通知

G Suite は Google Workspace に生まれ変わりました。業務に必要な機能がすべて揃っています。

[GA4] タグ マネージャーで Google アナリティクス 4 イベントを設定する

この記事は、Google タグ マネージャーでタグを管理する Google アナリティクス 4(GA4)ユーザーを対象としています。推奨イベントやカスタム イベントを作成して、その他の分析情報を GA4 で取得する方法を説明します。

Google アナリティクス 4 イベントタグについて

イベントを使用すると、ウェブサイトまたはアプリ上での特定のインタラクションや発生を測定できます。たとえばイベントを使用して、ユーザーによるページの読み込み、リンクのクリック、購入の完了や、システムの動作(アプリのクラッシュ、インプレッションの発生など)を測定できます。

イベントの種類

Google アナリティクス 4 イベントは、自動的に収集されるイベントと、手動で有効化する必要があるイベントに分類できます。

次の種類のイベントは自動的に収集されます。

  • 自動収集イベントは、ウェブサイトに Google タグまたはタグ マネージャー スニペットを設定するか、アプリで Firebase 向け Google アナリティクス SDK を設定している場合に、Google アナリティクスによってデフォルトで収集されるイベントです。詳細
  • 拡張計測機能イベントは、Google アナリティクスで拡張計測機能が有効になっている場合に、Google アナリティクスによってウェブサイトから収集されるイベントです。詳細

次の種類のイベントをアナリティクスに表示するには、設定が必要です。

  • 推奨イベントは、お客様が実装するイベントですが、事前に定義された名前とパラメータを持っています。このイベントでは、既存のレポート機能と今後追加されるレポート機能を利用できます。
  • カスタム イベントは、お客様が定義するイベントです。カスタム イベントを作成するのは、他のイベントがお客様のユースケースで機能しない場合に限られます。カスタム イベントは、ほとんどの GA4 の標準レポートに表示されないため、有意な分析を行うにはカスタム レポートまたはデータ探索ツールを設定する必要があります。

Measure user activity with recommended events in Google Analytics

このガイドでは、Google タグ マネージャーを使用して推奨イベントとカスタム イベントをウェブサイトに設定する方法を説明します。自動収集イベントと拡張計測機能イベントを設定するために必要な操作はありません。

始める前に

このガイドは、以下を完了されていることを前提とした内容です。

また、以下をお持ちであることを前提としています。

  • ウェブサイトに対応するタグ マネージャー コンテナへのアクセス権
  • Google アナリティクス アカウントの「編集者」(またはそれ以上の)役割

イベントを設定する

Google タグ マネージャーを使ってイベントを設定するには、Google アナリティクス: GA4 イベントタグを設定して、イベントを送信するタイミングを指定したトリガーを作成します。

以下の手順では、ニュースレターの配信登録ボタンをユーザーがクリックした際に、Google アナリティクス 4 プロパティにカスタム イベントを送信する方法を解説します。この手順はタグ マネージャーを使ってイベントを実装する方法を示したもので、データレイヤー オブジェクトの実装は不要です。

ステップ 1: GA4 イベントタグを作成する

まず、新しいカスタム イベントに使用する Google アナリティクス: GA4 イベントタグを作成します。

  1. Google タグ マネージャーで、[タグ] > [新規] をクリックします。
  2. 上部の入力欄で、作成する GA4 イベントタグに名前を付けます(例: 「GA4 イベント - ニュースレター登録」)。
  3. [Google アナリティクス: GA4 イベント] を選択し、以下を設定します。
    • 測定 ID: GA4 測定 ID を入力します。測定 ID がある場所
    • [イベント名]: イベントの名前を入力します(例: signup_newsletter)。これにより、新しいカスタム イベントが作成され、入力したイベント名が GA4 レポートに表示されます。推奨イベントを作成するには、定義済みのイベント名のいずれかを使用します。
    • 必要に応じて、さらにパラメータを追加して情報を送信できます。手順と、使用できるパラメータについては、Google タグ マネージャーでイベントの設定を再利用するをご覧ください。

パラメータについて

パラメータは、ページのイベントや設定に関する追加情報が記載された Key-Value ペア(例: 'currency': 'USD')です。すでに自動収集されている推奨イベントに関する情報が記録されたイベント パラメータが、Google タグを介して送信されます。

より詳細なイベントの情報が必要な場合は、パラメータを追加することもできます。パラメータを追加するには、事前定義されたパラメータ名を検索するか、カスタム パラメータを作成します。

たとえば、ユーザーがショッピング カートに商品を追加した際に Google タグを介して送信される add_to_cart イベントに関連して、商品の名前や価格などのイベントのパラメータをエンコードすると、より詳細な商品のデータを取得できるようになります。

タグ間でパラメータを共有する

すべてのタグでデータの一貫性を維持するには、設定変数とイベント設定変数を使用して共有パラメータを設定します。Google タグは、測定 ID やユーザー ID などの多くの設定変数からパラメータを継承できます。

GA4 イベントタグでは、Google タグのパラメータが継承されます。Google タグで設定されたパラメータは、ページで発生するすべてのイベントで静的に保持されます。パラメータが更新されるのは、Google タグが再び配信された場合(通常、次回のページ読み込み時)のみです。

Google タグのパラメータと同じ名前のパラメータが GA4 イベントタグにある場合は、GA4 イベントタグのパラメータ値が Google タグのパラメータ値よりも優先されます。ただし、これは該当のイベントに限ります。同じパラメータ名のないその他の GA4 イベントタグでは、Google タグで最初に設定されたパラメータ値が引き続き参照されます。

ステップ 2: トリガーを作成する

次に、ボタンがクリックされた際にイベントを送信するためのトリガーを作成します。

  1. GA4 イベントタグの [トリガー] ボックスをクリックします。
  2. 右上の [+] をクリックします。
  3. 作成するトリガーの名前を入力します(例: 「トリガー - ニュースレター登録」)。

ここで、イベントを送信する条件を指定できます。次の例では、ボタンのラベルを基準にイベントを送信するように設定します。

  1. トリガーの [トリガーの設定] ボックスをクリックします。
  2. [すべての要素] を選択します。
  3. [一部のクリック] を選択します。
  4. トリガーの条件を「Click Text」「含む」「ニュースレター配信登録」に設定します。
  5. 変更内容をすべて保存します。

ユーザーがページ(確認ページなど)を閲覧した時点でイベントをトリガーしたい場合は、代わりに「ページビュー」タイプのトリガーを使用するとよいでしょう。

ステップ 3: 変更内容をプレビューする

作成したイベントをタグ マネージャーで公開する前に、[プレビュー] をクリックすると、ユーザーがウェブページの [ニュースレター配信登録] ボタンをクリックした際に記録されるデータを確認できます。

プレビュー モードは、コンテナに加えた変更をウェブサイトに公開する前にテストしたい場合に便利です。プレビュー モードの詳細

アナリティクスでイベントを確認する

イベントとそのパラメータは、リアルタイム レポートDebugView レポートで確認できます。なお、DebugView レポートを使用するには、追加の設定がいくつか必要です。これらのレポートでは、ウェブサイトでユーザーがトリガーしたイベントが、発生と同時に表示されます。

次のステップ

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー