ユーザー生成スパムに関するガイドライン

Google のウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)では、ウェブサイト所有者のためのベスト プラクティスについて記載しており、ガイドラインに違反する手法を使用したサイトに対しては、Google で何らかの対策を講じることがあります。ところで、ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)への違反は必ずしも、サイト所有者が意図的に作成したコンテンツに関連するものとは限りません。ときに、良質なサイトにおいて、悪意のあるユーザーによってスパムが生成されることがあります。このようなスパムの生成は通常、ユーザーが新しいページを作成するなどの形でサイトにコンテンツを追加できるサイトで起こります。

Google からウェブマスターに対してこのような種類のスパムについての警告があった場合、Google では基本的にサイトが十分な品質を備えていると判断し、サイト全体に対して手動による対策を講じる必要はないと判断したということですので、その点はご安心ください。ただし、サイト上にユーザー生成スパムがあまりにも多い場合は、Google によるサイトの評価に影響が及ぶことがあり、その結果、最終的にサイト全体に対して手動による対策を講じることもあります。

ユーザー生成スパム コンテンツの例としては、次のようなものが挙げられます:

  • 無料ホストを利用したスパム アカウント
  • フォーラムのスレッドにおけるスパム投稿
  • ブログへのコメント スパム

ユーザー生成スパム コンテンツは Google 検索結果に悪影響を及ぼすおそれがあるため、サイトにこのような種類のスパムがないかどうかを積極的に監視して、そのようなスパムを見つけたら削除することをおすすめします。サイトの一般公開領域における不正行為を防止する方法についてのヒントをこちらの記事で紹介しています。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。