完成後のパブリッシュ

プロジェクトの作業が完了したら、パブリッシュしてファイルの最終的なセットを作成する必要があります。パブリッシュしたファイルは、広告プラットフォームで入稿に使用できます。また、プロジェクトが HTML ページである場合は、サーバーでファイルをホストすることもできます。
広告をパブリッシュする前に、パブリッシュ ダイアログの [概要] 欄で、広告がすべての検証に合格していることを確認できます。

ドキュメントをパブリッシュするには:

ウィンドウ上部の [パブリッシュ] ボタン の下矢印をクリックして、パブリッシュするファイルの保存先を選択します。

ローカル

ローカルにパブリッシュすると、パブリッシュしたファイルが Google Web Designer によりパソコン上に生成されるため、必要に応じてどこにでもファイルを転送できます。

パブリッシュ ダイアログの設定

  • 名前: ドキュメントとサポート ファイルが含まれる .zip ファイル(またはフォルダ)の名前を指定します。デフォルトでは、HTML ファイルの作成時に指定した名前が使用されます。

  • 場所: .zip ファイル(またはフォルダ)の保存先を選択します。保存先のパスを入力するか、フォルダ アイコン をクリックしてファイル システムを参照します。

  • サイズ: Google AdMob のレスポンシブ レイアウトの場合、使用するサイズごとに広告をパブリッシュする必要があります。[サイズ] プルダウンから広告サイズを選択します。

  • 以下のパブリッシュ オプションをオンまたはオフにします。ドキュメント タイプによっては、一部のオプションが利用できない場合もあります。

    • ファイルをフラット化 - 1 つのフォルダ内にすべてのファイルを配置します(広告の場合はデフォルトでオンになっています)。
    • zip を作成 - すべてのファイルを 1 つの .zip ファイルに圧縮します。
    • インライン ローカル ファイル - JavaScript と CSS を、外部ファイルではなく HTML ファイル内に配置します(AMPHTML 広告の場合はデフォルトでオンになっています)。
    • 圧縮 - ファイルサイズを小さくするために、ソースコードを圧縮します。
    • ポライトロード - ホスティング ページの初期読み込みが完了するまで、アセットの読み込みを遅らせます(AMP HTML 広告には使用できません)
    • ボーダーを追加 - 指定した色で 1 ピクセルの枠線を追加します。(AMP HTML 広告には使用できません)
  • CSS プレフィックス: ファイルに含める CSS プレフィックスを選択します。デフォルトでは、できるだけ多くのブラウザとの互換性を維持するため、すべての CSS プレフィックスが選択されます。

設定が完了したら、[パブリッシュ] をクリックします。

パブリッシュが完了すると、作成された .zip ファイルまたはフォルダを共有したり、Google 広告などの広告プラットフォームやウェブホストにそれらをアップロードしたりできるようになります。

Google ドライブ

Google ドライブにパブリッシュすると、パブリッシュしたファイルが Google Web Designer により Google ドライブ ストレージにアップロードされるため、共有が簡単になります。

ログインしていない場合

Google Web Designer で Google アカウントにログインしていない場合は、ブラウザでログインページが開きます。Google ドライブ アカウントの認証情報でログインしてください。

Google Web Designer を他の Google サービスと統合する許可を求められたら、[許可] をクリックして続行してください。

パブリッシュ ダイアログの設定

  • 名前: ドキュメントとサポート ファイルが含まれる .zip ファイル(またはフォルダ)の名前を指定します。デフォルトでは、HTML ファイルの作成時に指定した名前が使用されます。

  • 場所: ファイル(またはフォルダ)の保存先を選択します。保存先のパスを入力するか、フォルダ アイコンをクリックして適切な保存先に移動します。

  • サイズ: AdMob のレスポンシブ レイアウトの場合、使用するサイズごとに広告をパブリッシュする必要があります。[サイズ] プルダウンから広告サイズを選択します。

  • 各パブリッシュ オプションのオンまたはオフを指定します。ドキュメント タイプによっては、一部のオプションが利用できない場合もあります。

    • インライン ローカル ファイル - JavaScript と CSS を、外部ファイルではなく HTML ファイル内に配置します(AMPHTML 広告の場合はデフォルトでオンになっています)。
    • 圧縮 - ファイルサイズを小さくするために、ソースコードを圧縮します。
    • ポライトロード - ホスティング ページの初期読み込みが完了するまで、アセットの読み込みを遅らせます(AMP HTML 広告には使用できません)
    • ボーダーを追加 - 指定した色で 1 ピクセルの枠線を追加します。(AMP HTML 広告には使用できません)
  • CSS プレフィックス: ファイルに含める CSS プレフィックスを選択します。デフォルトでは、できるだけ多くのブラウザとの互換性を維持するため、すべての CSS プレフィックスが選択されます。

設定が完了したら、[パブリッシュ] をクリックします。

パブリッシュが完了すると、作成された .zip ファイルまたはフォルダを共有したり、Google 広告などの広告プラットフォームやウェブホストにそれらをアップロードしたりできるようになります。

スタジオ
この機能は AMPHTML 広告では使用できません。

要件

ログインしていない場合

Google Web Designer で Google アカウントにログインしていない場合は、ブラウザでログインページが開きます。スタジオ アカウントの認証情報でログインしてください。

Google Web Designer をスタジオなどの他の Google サービスと統合する許可を求められたら、[許可] をクリックして続行してください。

パブリッシュ ダイアログの設定

  • アカウント: スタジオ アカウントの名前を入力します。

  • 広告主: 広告主の名前を入力します。既存の広告主を選択するか、新しい広告主を作成します。

  • キャンペーン: アップロードする広告のキャンペーン名を入力します。既存のキャンペーンを選択するか、新しい名前を入力してキャンペーンを新規作成します。

  • クリエイティブ: クリエイティブ名を入力します。

  • サイズ: レスポンシブ レイアウトの場合、スタジオで使用するサイズごとに広告をパブリッシュする必要があります。[サイズ] プルダウンから広告サイズを選択します。(広告を一度だけパブリッシュする場合は、広告をローカルにパブリッシュしてから、作成された .zip ファイルをスタジオのインターフェースからアップロードできます)。

  • 各パブリッシュ オプションのオンまたはオフを指定します。

    • インライン ローカル ファイル - JavaScript と CSS を、外部ファイルではなく HTML ファイル内に配置します。
    • ポライトロード - ホスティング ページの初期読み込みが完了するまで、アセットの読み込みを遅らせます。
    • ボーダーを追加 - 指定した色で 1 ピクセルの枠線を追加します。
  • CSS プレフィックス: ファイルに含める CSS プレフィックスを選択します。デフォルトでは、できるだけ多くのブラウザとの互換性を維持するため、すべての CSS プレフィックスが選択されます。

設定が完了したら、[パブリッシュ] をクリックします。

関連付けられているクリエイティブ

ドキュメントをスタジオにパブリッシュすると関連付けが行われます。これにより、Google Web Designer に設定が保存され、スタジオへのパブリッシュのたびにその設定が再利用されるようになります。関連付けがある状態([パブリッシュ] ボタンのメニューに鍵アイコン が表示されます)でスタジオにパブリッシュすると、同じクリエイティブの下書きが新たに保存されます。

関連付けを解除するには:

  1. ウィンドウ上部の [パブリッシュ] ボタンの下矢印をクリックします。
  2. ポップアップ メニューで、[スタジオ] の横にある鍵アイコン をクリックし、関連付けの解除を確認します。

次にスタジオにパブリッシュするときには、ドキュメントを新しいクリエイティブとしてパブリッシュできます。

ディスプレイ&ビデオ 360
この機能は AMPHTML 広告では使用できません。

ディスプレイ&ビデオ 360 アカウントをお持ちの場合、広告環境をディスプレイ&ビデオ 360 に設定していれば、Google Web Designer でクリエイティブをディスプレイ&ビデオ 360 に直接パブリッシュできます。クリエイティブは下書きとして保存され、ディスプレイ&ビデオ 360 アカウントから明示的にパブリッシュするまで入稿されません。

ドキュメントが「ブランド認知度」スキーマを使用したダイナミック広告である場合は、ディスプレイ&ビデオ 360 アカウントのフォーマット ギャラリーに、カスタム フォーマットとしてドキュメントを保存できます。

ログインしていない場合

Google Web Designer で Google アカウントにログインしていない場合は、ブラウザでログインページが開きます。ディスプレイ&ビデオ 360 アカウントの認証情報でログインしてください。

Google Web Designer をディスプレイ&ビデオ 360 などの他の Google サービスと統合する許可を求められたら、[許可] をクリックして続行してください。

パブリッシュ ダイアログの設定

  • ダイナミック広告の場合: [ドラフト版のクリエイティブ] または [カスタム フォーマット] を選択します。

    カスタム フォーマット

    現在、この機能はベータ版です。詳しくは、Google マーケティング プラットフォーム サポート担当者にお問い合わせください。

  • パートナー: ディスプレイ&ビデオ 360 パートナーの名前を入力します。1 社のパートナーに対してのみ「読み取りと書き込み」、「クリエイティブ」、または「クリエイティブ管理者」のアクセス権をお持ちの場合は、そのパートナーが自動的に選択されます。
  • 広告主: 広告主の名前を入力します。
  • クリエイティブ: クリエイティブ名またはフォーマット名を入力します。
  • 各パブリッシュ オプションのオンまたはオフを指定します。
    • インライン ローカル ファイル - JavaScript と CSS を、外部ファイルではなく HTML ファイル内に配置します。
    • ポライトロード - ホスティング ページの初期読み込みが完了するまで、アセットの読み込みを遅らせます
    • ボーダーを追加 - 指定した色で 1 ピクセルの枠線を追加します。
  • CSS プレフィックス: ファイルに含める CSS プレフィックスを選択します。デフォルトでは、できるだけ多くのブラウザとの互換性を維持するため、すべての CSS プレフィックスが選択されます。

設定が完了したら、[パブリッシュ] をクリックします。

関連付けられているクリエイティブ

ドキュメントをディスプレイ&ビデオ 360 にパブリッシュすると関連付けが行われます。これにより、Google Web Designer に設定が保存され、ディスプレイ&ビデオ 360 へのパブリッシュのたびにその設定が再利用されるようになります。関連付けがある状態([パブリッシュ] ボタンメニューの鍵アイコン によって示されます)でディスプレイ&ビデオ 360 にクリエイティブをパブリッシュすると、同じクリエイティブの下書きが新たに保存されます。

カスタム フォーマットの場合、関連付けは発生しません。カスタム フォーマットを複数回パブリッシュすると、そのたびに新たにフォーマットが生成されます(パートナーと広告主の設定は保存されます)。

関連付けを解除するには:

  1. ウィンドウ上部の [パブリッシュ] ボタン の下矢印をクリックします。
  2. ポップアップ メニューで、[ディスプレイ&ビデオ 360] の横にある鍵アイコン をクリックした後、関連付けの解除を確定します。

次にディスプレイ&ビデオ 360 にパブリッシュするときには、ドキュメントを新しいクリエイティブとしてパブリッシュできます。

ディスプレイ&ビデオ 360 アカウントでクリエイティブに変更を加えても、Google Web Designer には反映されません。最新バージョンのクリエイティブで作業するには、クリエイティブをダウンロードし、Web Designer でオーサリング ファイルを開く必要があります。
キャンペーン マネージャー 360

ログインしていない場合

Google Web Designer で Google アカウントにログインしていない場合は、ブラウザでログインページが開きます。キャンペーン マネージャー 360 アカウントの認証情報でログインしてください。

Google Web Designer をキャンペーン マネージャー 360 などの他の Google サービスと統合する許可を求められたら、[許可] をクリックして続行してください。

要件

アセットのガイドライン

  • サポートされているファイル形式:
    • 画像 - GIF、JPEG、PNG、SVG
    • 動画 - AVI、M4V、MOV、MP1、MP4、OGG、WEBM、WMV
    • 音声 - サポート対象外
    • フォント - EOT、OTF、TTF、WOFF、WOFF2
    • その他 - CSS、HTML、JS、JSON、XML
  • ローカル アセットの数は最大 99

サポートされていない広告タイプ

  • エキスパンド
  • AMPHTML
  • レスポンシブ リッチメディア

パブリッシュ ダイアログの設定

パブリッシュ ダイアログの以下の項目に入力します。

  • ユーザー プロフィール: 使用するキャンペーン マネージャー 360 ユーザー プロフィールの名前または ID を入力します。
  • アカウント: ユーザー プロフィールを選択すると自動的に入力されます。編集はできません。
  • 広告主: 使用するキャンペーン マネージャー 360 広告主の名前を入力します。3 文字以上入力すると、一致する広告主のリストが表示されます。
  • キャンペーン: (必要な場合のみ)クリエイティブを特定のキャンペーンに追加する場合は、キャンペーンの名前を入力します。3 文字以上入力すると、一致するキャンペーンのリストが表示されます。
  • クリエイティブ: クリエイティブに付ける名前を入力します。
  • 以下のパブリッシュ オプションをオンまたはオフにします。
    • インライン ローカル ファイル - JavaScript と CSS を、外部ファイルではなく HTML ファイル内に配置します。
    • ポライトロード - ホスティング ページの初期読み込みが完了するまで、アセットの読み込みを遅らせます
    • ボーダーを追加 - 指定した色で 1 ピクセルの枠線を追加します。
  • CSS プレフィックス: ファイルに含める CSS プレフィックスを選択します。デフォルトでは、できるだけ多くのブラウザとの互換性を維持するため、すべての CSS プレフィックスが選択されます。

設定が完了したら、[パブリッシュ] をクリックします。

video icon 動画アセット

動画アセットを含むクリエイティブは無効に設定される場合があります。確実に配信するには、必ずキャンペーン マネージャー 360 でクリエイティブを有効にしてください。

関連付けられているクリエイティブ

ドキュメントをキャンペーン マネージャー 360 にパブリッシュすると関連付けが行われます。これにより、Google Web Designer にユーザー プロフィール、広告主、キャンペーンの設定が保存され、キャンペーン マネージャー 360 へのパブリッシュのたびにその設定が再利用されるようになります。関連付けられている場合は、[パブリッシュ] ボタンのメニューに鍵アイコン が表示されます。

キャンペーン マネージャー 360 にパブリッシュすると、既存のクリエイティブと同じ名前を使用した場合でも、常に新しいクリエイティブが作成されます。

Google Web Designer でクリエイティブに変更を加えても、それだけではキャンペーン マネージャー 360 に反映されません。パブリッシュ済みのクリエイティブを更新するには、まずドキュメントをローカルにパブリッシュし、パブリッシュしたファイルをキャンペーン マネージャー 360 の管理画面でアップロードしてください。

関連付けを解除するには:

  1. ウィンドウ上部にある [パブリッシュ] ボタン の下矢印をクリックします。
  2. ポップアップ メニューで、[キャンペーン マネージャー 360] の横にある鍵アイコン をクリックし、関連付けの解除を確認します。

次回キャンペーン マネージャー 360 にパブリッシュする際は、ユーザー プロフィールと広告主の情報を入力する必要があります。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。