一括送信メールが返送される

G Suite のグループにメールを送信すると、次のメッセージが表示されることがあります。

「Google グループによってメッセージが拒否されました。http://support.google.com/mail/answer/188131 の一括送信ガイドラインをご確認ください。」

これは通常、他のユーザーが、メールの送信元である IP アドレスを迷惑メールに関係するものとして判断したことを意味します。その結果、メールが返送されます。この問題を解決する方法は次のとおりです。

送信元の IP アドレスをホワイトリストに登録する

送信したグループ メッセージが返送された場合:

  1. 信頼できる送信者の IP アドレスをメールのホワイトリストに追加します。
    これにより、この送信者からの一括メールは迷惑メールとして報告されなくなります。
  2. ドメインの SPF レコードを追加して、ドメインの代理でメールを送信できるメールサーバーを指定します。
  3. 組織の迷惑メールフィルタをカスタマイズして、迷惑メールフィルタを適用しない承認済み送信者のリストを作成します。

ビジネス向け Google グループを有効にする

ビジネス向け Google グループでは、他の種類のグループよりも詳細に迷惑メールに対応できます。迷惑メールフィルタを詳細に管理するには、ビジネス向け Google グループをオンにしてください。

MX レコードを確認する

メールが Google 以外のメールサーバーを経由して Google に届いている場合は、ドメインの MX レコードの受信ゲートウェイ欄を使用できます。[受信ゲートウェイ] 欄では評価チェックと SPF チェックの動作を制御します。

ドメインの MX レコードが Google のホスティング サーバー以外のサーバーを参照している場合:

  1. [受信ゲートウェイ] 欄に、MX レコードによって参照されているサーバーの送信 IP アドレスの範囲を入力します。
  2. MX レコードが正しいことを確認します。

受信メールのゲートウェイを設定するをご覧ください。

関連トピック

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。