通知

Users can now migrate Google Podcasts subscriptions to YouTube Music or to another app that supports OPML import. Learn more here

Google 検索のコンテンツ ポリシー

Google では自動システムを使用して、ウェブやその他のソースからコンテンツを検出しています。これらのシステムにより、Google で毎日処理される何十億件もの検索リクエストに対し、有益で信頼性の高い回答を提供する検索結果が生成されます。

Google 検索の対象となるウェブページ、画像、動画などのコンテンツは無尽蔵に増え続けます。そのため、検索結果の中に不快、不適切、問題をはらんでいると感じられる情報が紛れ込む可能性は否めません。

そのような不快なコンテンツからユーザーを保護するためにあるのが Google の自動システムです。ユーザーにとって有益で関連性の高い検索結果を表示し、スパムを抑制するために、Google のコンテンツ ポリシーに違反しているコンテンツが見つかった場合は、トレーニングを受けた担当者が個別に審査したうえで、手動で削除することがあります。また、サイト内でポリシー違反のコンテンツが大量に検出された場合などに、サイトの掲載順位を下げることもあります。

詳しくは、以下のサイトをご覧ください。

Google 検索の全般的なコンテンツ ポリシー

これらのポリシーは、ウェブ検索結果を含め、Google 検索内の任意の場所に表示されるコンテンツに適用されます。ウェブ検索結果とは、Google がウェブ全体から検出したウェブページ、画像、動画、ニュース コンテンツなどのことです。

すべて開く すべて閉じる

児童への性的虐待の画像または児童搾取のコンテンツ

Google は、児童への性的虐待の画像、または児童を虐待する、危険にさらす、搾取すると考えられるコンテンツに誘導する検索結果をブロックします。児童への性的虐待の画像を報告する方法をご確認ください

機密性の高い個人情報

特定の個人情報が身元詐称や金融詐欺などの深刻な危害につながる可能性がある場合、該当する個人情報を削除することがあります。これには、晒し行為のコンテンツ、個人の露骨な画像、本人の意に反する偽造ポルノが含まれますが、これらに限定されません。Google から個人情報を削除する方法をご確認ください

スパム

Google 検索は、自動システムによってスパムを検出します。スパムとは、ユーザーを欺いたり、検索システムを操ろうとしたりするコンテンツのことです。Google はこのようなスパムに対して対策を講じます。Google 検索の基本事項に記載されているようなスパムが、サイトのページ内に含まれていると Google の審査担当者が判断した場合、そのサイトに対して手動による対策を講じます。詳しくは、Google ウェブ検索のスパムポリシーをご覧ください。

ウェブマスターまたはサイト所有者からのリクエスト

リクエストに応じて、ウェブマスターまたはサイト所有者がブロックしてほしいコンテンツを Google のウェブ検索結果から削除します。詳しくは、コンテンツへのアクセスをブロックする方法Google から情報を削除する方法をご覧ください。

有効な法的要請

Google では、法的な理由により検索結果からコンテンツや機能を削除します。たとえば、米国デジタル ミレニアム著作権法(DMCA)に基づく正当な通知を受け取った場合、該当するコンテンツを削除します。また各地域の法律に則り、問題があると通知を受けたコンテンツを該当地域の Google から削除します。たとえば、非合法的にナチスを賛美するコンテンツをドイツ版 Google から削除する、宗教を不法に侮辱するコンテンツをインド版 Google から削除する、などが考えられます。また、EU で通称「忘れられる権利」と呼ばれる権利のもとに、データ保護に関するリクエストに基づいて、名前のクエリから得られる特定の結果ページを除外します。Google では、こうしたリクエストを精査して十分な根拠に基づいていることを確認し、法律に照らして明確な根拠が存在しない場合は、コンテンツの削除を拒否することもあります。

可能であれば、検索結果が削除されたという通知を表示し、その削除について Lumen Database に報告します。Lumen Database は、オンラインでの発言に対する規制について調査、研究している Berkman Center for Internet and Society が運営するプロジェクトです。法的な理由による Google 検索結果の削除リクエストの詳細については、透明性レポートでも公開しています。法的な削除リクエストを作成する方法についてご確認ください

検索機能のポリシー

このポリシーは、Google の多くの検索機能に適用されます。このような機能と機能内のコンテンツはウェブ検索結果と同様に自動的に生成されますが、表示方法の性質上、ウェブ検索結果よりも品質や信頼性が高いと解釈される場合があります。Google でもまた、予測または絞り込みの機能によって、ユーザーに衝撃や不快感を与えないようにしたいと考えています。このポリシーの対象となる検索機能には、パネル、カルーセル、ウェブ リスティングの拡張機能(構造化データなど)、予測と絞り込みの機能、音声出力される検索結果と機能が含まれます。このポリシーは、ウェブ検索結果には適用されません。

すべて開く すべて閉じる

広告

商品やサービスの広告コンテンツ(直接購入を呼びかける内容、他のウェブサイトへのリンク、会社の連絡先情報、その他のプロモーション戦術を含む)は認められません。スポンサー コンテンツであることを隠蔽した、または中立的なコンテンツを装ったスポンサー コンテンツも認められません。

危険なコンテンツ

人や動物に対して、深刻かつ即時の危害を直接挑発するようなコンテンツは許可されません。これには、危険な商品、サービス、活動や、切傷、摂食障害、薬物乱用などの自傷行為が含まれます(ただしこれらに限定されません)。

欺瞞行為

他人や他の組織へのなりすまし、自らの所有権や主な目的の不実表示もしくは隠蔽、または欺瞞、詐取、誤導を意図する偽りの行為や組織的な行為に携わるコンテンツやアカウントは許可されません。これには次が含まれますが、これらに限定されません。

  • 配信元の国、政府または政治的利益団体との関係性を不実表示または隠蔽すること。
  • 虚偽の前提のもとにコンテンツを別の国のユーザーに配信すること。
  • 関係性や編集上の独立性に関する情報を隠蔽、不実表示する方向で協力し合うこと。

芸術、教育、歴史、記録、科学的な配慮が確保されたコンテンツや、多大な公益をもたらすコンテンツには、このポリシーが適用されないことがあります。

ハラスメント コンテンツ

ハラスメント、いじめ、脅迫を行うコンテンツは許可されません。これには、以下のようなコンテンツが含まれますが、これらに限定されません。

  • 特定の人に悪質な嫌がらせをする。
  • 深刻な危害を及ぼすと脅迫する。
  • 本人の意に反する方法で性的対象として扱う。
  • 脅迫に使われる恐れのある他人のプライベート情報を暴露する。
  • 暴力や惨事の被害者を非難、軽視する。
  • 残虐行為の事実を否定する。
  • その他の方法で嫌がらせをする。
ヘイト コンテンツ

特定のグループに対する暴力を助長または容認するコンテンツ、差別や誹謗中傷を助長するコンテンツ、または憎悪の喚起を主な目的とするコンテンツは許可されません。これには、人種、民族、宗教、障がい、年齢、国籍、従軍経験、性的指向、性別、性同一性、その他の組織的な差別や排斥に結び付く特性(難民、在留資格、社会的階層、貧困層、ホームレスなど)に基づいてターゲットを絞ることが含まれます(ただしこれらに限定されません)。

操作されたメディア

検証可能な虚偽の行為や出来事を描写することで、欺瞞、詐欺、誤解につながる操作がなされた音声、動画、画像のコンテンツは認められません。たとえば、分別のある人々に根本的な誤解や誤印象を植え付け、集団や個人に重大な危害を及ぼす、または選挙プロセスや市民活動への参加や信頼を著しく阻害するように操作されたコンテンツが考えられます。

医療のコンテンツ

科学的または医学的な統一見解とエビデンスに基づくベスト プラクティスに矛盾または反するコンテンツは認められません。

規制品

アルコール、ギャンブル、医薬品、未認可のサプリメント、タバコ、花火、武器、健康機器、医療機器などの規制対象の商品およびサービスの販売や販売促進を主に行うコンテンツは認められません。

性的描写が露骨なコンテンツ

ヌード、性行為の描写、または露骨な性的表現を含むコンテンツは禁止されています。人体の構造や性教育に関連する医学用語や学術用語の使用は許可されています。

暴力的過激主義のコンテンツ

政治、宗教、思想上の目的のために民間人に対して暴力行為を行っている組織や個人が作成したコンテンツは認められません。これには、政府指定のテロリスト グループや、Google のユーザーに現実世界で危害を加えるその他の暴力的な組織および運動が含まれます。また、こうした集団の活動を促進または助長するコンテンツ(集団への勧誘、危害を助長する可能性のある資料の共有、暴力の扇動、攻撃の称賛など)も認められません。暴力的な過激主義に関連するコンテンツでも、教育やドキュメンタリーの文脈では認められる場合がありますが、背景を理解するのに十分な情報を提供する必要があります。

暴力的または残虐なコンテンツ

見る者に衝撃を与え感情を煽るような暴力や残虐行為、または不当な暴力を描写したコンテンツは許可されません。これには、以下のような生々しい描写が含まれます。

  • 歴史的、教育的な文脈で使用されていない、深刻なけがや死亡につながる暴力行為や事件
  • 医学的、科学的な文脈で使用されていない、内臓や骨の露出
  • 非業の死を遂げた、個人特定が可能な被害者
  • 広く認められた狩猟、食品加工、文化的慣習から外れた、動物に対する虐待または殺害
下品な言葉や冒とく的な表現

見る者に衝撃を与え感情を煽ること、または不当を主な目的としたわいせつや冒とく的な表現を含むコンテンツは許可されません。

機能固有のポリシー

一部の検索機能には、その特定の動作により必要とされる固有のポリシーがあります。詳しくは、以下のページをご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

次の手順をお試しください。

false
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
8375258909590875928
true
ヘルプセンターを検索
true
true
true
true
true
100334