G Suite は Google Workspace に生まれ変わりました。業務に必要な機能がすべて揃っています。

ユーザーと権限

コンテナの権限を管理できます。
チームにタグ マネージャー アカウントの管理者が一人しかいない場合、そのチームメンバーが役割を変更すると、アカウントからロックされてしまいます。チームのメンバーが役割を変更した場合のアカウント所有権の処理方法を事前に計画し、有効な管理者アカウントを少なくとも 2 つ用意しておきましょう。詳細

Google タグ マネージャーでは、アカウント単位、コンテナ単位で他のユーザーにアクセス権を付与できます。アカウント単位では他のユーザーを表示または管理できるアクセス権を、コンテナ単位では読み取り、編集、承認、公開のアクセス権を付与できます。

アクセス権は Google アカウントにのみ付与できます。Google アカウントとは、Gmail アカウント、G Suite を使う組織で管理されるアカウント、accounts.google.com で作成されたその他のアカウントなどです。

アカウントにユーザーを追加する

タグ マネージャー アカウントにユーザーを追加するには:

  1. [管理] をクリックします。
  2. [アカウント] 列で [ユーザー管理] をクリックします。
  3. Add をクリックします。
  4. [新しいユーザーを追加] を選択します。
  5. メールアドレスを入力してください(複数可)。
  6. [アカウントの権限] を設定します。デフォルトで選択されている [ユーザー] レベルでは、ユーザーはアカウントの基本情報を表示できます。新しいコンテナを作成し、アカウントやコンテナのユーザー権限を変更できるようにするには、[管理者] を選択します。
  7. 省略可: 他のユーザーにアクセス権を付与するコンテナごとに [コンテナの権限] を設定することもできます。
  8. [招待] をクリックします。招待されたユーザーには、コンテナを使用するための招待状が届きます。

アカウントのユーザーを編集する

タグ マネージャー アカウントの既存ユーザーを編集するには:

  1. [管理] をクリックします。
  2. [アカウント] 列で [ユーザー管理] をクリックします。
  3. [アカウントの権限] リストでエントリを選択します。ページ上部の検索とフィルタのツールを使用して、結果を絞り込むことができます。
  4. 必要に応じて [アカウントの権限] を変更します。
  5. 個々のコンテナの権限を変更するには、編集 をクリックして、目的のオプションを選択します。[保存] をクリックして次に進みます。
  6. 現在のコンテナへのアクセス権を持つユーザーを削除する場合は、[削除] をクリックします。
  7. [保存] をクリックして、変更を保存します。

ユーザーをコンテナに追加する

特定のコンテナのユーザー権限を追加するには:

  1. [管理] をクリックします。
  2. [コンテナ] 列で [ユーザー管理] を選択します。
  3. Add をクリックします。
  4. [新しいユーザーを追加] を選択します。
  5. メールアドレスを入力してください(複数可)。
  6. [コンテナの権限] を割り当てます。
  7. [招待] をクリックします。招待されたユーザーには、コンテナを使用するための招待状が届きます。

コンテナへのユーザー アクセスを編集する

特定のコンテナのユーザー権限を追加するには:

  1. [管理] をクリックします。
  2. [コンテナ] 列で [ユーザー管理] を選択します。
  3. [コンテナの権限] リストでエントリを選択します。
  4. 必要に応じてメールアドレスを変更します。
  5. 必要に応じて [コンテナの権限] を変更します。
  6. 現在のコンテナへのアクセス権を持つユーザーを削除する場合は、[削除] をクリックします。
  7. [保存] をクリックして、変更を保存します。

招待状

タグ マネージャーの管理者がユーザーをタグ マネージャー アカウントに追加すると、アカウントにアクセスするための招待状がそのユーザーに届きます。ユーザーにメールで通知が送信され、タグ マネージャーのアカウント画面に [招待] カードが表示されます。[招待] カードをクリックすると、招待の一覧が表示されます。招待エントリを展開すると、招待の詳細が表示されます。招待を承諾するには [承諾] を、招待をキャンセルするには [拒否] をクリックします。

アカウントの権限

アカウント単位のアカウントの権限は、管理またはユーザーに設定できます。また、コンテナの権限テーブルで特定のコンテナの権限を微調整することもできます。

コンテナの権限

アクセスは、コンテナ単位で割り当てることができます。特定のコンテナに対して、ユーザーを割り当てることができます。

  • アクセス権なし: アカウントにコンテナは表示されません。
  • 読み取り: コンテナが表示され、設定されているタグ、トリガー、変数を閲覧できますが変更することはできません。
  • 編集: ワークスペースを作成したり編集したりできますが、バージョンを作成したり公開したりすることはできません。
  • 承認: バージョンとワークスペースを作成したり編集したりできますが、公開することはできません。
  • 公開: バージョンとワークスペースの作成、編集、公開を自由に行えます。
他の場所から間接的に引き継いだ権限は「継承」となります。たとえば、ユーザー グループや組織の役割から引き継いだ権限などです。ユーザーに具体的に割り当てられた権限は「直接」となります。直接割り当てられた権限は、そのユーザーが継承した権限を失った場合でも引き続き有効です。

Google マーケティング プラットフォームが管理するユーザー

この機能は、 Google マーケティング プラットフォームに含まれている Google タグ マネージャー 360 でのみご利用いただけます。

Google マーケティング プラットフォームには、Google アナリティクス、タグ マネージャー、オプティマイズのアカウント用の一元的なユーザー管理システムが含まれています。ユーザー グループ権限は、組織と、組織内の個々のサービス アカウントに対して割り当てることができます。

Google マーケティング プラットフォームでは、ユーザー グループのメンバーはそのグループの権限を継承します。Google タグ マネージャーを使用する Google マーケティング プラットフォーム アカウントの場合は以下のとおりです。

  • アカウント単位で管理権限を持つユーザーの場合、そのアカウントのすべてのコンテナに対する読み取り権限が継承され、必要に応じてユーザー自身が権限を追加することが可能です。
  • アカウント単位でユーザー権限を持っていても、コンテナに対する権限の継承は発生しません。権限は、コンテナごとに管理者が割り当てる必要があります。

詳細

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
false
false
true
true
102259
false
false