ユーザーに対して Gemini を有効または無効にする

Google Workspace のコアサービスとしての Gemini

管理者は、組織内のユーザーが Google Workspace アカウントで Gemini を使用する方法を管理できます。Gemini は生成 AI の一種で、コンテンツの作成や複雑なトピックの理解に役立ちます。組織内のユーザーの作業効率、生産性、知識の向上にも効果的です。

ユーザーがどのように Gemini を使用できるかは、Gemini for Google Workspace アドオンの有無によって異なります。

  • Gemini for Google Workspace アドオンがある場合: Gemini はデフォルトでコアサービスとして有効になります。ユーザーが各自の Google Workspace アカウントで Gemini をコアサービスとして使用できるようにするには、各ユーザーに Gemini for Google Workspace ライセンスを割り当てます。

    ヒント: Gemini for Google Workspace アドオンを購入すると、ライセンスを付与されているユーザーは Gemini をコアサービスとして使用できるようになります。Gemini のサービス設定には、ライセンスのないユーザーが Gemini をその他の Google サービスとして使用できるようにするオプションもあります。詳しい手順については、Gemini をコアサービスとして有効または無効にするをご覧ください。

  • Gemini for Google Workspace アドオンがない場合: Google 管理コンソールで Gemini をその他の Google サービスとして有効にできます。Gemini をその他のサービスとして使用する場合、ユーザーにライセンスは必要ありません。注: Gemini をその他のサービスとして使用するには、ドメインの所有権を証明しておく必要があります。詳しい手順については、Gemini をその他のサービスとして有効または無効にするをご覧ください。

利用規約、ライセンス、サポートされている地域

Gemini for Google Workspace ライセンスを持ち、コアサービスとして Gemini にアクセスするユーザーには、Google Workspace 利用規約が適用されます。Gemini アクティビティのデータが、モデルの改善に使用されたり、人間によって確認されたりすることはありません。

Gemini for Google Workspace ライセンスのないユーザーが各自の Google Workspace アカウントで Gemini をその他のサービスとして使用する場合、それらのユーザーには Google 利用規約および生成 AI の追加利用規約が適用されます。なお、それらのユーザーの Gemini アクティビティから得られるデータは、モデルの改善のために使用されたり、人の目によって審査されたりする可能性があります。Gemini を使用する際に機密データやプライベートな情報を入力しないようユーザーに注意喚起してください。

Gemini(gemini.google.com) は Google Workspace が提供されている国や地域であればどこでも使用できます。

重要: 

  • Gemini アクティビティに含まれるのは、Gemini ウェブアプリ(gemini.google.com)でのアクティビティに限られます。Workspace アプリ内で Gemini for Workspace とのチャットを削除しても、Gemini アクティビティに保存されている情報は削除されません。
  • 以前に仕事用または学校用のアカウントで Gemini を使用していて [Gemini アプリ アクティビティ] をオフにしていた場合でも、Gemini Business、Gemini Enterprise、または Gemini Education アドオンで Gemini を使用すると [Gemini アクティビティ] がオンになります。アドオンで初めてログインしたときに Gemini の履歴がオフになっていると表示された場合は、ウェブページを更新してください。[Gemini アクティビティ] がオンになり、会話履歴がデフォルトで 18 か月間保持されるようになります。  

以下についてもご確認ください。

Gemini をコアサービスとして有効または無効にする

Gemini for Google Workspace アドオンを購入すると、Gemini がコアサービスとしてデフォルトで有効になります。Google Workspace アカウントでコアサービスとして Gemini にアクセスするには、Gemini for Google Workspace ライセンスが必要です。

ヒント: ライセンスが付与されたユーザーに対して Gemini がコアサービスとして有効になっている場合は、ライセンスのないユーザーがその他の Google サービスとして Gemini にアクセスできるようにすることも可能です。ステップ 7 で、[すべてのユーザーに Gemini へのアクセスを許可する] を選択します。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールで、メニュー アイコン  次に  [アプリ] 次に [Google Workspace] 次に [Gemini] にアクセスします。
  3. [サービスのステータス] をクリックします。
  4. 組織内のすべてのユーザーに対してサービスを有効または無効にするには、[オン(すべてのユーザー)] または [オフ(すべてのユーザー)] をクリックし、[保存] をクリックします。

  5. (省略可)特定の組織部門に対してサービスを有効または無効にするには:
    1. 左側で組織部門を選択します。
    2. サービスのステータスを変更するには、[オン] または [オフ] を選択します。
    3. 次のいずれかを選択します。
      • [サービス] のステータスが [継承] になっており、親組織の設定が変更された場合でも現在の設定を維持したい場合は、[オーバーライド] をクリックします。
      • [サービスのステータス] が [上書きされました] になっている場合は、[継承] をクリックして親と同じ設定に戻すか、[保存] をクリックして新しい設定を維持します(親組織の設定が変更された場合でも、現在の設定を維持します)。
        : 詳しくは、組織構造についてのページをご覧ください。
  6. 組織部門全体または組織部門内の一部のユーザーに対してサービスを有効にするには、アクセス グループを使用します。詳しくは、グループに対するサービスの有効化についてのページをご覧ください。
  7. [ユーザー アクセス] の横で、Gemini にアクセスできる組織内のユーザーを選択します。
    • Gemini Enterprise または Gemini Business のライセンスを持つユーザーのみに Gemini へのアクセスを許可する(顧客データ保護が有効): このオプションを選択すると、Gemini for Google Workspace ライセンスを持つユーザーのみがコアサービスとして Gemini にアクセスできるようになります。デフォルトでは、このオプションが選択されています。
    • すべてのユーザーに Gemini へのアクセスを許可する: このオプションを選択すると、Gemini for Google Workspace ライセンスを持つユーザーはコアサービスとして Gemini にアクセスでき、ライセンスのないユーザーはその他の Google サービスとして Gemini にアクセスできるようになります。
  8. [保存] をクリックします。

変更には最長で 24 時間かかることがありますが、通常はこれより短い時間で完了します。詳細

次のステップ

Gemini をその他のサービスとして有効または無効にする場合の管理者設定を確認します。

Google Workspace ステータス ダッシュボードで Gemini コアサービスのステータスをモニタリングします。

Gemini アプリ ヘルプセンターで Gemini の使い方を確認します。

関連トピック

Gemini for Google Workspace に関するよくある質問

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー