G Suite は Google Workspace に生まれ変わりました。業務に必要な機能がすべて揃っています。

タグ マネージャーと Google タグ(gtag.js)

Google タグ マネージャーと Google タグ(gtag.js)は、Google 広告と Google マーケティング プラットフォームなどの Google サービスのタグの設置に完全に対応しています。タグ マネージャーと gtag.js のどちらを使用するか判断する際は、このドキュメントを参考にしてください。

タグ マネージャーと gtag.js はどちらも同様の機能を果たします。

  • タグ マネージャーは、ウェブ インターフェースを使い、サイトやモバイルアプリ上のタグを素早く簡単に更新できるタグ管理システムです。
  • gtag.js は、Google タグをウェブページに直接追加するために使用される JavaScript フレームワークです。

どちらのソリューションも、同じ中核的な Google インフラストラクチャ上に構築されており、相互運用が可能です。このため、ニーズに合った最適なソリューションを自由に選択できます。

次の機能が重要な場合は、タグ マネージャーの使用を検討してください。

  • Google タグとサードパーティ タグの両方を設置、変更する機能
  • ウェブアプリとモバイルアプリの両方のタグを設置、変更する機能
  • ウェブ インターフェースから直接タグを変更する機能
  • コラボレーションとバージョン管理機能

Google タグ マネージャーを使用できない場合や次の機能が重要な場合は、gtag.js の使用を検討してください。

  • タグ管理システムを立ち上げることなく、ウェブページに直接タグをインストールする機能
  • インターフェースにアクセスすることなく、JavaScript で直接タグを扱う機能

現在タグ マネージャーを使用している場合は、引き続きタグ マネージャーを使用してください。Google 広告タグと Google マーケティング プラットフォーム タグはタグ マネージャーで完全にサポートされています。タグ マネージャーがすでに使用されている場合は、追加の gtag.js ベースのコードをサイトにデプロイする必要はありません。

すでに gtag.js を使用している場合は、後からいつでもタグ マネージャーにアップグレードできます。

Google タグ マネージャーでは、Google 広告に関連付けられた Google タグの一部の機能がサポートされていません。タグ マネージャーを使用している場合:

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
false
false
true
102259
false
false