライブ ファイル ストリームと併用することで、その他のフォルダ([ドキュメント] や [デスクトップ] など)をドライブと同期することができます。詳しくは、同期ソリューションの比較についての記事をご覧ください。

この記事は組織内の管理者を対象としています。職場や学校のアカウントを使ってドライブを利用されているユーザーの方は、管理者に同期ソリューションをインストールしてもらうか、特定のアプリケーションをご自身でインストールするよう指示を受けてください。バックアップと同期を個人アカウント用にインストールする場合は、Google ドライブでファイルをバックアップして同期するをご覧ください。

使用方法

バックアップと同期をインストールすると、パソコン上に [Google ドライブ] という名前のフォルダが作成されます。このフォルダに保存したものはすべて、ウェブ上のドライブの [マイドライブ] という名前のフォルダと同期され、ドライブ アプリがインストールされたすべての端末で使用できるようになります。これは双方向の同期であるため、オンラインで加えた変更はすべての端末で反映され、その逆も同じく反映されます。詳しくはファイルの同期をご覧ください。

バックアップと同期では、次のことも可能です。

  • パソコン上のその他のフォルダ([ドキュメント] や [デスクトップ] など)を同期する
  • USB 端末や SD カードを同期する
  • 写真や動画を Google フォトにバックアップする

バックアップと同期のインストールまたは導入

  1. ドライブのシステム要件が組織に適していることを確認します。

  2. 組織で同期を有効にします(まだ有効にしていない場合)。バックアップと同期の使用を許可し、ユーザーにバックアップと同期のダウンロード リンクを表示するかどうかを指定します。

  3. 次のいずれかの方法で、各ユーザーのパソコンにバックアップと同期をインストールします。

    • 各自のパソコンにバックアップと同期をインストールするようユーザーに依頼します。
      今すぐダウンロード

      ユーザー側でバックアップと同期のインストール中に問題が発生した場合は、パソコンを再起動して、もう一度お試しください。

    • バックアップと同期の適切な .msi ファイル(32 ビットまたは 64 ビット)をユーザーにプッシュ配信します。このオプションを使用すると自動インストールを行うことができます。.msi ファイルをインストールする方法については、Windows のマニュアルを参照してください。

      Google アップデータ(Windows)または Google ソフトウェア アップデート(Mac)を使用すると、ユーザーのパソコンにインストールされているバックアップと同期を自動的に更新するかどうかを指定することができます。

  4. ドライブの概要と使用開始方法が記載されたメールをユーザーに送信します。Google で用意しているテンプレート メールをコピーのうえ、必要に応じて組織向けに変更します。

デフォルトのユーザー設定をカスタマイズする

必要に応じて、デフォルトのバックアップと同期の設定を組織のユーザー向けにカスタマイズできます。

デフォルトの設定をカスタマイズする
  1. user_setup.config という名前の書式なしテキスト ファイルを作成します。ファイルの内容は、たとえば次のようにします。

    [Computers]
    desktop_enabled: False
    documents_enabled: False
    pictures_enabled: False
    folders: /path/to/folder1, /path/to/folder2, /path/to/folder3
    high_quality_enabled: False
    always_show_in_photos: False
    usb_sync_enabled: True
    ignore_extensions: ext1, ext2, ext3
    # Delete mode can be: ALWAYS_SYNC_DELETES, ASK, NEVER_SYNC_DELETES
    delete_mode: ALWAYS_SYNC_DELETES

    [MyDrive]
    folder: /path/to/google_drive
    my_drive_enabled: True

    [Settings]
    autolaunch: True
    show_overlays: False

    [Network]
    download_bandwidth: 100
    upload_bandwidth: 200
    use_direct_connection: False

  2. 組織に合わせてファイルをカスタマイズします。
  3. カスタマイズした設定ファイルを次の場所に展開します。

    • Mac の場合: ~/Library/Application Support/Google/Drive/user_default
    • Windows の場合: %UserProfile%\AppData\Local\Google\Drive\user_default

関連トピック

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。