Google タグ マネージャーと gtag.js

Google タグ マネージャーとグローバル サイトタグ(gtag.js)は、Google 広告と Google マーケティング プラットフォームなどの Google サービスのタグの設置に完全に対応しています。タグ マネージャーと gtag.js のどちらを使用するか判断する際は、このドキュメントを参考にしてください。

タグ マネージャーと gtag.js はどちらも同様の機能を果たします。

  • タグ マネージャーは、ウェブ インターフェースを使い、サイトやモバイルアプリ上のマーケティング タグや測定タグを素早く簡単に更新できるタグ管理システムです。
  • gtag.js は、Google タグをウェブページに直接追加するために使用される JavaScript フレームワークです。

どちらのソリューションも、同じ中核的な Google インフラストラクチャ上に構築されており、相互運用が可能です。このため、ニーズに合った最適なソリューションを自由に選択できます。

次の機能が重要な場合は、タグ マネージャーの使用を検討してください。

  • Google タグとサードパーティ タグの両方を設置、変更する機能
  • ウェブアプリとモバイルアプリの両方のタグを設置、変更する機能
  • ウェブ インターフェースから直接タグを変更する機能
  • コラボレーションとバージョン管理機能

Google タグ マネージャーを使用できない場合や次の機能が重要な場合は、gtag.js の使用を検討してください。

  • タグ管理システムを立ち上げることなく、ウェブページに直接タグをインストールする機能
  • インターフェースにアクセスすることなく、JavaScript から直接タグを扱う機能

現在タグ マネージャーを使用している場合は、引き続きタグ マネージャーを使用してください。Google 広告タグと Google マーケティング プラットフォーム タグは、タグ マネージャーで完全にサポートされているため、タグ マネージャーをすでに使用している場合は、gtag.js ベースの追加コードをサイトに設置する必要はありません。

すでに gtag.js を使用している場合は、後からいつでもタグ マネージャーにアップグレードできます。

注: gtag.js ベースのタグの設置にカスタム HTML タグオプションを使用しないでください。代わりに、タグ マネージャーに用意されている Google 広告アナリティクスFloodlight 向けのネイティブタグ テンプレートを使用してください。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。