Vault を使用して Google Chat を検索する

Google Chat で Chat のメッセージを検索するには、チャット メッセージを検索するをご覧ください。

Google Vault は管理者および法務担当者向けです。Vault を使用するには、事前に Google Workspace 管理者にアカウントを設定してもらう必要があります。管理者を確認する

Google Workspace データの電子情報開示プロジェクトの一環として、Vault を使用し、Google Chat メッセージの検索、メッセージの内容と参加者の確認、添付ファイルのダウンロード、検索結果の書き出しを行うことができます。

この記事の内容

検索に関する注意事項

メッセージを検索する前に、Vault でサポートされる Chat のメッセージVault での検索に関するよくある質問をお読みになることをおすすめします。

すべて開く  |  すべて閉じる

検索、書き出しが可能なデータ

検索と書き出しの対象:

  • 履歴をオンにした状態で送信されたメッセージと添付ファイル
  • テキストベースの添付ファイルのコンテンツ
  • 添付ファイルのメタデータ
  • 外部ユーザーからユーザーに送信されたダイレクト メッセージ(DM)
  • 組織のグループ メッセージとスペースの外部ユーザーから送信されたメッセージ

検索または書き出しの対象外:

  • 履歴をオフにした状態で送信されたメッセージ
  • リンクされたファイル
  • 外部の Chat スペースにあるメッセージ
  • プレビュー済みのメッセージ
詳しくは、サポートされているサービスとデータタイプおよび後述のセクションをご確認ください。
更新)Chat メッセージはアカウント、組織部門、またはスペース、グループ会話を指定して検索できる

アカウントで検索する: 特定のアカウントまたは組織部門内のすべてのアカウントで、送受信されたメッセージを検索します。デフォルトでは、ダイレクト メッセージ(DM)とグループ メッセージ(2020 年 12 月初旬より前に作成されたグループ会話に含まれるもの)のみが検索されます。必要に応じて、過去に参加していた Chat スペース内のメッセージを含めることもできます。詳細

Chat スペースで検索する: 2020 年 12 月初旬より後に作成されたグループ会話ならびにスペース内のメッセージを検索します。すべてのスペースを検索することはできません。スペースとグループ会話を選択するには、そのスペースのメンバーのアカウントを入力します。詳しくは、グループ メッセージとスペースの違いに関する記事をご覧ください。

更新)検索キーワードで結果を絞り込む

送信日、タイムゾーンのほか、キーワード、添付ファイルの種類、チャットルームの種類などを指定して、検索を絞り込むことができます。詳しくは、Chat の検索演算子に関する記事をご覧ください。

検索キーワードは各メッセージと照合され、すべての検索キーワードに一致するメッセージのみが返されます。詳しくは、Chat の検索例をご覧ください。

メッセージに添付されている一部のファイルは検索・書き出しができない

リンクで共有されているファイルは、検索も書き出しもできません。ユーザーがドライブ内に保存されているファイルを Chat のメッセージで共有すると、メッセージにはファイルのコピーが添付されるのではなく、リンクが挿入されます。共有されたファイルはその URL で検索できますが、Vault はファイルのタイトルやコンテンツをインデックスに登録しません。このようなリンクベースの添付ファイルは、Chat メッセージの検索や書き出しの対象となりません。

メッセージに直接添付されたファイルは、検索および書き出しできます。Chat メッセージに直接添付されたファイルは、Vault によってそのファイル名がインデックスに登録され、検索対象になります。また、ほとんどのテキストベースのファイル形式(.pdf、.xlsx、.docx などの拡張子を持つファイル)のコンテンツも Vault によってインデックスに登録されます。Chat メッセージの検索と書き出し時にはこれらの添付ファイルも対象となり、Chat の保持ルールと記録保持(リティゲーション ホールド)が適用されます。

プレビューできるメッセージの数は 1,500 件まで

検索結果に含まれるメッセージを最大 1,500 件プレビューできます。これには文脈把握のためのコンテキスト メッセージも含まれます。コンテキスト メッセージの詳細については、このページの検索結果のメッセージをプレビューするをご覧ください。

更新)Vault での Chat スペースの検索はメンバーシップに基づく

アカウントで検索する場合、Vault では、検索対象アカウントまたは組織部門内のいずれかのアカウントがメンバーとして参加している Chat スペースが検索されます。アカウントが Chat スペースのメンバーではなくなった場合は、退出する前に送信されたメッセージのみが検索されます。

外部 Chat スペース、外部ユーザー - 別の組織がオーナーとなっている Chat スペースで組織内のユーザーが送信したメッセージを検索することはできません。

組織内のユーザーが作成した Chat スペースで、外部ユーザーが送信したメッセージは検索できます。

保持データ - 検索対象を保持データ記録保持対象のユーザー アカウントに関連付けられているメッセージ)に制限できます。この場合、検索パラメータに一致する保持対象ユーザーがメンバーであった場合は、メッセージが検索されます。保持対象ユーザー全員が Chat スペースから退出した場合、保持対象ユーザーの最後の 1 人が退出するまでに送信されたメッセージのみが返されます。

更新)Vault では、一部のユーザーに表示されない Chat のメッセージも検索できる

DM またはグループ チャットの参加者に異なる保持ルールまたは記録保持が適用されている場合、メッセージの履歴を確認できるユーザーと確認できないユーザーが出てくる可能性があります。

たとえば、参加者 1 が属する組織部門には 7 日後に DM をパージする保持ルールが適用されていて、参加者 2 が属する組織部門には DM の無期限保持ルールが適用されているとします。この条件で参加者 1 が参加者 2 とチャットした場合、参加者 1 が参加者 2 を相手に DM を送受信して 7 日が経過すると、参加者 1 は参加者 2 とやり取りした DM にアクセスできなくなります。ただし、参加者 2 の DM は無期限に保持されるので、DM はパージされず、参加者 2 は引き続きアクセスできます。

Vault 検索で参加者 1 を指定した場合、7 日間の保持ルールおよび Chat によって設定された標準の 30 日間の保持期間を過ぎたメッセージは返されません。Vault 検索で参加者 2 を指定した場合、まだパージされていないすべてのメッセージが返されます。

Chat の検索例

検索キーワードが Chat スペース内のメッセージに適用される仕組み

たとえば、次のやり取りを含むスペースがあるとします。

    Participant 1: hi

    Participant 2: hello

 

検索キーワードを使用する場合、検索、プレビュー、書き出しではメッセージが次のように処理されます。

検索キーワード Chat スペースの検索、プレビュー、書き出しの動作
hi

検索: 参加者 1 のメッセージのみが返されます。そのメッセージのみが検索キーワードに一致するためです。

プレビューと書き出し: 参加者 1 のメッセージと、スペースまたはスレッド(スレッド形式のチャットルームの場合)でそのメッセージの前後 12 時間以内に送信されたすべてのメッセージが含まれます。

hello

検索: 参加者 2(Participant 2)のメッセージのみが返されます。そのメッセージのみが検索キーワードに一致するためです。

プレビューと書き出し: 参加者 2 のメッセージと、スペースまたはスレッド(スレッド形式のチャットルームの場合)でそのメッセージの前後 12 時間以内に送信されたすべてのメッセージが含まれます。

hi hello

1 つで両方の検索キーワードを含むメッセージがないため、検索結果は返されず、書き出しもされません。

hi from:participant1@example.com

検索: 参加者 1 のメッセージのみが返されます。そのメッセージのみが両方の検索キーワードに一致するためです。

プレビューと書き出し: 参加者 1 のメッセージと、スペースまたはスレッド(スレッド形式のチャットルームの場合)でそのメッセージの前後 12 時間以内に送信されたすべてのメッセージが含まれます。

hi from:participant2@example.com 1 つで両方の検索キーワードに一致するメッセージがないため、検索結果は返されず、書き出しもされません。
‑hi from:participant1@example.com 1 つで両方の検索キーワードに一致するメッセージがないため、検索結果に上の例の会話のメッセージは返されず、書き出しもされません。
‑hi from:participant2@example.com

検索: 参加者 2 のメッセージのみが返されます。そのメッセージのみが検索キーワードに一致するためです。

プレビューと書き出し: 参加者 2 のメッセージに加えて、スペース内でそのメッセージの前後 12 時間以内に送信されたすべてのメッセージが含まれます。

Chat メッセージを検索する

  1. vault.google.com にログインします。
  2. [案件] をクリックします。Vault プロジェクトのワークスペースである案件のデータを検索します。案件を使用すると、関連する記録保持(リティゲーション ホールド)、検索、エクスポートをグループ化できます。案件によって検索できるデータが制限されることはありません。どの案件からでも、アクセスが許可されているすべてのデータを検索できます。
  3. 検索クエリを実行する案件が存在する場合はその案件をクリックして開くか、新しく案件を作成します。
    1. [作成] をクリックします。
    2. 案件の名前と、必要に応じて説明を入力します。
    3. [案件を新規作成] をクリックします。

    [検索] タブが自動的に開きます。

  4. [サービス] で [Chat] を選択します。
  5. 検索するソースデータを選択します。
    • [すべてのデータ] - 組織内のすべてのメッセージを検索します。
    • [保持データ] - 指定した案件で記録保持の対象となっているデータのみを検索します。
  6. 検索するエンティティを選択します。
    • [特定のアカウント] - アカウントのメールアドレスを入力します(5,000 件まで入力可能)。
    • [組織部門] - 特定の子組織部門内のアカウントを検索します。
    • 最上位の組織部門(組織全体)は検索できません。最上位の組織部門を選択すると、結果が返されません。
    • 選択した組織部門に子組織部門がある場合は、子組織部門のアカウントも検索対象になります。
    • 大規模な組織構造の場合、親組織部門を選択しても結果が表示されないことがあります。その場合は、特定の子組織部門を選択してください。
    • 各組織部門のメンバーは 5,000 人未満である必要があります。
  • [Chat スペース] - スペースを検索します。
    1. 表示されるダイアログで、検索するスペースのメンバーのメールアドレスを入力します(複数可)。
    2. [検索] をクリックします。
    3. スペースのリストで、検索するスペースを選択し、[追加] をクリックします。
  1. (省略可)アカウントまたは組織部門を検索する場合、スペースのメッセージを含めるには、[Chat スペースからのメッセージを含める] をクリックします。スペースが検索されるのは、検索対象のアカウントがスペースのメンバーである場合のみです。
  2. (省略可)タイムゾーンを選択します。
  3. (省略可)[送信日] に期間を入力します。

    注: 日付を入力すると、指定した検索キーワードに一致するその期間内のメッセージを含むすべての会話が返されます。検索キーワードには一致するが期間外であるメッセージも検索結果に含まれる場合があります。

    • 開始日を入力すると、その日以降に送信されたすべてのメッセージが返されます。
    • 終了日を入力すると、その日以前に送信されたすべてのメッセージが返されます。
  4. (省略可)[キーワード] に検索キーワードを入力します(複数可)。

    検索キーワードは 2,000 文字までで指定します。

    • メッセージ内のキーワードを検索するには、先頭にプラス記号(+)を付け、スペースで区切ります(例: +project +goals)。
    • フレーズを検索するには、語句を引用符で囲み、先頭にプラス記号(+)を付けます(例: +"project goals")。
    • ダイレクト メッセージのみを検索するには、「is:dm」と入力します。スペース内のメッセージのみを検索するには、「is:room」と入力します。
    • アカウント、日付、メッセージのプロパティで検索するには、検索演算子を使用します。
  5. 次のいずれかをクリックします。
    • [検索] - 検索を実行し、クエリに一致するメッセージのリストを返します。
    • [エクスポート] - 検索結果をプレビューせずに、すぐに書き出します。書き出しの詳細に関する記事をご覧ください。
  6. 検索またはエクスポートが完了したら、次の操作を行うことができます。
    • 検索を編集するには、[展開する] をクリックします。
    • メッセージとその会話のプレビューを開くには、メッセージをクリックします。
    • 検索結果を書き出すには、[エクスポート] をクリックします。詳細
    • クエリを保存するには、[保存] をクリックします。詳細
    • すべてのフィールドをクリアして新しい検索を開始するには、[クリア] をクリックします。

検索結果のメッセージをプレビューする

検索を実行した後、クエリに一致したメッセージと該当するチャットの参加者を確認し、添付ファイルをダウンロードできます。

メッセージをプレビューするには、検索結果のリストでメッセージをクリックします。メッセージのリストが表示されます。一致したメッセージの前後関係がわかるように、Vault では次のように同じ会話またはスレッドのメッセージも表示されます。

スレッドの種類 プレビューと書き出しに含まれる、文脈把握のためのメッセージ
  • DM
  • グループ チャット
  • インライン スレッド形式のスペース
    (旧称「非スレッド形式のチャットルーム」

一致したメッセージの前後 12 時間以内に送信されたメッセージ。

一致したメッセージがインライン スレッド形式のスペースにあるインライン返信である場合、前後 12 時間の範囲はメイン メッセージ(一致したメッセージの返信先からのメッセージ)を基準に計算されます。文脈を把握できるようにその期間内のすべてのメイン メッセージと、それらのメイン メッセージへのすべてのインライン返信が表示されます。

  • トピック別にグループ化されたスペース
    (旧称「スレッド形式のチャットルーム」)

一致したメッセージの前後 12 時間以内に送信された同じトピックのメッセージ。

 
: 長い会話の場合、プレビューには、最初の 1,500 件(12 時間前から 900 MB まで)のメッセージのみが表示されます。ただし、検索結果の書き出しには、プレビューに含まれていないものも含め、クエリに一致するメッセージおよびその前後に送信されたメッセージのすべてが含まれます。
 

の付いたメッセージには添付ファイルがあります。添付ファイルをダウンロードするには、メッセージをプレビューして [ダウンロード] をクリックします。

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー