検索広告 360 の概要

コンバージョン目標

コンバージョン目標として機能するレポート列

コンバージョン目標(目標)は CPA や ROAS などのレポート指標を設定するレポート列です。検索広告 360 が分析する掲載結果履歴を識別して、ターゲットの最大化や最適化、入札単価調整の設定または推奨を行い、検索広告 360 の特定の機能に目標額の支出を行います。

コンバージョン目標として機能する Floodlight 列は、コンバージョン数(Floodlight の [アクション] と [トランザクション]、Google アナリティクスの [GA の目標の完了数] と [GA の目標値])または収益(Floodlight の [収益]、Google アナリティクスの [GA のトランザクション] と [GA 収益])のいずれかの指標をレポートします。コンバージョン目標内では数式列も使用できます。すべてのアトリビューション モデルを Floodlight 列に適用できます。Google アナリティクスの列では、ラストクリック アトリビューション モデルのみを使用します。

アクション量、トランザクション量、ERS、ROAS など、他の指標のレポートに使用するカスタム列は、コンバージョン目標として使用できません。

列がコンバージョン目標として使用されている場合、その列は編集できませんが、設定の表示は可能です。コンバージョン目標に変更を加えることはできません。

サポートされている機能

コンバージョン目標は、以下の検索広告 360 機能で利用できます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。