著作権とは

多くの国では、オリジナルの作品を作成して物理的媒体に記録すると、作成者は自動的にその作品の著作権を所有することになります。著作権者は作品を使用する独占権を有します。他の誰かが作品を使用できる権利は、ほとんどの場合、著作権者だけが付与できます。

どのような種類の作品が著作権の対象となりますか?
  • 音声と映像の作品(テレビ番組、映画、オンライン動画など)
  • サウンド レコーディングおよび楽曲
  • 執筆された作品(講義集、記事、書籍、楽譜など)
  • 視覚的作品(絵画、ポスター、広告など)
  • ビデオゲーム、コンピュータ ソフトウェア
  • 演劇作品(劇、ミュージカルなど)

アイデア、事実、プロセスは著作権の対象ではありません。著作権法によると、著作権保護の対象となるには、作品に創作性があり、かつ作品が有形媒体に記録されている必要があります。名称やタイトルそのものは著作権保護の対象ではありません。

権利を侵害せずに著作権で保護されている作品を使用するには?

状況によっては、著作権者の権利を侵害することなく、著作権で保護されている作品を使用することもできます。詳しくは、フェアユースについての説明をご確認ください。他者のコンテンツを自分の動画で使用するための許可を得る方法もあります。

ただし、次の場合でも著作権者から申し立てを受ける場合があります。

  • 著作権者への帰属を表示した
  • 権利を侵害している動画の収益化を無効にした
  • YouTube に同様の動画が掲載されているのを見たことがある
  • iTunes などで購入したコンテンツや、購入した CD、DVD を使用した
  • テレビ、映画館、ラジオなどから自分で録音または録画した
  • 「著作権を侵害するつもりはない」と表記した

コンテンツの作成者によっては、特定の要件を満たしていれば自分の作品の再利用を許可していることがあります。これについては、クリエイティブ・コモンズ ライセンスの説明をご確認ください。

YouTube が著作権の所有について判断を下すことはありますか?

いいえ、YouTube は権利の所有についての異議申し立て論争を仲裁することはできません。YouTube は正式かつ有効な削除通知を受け取ると、法律に従ってそのコンテンツを削除します。また、有効な異議申し立て通知を受け取ると、削除通知の申立人にそれを転送します。それ以後は、裁判を起こすなど、当事者同士で問題に対処することになります。

著作権と商標は同じものですか?

著作権とは、知的財産権の 1 つの形式であり、商標とは異なります。商標は、ブランド名、銘文、ロゴなどの識別要素を、他者が特定の目的で使用できないように保護するものです。著作権は、発明を保護する特許とも異なります。

YouTube では、商標を侵害している動画や、その他の法律に違反している動画に対する削除手続きを別途設けています。

著作権とプライバシー権の違いについて

動画、画像、サウンド レコーディングに自分自身が録画または録音されているからといって、そのコンテンツの著作権を持つことにはなりません。たとえば、友人があなたとの会話を録画した場合、録画した友人がその動画の著作権を所有することになります。2 人の会話の言葉は、事前に決められていた場合を除いて、動画から独立して著作権の対象になることはありません。

友人や他のユーザーがあなたを録画または録音した動画や画像を、あなたの許可なくアップロードし、プライバシーや安全が侵害されたと思われる場合は、プライバシー侵害の申し立てを行うことができます。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。