Google アナリティクス動的リマーケティング

Google タグ マネージャーと Google アナリティクスを使用して、ユーザーが過去に閲覧したコンテンツに基づいてそのユーザーに再アプローチします。

リマーケティングでは、広告が表示されたユーザーに対し、そのユーザーが目にしたコンテンツに基づいてカスタマイズした広告を表示できます。動的リマーケティングではこれをさらに一歩進めて、ユーザーがサイトで閲覧した商品を含む広告を表示することが可能です。この記事では、タグ マネージャーで Google アナリティクス動的リマーケティングを導入する方法について説明します。

ステップ 1: Google アナリティクスでカスタム ディメンションを設定する

カテゴリ属性がタグ付けされたコンテンツ(靴に関連する広告など)をユーザーが表示すると、その情報が Google アナリティクスにカスタム ディメンションとして渡され、Google 広告の動的リマーケティング キャンペーンで利用できるようになります。

カスタム ディメンションは、Google アナリティクス ヘルプセンターの手順に沿って作成してください。

カスタム ディメンションの名前は、必ずカスタム ディメンションのガイドで推奨されている方法で設定してください。カテゴリごとにキーは異なるため、正しいカテゴリの値を参照するようにしてください。

たとえばリテール カテゴリの場合は、必須の ecomm_prodid ディメンションのほか、アナリティクス動的リマーケティングに必要な ecomm_pagetype ディメンションと ecomm_totalvalue ディメンションも含める必要があります。

どのカスタム ディメンションでも、[範囲] メニューを [ヒット] に設定します。そうすることで、対応するアクションがセッションやユーザーではなく、ページビューに適用されます。

作成した各ディメンションのインデックス番号をメモしておきます。この番号は、後からタグ マネージャーの設定で必要になります。

ステップ 2: データレイヤーを設定する

ウェブ デベロッパーと協力して、必要な属性をデータレイヤーに追加します。これらのデータレイヤーのキーと値は、対象の商品を識別するためにタグで使用されます。ここでは、商品 ID、ページのタイプ、商品の合計値を収集する小売店を例に使用します。

<script>
dataLayer = [{
    'product_ids' : 'AA12345',
    'page_type' : 'product',
    'total_value' : 49
}]
</script>

dataLayer() の各キーの値を使用できるようにするには、タグ マネージャーの最初のコンテナタグの上に dataLayer() コードを配置します。

ステップ 3: 動的属性を設定する

動的属性を使用して、Google アナリティクスのカテゴリ属性に関する情報を Google 広告アカウントにリンクします。Google アナリティクスで動的属性を設定する方法は次のとおりです。

  1. [管理] 次に [プロパティ] 次に [トラッキング情報: データ収集] に移動し、[リマーケティング] を [オン] にします。[保存] をクリックします。
  2. [管理] の [プロパティ: ユーザー定義] 次に [動的属性] に移動します。
  3. 関連するリンクをクリックして、Google 広告アカウントにリンクします(まだ行なっていない場合)。
    1. リンクする Google 広告アカウントを選択します。
    2. [リンクグループのタイトル] 欄にリンクグループの名前を入力します。
    3. 切り替えスイッチを使用して、データの 1 つ以上のビューをリンクします。
    4. [アカウントをリンク] をクリックしてから、[完了] をクリックします。
    5. [プロパティ: ユーザー定義] 次に [動的属性] に戻ります。
  4. [+動的属性] をクリックします。
  5. [設定] で業種(リテールなど)、ビュー移行先のアカウントを設定します。設定したら [次のステップ] をクリックします。
  6. [動的属性] で、前に作成したカスタム ディメンションの必須属性とオプション属性を設定します。たとえばリテールを選択した場合、[商品 ID] を ecomm_prodid に、[ページのタイプ] を ecomm_pagetype に、[合計値] を ecomm_totalvalue に設定します。
  7. [保存] をクリックします。

ステップ 4: アナリティクスでユーザーリストを作成する

使用したい属性を設定してタグを更新し、アナリティクスで利用できるようになったので、それらの属性を使用してリマーケティング リストを作成します。

ユーザーリストを作成する方法について詳しくは、アナリティクス ヘルプセンターの手順をご覧ください。

ステップ 5: ユーザー定義変数を作成する

タグ マネージャーで、ステップ 1 で設定したカスタム ディメンションとステップ 2 で設定したデータレイヤーの値に合わせてユーザー定義変数を新たに 3 つ作成します。

  1. タグ マネージャーのワークスペースで [変数] に移動して、[ユーザー定義変数] で [新規] ボタンをクリックします。
  2. [変数の設定] をクリックし、[データレイヤーの変数] を選択します。
  3. [データレイヤーの変数名] を dataLayer オブジェクトの変数名に設定します。上記の dataLayer コードの場合、この値は「product_ids」に設定します。
  4. [データレイヤーのバージョン] はデフォルトの「バージョン 2」のままにしておきます。
  5. 変数に名前を付けます。この小売業の商品 ID の例では、「Product ID」という名前を使用します。
  6. 変数を保存します。

他のユーザー定義変数についても、この手順を繰り返します。

ステップ 6: ユーザー定義変数をタグ マネージャーに追加する

最後に、先ほどタグ マネージャーで作成した新しいユーザー定義変数を、Google アナリティクス設定変数に追加します。

  1. [変数] に移動し、Google アナリティクス設定変数を選択します。
  2. [変数の設定] をクリックし、[詳細設定] 次に [カスタム ディメンション] に移動します。
  3. [カスタム ディメンションを追加] をクリックします。
  4. variable selector icon 変数選択ボタンを使用して、ステップ 5 で作成したタグ マネージャーのユーザー定義変数に、それぞれディメンションの値を設定します。インデックスの値は、ステップ 1 のアナリティクスでカスタム ディメンションを作成したときにメモした値に合わせます。たとえば [インデックス] の値が 3 であれば、[ディメンションの値] は {{Product IDs}} になります。
  5. 設定を保存してプレビューとデバッグを行い、準備ができたらコンテナを公開します。

グローバル Google アナリティクス設定変数でカスタム ディメンションを設定しない場合は、代わりにカスタム ディメンション設定をページビュー タグに適用できます。Google アナリティクス プレビュータグを開き、[このタグでオーバーライド設定を有効にする] チェックボックスをオンにして、[詳細設定] を開き、上記の関連するステップを行います。

関連資料

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。